おしゃ家ソムリエおしゃ子の5話ネタバレ・感想・あらすじ!医者でイケメン男性をおしゃ子は振る?

おしゃ家ソムリエおしゃ子

ドラマ『おしゃ家ソムリエおしゃ子』の5話ネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

8月12日(水)に放送されたドラマ、「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」の第5話。

今回は、第5話のネタバレ、あらすじ、そして、感想をご紹介します。

まさたか
まさたか

今回出会った男性は、医者でイケメンな男性。お家の外観も豪邸で玄関も整理整頓されています。しかし、部屋の中は、物がほとんどありません。つまり、彼はおしゃ子(矢作穂香さん)の天敵、ミニマリストだったのです。

いつもはおしゃ子のペースなのに、今回ばかりは男性のペースに…。

どうするおしゃ子…?

スポンサーリンク

おしゃ家ソムリエおしゃ子5話のネタバレ!

今回も舘壱めう江(MEGUMIさん)のカフェで、金荷くすき(富田望生さん)と、ティータイムを楽しんでいるおしゃ子(矢作穂香さん)。

その横で、骨折しながらも頼まれていたメニュー表を書いている隠戸九雲(市原隼人さん)。

なぜ骨折したのか気になるところですが、どうやらおしゃ子が関係しているようです。

すると、そのいきさつを隠戸が話し始めました。

それは、1週間程前のこと。

朝の占い番組で、「恋人現る」と見たおしゃ子は、それを信じておしゃメンを探していました。

すると、そこに車が飛び出してきて、おしゃ子がひかれそうに…。

すかさず隠戸がおしゃ子を助けます。

おしゃ子を抱きかかえる隠戸に、「もしかして隠戸が…」とときめいていると、そこへ外科医の舞楽ジャックが現れます。

隠戸の事などどうでもよくなってしまったおしゃ子…。

すっかり舞楽に心ときめいているようです。

「舞楽がどんな家に住んでいるのか知りたい…」と考えていると、隠戸に心を読まれてしまいます。

と、そこで「大丈夫ですか?」と舞楽が声を掛け、病院に行くことに…。

どうしても、舞楽の家に行ってみたいおしゃ子は、彼を待ち伏せします。

そして、4時間も待った後、やっと舞楽に偶然を装って、デートにこぎつけることに成功。

デートでは、ステーキを食べながらオペの話をする舞楽。

医者というだけでかなりの高ポイント。

毎回恒例のおしゃードルも難なくクリアします。

デートの帰り道、大胆にもおしゃ子は、「お家にお邪魔したい」と言います。

「受け入れてくれるだろう」と思っていたおしゃ子でしたが、まさかの拒絶。

「家は僕の聖域だから…」いう舞楽に、益々自宅を見たくなったおしゃ子。

酔ったフリをするものの、すぐに嘘だとバレてしまいます。

しかし、おしゃ子はまだまだ諦めようとしません。

おしゃ酔いの術を使い、舞楽のお家に行くことに成功。

いざ家に入ると、とても整理整頓されていて、おしゃ子の期待も高まります。

しかし、シンプルという次元を超えていると気づいたおしゃ子は、家中を見て回ります。

すると、どこを見ても物がありません。

どうやら舞楽は、ミニマリストだったのです。

ミニマリストとは、物を極力持たないで暮らす人々のこと。

おしゃ家会の過激派、今回は強敵だと困惑するおしゃ子。

バックをどこに置けばいいのかすら迷ってしまいます。

しかし、冷静に部屋を見渡すと、日差しを考慮した読書スペースに、キッチンからの動線が計算されたダイニングスペースの位置…。

「空間を豊かに使っている」と、舞楽が輝いて見えてきます。

そして、「この部屋を認め始めている、ここがゴールなのか…」と思い始めます。

初めてであった最強の敵に、明らかにペースを乱されています。

と、そこでおしゃ子は、自分の服にテープがついていることに気づきます。

そのテープを捨てようとゴミ箱を探そうとするものの、どこを見渡してもゴミ箱は見つかりません。

「生きることはゴミを出すことなのに、ゴミ箱がない…」ということに、もしかして、「この男は浮世の物ではないのか…」と妄想し始めるおしゃ子。

「すでに死んでいて、部屋のどこかで腐敗しているのでは…」とあらぬ妄想を膨らませます。

そして、部屋の匂いを嗅ぎ、「無臭だ」と安心します。

それを見た舞楽は、「この物の量で部屋臭いってヤバイ、矛盾が凄い」と爆笑する舞楽。

「笑いのツボが独特過ぎる」と思いつつも、「好きなのかも…」と思い始めます。

すると、舞楽がキラキラ見え、ときめきは止まりません。

そこで、おしゃ子は、頭を冷やすためにお手洗いに行きます。

「洗面台も舐めれる程キレイ…」と眺めていると、そこに舞楽がやってきます。

そして、舞楽は「もしかして、侵略系女子なのか?部屋は僕の心を映す鏡、髪の毛一本も置いていかせない」と迫ります。

圧倒されたおしゃ子でしたが、その言葉に目が覚めた様子。

「部屋はその人を映し出す鏡に異論はないが、あなたの心もこの部屋と同じで、他の人が入り込む余地がない、この部屋は優しくないの」と言い放ち、部屋を後にします。

後日、すきことめう江のカフェで舞楽との話をするおしゃ子「私には変えられなかった」と残念そうです。

すると、めう江は「部屋に罪はない、住む人間次第。そのお医者様も変われるといいわね」と言います。

その言葉通り、舞楽の家には、ゴミ箱が置かれていました。

スポンサーリンク

おしゃ家ソムリエおしゃ子5話の感想

今回出会った男性は、お医者様。

「ザ・豪邸」という感じで、どんな高級でおしゃれな家具が並んでいるんだろうと期待していましたが、まさかのミニマリスト。

あまりにも物がなさ過ぎて、「どうやって生活しているんだろう…」と不思議に思いました。

実際にいるミニマリストもこんな感じなのでしょうか?

それにしても、今回は家に行く前から相手のペースにのまれていたおしゃ子。

デート中も、お医者様というだけで、難なくおしゃードルをクリア。

確かに、お医者様というと、それだけでときめいてしまう気持ちも分かりますが…。

しかし、デートの帰り道、あんなにお上品に可愛く「家に行きたい」といったのに、まさかのNG。

この展開は初めてだったので、「え?まさかのNG?」と驚いてしまいました。

でも、それでも諦めない所がおしゃ子の凄い所。

おしゃ酔いの術という初めての術が出てきたのには、笑ってしまいました。

さて、ミニマリストは、ほとんど物がないので、おしゃれな家という以前の問題。

おしゃ捜査もなく、ダメ出しすることができないでいました。

むしろ、「これがゴールなのか…」と迷走してしまう程。

まさかのミニマリストの家に納まるのか…?と思った所で、大逆転。

「あなたの心もこの部屋と同じで、他の人が入り込む余地がない、この部屋は優しくない」という言葉には、思わず「さすが!」と言ってしまいたくなりました。

今回は、隠戸の登場シーンが多くありましたが、特に、おしゃ子のことを体を張って守ったシーンには、思わずキュンとしてしまいました。

おしゃ子も、キュンとしていましたが、舞楽が現れたら一瞬にして舞楽に気が変わり、「早っ」と突っ込みたくなってしまう程…。

舞楽も、白衣を着て登場!には、「こんなことないでしょ」と思わず笑ってしまいそうになりました。

このドラマは、「絶対ありえないでしょ」と突っ込みたくなるほど、コメディー要素が満載で、見ていて飽きない所が好きです。

そして、今回は、おしゃ子の完敗かと思いきや、最後の最後で、舞楽の家にゴミ箱が置かれるようになり、やっぱり変えることができたんだなと嬉しくなりました。

スポンサーリンク

おしゃ家ソムリエおしゃ子5話のあらすじ

8月12日(水)放送
第5話
占いによると“恋人が現れる”というある日、とあるハプニングをきっかけにイエーガー・おしゃ子(矢作穂香)が出会ったのは、医者の舞楽ぶらくジャック(藤田玲)。医者という職業にすっかり魅了されたおしゃ子はデートの日、酔ったふりをして彼の家に行くことに…。
こだわりがあるという彼の家は、超豪邸。期待を胸に中に入ると、家具がない。どの部屋を見ても何もない…そう彼はおしゃ子未体験の最強の敵だったのだ。ペースを乱されたおしゃ子は思わず恋に落ちるが…。

ゲスト出演者
舞楽ぶらくジャック/藤田玲

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

今回出会った男性は、イケメンで外科医の男性。

期待が高まっていたおしゃ子でしたが、彼はミニマリストで、部屋にはゴミ箱すら置いていません。

初めての強敵に、すっかりおしゃ子はペースを乱されてしまいます。

「もしかしたらこれがゴールなのか」と、思ってしまうほど…。

しかし、最後の最後で目が覚めたおしゃ子は、「優しくない部屋」だと言い放ち、部屋を後にします。

「彼を変えることはできなかった」と残念そうなおしゃ子でしたが、彼の部屋には、ごみ箱が置かれるようになっていました。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました