太陽の子(NHK)の撮影時期・放送日!メイキングが広島で放送?

太陽の子

『太陽の子(NHK)』の撮影時期・放送日、メイキングが広島で放送されたことについて、まとめてみました!

2020年8月15日の75周年の終戦記念日に合わせてNHKで放送されるドラマ「太陽の子」。

まさたか
まさたか

このドラマの放送日と放送時間、また、ドラマに先駆けて放送されたメイキング番組の情報(動画9や広島などの中国地方ではすでに放送されているのか?という情報などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

太陽の子(NHK)の撮影時期は?

太陽の子(NHK)の撮影時期は公式発表されていないのですが、撮影に挑んだ柳楽優弥さん、有村架純さん、三浦春馬さんら主要キャスト達は、2か月間の撮影に挑んだそうです。

8月15日にNHKで放送される「太陽の子」のドラマは、国際共同制作のドラマとなり、同じく国際共同制作として公開される映画(公開日はまだ未定だが、2021年に公開予定)とは別の視点で描かれたストーリーとなっています。

「太陽の子」というと、1978年に出版された灰谷健次郎さんの「太陽の子」が映画化などもされ有名なので思い出す方も多いと思いますが、NHKで放送されるドラマの「太陽の子」は全く別のストーリーとなっております。

「国際共同制作」という言葉の通り、国内外から多数のスタッフが参加して戦争と科学というテーマに正面から挑み8kの最新技術を使って映像化することに成功しました。

日本を愛し核エネルギーの研究に没頭する一方、核兵器の開発に疑問と不安を感じて葛藤する柳楽優弥演じる主人公「石村修」を中心に、修が密かに思いを寄せる朝倉世津(有村架純)、修の弟で、同じく世津に想いを寄せる裕之(三浦春馬)の3人が戦争という大きな運命に翻弄されていく物語となっています。

スポンサーリンク

太陽の子(NHK)の放送日は?

太陽の子はNHK総合・BS8K・BS4kで2020年8月15日(土曜日)の夜7時30分から8時50分まで放送されます。

「太陽の子」のドラマの放送に先駆けて、8月8日(土)午後1時50分から14:50まで放送された土曜スタジオパークでは、太陽の子の撮影に携わった柳楽優弥さん、有村架純さんが生出演し、太陽の子のドラマの撮影エピソードや苦労されたことを語っていました。

また、このドラマで裕之を演じ、7月18日に亡くなられた三浦春馬さんへの想いやこのドラマを通して見ている人に伝えたいことなどを生の声で伝えてくれていました。

三浦春馬さんのVTRが流れた後に、柳楽さんが目に涙を浮かべて声を詰まらせながら三浦さんとの撮影の思い出を語る姿は見ているこちらも辛くなり、生きておられたら柳楽さん、有村さんと共に3人で出演してくれていたと思うと悲しみが溢れてしまいます。

スポンサーリンク

太陽の子(NHK)のメイキング【動画】

太陽の子のドラマに先駆けて、「太陽の子に挑む~撮影現場の記録~」というメイキング番組が放送されることが決定しました。

このメイキングの放送日は、NHK総合の中国地方で8月6日(木)午後0:20から0:45に放送。

再放送は8月10日午後10:45から11:10まで、8月14日(金)午後0:20から0:45まで、8月15日(土)午後7:30~7:55まで放送されます。

全国放送はNHK総合で8月8日(土)午後9:00から9:25まで放送されました。

この「太陽の子に挑む~撮影現場の記録~」では、2か月に及んだ撮影の舞台裏に密着しながら、広島の原爆ドームや原爆資料館などを巡り「戦争が及ぼしたものと75年という年月」に向かい合う俳優とスタッフの姿に迫ったものとなっています。

撮影前から役者さんたちが資料館に足を運んだり科学者役である柳楽優弥さんに原爆の仕組みを講義している映像や、実際に原爆ドームで撮影が行われていたりと、ドラマの裏側がよくわかり、ドラマに向かう俳優さんたちの真摯な姿勢がとてもよく分かるメイキング映像となっています。

このメイキング映像の中で、三浦春馬さん演じる裕之が特攻隊員としての立場や現状に絶望して自らの命を絶とうと海に向かって歩いていくシーンがあるのですが、現実として自ら命を絶ってしまった三浦さんと裕之に重なる部分があるようで見ているだけで涙がこぼれてしまいます。

インタビューで三浦さんはこのシーンについて「あまり思いつめないように、気にしないようにしている」と答えていたのですが、心はしんどかったけど、無理して頑張っていたんじゃないかと思い、胸が苦しくなりました。

三浦さんのファンの方にとっては、このシーンを見ることは本当に辛いことだと思います。

まだ三浦さんが亡くなられて間もないですし、時間がたって、心の整理がついてから落ち着いて見るという形をとっても良いのかもしれないですね。

広島ですでに放送?

8月15日にNHK総合、BS4K、BS8kで放送される「太陽の子」ですが、実はNHK BS8Kでは7月11日(土)15:00から16:20に先行放送されていました。

BS8Kって何?と思われた方もいると思いますが、「8K」というのは7680×4320画素
という超高画像度テレビで1000をⅠキロ(K)と数えることから「8k」と呼ばれています。

放送されるものとしては、NHKが「スーパーハイビジョン」という名前で放送システムをリードしていますね。

40型を超える大きさのテレビには搭載されていることも多く、浸透してきた4kの画素数が3840×2160なので、画像の粗が全く気にならない美しい映像や文字を楽しむことができ、「テレビの最終形態」とも言われています。

2020年の東京オリンピックに向けて、多くのテレビメーカー各社も8k放送に力を入れていましたね。

ですが、8kはまだテレビの価格も高いことや、大きいサイズのテレビしか対応していない、対応しているチャンネル数が少ないというデメリットもあるので、もっと8Kが普及されて価格が抑えられたときに購入するのも良さそうです。

今後もっと見られる番組が増え、手に入れやすい価格になっていたら嬉しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

8月15日というのは日本人にとって大きな節目の年です。

NHKも、「太陽の子」のドラマの放送とは別にメイキングの様子を撮影した「太陽の子に挑む~撮影現場の記録~」という番組も放送し、ドラマに力を入れているのが伝わってきます。

忘れてはならない戦争の爪痕や多くの犠牲者を出したこと、もう二度とこんなことを繰り返してはいけないと思い返すために戦争に関する番組を放送することはとても大切なことだと思います。

戦後75年ということもあって、戦争を体験した人はどんどん少なくなり、実際の声を聴くことができる機会はなかなかありません。

でも、テレビで放送されることによって、若い人も戦争の悲惨さや、同じ過ちを繰り返してはいけないという教訓を学ぶことはできます。

ドキュメント番組も良いのですが、人気の俳優さんたちが物語として演じてくれることで見やすくなりますし、若い人にも伝わりやすくなると思うので、こういう番組は定期的に続けていってほしいと思います。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました