竜の道 二つの顔の復讐者の1話ネタバレ・感想・あらすじまとめ!ラストでキリシマ急便の不祥事をつかんだ双子は?

竜の道 二つの顔の復讐者

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』1話のネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

新型コロナウイルスの影響で放送が延期されていた、玉木宏さん主演のドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』がついに始まりました。

高橋一生さんと初共演、そして双子の設定で、復讐を誓った兄弟が悪徳企業に立ち向かう本格ハードボイルドドラマです。

まさたか
まさたか

当初は4月から放送予定でしたが、7月末スタートとなり、初回は2時間スペシャルとなりました。一体どんなドラマになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

竜の道 二つの顔の復讐者の1話ネタバレ!

竜一と呼ばれた男が、竜二に殴りかかっています。竜一は、竜二には笑っていてほしかった、と言いながら銃で竜二を撃ちます。。。

**

2012年、東京で週刊誌の記者をしている矢端竜一は、タレコミ屋から情報を買っています。竜一はキリシマ急便のネタがないか、聞いています。

テレビではキリシマ急便社長の霧島源平が創業30周年記念パーティーの挨拶をしているところが放送されており、その様子を苦々しく見る竜一。

**

矢端竜二は、国土交通省のエリート官僚、主席監査官です。毎日、直属の部長を女と八百長情報で接待し、出世に余念がありません。

**

竜二は接待の帰り、ある部屋を誰にも見つからないように訪れます。そこにいたのは、竜一。2人はそこで情報交換しながら、キリシマ急便の霧島源平の失脚を狙っていました。

**

竜一と竜二、この一卵性双子の妹の美沙は清掃会社で働きながら、大学に通っています。しかし、美沙は知りませんがどうやら、実は彼ら双子の本当の妹ではないようです。

**
1997年、福岡県北九州市で、竜一と竜二の両親は吉江運送という小さい運送会社を経営しており、会社は地元の信頼も厚く事業もうまくいっていました。

そこに、キリシマ急便の霧島源平が事業提携を持ちかけます。源平の耳障りのいい言葉と態度から、父母は提案を快諾します。

しかし、その業務提携の実態は、顧客や従業員、そして事業基盤を奪う悪質な乗っ取りだったのです。

多額の借金だけ残り、会社を廃業しなければならなくなった父母は、竜一、竜二、美沙を残してガス自殺で亡くなります。3人で幸せに暮らしてください、という遺書を残して。

警察に訴える竜一と竜二ですが、相手にしてもらえず、自分たちで何とかしようと考えるのです。3人は親戚の家に身を寄せますが、冷たく扱われ、つらい毎日を送るのでした。

**

キリシマ急便は法すれすれの悪質な乗っ取りを繰り返し、全国展開まであと少しのところまできています。行政処分も2年で3回受けており、あと一回何かあれば処分も免れない状況です。

源平の息子、晃は、父親に配送サービス過剰をやめ、従業員の労働条件の改善を申し入れますが、源平は取り合いません。

**

竜一が雇われている日日タイムズの大野木社長は、記者たちを恫喝し、ネタを集めさせて、裏でかなりのお金儲けをしているようです。金庫には10億円隠してあります。

そんな大野木社長の運転手をつとめることになった竜一は、ある取り引き現場に連れていかれます。そこでいきなり襲われる竜一と大野木社長。

大野木社長が曽根村会長に納める金を誰かが狙ったようですが、竜一が応戦し、金は守られ、曽根村会長に渡します。しかし、これは実は曽根村会長の自作自演でした。

曽根村会長は竜一の活躍を見てやくざの世界に誘いますが、断る竜一。そして、竜一は名前を尋ねられ、斎藤一成です、と答えるのです。

竜一は、8年前に火事で亡くなっており、竜二と美沙は悲しみにくれました。しかし、竜一は生きており、8年後、斎藤一成として竜二の前に現われたのです。

源平に復讐するため、別人となるために、斎藤一成の戸籍を奪い整形した竜一は、今は斎藤一成の名前で生きていたのです。

2人は、表社会からは竜二が、裏社会から竜一が、すべてを奪った源平に復讐しようと誓います。これからはなんでも2人一緒だと。

**

キリシマ急便の運転手が過重労働で死亡したことを竜一から聞いた竜二は、これでキリシマ急便を事業許可取り消しに追い込める!と意気込みます。

遺族にも会い、過労死ではないか?と聞きますが、遺族はキリシマ急便から口止めされており、なかなか証言がとれません。

竜一の説得もあり、遺族から証言は取れましたが、キリシマ急便に特別監査に入るのを渋る部長。そこも竜二が金と女で半ば脅して特別監査に入ります。

源平の息子の晃も監査に協力し、過重労働はありました、と竜二に証言します。

しかし結果は、キリシマ急便は30日の業務停止、という軽い処罰で終ってしまいました。。。国交省の増本大臣に源平が賄賂を贈り、部長も買収されてしまったのです。

竜一は、記者として部長に会って脅し、キリシマ急便が大臣に賄賂を渡し過重労働の過労死を隠ぺいした証言を取り、いざ、マスコミにこの大スキャンダル記事を売るところで。。。

竜一は拉致されます。

**

竜一を拉致したのは、竜一の正体が斎藤一成ではない、と気づいたやくざの曽根村会長でした。せっかく手に入れたキリシマ急便のスキャンダルも、もみ消されてしまいます。

なぜキリシマ急便を狙うのか聞く曽根村に、今までのいきさつを話す竜一ですが、復讐するなら圧倒的な力と圧倒的な金がいる、ないなら恨みは忘れろ、と言われます。

**

竜一は曽根村一味に暴行されボロボロのまま、大野木社長に呼ばれて自宅に行くと、さらにいちゃもんをつけられ殴られ、キレる竜一。

大野木は竜一と争ううちに、心臓発作を起こしてしまいます。発作を抑えるニトログリセリンがありましたが、竜一はわざと渡さず大野木を見殺しにします。

竜一は大野木の隠し財産10億円を奪い、圧倒的な金を手に入れます。そして、8年後、竜一は再び日本に和田猛として現われます。源平に復讐するために。。。

竜一はブラジルに渡りマネロンし、曽根村会長の力を借り名前を変え、金儲けのためのインチキ会社、UDコーポレーションというITコンサル会社の経営をしていたのです。

キリシマ急便を陥れるために、まず足がかりとして、キリシマ急便の大得意先のトッキービーンズの経営コンサル業務を請け負うことを画策します。

トッキ―ビーンズの看板商品のトッキープレミア豆腐に虫が混入していたと、DUコーポレーションの運営する企業のクレーム掲示板に書かれ、SNSにより拡散炎上、大問題になります。

トッキービーンズの時任社長はうちは悪くない、と謝罪する気はなく、騒動は収まりません。危機管理担当の砂川が困り果てたところで手を差し伸べる竜一。

**

竜二は国土交通省でキリシマ急便を直接管理できる、室長に出世をしていました。再会する竜一と竜二。キリシマ急便も業界上位の大企業に成長していました。

8年前の監査の時に協力してくれた源平の息子、晃は今でも竜二と懇意にしているようで、キリシマの内情は竜二に筒抜けです。

2人でまたキリシマ急便、源平への復讐計画を練ります。竜二は竜一に美沙に連絡しないのか?と聞きますが、自分は死んだままの方がいいと言う竜一。

実は大野木を見殺しにした現場から立ち去る時に、大野木の子どもに目撃されていたことにおびえる竜一でした。

**

見殺しにしたことを後悔しながら、町をふらついているとそこに大きな打ち上げ花火が上がります。その昔、竜一、竜二、美沙の三人で花火を見たことを思い出し涙する竜一。

その姿を見て、ハンカチをそっと差し出すのは、福岡から竜二に誘われ上京していた美沙でした。。。お互い誰だかは分かっていません。。。

竜の道 二つの顔の復讐者の見逃し動画を無料視聴する方法!
>>竜の道 二つの顔の復讐者の見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

竜の道 二つの顔の復讐者の1話感想

『竜の道 二つの顔の復讐者』第1話はいかがでしたか?玉木宏さん演じる竜一と高橋一生さん演じる竜二の双子が家族を奪った大企業への復讐に燃えるサスペンスでした。

双子の役なので、お二人をそっくり!と思い込んで見ないといけないな、と思っていましたが、竜一は整形して顔も声も変わっている、という役で、安心して視聴できました。

復讐のために、自らの人生は棒にふり、裏社会で生きる竜一。顔も変え、妹にも周りの誰にも正体を知られないように生きていく。。。

よほどの覚悟がないとできない選択ですよね。そんな覚悟をさせた、遠藤憲一さん演じる霧島源平はほんとに極悪非道でした。
会社を大きくするために、法に触れないギリギリで他の会社を乗っ取り、自社の社員も過剰業務で働かせる。やっていることはヤクザと同じですよね。

借金だけ残り、会社を失くした両親は自分たちの保険金で支払おうと、子どもたち3人を残して自殺。。。お母さんだけでも生きていてくれたら!幼い娘を残して死なないでー!

お母さんの遺書の中では、美沙が生まれて。。。という言葉が綴られていますが、竜一は本当の妹ではない、と言っていました。

弟の竜二は美沙のことが好きなのですね。美沙は自分は双子の本当の妹だと信じて育っているようですので、今後、2人はどうなるのでしょうか?

極悪非道の源平を成敗しようとするのですが、彼には金も力もあり、なかなかうまくいきません。ヤクザの大物、曽根村も絡んできて一筋縄では復讐は出来なさそうです。

一体どんな方法で源平に復讐を果たすのか?竜一が見殺しにした大野木の子どもが大きくなってどこで竜一の前に現れるのかも気になりますし、このドラマ、目が離せなさそうです。

 

スポンサーリンク

竜の道 二つの顔の復讐者の1話あらすじ

1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。しかし、全国への事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、霧島への復讐(ふくしゅう)を誓い合う。

それから7年後の2004年。22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった……。
竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、霧島源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐(ふくしゅう)計画を進めていく二人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが……。

(引用:公式サイト

 

スポンサーリンク

まとめ

『竜の道 二つの顔の復讐者』第1話、面白かったですね。原作は白川道のハードボイルド小説です。原作者はすでに亡くなっておられ、シリーズは未完となっています。

家族を殺されたも同然の仕打ちに怒り、復讐に燃える双子の兄弟ですが、物語に花を添えるのは、松本穂香さん演じる妹の美沙です。

松本穂香さんの可愛らしさ!美男美女しか出ていないこの作品。ハードボイルド小説でありながら、眼福も味わえます。

そして、単なる復讐の話かと思いきや、冒頭のシーンで竜一が竜二を撃ち殺しているんです。

どういう結末をむかえるのか?ハラハラドキドキ。次回がとても楽しみです。

竜の道 二つの顔の復讐者の見逃し動画を無料視聴する方法!
>>竜の道 二つの顔の復讐者の見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

 

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました