節約ロック ちょっと特別編の原作マンガネタバレ!大久保ヒロミの名作とは?

節約ロック ちょっと特別編

ドラマ『節約ロック ちょっと特別編』の原作ネタバレについて、まとめてみました!

2020年7月20日、ドラマ節約ロックがちょっと特別編となって帰ってきます!!タカオの恋はどうなっているのか、気になっている方も多いのではないでしょうか?

前回のシリーズを見ていた方もいらっしゃると思いますが、原作を見た事はありますか??

まさたか
まさたか

節約ロックの原作は漫画作品なんです。ネタバレも含みつつこのドラマの原作についてご紹介していきたいと思います♪

ネタバレを見てからドラマを見るのか、それとも何も情報のない状態でみるのか…それはあなた次第です!!

 

スポンサーリンク

節約ロック ちょっと特別編の原作は?【ネタバレ】

節約ロックの原作は、漫画家大久保ヒロミさんの漫画作品です。

講談社の「モーニング」で2017年4・5合併号、13号、32号、2017年7月 – 12月に『モーニング』公式ウェブサイトに掲載、配信されました。

 

そして、2019年1月21日~3月25日まで、日本テレビのシンドラ枠にて放送されました。

 

【大久保ヒロミ】

大久保ヒロミさんは1974年4月14日産まれの岡山県出身。現在は大阪に住んでいて2児の母だそうです。

 

1995年に別冊フレンドDX Julietの中で「努力の人」でデビューしました。

2003年にはkissで、KIG-彼氏いないガールズではじめての連載をもちます。

2005年には赤ちゃんのドレイを連載開始し、人気作品となり2010年まで5月号まで連載が続きました。

 

そして大久保ヒロミさんはメディアには一切顔出しをしておりません。

また、東日本大震災のチャリティ活動にも参加しており、他の漫画家と一緒にチャリティ同人誌「pray for Japan」も執筆しています。

・今までの作品

「デートにいけない」、「アニマルライフ」、「パーフェクト・サークル」、「花嫁のモンダイ」など。

 

これまでにドラマ化された作品では、吉高由里子さんが主演をつとめた「人は見た目が100%」があります。

 

前回の節約ロックでは、ロックを愛する主人公の独身会社員・松本タカオ(上田竜也)は貯金が苦手でお金が無いにも関わらず後先考えずに自分の欲しかった高額のギターを購入しますが、それをきっかけに将来に失望した彼女・大黒マキコ(藤井美菜)にフラれてしまいます。

 

何とか彼女とヨリを戻したいタカオは人生で初めて節約をはじめます。節約をして堅実な人間になって彼女

と再び付き合えるようになると信じて奮闘します。

 

そんな中、節約マニアのさわやかイケメン稲葉コウタ(重岡大毅)もマキコに気があり近付きます。

 

お金がなくなり食事に困ったタカオ(上田竜也)は豆乳を使って湯葉作りに挑戦。見事成功した時に彼の中で心の貯金箱の音が鳴るのです。それが快感となりみるみる節約にはまっていきます。

 

タカオ(上田竜也)がマキコ(藤井美菜)のSNSを見ているとその中でマキコがいいねをたくさんしている写真を見つける。その写真が稲葉コウタ(重岡大毅)の物である事が分かり、ライバル心を抱いたコウタ(上田竜也)は自分もSNSを初めて節約術を載せ、コウタ(重岡大毅)に対抗します。

 

そして2人は一緒に仕事をする事になり、節約を巡って対立などもしますが互いを高め合い仲も深まっていきます。

 

ある日、コウタの姿がなく心配していると怪我をして入知らせが届き、すぐにコウタに連絡をとるが…コウタは怪我の後遺症で記憶喪失になってしまっていて節約などまるで気にしない、パリピ浪費家になってしまっていたのです!!

 

タカオは驚き、今までの節約術で学んだレシピなどを駆使してコウタに振舞うがそれでも節約なんて楽しくないと拒否されてしまいます。

 

しかし、コウタがノートに書いていた貧乏生活を送っていた時代に母親が作ってくれていたレシピを見つけ、その料理を届けます。

するとその味にコウタが反応し、節約大好きなコウタを取り戻します。

 

その後、タカオには到底追いつけないほどのお金を持った恋のライバル内田ユウサク(高木渉)が現れます。

そのライバルに負けまいとタカオはYouTuberになりますが、なかなか再生回数が伸びないことに悩み、豚肉をTシャツに変えて料理をしそれを食べ体調を崩してしまいます。生きない事が最大の節約だと思いどんどん落ち込んでいきます。

 

そのピンチを救ったのはコウタで、病院でも節約術があるのだとタカオを奮起させます。生きていればポイントもためられる!生きていれば節約ができる!とタカオの心の貯金箱を再び鳴らすことになります。

 

そして内田がマキコにプロポーズをする予定がある事を知ったタカオは自分もプロポーズをしようと内田よりも先に思いを伝えます。

その時に内田も現れ思いを伝えますが、マキコが選んだのはタカオ。再び彼女と同棲することができたのです!!

 

ここまでが前回の節約ロックですが…その後は原作にはない新たな物語が加わっているようですのでドラマを待つしかないようです。

 

前回再び同棲をはじめていますので次に気になるのは結婚ですよね。2人は結婚するのでしょうか?結婚するにしても結婚式は大金が必要だけれどどうするの?など色々気になるポイントが出てきますよね!!

 

ロックにまつわる人物名やくっきー扮するロックスターも毎話楽しみです。

 

私のあくまでも予想ですが、まずコウタが誰かと結婚するとこになりそれに刺激を受けてタカオも結婚をしようとする。そしてせっかく2人とも結婚するのなら合同で結婚式やって節約しようよ!!となり、節約結婚式を2人で考え出す。

 

今までの節約ロックの集大成を最終回では見せてくれるのではないかな?と思っています。

 

そして結婚した後は2人の間に子供も産まれるのでしょうか♪節約Jrの誕生ですね(笑)

 

スポンサーリンク

節約ロック ちょっと特別編の脚本・原案は?

節約ロック ちょっと特別編の脚本や原案について調べてみました。

 

ドラマにおいて脚本とは、「何時。何処で。誰が」を示す柱書き、台詞、ト書きだけで構成された設計図のようなテキストのことです。

よく耳にする「台本」。これとは異なります。台本は役者さんが見るテキストのことです。

 

脚本は「シナリオ」とも言われます。

 

節約ロック ちょっと特別編の脚本は森ハヤシさんです。

早稲田大学でコントサークルに入っていた事から事務所に所属し芸能活動をしますが2005年に解散。

その後脚本家として活動を開始します。

 

2011年に女性アイドルグループのさくら学院のライブなどの際にMCを務め、そのイベントでの寸劇・コントやアルバム特典に収録されるドラマなどの脚本をつとめるようになります。

 

2019年、脚本を手掛けた北海道テレビ連続ドラマ「チャンネルはそのまま!」が、日本民間放送連盟賞の番組部門で、テレビ部門グランプリを受賞しました。

 

2021年放送予定の「はたらく細胞BLACK」では初のシリーズ構成と脚本を担当されています。

 

元芸人さんなんですね!だから面白い脚本が書けるんだなと納得です。また、脚本をした作品にチョイ役で出演などもらされているようです。脚本をして出演まで果たすなんて凄すぎます!!

 

・今までの作品

「ショムニ2013」、「三匹のおっさん3 ~正義の味方、みたび!!~」、「脳にスマホが埋められた!」、「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」、「ダブルブッキング」など。

 

スポンサーリンク

まとめ

・節約ロック ちょっと特別編は2020年7月20日スタート

・主役はKATーTUNの上田竜也(松本タカオ役)さん

・原作は漫画作品

・原作にはない新たなストーリーが今回のちょっと特別編に含まれる

・作者は大久保ヒロミさん

・脚本とは設計図のようなテキストのこと

・脚本を担当したのは森ハヤシさん

・森ハヤシさんは元芸人

 

いかがでしたでしたでしょうか?ドラマの作り手側について調べてみると、今まで見た事ある作品の名前なども出てきてこれなら絶対楽しいじゃん!と思ってしまいますよね。

まだ節約ロックをちゃんと見た事のない方はちょっと特別編がはじまる前におさらいしておきましょう♪

 

※このページのトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました