私たちはどうかしている(ドラマ)1話のネタバレ・感想・あらすじ!浜辺美波と横浜流星の偽装結婚がヤバい!

私たちはどうかしている

ドラマ『私たちはどうかしている』1話のネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

漫画「私たちはどうかしている」のドラマ化作品。

老舗和菓子屋・光月庵の御曹司・高月椿(横浜流星さん)。

赤い色にトラウマを抱えながらも一流の和菓子職人を目指す花岡七桜(浜辺美波さん)。

幼少の頃、菓子職人をしていた母親・百合子(中村ゆりさん)と共に光月庵に住み込んでいた七桜。

まさたか
まさたか

15年前、椿の父親・樹(鈴木伸之さん)が殺された夜、七桜が見た血まみれの椿は百合子が犯人だと・・。椿は七桜の友人の引き出物を巡る対決で再会した七桜に偽装結婚を提案します。ある決意を胸に七桜は提案を受け入れるのでした。

スポンサーリンク

私たちはどうかしているの第1話(ドラマ)のネタバレ!

実際にドラマを見たネタバレ

石川県 小松市。

満開の桜の季節。

茶道・佐山流のお屋敷の庭園でのお茶会。

薄緑色の可愛らしいめじろを模った和菓子を出す七桜。

美しい声をもつ真由に友人のイメージを見事に表現。

七桜は餡とその方への想いがあれば誰の為にでも作れるのが花岡七桜のお菓子だと・・。

真由は結婚式の引き出物のお菓子を七桜にお願いしたいのだけど、真由の結婚相手も家元の長男なので贔屓にしているお店があり、今度両家が揃うお茶会で両方のお菓子を頂いてどちらにするか決めることになったと。

七桜の対する相手は光月庵だと・・。

十五年前。

七桜が椿と出会ったのは母親・大倉百合子(中村ゆりさん)が光月庵の住み込みの職人になった五歳の春。

椿は初めて会った時から七桜を「さくら」と呼びました。

明るく人懐っこい椿は病気がちの七桜の為に「お菓子を作ろう」と提案します。

桜のお菓子を作り、桜のお菓子のピンクに出逢った時、灰色だった七桜の世界に初めて色がついたのです。

椿は自分が店の主人になったら七桜を一番の職人にすると約束。

百合子は七桜に桜の花型と椿の葉の型を渡し、お菓子はどこでも作れると、お菓子を作り続ければママと椿とずっといっしょだと。

桜の花型は七桜に。椿の葉の型は椿にと・・。

その朝、七桜の記憶にハッキリ残っているのは庭一面の椿の花、血まみれで倒れている椿の父・樹(鈴木伸之さん)、その傍らに立ち尽くす血まみれの椿。

そして、樹の部屋に人がいるのを見たという椿。誰?と問い掛ける声に

血まみれの手で百合子を指さし「さくらのお母さん」と・・。

母は逮捕され、七桜は光月庵を追われたのでした。

現在。

一幸堂という和菓子で住み込みで働いている七桜。

先輩職人の持った赤い染料にパニックを起こすも、自分を落ち着かせ、フォローする七桜。

しかし、七桜の母親は人殺しだという中傷メールのせいで七桜は店を頸になり、追い出されます。

雨の中、不慮に散らばってしまった仕事道具を拾い集め泣いている七桜に多喜川薫(山崎育三郎さん)が声を掛け、百合子から七桜が20歳を過ぎたら渡してほしいと預かった手紙を渡し、消えました。

手紙を読んだ七桜は髪を切り、光月庵との対決に挑みます。

茶道・梅田流のお屋敷での対決。

成長した椿(横浜流星さん)の冷たく厳しい対応にペースを乱された七桜でしたが、真由を想う気持ちでペースを取り戻し、精一杯の作品を提供することが出来ます。

が、帰り道、七桜が偶然耳にした真由たちの会話は長年懇意にしている光月庵を選ぶというものでした。

失意の七桜を待っていた椿は七桜にプロポーズし、「冗談。忘れて。」と去ろうとしますが、七桜は「いいよ」「しましょう。結婚」と・・。

母の手紙には「私は何もやってない」と記されていたのです。

本気なら三日後の26日正午光月庵に来い、来るも来ないも自由だが来たら後戻り出来ないと言う椿。

光月庵の菓子を食べて味が変わってしまっていることに気づいた七桜は、椿に言われた手土産を持ち、光月庵を訪ねます。

光月庵の母屋では、椿と長谷栞(岸井ゆきのさん)の結婚式が行われていましたが、七桜は椿に歩み寄り、盃を奪い、「手土産受け取って頂けますか?」と。

連れ出そうとする見習い・城島(高杉真宙さん)を椿が制します。

七桜の手土産は栗の無い真っ黒な羊羹。

「今の光月庵は特別じゃない」と言い切る七桜と結婚すると宣言してキスをする椿。

長谷家の父親は結納返しの金の事も含めて大激怒。

椿の母親・今日子(観月ありささん)が取り合えず場を納めます。

別室で椿の頬を叩き、追い出されたくなければ式に戻れと叱責する今日子。

去ろうとする今日子に七桜は栞は世間的には病死とされている椿の父親が殺されたことを知っているのかと、自分はすべて承知で椿と結婚したいのだと告げるのです。

そこへ椿の祖父・宗寿郎(佐野史郎さん)が庭から声を掛け、今日子の静止を振り切り、母屋へ行き、土下座して式の中止を懇願しました。

椿も庭に降り、雨の中で土下座を・・。

そして、業績の落ちている光月庵を味も品質も皆さんに満足され認められる理想の店にいたしますと語るのです。

宗寿郎は「半人前のくせに!」と激昂し、「3か月で成果が出なければ、その娘とここを去れ!」と・・。

着替えて縁側で庭を見ている椿。背を向けている七桜。

15年前の事件の事を何故知っているのかを聞かれ、自分の結婚相手のことが気になってネットで調べたと答える七桜。

光月庵を自分のものにする為に七桜と結婚するという椿。

「あんただって俺を好きでここに来たわけじゃないだろう?」と言われ、答えられない七桜。

住んでいる処の整理がついたらという椿に、何もない七桜は「今日からお世話になります」と深々と頭を下げます。

「契約成立だな」という椿と「私たちの関係は共犯者だ」と考える七桜。

「わたしたちはどうかしている」

1話のネタバレ予想

第1話はまだ夏放送予定のままはっきりとした日にちまでは決定しておりません。なので原作を元に第1話の展開を予想してみます。

物語は現在から15年前、ある老舗和菓子屋店「光月庵」で起こります。
光月庵には主人公の椿(横浜流星)、大旦那の椿の祖父とその息子である椿の父、母が暮らしている。
大旦那は自身の息子が跡取りとなる事を良く思っていない。

椿は何不自由ない生活を送っており周りからも羨望の眼差しを受けているが、実際のところは家族からの愛情を感じておらずどこかいつも孤独を抱えていた。

そこには住み込みで働く従業員もおり、その1人が椿の幼なじみである七桜(浜辺美波)の母親である。

椿と七桜は顔を合わせる事も多く、時間を共にする事も増えていく。互いに初恋相手であるが2人とも胸の内を明かすことはなく日々はすぎていく。

そんな平穏な毎日の中ある事件が起きる。

椿の父が何者かに殺されていたのである。ここから光月庵を取り巻く者達の人生は大きく左右されていく。

警察による調査がはじまりそれぞれの事情聴取がなされるが、椿が警察に「父の部屋から七桜の母親が出てくるところを見た」と証言するのである。
この証言により七桜の母親は警察に逮捕されてしまう。七桜の母親は無実を訴えるが椿の証言がある為証明する事ができず…七桜はそのまま獄中で生活を強いられ病気のため亡くなってしまう。

無実の母を犯人という罪を背負ったまま亡くし、七桜は失意のどん底に。椿も初恋であった七桜の母親に父を殺されたと思い、憎しみ合うことになり、2人は離ればれになる。

それから15年後、七桜は母親の意志を継ぎ和菓子ばかと言われるほどの和菓子職人に。椿は光月庵の跡取りとして日々を送っていた。
そんなある日、2人は偶然にも再会する。七桜は椿の存在に気付くが椿は気付いていない。それどころか自身が家族に決められた結婚相手をどうにか破談できないかと頭がいっぱいで、そこで会った七桜に即日プロポーズをしてしまう。

事件の真相を探るためには椿の家に侵入する必要がある為七桜はそれを受け入れる。
しかし、結婚するとなると母親の事など色々と情報を教えなくてはならないため七桜は母親は代役をたて対応する。

しかし、家族で決めていた結婚を破談にしてしまった為七桜は母親に気に入られず、なかなか打ち解けられない。どんな逆境にも負けず必ず母の無実を証明すると七桜は密かに誓うのである。

第2話へと続くー。
いかがでしょうか?原作のネタバレと少しだけ予想を混ぜ込んで見ました!!

1話への世間の予想は?

1話はまだ放送されていませんので、ドラマ化が決定しSNSなどではどんな声があがっているのか調べてみました。

まだ放送はスタートしていないものの、既に世間の反応は好感触のようです。

・恋愛とサスペンスの両方のドキドキが味わえるから楽しみ!!
・原作も本当に面白いから読んで欲しい
・結構際どいシーンもあるから再現してほしい
・横浜流星くんの椿絶対に似合う
・原作を読んでから和菓子について深く知ることができた
・好きな漫画ほど実写化を見るのが怖い
・私たちはどうかしているはドロドロだけど面白い
・大好きな浜辺美波ちゃんが出るのが嬉しい

などなど!!多くの皆さんが放送を首を長くして待っています♪

ちなみに「私たちはどうかしている」の原作の漫画ですが、今1~3巻のパックが発売されていてしかもカバーがお二人のビジュアルです!!更に!!3巻セットなのに2巻弱のお値段なんだそうです。これはもう買うしかないですよね。

ネット通販でも販売されていましたよ。

原作の漫画のイラストもとても美男美女で美しい表紙となっております。今回のドラマのキャストとすごくあっているなと個人的には思います。

そして、公式SNSで#わたどうと言っていることから既に皆さん「わたどう」と略しているようです。

撮影も再開されたようですので放送スタートももうすぐかもしれないですね。

公式SNSが頻繁に更新されていてキャストの写真や情報をこまめにお知らせしてくれますのでそちらもあわせてぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている(ドラマ)1話のあらすじ

花岡七桜はなおかなお(浜辺美波)は和菓子作りに情熱を注ぐ才能溢れる若き和菓子職人。ある日、贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由まゆ(小島藤子)に頼まれた七桜は、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けて欲しいと頼まれる。自分の御菓子を大勢の人に食べてもらえるチャンスに心踊る七桜だが、対決相手が創業400年の金沢の老舗和菓子屋“光月庵こうげつあん”だと聞き絶句。それは15年前、七桜から全てを奪った店だった…。

 

15年前―。和菓子職人だった母・百合子ゆりこ(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜は、光月庵の同い年の一人息子・高月椿たかつきつばきと出会い、和菓子作りの面白さに目覚めていた。明るく人懐こい椿と優しい百合子と共に幸せな日々を過ごしていたある日、明け方の雷鳴に目を覚ました七桜は、母屋へ。椿が咲き乱れる庭の先で七桜が見たのは、血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・樹いつき(鈴木伸之)の姿だった。従業員たちが駆けつける中、椿は父親を殺したのは百合子だと証言する…!椿の一言で殺人犯の娘となり全てを失った七桜は、血の“赤”が怖いという致命的なハンデを抱えながらも、和菓子作りだけを心の支えに生きてきたのだった。

 

その光月庵が相手と知り、和菓子対決を辞退する七桜。そんな中、住み込みで働いていた店から突然解雇されてしまう。原因は、毎日店に届く『花岡七桜の母親は人殺しです』というメールだった。雨の中行き場を失った七桜は、見知らぬ男・多喜川たきがわ(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される……。今は亡き母の思いを知った七桜は、長い黒髪をバッサリと切り落とし、光月庵との和菓子対決に臨む覚悟を決める。

 

和菓子対決当日。15年ぶりに顔を合わせた椿つばき(横浜流星)の冷たく自信に満ちた姿を前に、思わず体を強張らせる七桜。椿が七桜の正体に気付かない中、七桜は“食べる人への想いを込める”気持ちで持ち直す。対決の御菓子のテーマは“桜”。七桜と椿、二つの才能が織りなす美しい和菓子対決の行方は…?

 

対決の後、七桜を待っていた椿。椿は“初対面”の七桜に、突然プロポーズして…!?七桜と椿、2人の波乱に満ちた運命が動きだす―――!

繊細な色彩と高い技術で表現された椿の御菓子と、幸せへの願いを込めた味わい深い七桜の御菓子、勝負は互角と思われたが、和菓子の世界で圧倒的な力を持つ老舗“光月庵”の看板の前に七桜は敗北を喫する。

しかし対決終了後、会場を後にした七桜は突然椿から「俺と結婚しない?」と声をかけられる。15年前、母親を殺人犯にした証言をする椿の記憶がフラッシュバックした七桜は、ある思いを胸に咄嗟に「しましょう、結婚」と答える。

実は、多喜川から渡された母の手紙にはこう書かれていた―――『私は何もやってない』。椿は「本気なら3日後に光月庵に来るように」と七桜に告げる。

翌日、現在の光月庵の和菓子の味を確かめた七桜は、15年前母が作っていた頃の味から激変していることにショックを受ける。

手紙に残された母の無念…事件の真実を見つけるため、約束の日、光月庵へ乗り込む七桜。しかし、見習い職人の城島じょうじま(高杉真宙)から、椿と老舗旅館の娘・長谷栞はせしおり(岸井ゆきの)が神前式を挙げている最中だと聞く。

椿の不可解な行動に戸惑いながらも、覚悟を決めた七桜は椿の前へ。椿は参列者がざわめく中、七桜と結婚することを宣言!混乱の中、その場を収めた光月庵の女将で椿の母・今日子きょうこ(観月ありさ)は七桜と椿を別室へ。

傾きかけている店の経営のため、椿と栞を政略結婚させようとする今日子は椿をいさめるが、七桜は世間には伏せられている15年前の事件の話を出し、引き下がらない。そこに、光月庵の大旦那・宗寿郎そうじゅろう(佐野史郎)が現れる。

大旦那は大広間に出向くと、式の中止を土下座で懇願。

さらに、雨の庭に出た椿は結婚が店の支援を取り付けるためのものだったことを皆の前で話し、土下座で光月庵の立て直しを誓う!そんな椿に大旦那は激高し、3か月で店を立て直せなければ七桜とともに光月庵を去るように告げるのだった。

自らの手で再び光月庵を輝かせるため、七桜を利用して政略結婚を破談にした椿。椿との結婚を利用して光月庵に入り、事件の真相を突き止めようとしている七桜。2人を待ち受けていたのは、想像以上に過酷な日々だった…!

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

私たちはどうかしている(ドラマ)の1話の感想

実際のドラマを視聴した感想

ものすごく楽しみに待っていたドラマです。

主演の横浜流星さんと浜辺美波さんの演技もルックスも大好きなので。

椿役の横浜流星さんは本当に冷たい表情が似合いますね~。

背筋がぞくっとするくらいにセクシーです。

父親を思い出しながらお茶を点てている時の少し寂しそうな、儚げな表情も印象的でした。

七桜役の浜辺美波さんは本当に笑顔が素敵な女優さんですよね。

今回は中々笑顔が見られないのが残念ですが、時々見せてくれる笑顔にいつもの百倍癒されます。

追い詰められながらも、悲壮感が無く、ひたすら一生懸命な七桜の姿に全力でエールを送りたくなりました。

椿の母親役の観月ありささんは素晴らしい存在感で、どんどんストーリーの奥へと引き込まれる感じが素敵!

七桜の母親役の中村ゆりさんとの対比で余計に凄みを感じます(笑)。

ストーリー的にはちょっと殺人現場の回想シーンがくどいかなぁ~。

多分、何かの伏線か、二人の因縁を強調する為かとは思うのですが、衝撃的な場面だけにちょっと多いかな~と感じました。

所々で入る和菓子の講釈はとても興味深く楽しめます。

奇をてらっている様で平凡な椿の発想と独特の感性で時に鋭く時に優しく本質を突く七桜の発想力。

椿が七桜に白羽の矢を立てたのにはものすごく納得がいきます。

七桜にとっても事件の真相を暴くために渡りに船でしたし・・。

山崎育三郎さんはどういう役回りなのでしょう?

とても不思議な登場と退場だったので尚更、気にかかります。

七桜を助けてくれる存在であってくれると嬉しいのですが。

椿は「なお」を分からない様ですが、漢字の名前「七桜」を見たら思い出しそうな気がします。

同時に今日子も思い出しそうですが・・。

ラストシーンで観月ありささん演じる今日子が薄暗い部屋で「虫が入り込んでるわ」と言いながら、指で虫を潰すのですが、それがめちゃめちゃ怖かった~!!

虫が七桜の様に感じられて鳥肌が立ちました。

椿と七桜だけじゃなくて、今日子も宗寿郎も「どうかしている」と感じた初回放送でした。

ドラマ放送前の感想

まだ1話が放送されていませんので原作の1話を読んだ感想を調べ、それを元に皆さんが1話を読んだ後こんな感想をもつんじゃないのかな?という予想をたててみようと思います。

・互いの事を隠した上で結婚をしたのでそれがバレてしまった時一体どうなるのか
・どうして椿は七桜と再会した時に気付かないの?
・七桜の母親が可哀想
・椿の母親が意地悪してきそうだけどどうなっていくのだろう
・予想よりドロドロしていた
・話は重いが、和菓子の話題の時は明るく、美しい和菓子が見れて楽しい
・テンポがよくてミステリー部分も面白い
・椿のせいで人生台無しになったのに結婚なんてする?
・漫画のイラストは可愛いけど内容は重い

などがありました。
皆さんとにかく続きが気になるというような内容でした。

これに加え、ドラマの1話の放送後には絶対に横浜流星さんと浜辺美波さんの感想がたくさん増える事間違いなしです!

・ビジュアルが良すぎる!
・2人の和服が素敵すぎる!
・横浜流星の椿役ハマってる
・和菓子が美味しそう
・浜辺美波ちゃんが可愛すぎる
・2人は最終的にどうなるの?
・姑怖い
・来週まで待てない
・1時間あっという間だった
・誰が犯人なのだろう

など、お二人のビジュアルについての声が中心に飛び交うと思います♪

ハラハラとドキドキが両方味わえる事は間違いなしです!!
私はミステリー系のドラマを見ると、心が支配されて夢を見てしまう事がよくあるので今回のこのドラマも夢を見そうな予感がします(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

今をときめく横浜流星さんと浜辺美波さんのW主演。

とても期待値が高く始まったドラマですが、見事に期待に応えてくれています。

単なる犯人探しでは終わらない予感がするこのドラマ。

七桜の目的が復讐でないことも注目ですね。

この先、物語がどういう展開をみせるのか?

楽しみで仕方ありません。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました