探偵・由利麟太郎の2話ネタバレ感想・あらすじまとめ!『憑かれた女』の驚愕の真相とは?

探偵・由利麟太郎

探偵・由利麟太郎の2話ネタバレ感想・あらすじについて、まとめています!

 

623日に放送された、探偵・由利麟太郎2話『憑かれた女』。

 

予告の通り、幻覚や幻聴など、ホラー要素が強い放送回でした。

 

宙に浮かぶ大きな目玉や、動くタトゥー入りの腕など

 

今でも目に焼きついています。

 

まさたか
まさたか

驚愕のラストも用意されていて、本格的な謎解きも楽しむことができました。

 

 

今回は、『探偵・由利麟太郎の2話ネタバレ・感想まとめ!』と題し、あらすじ(ネタバレ含む)や、実際に見た感想などを、綴っていこうと思います。

 

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎2話のネタバレまとめ!

 

探偵・由利麟太郎2話『憑かれた女』の主な登場人物について、まとめました。

 

▪吉岡エマ/水上京香さん

 

クラブで働く、美人ホステス。

 

得体の知れない、不気味な幻覚や幻聴に悩まされ、日々怯えながら暮らしています。

 

▪五月翔太/赤楚衛二さん

 

吉岡エマの現在の恋人です。

 

エマのためなら、何でもすると宣言するほど、エマに惚れ込んでいます。

 

▪神崎美沙子/柳ゆり菜さん

 

エマと同じクラブで働く、ホステスです。

 

左の上腕部分にトカゲのタトゥーがあります。

 

五月とは、過去に恋人関係にあったため、エマに激しいライバル心を燃やしています。

 

▪井出圭一/尾上寛之さん

 

エマが働くクラブの、常連客で、エマに対し歪んだ愛情を抱いています。

 

三木津とは、学生時代の旧友で、同じミステリー同好会の仲間でした。

 

大金持ちの御曹司で、小説を書いています。

 

では次に、由利・麟太郎2話『憑かれた女』の、あらすじ(ネタバレ含む)をご紹介しますね!

 

黒い影のような男や、天井から生える腕など、エマが見る奇妙な幻覚シーンから、ドラマは始まります。

 

エマは幻覚のせいで、クラブで接客もままならない状態にまで、衰弱してしまいます。

 

そんなエマをどうにか助けたいと、奮闘しているのが、エマの現在の恋人である五月です。

 

エマを介抱する五月の姿を見て、面白くなさそうにしているのが、ホステスの神崎美沙子です。

 

昔、五月と恋人関係にあり、五月に捨てられたことを根に持っています。

 

美沙子は気が強い美人で、左腕にはトカゲのタトゥーが彫られています。

 

エマが見る幻覚は、日を追うごとに酷くなるばかり。

 

ある日、エマがクラブでお酒を飲んでいると、血だらけになった美沙子が店に入ってきます。

 

エマは混乱し、取り乱すも、それも幻覚でした。

 

ホステスの仕事も満足にできなくなっているエマは、ママの勧めで、お金を得るために、女優のオファーを受けることにします。

 

女優をする条件として、エマは目隠しをされ、知らない男に洋館に連れてこられます。

 

目隠しを外したエマは、再び影のような男を目撃し、取り乱し、気を失ってしまいます。

 

エマが目を覚ますと、暖炉には、トカゲのタトゥーの入った左腕、バスタブには腕を切り落とされた、血まみれの死体が横たわっていました。

 

慌てて飛び出したエマは、放心状態で街をさまよっていました。

 

本当の死体だったのか、それとも幻覚なのか、判断がつかず悩むエマ。

 

そんなエマを心配した三津木は、由利麟太郎を呼び出し、エマの話を聞いてもらうことにしました。

 

エマが連れて行かれた洋館を探し出し、中に入りますが、そこにはエマが見たという女性の死体はありませんでした。

 

しかし事態は一変します。

 

由利麟太郎達が、その洋館を去った後に、消防隊が駆けつけ、タトゥーのある腕と、腕を切り落とされた美沙子の遺体を発見したのです。

 

探偵・由利麟太郎2話『憑かれた女』の真犯人は、エマのストーカーをしていた井出でした。

 

実はエマが見ていた幻覚や幻聴は、井出が作り出し、エマに見せていたものだったのです。

 

エマが住むマンションは、井出の父親の会社の関連不動産会社が所有する物件だったため、勝手に部屋に入り、エマの室内に機材をセットし、映像を映し出していたのです。

 

エマの部屋には、エマを監視するための、隠しカメラも仕掛けられていました。

 

井出は、エマの飲み物に薬物も混入していたため、エマは自分の家以外でも幻覚を見るようになっていたのでした。

 

エマに幻覚を見せていたのは、エマが五月と付き合い出したことに対する、嫉妬が原因でした。

 

そして、美沙子を殺害したのは、美沙子にエマのことをストーカーしているのではないかと、バカにされ、カッとなったためです。

 

ラストでは、エマの恋人である五月が、井出に雇われた男により、殺害されたシーンも描かれていました。

 

以上が、探偵・由利麟太郎2話『憑かれた女』のあらすじ(ネタバレ含む)です。

 

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎の2話の感想

探偵・由利麟太郎2話『憑かれた女』を実際に見たので、その感想をご紹介しますね。

 

宙に浮く大きな目玉や、切り落とされた動く腕など、ホラー色の強い内容でした。

 

映像もグロテスクで、見ているこちらまで、頭がおかしくなるような感覚に襲われました

 

ホラーという観点から見ると、1話の『花髑髏』をはるかに上回っていたと思います。

 

ドラマの中盤くらいまでは、こんな風に感じた人も多いのではないでしょうか?

 

もしかして、今回の真犯人は、人間ではなく霊的なもの!?

 

まさかエマが見ていた幻覚が、真犯人が作り出したものだったなんて、思いもしませんよね。

 

エマが見ていた幻覚は、井出が作り出したものであるというくだりは、探偵・由利麟太郎2話の最大の見どころポイントだと思います。

 

飲み物に薬物を混ぜ、頭をおかしくするあたりも、ものすごく怖いですよね

 

実際にありそうな話であっただけに、より恐怖を感じてしまいました。

 

実は、ドラマを見る前に、横溝正史さんの、原作小説『憑かれた女』を読んでいました。

 

原作小説とラストが全然違った点には、すごく驚いてしまいましたね。

 

原作小説ではエマは、途中で井出が自分にしていたことに気づきます。

 

その仕返しをするために、井出を殺人犯に仕立て上げる計画を立てます。

 

エマの標的にされてしまったのが、以前から敵対関係にあったホステスの美沙子だったのです。

 

つまり、原作小説では、美沙子を殺害した真犯人は、井出ではなく、エマです。

 

1話『花髑髏』の瑠璃子についても言えることですが、メインキャラクターである女性は、ドラマの方が弱く、優しい存在として描かれています。

 

ドラマでのエマは、終始怯えながら生きる弱々しい女性として、描かれていました。

 

いつも不安げで、哀しげな表情を浮かべていました。

 

一方、原作小説のエマは、弱さもありますが、それに負けないくらいの、たくましさを持ち合わせています。

 

ドラマではエマが一度も報われることがなかったため、ラストは原作のように、井出に復讐して懲らしめるというシーンがあった方が良かったなぁと思いました。

 

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎 の1話あらすじ 

 

第2話2020/6/23放送

祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、近ごろ得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。店にいるときも部屋で休んでいるときも、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも、“黒い影”は突如目の前に現れ、そのたびにエマを恐怖に陥れていた。心をむしばまれたエマは、やがて何かにつかれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るように。五月はそんなエマを心配するが、一方で、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。

その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之)と会っていた俊助(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇する。井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の死体を見た」と言い出し、聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見たという。しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てない。

真相を確かめるべく由利(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらない。さらに翌日には美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。やはりエマの幻覚だったのか——。そう思った矢先、エマが見たという凄惨(せいさん)な光景、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される……!

(引用:公式サイト

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか?

 

探偵・由利麟太郎2話『憑かれた女』のあらすじ(ネタバレ含む)や感想をご紹介しました。

 

ラストで井出が逮捕されましたが、なんとも後味の悪い終わり方でした。

 

ドラマは終わりましたが、今もどこかで、エマが1人で苦しんでいるような気がしてなりません。

 

現実離れした感じがするが、実際にどこかで起きているような気がする。

 

そんなリアリティーを感じさせられる作品でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました