竜の道 二つの顔の復讐者の4話ネタバレ・感想・あらすじ!まゆみがヤバい?竜二と美沙の仲をどうした?

竜の道 二つの顔の復讐者

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』4話のネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

『竜の道~2つの顔の復讐者』、極悪非道な大企業に両親を殺された双子の兄弟の復讐劇。玉木宏さん主演、高橋一生さんと双子の兄弟を演じられています。

物語は中盤に差し掛かってきました。第3話では、仇であるキリシマ急便、霧島源平が息子の晃を見限り、娘まゆみに婿を取らせ後継ぎにする計画を立てました。

まさたか
まさたか

晃を味方につけていた竜一と竜二は大慌てで対処し、娘のまゆみの婚約者を排除、代わりにまゆみの恋人になりすました竜二。このまゆみがなかなかどうしてヤバい感じです。

さて、第4話ではどんなお話が待っているのでしょうか?

スポンサーリンク

竜の道 二つの顔の復讐者の4話ネタバレ

美沙は、両親の形見として大事にしていたキリンのぬいぐるみのキーホルダーを、まゆみから、うちの会社の昔のグッズだ、と言われ、驚いたことを思い出しています。

その時、一緒にいた竜二の様子がおかしかったことにも違和感を覚える美沙でした。

**

美沙が大事に持っていた両親の形見が、キリシマ急便のグッズだったと知って驚く竜一と竜二。知らなかったため動揺してしまった、と竜一に話す竜二。

昔、両親の会社を訪れた源平が持参した手土産の中にそのキーホルダーがあり、その時はまだ源平を信じていたので両親が美沙にキーホルダーを渡したのだろうと推測しています。

**

晃はキリシマ急便の業務改善がなされないまま、大手通販会社のanywaysとの契約が決まりそうなことに焦っていました。

晃の思うような理想の会社を作るには、父親を追い出すしかないのでは?とアドバイスする竜一です。竜二も別のことろで晃に会社を変えた方がいい、と話しています。

**

anywaysがキリシマ急便に出した契約条件は運送業界の基準を大幅に上回る無茶なものでしたが、源平はこの契約の1.5倍で稼働させ、本契約を勝ち取る!と息まきます。

取締役会で晃は契約に反対しますが、源平はやりきるつもりです。
**

フリーの記者、沖が竜一を訪ねてきます。表向きはUDコーポレーションの取材をしたい、という要件でしたが、沖は竜一が斎藤一成なのでは?と疑って近づいてきたのです。

沖は警察で、木野本社長が殺されて10億円持ち逃げされた、との被害届が出ていないか調べますが、警察に届けは出ておらず、斎藤一成に前科もありませんでした。

**

まゆみからホームパーティーに招待された美沙が家に到着すると、そこには竜二も来ていました。まゆみに服装を注意される美沙。

まゆみは、義妹になるかもしれないんだからちゃんとして、と言いますが、義妹にはならない、竜二とは血のつながった兄妹じゃない、と美沙が言うと血相が変わるまゆみ。

パーティーで仲睦まじげな竜二と美沙の様子を、じっと見つめるまゆみでした。

**

UDコーポレーションの砂川は、竜一に、凛子にも霧島源平が親の仇だと打ち明けて協力してもらったらどうかと提案しますが、一蹴されます。その様子をそっと見つめる凛子。

**

パーティーがお開きになり、霧島家から竜二が帰る時に、源平が帰宅します。今回は自己紹介しなくてもフルネームで竜二の名を呼ぶ源平。

源平は竜二に、どうしてまゆみみたいな女と付き合うのか?まゆみと結婚すれば国交省の肩書はなくなるのに、と竜二を挑発します。

**

美沙が小学校の生徒たちと、校外で写生をしていると、ホスト風情の2人が昨日は来店ありがとう、と絡んできます。しっかりと美沙のフルネームを呼びながら。

校長に呼び出され注意を受ける美沙。ホストクラブになど行っていない、と訴えますが信じてもらえません。

それから、帰り道をそのホスト達に待ち伏せされたり、追いかけられたりする美沙。ネットでそのホスト、レオと司がいるホストクラブを探し出し、店に行ってみると。。。

そこには、レオと司と共にまゆみの姿が!2人で話したい、とまゆみに言う美沙。まゆみは、美沙にいつまでも竜二の妹面するな、と言います。
兄はそんなこと思う人じゃない、と美沙は反論し、そんなクソみたいな理屈で生徒を巻き込まないで!と言い放ちます。

**

美沙は昔預けられた家を訪ね、叔母から、両親の会社がキリシマ急便につぶされ、事故死だと思っていた両親が自殺だったことを聞かされます。。。

美沙は竜一に会いに行き、両親の仇の娘のまゆみと竜二が何故付き合っているのか心配だ、と相談します。親がしたことと、子どもは関係ないでしょう、と言う竜一。

ロミオとジュリエットのような例もある、と誤魔化し、とにかく霧島家やまゆみには近づかないほうがいい、と忠告する竜一でした。

**

霧島家では、晃が母の芙有子に、どうして離婚しないの?実家に仕送りが必要でも、離婚すれば財産の半分をもらえる、と話しています。その話をドアのそばで聞いている源平。

源平に気づき、慌てて取り繕う芙有子。晃はanywaysとの契約を続ければまた過労死がでる、契約をやめて、と訴えますが、離婚して母親について行くんだろ?と、聞く耳を持たない源平。

晃の話を聞いてやってください、と言う芙有子に乱暴しようとする源平。芙有子が抵抗すると、それなりの金は払っている、と暴言を吐き、クラブへ行き、発散させている源平です。

**

帰り道、人気のない場所でレオと司に襲われる美沙。なんとか逃げますが、レオと司に追いかけられます。美沙を更に追いかけようとする2人を倒したのは竜一でした。

**

竜一は美沙を襲ったレオと司が、まゆみの取り巻きだと調べ上げ、竜二に報告。だから美沙と距離を置け、と言っただろ?といらだつ竜一。

源平が敵ということも、両親の自殺も知ってしまって苦しむ美沙。。。竜一は竜二に、美沙を妹以上に思っているだろ?と詰め寄りますが、否定する竜二です。

美沙のことを守るために、復讐をさとられないように、しばらく美沙を見張ることにした竜一。竜二はまゆみに何度も電話しますが通じません。

**

まゆみに呼び出され、夜道を歩いていると、車に拉致されてしまう美沙。美沙を見張っていた竜一は慌てて追いかけます。
美沙が4人の男に連れ込まれた場所には。。。まゆみがいました。美沙は4人の男たちに襲われそうになりますが、仕掛けたまゆみも襲われそうに。

危機一髪、ヤクザが登場し、チンピラ4人を蹴散らしている間に、美沙はまゆみの手を取って逃げます。そこに竜一が現れ、タクシーに乗せて美沙を帰します。

どうして、ここに和田さん(竜一)が?と混乱する美沙。

**

美沙を助けたヤクザは、竜一が曽根村に依頼し手配してもらったものでした。曽根村に礼を言う竜一。肉親はやっかいだな、と曽根村。彼にはかつて息子がいたようです。

**

まゆみに会いに行く竜二。別れ話をするかと思いきや、まゆみを抱きしめ、これからは僕の前では自分を守らなくていい、と言います。感動して泣くまゆみ。

**

源平は竜二の素性を調べさせています。。。

**

晃が竜一についに父親を追い出す決心がついたと報告しています。。。

また、こちらの記事で、『竜の道』を全話無料視聴できる方法をまとめています。

スポンサーリンク

竜の道 二つの顔の復讐者の4話感想

『竜の道~2つの顔の復讐者』第4話いかがでしたでしょうか?まゆみがヤバい、の一言ですよね。竜二と美沙が血が繋がらないからといって、そこまでする??

どうしてそこまで美沙を毛嫌いしてしまったのかは分かりませんが、美沙、演じる松本穂香さんの純真無垢なポカンとした顔にいら立つのは、女性あるあるなのかも知れません。

まゆみの狂乱具合がヤバいな、という第4話でしたが、それを上回って、竜二がまゆみを抱きしめるところに思わず叫んでしまいました。

こんな騙し方をしてしまったら、源平同様の人間になり下がってしまうのでは??竜二は本当は心根が優しいという設定になっているので、見てるこちらが苦しくなりました。

復讐対象の憎むべき源平も、妻芙有子のことで、心に闇を抱えていそうでしたね。でも、家庭に問題があり、愛されなかったからといって、会社を乗っ取ったりしてはいけませんが。

次回、第5話では復讐も進みそうですが、双子の正体も少しづつバレてしまいそう!?どうなっていくのか楽しみです。

スポンサーリンク

竜の道 二つの顔の復讐者の4話あらすじ

#48.18 On Air
ネット通信販売大手のエニイウェイズとの契約を勝ち取るため、無謀な業務拡大を加速する源平(遠藤憲一)。竜一(玉木宏)はそんな源平に対して反発を強める息子の晃(細田善彦)に、クーデターを起こすようけしかける。そんな中、経済記者の沖(落合モトキ)が、UDコーポレーションを訪ねてくる。

一方、まゆみ(松本まりか)からホームパーティーに招待された美佐(松本穂香)は、竜二(高橋一生)がまゆみとの結婚を望んでいることを知る。ごう慢なまゆみの態度に戸惑いながらも美佐は、「私は妹にはならない」と、竜二と血のつながりがないことを告白。すると、まゆみの顔からみるみる笑顔が消えて…。

両親の形見の人形がキリシマ急便のグッズだったこと、そして霧島家の娘であるまゆみと竜二の不自然な関係に疑問を感じた美佐は、過去を知ろうと動き出す。そんななか、美佐の身に不審な男たちの魔の手が迫る。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

『竜の道』第4話では、美沙がとうとう両親の死の真相に気づいてしまいました。美沙を近くでずっと見守ってきた竜二にとってはつらい展開となりました。

更に、竜二の彼女のまゆみにひどい仕打ちを受ける美沙。かわいそうでしたよね。双子の兄に守られて生きてきた血のつながらない妹。。。

しかし、まゆみにどれだけ意地悪されても暴言を吐かれても、しっかり言い返し、一人で問題を解決しようとする美沙。更にまゆみを助けたりもするのです。

実は、守られてきた弱い存在であった妹が、この物語では双子の兄より誰より一番強いのかも知れません。

第5話では、復讐も進み、双子の正体を暴こうとしている人たちも動き出します。次回も目が離せません。

 

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました