MIU404の5話ネタバレ感想・あらすじまとめ!志摩一未の衝撃の過去が出てくる!?

MIU404

『MIU404』5話ネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

2020年6月26日からTBSテレビ系の金曜ドラマ『MIU404』の放送が開始されました。
主演はなんと星野源と綾野剛のダブルで性格も正反対の2人がバディを組むことになりました。

まさたか
まさたか

第5話は、【同時コンビニ強盗!?留学生の夢と秘めた恋】。今回の事件はベトナムに関係した内容となっています。

インターネットで呼びかけられて事件が起こります。

犯人は外国人などの情報もあり、4機捜は犯人を確保することができるのでしょうか。
そして伊吹が留学生に恋!

早速詳細を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

MIU404の5話ネタバレ

(ニコニコマート)
伊吹藍(綾野剛さん)と志摩一未(星野源さん)が、コンビニで勤務しています。
彼らは今強盗を確保するためにコンビニ店員をしているそうです。
2人が接客の仕方で言い合いをしていると、車内でスタンバイしていた陣馬耕平(橋本じゅんさん)が「お前ら真面目にやれ!!」と怒ります。
九重世人(岡田健史さん)も「自分が店員役をやれば良かった」と後悔しました。

しばらくして、1人の女性が入店しました。
マイ(フォンチー)はベトナムからの留学生で、2人と同じコンビニで勤務しています。(系列の場合、人材の貸し借りもある)
今いる店の商品が足りないので取りに来たそうです。

『強盗来る?』と不安そうに訊いてきたので、「まだ分からない」と返しました。
因みにターゲットは『店員が日本人の店だけ』で、犯人は『外国人』だと判明しているそうです。
陣馬は『外国人のふりをした日本人』だと睨んでいる様子。
伊吹はマイを気に入っていて、店まで送ろうかと提案します。
ところが、志摩に公私混同だといって止められてしまいました。
彼女には好きな男性がいるようで、あっさり振られてしまいます。
しかし、諦めない様子。

**
目だし帽を被った男が時計を見た後、近くの系列店が狙われ金を出すよう男性店員を包丁を向けて脅しました。
男性店員は隊員で店内で対応中との無線が流れてきました。
4人が移動しようとした矢先、強盗が店内に入っていく様子を九重が発見しました。
志摩が強盗をひきつけ、伊吹に確保のタイミングを図ります。
その頃、あちこちでコンビニ強盗が発生し陣馬たちは訳が分からないといった様子でした。

志摩が金銭を袋に入れた後、強盗が外にいた仲間と合流し逃走。
伊吹たちは店外で犯人の確保に成功しました。
犯人は『外国人』で、他店でも外国人が確保されていました。

マイのいる店でも強盗が起きていて、「まだバックヤードにもあるはずだ」と外国語で言い、彼女は「分かった」と返事をし向かいます。

「何でこんなことするかなぁ?」と訊くと『ゴートゥー・コンビニ・フェイスノート』と単語を発していました。
気になって調べたところ『コンビニへ行こう』とSNSで呼びかけがありました。
彼らは『ネットで誘い合って一斉に実行した』そうです。

**
(芝浦署)
署内には多くの外国人が逮捕されていました。
捕まったのは19人でベトナム人が8割、他はネパールやカンボジア人です。
ほとんどが『元技能実習生』で、実習先の企業から逃げ出した連中でした。
「働きに来て何で逃げるんですか?」と九重。
工場での立ち仕事を1日12時間、週6勤務で月収8万円で明らかな『最低賃金法違反』に引っ掛かっています。
加えて差別やパワハラ、言語が分からないことによるいじめもあった結果、この5年間で2万6千人の失踪者が出ています。

2機捜の牛山隊長が九重に挨拶をします。
彼に「事件のほうは?全員捕まったんですか?」と訊くと、1名取り逃がしてしまったと報告しました。
伊吹がバカにすると、牛山が反応し「取り逃がした強盗が外国人店員が勤務している店」だったと話します。
さらに、彼女が伊吹を呼んでいるとも。
彼女は強盗の共犯で疑われていました。

**
署にマイの店の店長が来ていて『3店舗分の売り上げの合わせて200万近く』持って行かれたと話します。
陣馬が「どうして大金を置いていたのか」訊くと、『真夜中に1人で銀行に入金に行くのが不安』だと言いました。(ATMがない店)
彼女は店長が仮眠することや朝に銀行に行くこと、金銭の場所も知っていました。
そして、金銭を渡した後『強盗と何か話していた』と証言しました。

強盗に襲われてたとき『レジのお金出せ。バックヤードの金も出せ』と言われて渡したと彼女は話します。
『犯人はどうしてバックヤードに金があることを知っていたんだと思う?』と志摩が訊くと、間を置いて「知らない。私は犯人ではない」と述べました。
『強盗とベトナム語で何話したの?』と志摩が訊くと、「お金とる・悪いこと」と話したといいます。
続けて、フェイスノートの『コンビニへ行こう』を見せながら知っているかどうか訊きました。
そのとき、陣馬が「家に帰っていいよ」と言われ取り調べが終了しました。

**
桔梗ゆづる(麻生久美子さん)と牛山が『犯人と彼女が共犯なら接触する可能性が高い』と話したそうです。
伊吹はマイに気持ちを伝えるが、なかなか手強い様子でした。

**
志摩と伊吹が『マイのボディーガード』をすることになりました。
すると、『タイサオ?(どうして?)』と訊くと「あなたは強盗の顔をマスク越しで見ている。だから襲われるかもしれない」と伝えました。

**
マイを家まで送り届けると、窓から彼氏らしき男が出てベトナム語で会話を始めました。
伊吹は「あれがマイちゃんの好きな人か…」と言ったそばで志摩が「強盗候補」と写真を撮ります。

**
マイはベトナムのハイ・ズォン出身の28歳で、男がグエン・ヴァン・ナム(ベン・チェ出身の22歳)です。
2人は同じ日本語学校で同じアパートに住んでいるとゆづるに報告しました。
404はまだ張り込みをしていて、2機捜がきたら帰れるとのことです。
今回の事件は『2機捜と合同の継続捜査』となりました。

**
(日本語学校)
水森祥二朗(渡辺大知さん)に2人の出席状況を訊いたところ、『欠席なしで大変真面目な生徒』だと判明しました。
学校によってはサボる人もいるそうです。
彼は講師ではなく事務員で、生徒たちに期日までに学費を支払わないと退学になると脅す役だといいます。
志摩が『2人がお金に困っていたと聞いたことはあるか』と訊くと、深く息をつき「みんな困っている」と返します。
生徒の8割は『留学生という名の出稼ぎ』いわば偽装留学生です。
学校もそれを知りながら受け入れているそうです。
国外の労働者の平均月収は3万円で、日本で月20万稼げば半年分になります。
だから借金までして日本に来るとのこと。(ジャパニーズ・ドリームといわれている)

水森と話を終えて、志摩が『気づいたか?』と確認します。
『2人は金銭に困っており、強盗をしてもおかしくない』と遠回しに言っていました。
そのとき九重から『ナムにはアリバイがあった』と連絡がきました。
彼は事件があった時間帯、弁当工場で勤務していました。
それを聞いた伊吹はマイの共犯説がなくなったと喜ぶが、志摩がなくなってないと返します。

**
授業が終わり、自転車に乗ると2人にボディーガードはいらないと伝え、全力で走らせます。
向かっている方向はアパートではなく『2つ目のバイト(中華飯店)』でした。
コンビニだけで週27時間、留学生が勤務していいのは『週28時間まで』と定められています。
その後、『3つ目のバイト(運送会社)』をしていることが判明しました。
確かに上限28時間では時給1000円でも月10万で、生活費や学費・借金などを合わせると100万かかります。

陣馬が強盗と関わりあったか訊くと分かりませんと返し、運送会社では技能実習生たちと親しげに話していたといいます。
万が一、違法に雇われた失踪中の実習生だった場合、金銭に困って強盗に走った可能性もあると九重は考えます。
そこで伊吹が「ピンとこない」と納得いかない様子。(マイが好きな人が誰かという話)

**
(日本語学校)
マイは水森を呼び止め、「だいじょうぶ」の意味を訊きました。
彼は講師ではないから違う先生に聞くように言うと、マイは水森に訊きたいと話します。
それから、『勉強頑張っているんだから集中して。悪い人とは付き合わない方がいい』と忠告しました。
彼女は『事件当日の夜に何してた?』と訊くと、少し考えて「家にいたよ」と返します。
それを聞いて笑顔を浮かべ、「前に話したもんじゃ焼き行こう」と誘うが、「大丈夫です」と断られてしまいました。

**
(居酒屋)
蒲郡滋生(小日向文世さん)は外国人店員が提供した焼き鳥の味付けが『塩』ではなく『たれ』だったと言うが、たれで大丈夫だと店員に伝えました。
外国人店員は基本的に裏方の仕事を担当させられ、接客できるのは『日本語のエリート』のみ。
蒲郡と一緒にいるのは伊吹。
蒲郡は『市営の外国人支援センター・バディシステム』に登録しています。
外国人1人につき1人の退職者がつき、孤立せずに生活できるように相談にのっているそうです。

蒲郡に相棒のことを訊かれ「自分のことを信じないタイプ」だと返しました。
「そいつ自分の軸足が決まっていないから逆に大丈夫か」と真顔で言われるが、「根は良い奴だから大丈夫」と話しました。
それを聞いて「相変わらず人を信じ過ぎる」と笑いながら言いました。
彼が最初に伊吹を信じてくれた恩師でした。

**
NowTuberの特派員REC(渡邊圭祐さん)が『外国人労働者が失踪する理由』をアップし、それをテレビ局に取材費出してくれたら動画提供すると交渉します。
彼が今追っているのがフェイスノートのGOTO KONBINIです。
テレビ局のスタッフが『外国人問題は視聴率取れない』とあしらいます。

**
みんなが食事をしているとき、九重が糸巻貴志(金井勇太さん)からGOTOタグの最初の投稿で『投稿自体は削除されていたが、キャッシュを見つけた』と報告がありました。
アカウントはまだ生きてて、名前は『ファン・クアン』出身はホーチミンとなっています。
そこにはベトナム語の文章があり、自動翻訳だとうまく訳せなかったそうです。
伊吹のツテでベトナム語が分かる蒲郡に依頼することにしました。
内容は『理不尽には理不尽で返せ。俺たちには金を奪う権利がある』でした。
彼のバディが言うには『単語が少し変』だと気づき、書いたのは『おそらく日本人』だといいます。

**
水森は喜多に銀行袋を2つほど叩きつけました。
彼が本当にやったことに驚き、水森が「あんたと早く縁を切りたかったから」といいます。
(喜多から1千万の借金があったが、全額返済できた)

水森は自分で起こした人材サービスの会社が倒産し、負債を抱えていました。
その後川越の監理団体(技能実習生を受け入れて管理する)の職員となり、また簡単なベトナム語なら話せるとのことです。
彼が日本語学校の事務員となったのは、そこが業務停止命令で潰れたためでした。
(現地の送り出し機関から違法なキックバック【1人につき30万】をもらっていた)

喜多から「また一緒に働かないか」と言われたが断ります。
業務停止命令を受けたにも関わらず懲りないと言うと、許可を受けた団体はまだ4つもあるといいます。
「ベトナムですか?」と訊くと、既に情報が回って集まりが悪いといいます。
人材豊富な第3国はまだいくらでもあると喜多は言います。

彼はマイとベトナムと日本は似ているところがあるねと笑い合っていた日を思い出していました。

**
あの1件からマイはニコニコマートをクビにされてしまいました。(店長の妻が不安がっているとのこと)
マイは必死に否定するが聞いてもらえず、仲間の留学生にクビを撤回するようお願いするも、自分もクビになることを恐れて断られてしまいます。
『お金の場所を誰かに言った?』と仲間から訊かれ、水森に話したことを思い出しました。

**
4機捜の継続捜査が終了しました。
伊吹は水森に手錠をかけたかったと嘆きます。
『例のネットの書き込みの情報開示請求』を尋ねると、サーバーがアメリカなのでいつ出てくるか不明だそうです。

**
マイから伊吹にベトナム語で怒りながら電話がかかってきました。

彼女のいる店に行くと、テーブルの上にスマホが置かれていました。
『マイと水森のツーショット』を待ち受けにしていました。
志摩は提供されたベトナムウィスキーを見て何かを思い出していました。
動悸が荒くなり、グラスを置いて退店し気が立っていました。

『日本人は外国人嫌い?』と訊かれ「好きだよ。人類みんな友達」と返します。
ベトナムには日本の家電や会社もあり、憧れを抱いていました。
日本に来て働けないことに嫌気が差しているようです。
そして泣きながら「日本嫌い。なりたくなかった…」とこぼしました。

**
志摩は外でずっと待っていました。
伊吹は彼女にかける言葉がなかったといいます。
『何かに気づいて自分が信じられなくなった?』と志摩にいいます。

「マイちゃんが好きなのが水森だとしたら、やっぱり犯人は水森かもしれない」
彼女なら口を割らないと考えたと推測します。
伊吹も彼に対して相当なクズだと怒ります。

彼は近隣でコンビニ強盗が起きたことを知って模倣を思いつきました。
それは『同時多発的に強盗が入れば目立たない』と考え、SNSで強盗を誘引する書き込みをしたことです。

伊吹がどうしたらマイの力になれるか考えていました。
次の当番勤務(2機捜のヘルプ)を利用して、日本語学校にちょっと立ち寄ってみることを志摩が提案します。
それを聞いた伊吹はとても嬉しそうでした。

**
水森に『マイが逮捕されそうなのでご報告にきた』と伝えます。
彼はそれを聞いて普通に驚きました。
「何で逮捕されるのか?」と訊かれ、強盗とベトナム語で話していたことを言いました。
防犯カメラで口元を見たとき、『タイサオ?(どうして?)』と言っていました。
このままでは共犯の容疑が晴れず『理不尽だ』と強く言います。
そして彼に「理不尽をベトナム語で言うと?」と訊くと「我流で少しだけ」と話しました。
納得した志摩が『単語1つ余計だった。正しくはバット・コン(不公平)だが、書き込みだとバット・コン・ビン。ビンが余計だった』と訂正します。
現地の人間なら間違わないとも。

彼に書き込みの件で任意同行を求めると、応じないという姿勢でした。
呼びかけに乗せられた19人と、彼女を犠牲に水森は見事逃げおおせたことで『これって理不尽ですよね』と詰問します。
彼は『この国が理不尽だ』といいます。
移民を受け入れないといいながら、実習生や留学生という名目で働かせているそうです。(世界で4番目の多さ)
「今更なぜ僕が罪悪感を抱かないといけない。文句があるなら国に言ってください!!」と反論します。
志摩の怒りが頂点に達し、『今はマイさん個人の話をしている』と一喝しました。

**
伊吹に「任意同行できなかったのか?」と訊かれ「できなかったがクロだ」と確信しました。
自首しなかったら証拠を揃えて逮捕すると2人は意気込みました。

**
(回想)
水森はマイに言われたことを思い出していました。
「お金とるの悪いことでしょ?タイサオ?」
「はじめからこういう人間だ」
彼は自分の言った言葉を繰り返し呟きました。

**
糸巻に水森の決定的な証拠がほしいと2人で詰め寄られ疲弊気味でした。
そのとき、ファン・クアンから新規の投稿がありました。
あと1時間後(深夜3時)にコンビニ強盗を誘引すると書き込みがあり、急いで向かいました。

向かいながら2機捜に応援を要請します。
九重も今回『拡散のタグ』がなかったことから不思議に感じていました。
前回は9がつく日の3時33分に事件が起きました。
333と聞いたとき陣馬が『ビール』だと言いました、

九重は志摩に『数字です』と伝えます。
ベトナムでは『9がラッキーナンバーで、333も足したら9。その日は超ラッキーなゲン担ぎ』です。
しかし、単独の3は『不吉な数字』で来るなと遠回しにいわれていました。(隠語)
水森は『強盗を集める気はない』と博多弁でまくしたてました。
2人はすぐに『マイの店』だと分かりました。

着いた瞬間まだ5分前にも関わらず、強盗をしていました。
志摩は無線でコンビニ強盗が起きたことを流し、駅方向に逃走したことも伝えました。

広場に出たところで外国語も交えて周囲を脅し、「外国人?」と言われ「日本人だ!強盗をした俺は日本人だ!」と騒ぎます。
さらに「外国人はこの国に来るな!」と言いました。
そこへマイや特派員RECの姿もありました。
彼は『日本に来ても良いことはない!』と日本語・ベトナム語で叫び続けていました。
叫ぶ彼を警察が確保しました。
マイが駆け寄ろうとしたとき、共犯に思われると伊吹に取り押さえられました。

**
監理団体のバックにいたのは永田町方向でした。
安孫子は自分の手柄のように喜んでいたとゆづるが言いました。
『うちが勝手なことしてると言っている奴もいる。桔梗が好き勝手やるためにつくられた部隊』と陣馬が言うと、彼女は呆れました。
女の隊長を面白く思っていない奴はまだまだ多いから気をつけるように忠告します。
彼女もみんなが何を恐れているのか分からないという様子。

**
マイは初めてもんじゃを食べるので料理を見たとき、とても驚いていました。
彼女は特定技能1号(日本語試験)を受講するそうです。
受かれば雇用先との直接契約で日本人と同程度の給料が義務づけられます。
マイは沖縄のホテルで働く、今度は多分だいじょうぶだと話しました。
もんじゃ焼きをたいらげ2人と別れました。

志摩は水森のことを気にかけていました。
それから伊吹に伊達めがねをかけている理由を訊くと「かっこいいから」と返ってきました。

一足先に志摩が署内に戻り、前の同僚とすれ違いました。
彼らは「よく戻れたな。相棒殺しが」と吐き捨て、それが伊吹の耳に入りました。

**
水森逮捕のとき、彼が訴えた内容の動画が10万回以上再生され、登録者数も1.3万人に増えていました。
彼の動画をテレビで使用したいと依頼があり、今更売らないとテレビ局のスタッフに断りました。
何者かがメッセージを送ってきました。
名前は『成川岳』で、『助けてほしい』とのことです。

スポンサーリンク

MIU404の5話感想

ベトナムウィスキーをきっかけに、いよいよ志摩の過去が顔を見せ始めました。
昔の仲間も出てきてこれからどうなっていくのかドキドキします。
蒲郡は元警察官で伊吹のことをずっと心配していました。
志摩の言動が気にかかることもありますが、前向きな姿勢で接していくといった伊吹の気持ちに気づくときを待ち望んでいます。

九重が興奮すると方言が出ることに驚きました。
今までこんな熱く語ることもなかったので、珍しく思いました。

マイも日本嫌いと言っていましたが、最後考えが変わって良かったです。
海外の方がこれからも日本で働けるようになっていけたら良いなと感じました。
都内の飲食店などあちこちで勤務している方を見たことがあります。
皆さん日本語がとても上手で、私も英語の勉強をもっと頑張ろうと思いました。

突如終盤で姿を見せた成川ですが、特派員に一体何をしてほしいのでしょうか。
あれから行方が分からない状態でしたので、本当に驚きました。

 

スポンサーリンク

MIU404の5話あらすじ

#57.24onair

日本人店員が勤務するコンビニを狙った強盗事件が同時発生する。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、現場周辺の店舗でコンビニ店員に扮して張り込みを行うが、なんと、その店舗も強盗に襲われてしまう。さらに付近の店舗も次々と強盗に襲われるが、マークしていた捜査員によって一斉に確保される。犯人は外国人で、その大半が低賃金で労働する元技能実習生だった。

伊吹と志摩も同様に犯人を捕まえるが、二人に仕事を教えた留学生のマイ(フォンチー)が勤務する別店舗では、犯人を取り逃がしていた。その一件が発端で、マイに共犯の容疑がかかってしまう。伊吹と志摩は、マイの関係者から話を聞くために彼女が通う日本語学校の事務員・水森(渡辺大知)を訪ねるが…

そんな中、伊吹は恩師であり元刑事の蒲郡(小日向文世)に会いに行く。今は外国人支援センターで働く蒲郡から外国人労働者の実態を知った伊吹は、思わぬところから事件の真相に迫ることになるのだが…

(引用:公式サイト

 

スポンサーリンク

まとめ

いよいよ志摩の過去が明かされます。
伊吹は志摩を救うことができるのか。

「できるものならやってみろよ」
「ぎゃふんと言わせてやるよ」

どんな展開が待っているのか次週が待ち遠しいです!

■MIU404の無料動画を視聴できる方法はコチラ!
>>MIU404の見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました