親バカ青春白書3話のネタバレ・感想・あらすじ!さくらがミスコンに出場!特別賞受賞で大ごとに!

親バカ青春白書

ドラマ『親バカ青春白書』第3話のネタバレ・感想・あらすじをまとめてみました!

『親バカ青春白書』第3話は2020年8月16日に放送されたドラマです。

まさたか
まさたか

小比賀さくら(永野芽郁さん)は、衛藤美咲(小野花梨さん)により勝手にミスコンにエントリーされてしまいます。それを知った小比賀太郎(ムロツヨシさん)はさくらのミスコン出場を阻止すべく、ミスコン廃止運動を始めます。

しかしミスコン廃止運動は阻止され、さくらはファイナリストとしてステージに上がることに…!?

それでは、詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

親バカ青春白書3話のネタバレ

朝、小比賀太郎・通称ガタロー(ムロツヨシさん)とその娘・さくら(永野芽郁さん)が大学構内を歩いていると…。

後ろからやってきた同級生の畠山雅治(中川大志さん)と根来恭介(戸塚純貴さん)が話しかけてきました。

底辺YouTuberの根来は、畠山の家のWi-Fiを借りて動画撮影とアップロードに励んでいることを堂々と話します。

畠山の家のWi-Fiは根来いわく「ダンチ(段違い)」なのですが、それをガタローは「団地」と勘違いして根来に笑われます。

さくらが根来に居座られている畠山を心配すると、根来は動画で稼ぐことが出来たら家賃を払うと言い出します。

ガタローがチャンネル登録者数が変わらないことを指摘すると、根来は「次こそは必ずバズります!」と不敵に笑うのでした。

**

教室に入ったさくらは、同級生の山本寛子(今田美桜さん)と衛藤美咲(小野花梨さん)の話に加わります。

苦学生の美咲は、優勝賞金の30万円目当てに美人なさくらと寛子を勝手にミスコンへエントリーさせていました。

さくらは「人前苦手だし…」と美咲に訴えますが、美咲は「賞金は3人で山分け」と勝手に話を進めてしまいます。

写真・面接・最終と3次審査まであると知ったさくらは、選ばれなさそうだと安心します。

しかし、しっかり審査されると知った寛子は、落とされたら「それはそれでムカつくなあ」と乗り気になるのでした。

**

現在、寛子はダンスサークルに所属しています。

体験入部で寛子のダンスを見たガタローとさくらは「やるなあ」「寛子…かっこいいね」と感心します。

その後、体験入部の学生たちがダンスを体験しますが、ガタローは年のせいか上手く動けません。

各自ダンスの見直しをしていると、部屋の隅にある段ボールがガサガサと動き、女子学生が悲鳴を上げました。

先輩男子学生が重なった段ボールを持ち上げると、中からビデオカメラを構えた根来が出てきました。

**

ダンスサークルの部長は、根来の盗撮を穏便に収めてくれました。

ガタローは「安心して。根来はただの変態だから」となだめますが、寛子は怒り心頭です。

落ち込む根来に、さくらは「なんであんなことしたの?」と尋ねます。

根来は、ダンスの上手い寛子の動画を上げれば再生数が稼げると思って盗撮したのです。

それを聞いた寛子は一気に機嫌を直し「え、私ってそんなにイケてる?」と笑顔になります。

今がチャンスだと思ったのか、根来が「俺と付き合ってくれない?」と言いますが、寛子は「無理」と突っぱねました。

フラれた根来を見てガタローは笑い「それだ!」と根来がフラれる動画を上げれば再生数が稼げると言い出します。

「そういうのを人々は求めてるんだよ!」とひとり盛り上がるガタローですが、当の根来は引いています。

しかしガタローの勢いは止まらず「フラれ動画だ! これはバズるぞー!」と大はしゃぎするのでした。

**

その夜、家に帰ったガタローはさくらからミスコンにエントリーさせられたことを知らされます。

なぜかまた小比賀家で夕飯を摂っているガタローの担当編集・尾崎(谷口翔太さん)はさくらが優勝すると言い切ります。

堂々とさくらの手料理を食べる尾崎をガタローが責めると、尾崎は夕飯の代金を支払うと言い出します。

ガタローが「1食あたり1億円だ」と無茶を言うので、さくらはガタローをいさめます。

すると尾崎は笑いながら、1万円札を折り畳んで「0」の数が増えたように見える状態でガタローに渡します。

ガタローと尾崎がそんなやりとりをしている中、さくらにミスコンの1次審査に通過した知らせが届きます。

寛子と美咲も通過しているとさくらは喜びますが、ガタローは「男どもの好奇の目にさらされるなんて」と騒ぎ出します。

ガタローはさくらを説得しようとしますが、尾崎に締切が迫っていると言われ渋々小説の執筆に戻ったのでした。

**

2次審査は面接と特技披露で、美咲は今一つ面白くないフリップ芸を、寛子は得意のダンスを披露します。

さくらは2人とは別のグループで2次審査を迎え、自分で漬けた梅干しを審査員たちに振る舞いました。

審査のスタッフを務めている畠山は、帰り道でさくらに「あの梅干しはほんと美味しかったなあ」と伝えます。

喜ぶさくらは、亡き母・幸子(新垣結衣さん)との思い出を振り返ります。

幼いさくらは幸子からていねいに梅干しの作り方を習っていたのです。

ガタローは大学時代、幸子の手作り梅干しがきっかけで幸子を好きになり結婚したのです。

その話を聞いた畠山は「確かに。あれは惚れちゃう」と言い、さくらと畠山はお互いドギマギしてしまうのでした。

**

ガタローの提案を受けてフラれ動画を撮影し始めた根来は、女子学生に15人連続でフラれていました。

企画としてフラれないといけないのだと言う美咲に、さくらはフラれ続ける根来が「きっと傷ついてるよ」と返します。

しかし今しがたフラれたばかりの根来は楽しそうに振る舞っており、それを見た寛子と美咲は呆れます。

そこに寛子の新しい彼氏が現れ、寛子の乗り換えの早さに美咲は驚くのでした。

**

さくらと寛子は2次審査を通過し、美咲は落選してしまいました。

しかし美咲は一切落ち込んでおらず、学園祭当日にさくらと寛子の写真を撮って売るのだと鼻息荒く宣言します。

美咲が「寛子が本命! さくらは大穴!」と言うと、さくらの緊張は高まってしまうのでした。

**

小比賀家の隣人・前田のおばちゃん(濱田めぐみさん)が帰宅したガタローにテンション高く話しかけてきます。

前田のおばちゃんはさくらが2次審査を通ったことを知って「鼻が高いんじゃないの?」とガタローをつつきます。

しかしガタローは「そんなものには出さないよ」と断言し、前田のおばちゃんの話を遮ります。

「でも…」と言う前田のおばちゃんの言葉を聞いたガタローは「デモ…」とひらめいた顔をするのでした。

**

ガタローは学生たちを集め、デモ隊を結成して「ミスコン廃止せよ!」と言ってデモを始めるのでした。

かつて部員集めを通して仲良くなった落語研究会の部長がミスコン代表者として出てきたため、ガタローは驚きます。

しかしガタローはひるまず、ミスコンの即撤廃を求めます。

ミスコンは女性差別だと言うガタローに、落研部長はガタローと昭和をテーマの勝負をして決着をつけようと提案します。

それに乗ったガタローは落研部長からおニャン子クラブ・岩井由紀子の会員番号を問われ、正解します。

続いて貝瀬典子の会員番号も正答し、ガタローは図に乗り始めます。

そんなガタローに落研部長は「彼女たちがオーディションで選ばれたという大前提を忘れちゃいないか?」と問います。

ミスコンは芸能界への登竜門であり、ミスコン撤廃デモは若者のチャンスを奪う「横暴の極みだ」と落研部長は続けます。

熱いアイドルオタクの落研部長が語る理論に屈したガタローは膝をつき、それを見た根来は「すげえ…」とつぶやきます。

根来はガタローを見て「やっぱ、あんぐらい目立たなきゃダメなんだな」と、YouTuberとしての弱さを自覚するのでした。

**

学園祭当日、落研部員の畠山は高座を披露し、さくらと寛子と美咲はその様子を観に行っていました。

そしてミスコンのファイナリスト控室では、さくらが緊張を隠し切れずにいました。

ミスコンスタッフの畠山は「大丈夫だって」とさくらを励まします。

そんな様子を扉の隙間から見ていたガタローは大いにイラつきますが、そこに寛子が戻ってきて「辞退するわ」と言います。

彼氏から出てほしくないと言われて辞退を決めた寛子を見て、ガタローはさくらにも辞退を促します。

しかしさくらは「私、人前に出るのすっごく苦手なの」「せっかくだから、それを克服したい」と語るのでした。

**

ステージに立つさくらを、ガタローと寛子、美咲が見つめています。

根来はビデオカメラを置いてどこかに行ってしまったようです。

そんな中、最終審査のコスプレショーが始まりました。

『鬼滅の刃』の竈門禰豆子のコスプレをしたさくらは、ステージ脇で畠山から手の平に人の字を書くよう伝えられます。

そして出番を迎えたさくらを、寛子と美咲は大声で応援します。

司会者から質問されるさくらですが、竹の口かせをしっかりとはめているため何を言っているか分かりません。

そんなさくらを見て、審査中は無表情で無言になる落研部長も大笑いしています。

会場が大盛り上がりになるのを感じて、ガタローはいつかさくらが芸能界に入ったら…と妄想してしまいます。

さくらが東京ラブストーリーの代表的なセリフを言わされる様子を思い浮かべて「嫌だ!」とガタローは叫びます。

そんなガタローに、隣に座った寛子と美咲は「うるさい!」と注意するのでした。

**

ミスコンの裏方として働く畠山に、根来が「落研の先輩が倒れた」と言って裏方を代わりに務めると言い出します。

畠山は根来の言ったことを素直に信じてその場を離れ、根来は不敵な笑みを浮かべるのでした。

**

審査は進み、ドレス姿になったさくらは自家製梅干しのエピソードを話します。

そこに梅干を運んできたスタッフは根来で、司会者が食べるはずのさくら特製梅干しを食べてしまいます。

根来は「さくらさん、こんな美味い梅干しは初めてです」と素直に梅干の食レポをしますが…。

そのまま勢いに乗って、根来はさくらに「僕とお付き合いしてください!」と告白するのでした。

「あいつフラれ動画撮ってる!」と気付いたガタローはカッとなりますが、フラれるならいいかと怒りを収めます。

さくらが根来の手を取って「はい!」と答えたため、会場は大盛り上がりになります。

そこでガタローは「ちょっと待ったー!」と大声を出してステージに上がります。

さくらは動画撮影だと気付いており、1度くらいOKされる動画があった方がいいと思って「はい」と言ったのです。

ガタローは「訂正なさい! じゃないと、本当になっちゃうよ!」と、根来と付き合えるのかとさくらに聞きます。

さくらは「それはイヤ!」と首を横に振って「ごめんなさい! 違います、付き合えません!」と頭を下げました。

それを見た審査員の落研部長と大村教授(野間口徹さん)は「これぞまさに、大どんでん返し!」と盛り上がります。

ガタローは審査員・観客一同に、これはYouTubeの撮影なのだと説明するのでした。

**

根来のウソにやっと気づいた畠山がミスコンのバックヤードに戻ってきたため、ガタローは一連の出来事を説明します。

さくらが根来に一度OKを出したことを知った畠山は、静かにショックを受けるのでした。

**

ミスコンの優勝者がさくらではなかったため、ガタローは「うちの娘が一番でしょうが!」と言ってステージに上がります。

「お笑いコンテストではないので…」と言う司会者に、ガタローは観客を乗せて抗議しました。

困った司会者はさくらを特別賞にすると言い、ガタローは少し考えた後に、さくらの特別賞受賞を受け入れ喜ぶのでした。

**

その夜、後片付けをしていた畠山は「やっぱり俺じゃなかったんだ…」と落ち込んでいました。

畠山は今までのさくらの言動を思い出しながら「あとちょっとで勘違いするところだった」と失笑します。

**

ガタローとさくら、寛子、根来は美咲の働くカフェで打ち上げをしています。

グランプリになれず賞金を取れなかったさくらを、寛子は「グランプリより目立ってたよ」と励まします。

美咲に「ごめんね」と言うさくらですが、美咲は「大丈夫。撮った写真を売りまくるから」と切り替えていました。

さくらは元気のない根来にも謝りますが、根来はフラれたことよりも再生数が伸びなかったことに落ち込んでいます。

根来は、あれほど身を削ったのに動画が全くバズらないことで「彼女がほしいんだーい!」とヤケクソになっていました。

そんな時、寛子がYouTubeの急上昇ページのトップに根来がさくらにフラれた動画があることに気づきます。

チャンネル登録者数が20人だった根来の動画が103万回再生されたと知った一同は大いに驚くのでした。

 

また、親バカ青春白書の3話~全話の無料動画を見る方法を、以下の記事でまとめています。

スポンサーリンク

親バカ青春白書3話の感想

今回は学園祭で開催されるミスコンを主軸にストーリーが展開されました。

完全にお金目当てで、さくらや寛子がファイナリストに残っただけでも稼げると踏んだ美咲の勢いはすごいものでしたね。

そして、審査が厳しいと知った途端にやる気を出した寛子のパワフルさや自信に満ち溢れているところが魅力的でした。

さくらは人前に立つことが苦手な部分を直すためにと、大人になるためのステップとしてミスコンに挑みました。

仲が良いのに考え方が全く違うところが、さくら・寛子・美咲の友人関係の面白いところだと思います。

その頃、根来はバズる動画を何としても撮るのだと、身を削ってフラれ動画を撮影し始めました。

女子学生にとっては迷惑な話ですが、他人ではなく自分が傷つきにいく根来につい「頑張れ」と思ってしまいました。

ガタローの大暴れが響いたのか、根来のフラれ動画撮影が後を引いたのか…さくらはグランプリには選ばれませんでした。

しかし、さくらは大勢の観客の前で司会者と会話し、根来をはっきりフッて、ガタローに文句を言えるようになりました。

さくらの小さな成長を見守ることができて、とても微笑ましい気持ちになりました。

そんな中、さくらが撮れ高のためだけに根来の告白にOKしたと知らない畠山は、ひとりでショックを受けていました。

さくらと畠山の関係性が今後どうなっていくのか気になりますね。

そしてガタローと落研部長との舌戦を見た根来は、ガタローのように目立たなくてはと最大限に身を削りました。

100万回以上の再生回数を稼いだ根来が調子に乗るのは目に見えているので、心配なような、楽しみなような…。

しかしミスコンでのさくらの竈門禰豆子コスプレはとても可愛く、ドレス姿はかなり美しかったですね!

日曜の夜に目にも心にもよいものを見て眠れるというのは、とても有難いことだなと感じました。

スポンサーリンク

親バカ青春白書3話のあらすじ

#3
2020年8月16日
学園祭で開催されるミスコンにお金の匂いを嗅ぎつけた美咲みさき(小野花梨)が、グランプリの賞金目当てでさくら(永野芽郁)と寛子ひろこ(今田美桜)を勝手にエントリーする!人前に出ることが苦手なさくらは戸惑いながらも、流れで参加することに。

そんな中さくらと共にサークル探しを続けるガタロー(ムロツヨシ)は、寛子の所属するダンスサークルに体験入部。しかしそこには踊る寛子の姿を盗撮する根来ねごろ(戸塚純貴)が潜んでいた。底辺YouTuberから抜け出せない根来は、イケてる寛子のダンス動画で再生回数を伸ばそうとしていた。その姿を見たガタローは、バズる動画のアイデアを根来に提案するが……。

その夜。さくらがミスコンの一次審査を通過したことを知ったガタローは、娘が好奇の目にさらされることが受け入れられず大反対。さくらの出場を阻止すべくミスコン廃止に立ち上がるガタロー。しかしその前に意外な強敵が待ち受けていた!

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

美咲の皮算用により、さくらと寛子は勝手にミスコンにエントリーされてしまいます。

ガタローはミスコンを中止させようとデモ隊を作りますが、公衆の面前で落研部長に言い負かされてしまいます。

バズる動画を撮るため、根来はファイナリストになったさくらにステージ上で告白しフラれました。

後からその話を聞いた畠山は、さくらが好意を持ってくれているのは勘違いだったのだと思い込んでしまいます。

さくらはグランプリを逃し特別賞になりましたが、根来の上げた動画は100万回再生を超えたのでした。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました