MIU404の4話ネタバレ感想・あらすじまとめ!元ホステスを襲った殺人未遂事件の結末は?

MIU404

『MIU404』の4話ネタバレ感想・あらすじについて、まとめてみました!

2020年6月26日からTBSテレビ系の金曜ドラマ『MIU404』の放送が開始されました。
主演はなんと星野源と綾野剛のダブルで性格も正反対の2人がバディを組むことになりました。

今回のテーマは【ミリオンダラー・ガール】!

一億持って逃走する女の目的は?
彼女はいったいどこに向かっているのか?

まさたか
まさたか

謎だらけの事件ですが、実は2年前の事件と関わりあるようです。

どんな展開が待ち受けているのでしょうか。
早速詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

MIU404の4話ネタバレ

(居酒屋)
陣馬耕平(橋本じゅんさん)の知り合いの居酒屋へ、志摩一未(星野源さん)と伊吹藍(綾野剛さん)が飲みに来ていました。
しかも『4機捜』と書かれたキープボトルまであります。
陣馬にとってこの店は第3の家同然だそうです。

伊吹は桔梗ゆづる(麻生久美子さん)に子供がいる話に興味があるようで質問攻めをします。
彼女の旦那は警察官ではなく飲食店経営者で、事故で亡くなってから店もなくなってしまいました。
さらに彼の死後に妊娠も発覚し、1人で産んで育てています。
現在、妹みたいな方に仕事の間みてもらっているようです。

**
キャリーバッグをひいて逃げる女性が背後から拳銃で脇腹を撃たれてしまいました。

任務中に突然「隊長の父親に立候補しようかな」と呟くと、「そもそも父親探ししていないから、お前呼ばれてない」と言われます。

子供を喜ばせるために販売車のヘンテコなBGMをかけ、その姿を見ながら何年か前に流行った『タイガーマスク現象』の話になりました。
伊吹は見習い時代にランドセル3つ買って近所の施設に『あしながデカより』と手紙をつけて置いてきました。
喜ぶかと思いきや、ランドセルばかり届いて困っていると報道を見てショックを受けました。

**
『この世に金がある限り悪いことが起こる』
青池透子(美村理江さん)は薬局の店員に購入額よりも多めの額を渡し、応急手当を手伝わせます。

『銀座署管内。拳銃使用による殺人未遂事件入電中。目撃者からの通報で容疑者の男と被害者女性ともに中芝方向に立ち去った』と無線が入ります。
ヤクザの抗争かと思われる内容だが、404に『本件発砲事件の被害者と思慮される関連情報あり。現在地近くの薬局』に向かうよう指示がありました。

(薬局)
店員は彼女に弾がかすった女性の応急手当をした後、ハンガーに掛かっていた男物の上着を見た彼女は売ってほしいと言われたそうです。
病院に行くよう勧めるが、『賭けてみます。今まで勝ったことないけど』と言い店を去りました。
店員も今まで見たことないような大金を持っていたと述べます。
そのとき、伊吹が防犯カメラを見つけ映像を見せてもらうよう依頼しました。
カメラの映像にはキャリーバッグの中に敷き詰められた大金が入っているのが見えました。(ざっと1億)
「こいつ何者だ?」と言ったとき、彼女がカメラを見つめてきました。(何か言いたそうな表情だった)

**
九重世人(岡田健史さん)が聞き込みをしています。
通りでは2発発砲され、「金返せ!」と透子に怒鳴っていたと証言がありました。

彼女は青池透子といい前科一犯、2年前の裏カジノ事件で逮捕された経歴がありました。
ゆづるも直接話してはいないが、彼女の存在を知っていました。
それは池袋にあった10億規模の違法賭博場が摘発されて重役や官僚が入店していた為、話題となりました。

組対が住之江組(暴力団)の内部抗争のネタをつかんでいて、その一環だと考えられ4機捜の捜査は終了します。

**
ゆづるは志摩たちに裏カジノについて話します。
透子は2年前逮捕されたが被害者でもありました。
池袋でクラブのホステスをしていた彼女は店の客の誘いで裏カジノに足を踏みいれました。
手口は『初めに勝たせて一晩で10万・20万』と得ていたが、徐々に金銭感覚が狂い始め負けた分は倍の額で勝てばいいと思い始めます。
そしてハマった頃には『返せない額の借金』を背負わされ、女は風俗に沈められます。
少しでも早く返済するために、カジノでも働いたが摘発されてしまいました。
『情状酌量もあって執行猶予1年の判決』を受けたが、去年で期間が終了しました。

このとき逮捕された経営者は単なる身代わりで、実際のオーナーは逮捕できませんでした。
オーナーの名前は通称エトリ。
本名不明で写真もありません。
自称・実業家の40代。
顔写真の代わりに似顔絵が用意され、当時裏カジノの場所をたれこんだ情報提供者の証言に基づいて描かれました。

志摩は今回の事件にエトリが関係していると踏み、ゆづるも撃った組が分からないうちから住之江組の内部抗争だと判断するのは早計だと述べます。
伊吹も賛成し、彼は『透子と話がしたい』といいます。
彼女の目を見て『喧嘩売られてる気がする。何か言いたいことがたくさんあるのかも』といいました。
そして、ゆづるに『もし見つけたら俺が事情聴取していい?』と訊くと「見つけたらね」と返し気合が入ります。
志摩は彼女に何か文句を言いたげだったが、「よろしく」と言われ何も言えませんでした。

**
透子は2人の男に追われていました。

(シティーコモンズ法律事務所)
透子は女性弁護士に「暴力団とは2度と関わりたくない」と言っていたそうです。
さらに簿記の資格があっても前科があると仕事が見つからないとぼやいていたようです。
また裏の世界に行ってしまうかと思いきや、一般企業への就職が決まったと喜んでいたといいます。

**
就職先は『PCショップACE』でした。
店舗に入り警察だと告げると従業員たちが安堵の表情を浮かべました。

店を開けて10分ほどしたとき、透子を捜す2人の男がやってきました。
彼らは店内を捜しまわった後、従業員に居場所を尋ねると「分かりません」と言われ店を出て行きました。
彼女はキーでデスクの引き出しを開け、大金をキャリーバッグに詰め始めます。
「汚いお金見つかっちゃった」といい、そのまま店を出ました。(大金と一緒にパスポートも入っていた)
従業員に透子と暴力団が関わっていたことを知ってるか訊くと、「ないです。休み時間に手芸してたりするくらいなので」と返しました。
デスクの上には『ウサギのぬいぐるみ』が置かれていました。

「何で警察に通報しなかったの?」
「社長が来たのであったことを話しました。そうしたら通報するなと言い、また出て行ってしまって…」

**
(芝浦署)
我孫子豆治(生瀬勝久さん)はゆづると電話をしています。
彼に初動捜査を継続していること・解決の糸口が間違っていたら問題だからと説明しました。
すると、「どうせなら私の知らないところでやってほしい」とぼやきました。
「我孫子さんにも関わりがある事件です。彼女は裏カジノ事件の逮捕者です」と告げると表情が一変して曇ります。
なんと、当時の指揮官は組対の部長だった我孫子でした。(エトリを取り逃がしている)
「踏み込まなければカジノは別の場所に移動していた。相手はヤドカリのように居場所を変える連中です」と反論します。
「エトリを必ず捕まえる。その代わりに場所を聞き出すことが情報提供者との約束でした」と返します。
『10億の女神・羽野麦(情報提供者)』のことか訊かれ、「エトリを逮捕しない限り彼女の自由はありません」と強く言いました。

現在、羽野麦はゆづるの家でかくまっています。
当時、彼女はピアノバーでバイトしていて、そこでエトリと知り合いました。
そしてヤバい人物だと気づき警察に協力しました。
彼女は『女の子たちがひどい目に遭わされているのが許せなかった』と述べています。

しばらくして、保育園で働く彼女の元にメッセージが送られました。
内容は『裏切ったのはお前か?許さないよ。お仕置きが必要だね』です。
彼女は彼らに気づかれる前に園を出て路地裏に隠れました。
すると、だんだん足音が近づいてきてきました。
麦の前に現れたのはゆづるでした。
「エトリ捕まってないんですか?私を裏切ったんですか?必ず逮捕するって言ったのに!」
ゆづるは泣き叫ぶ彼女を抱きしめました。

**
アメリカでは『証人保護プログラム』(お礼参りから守る)があるが、日本にはありません。
その代わり、麦をかくまう形でゆづるは責任を取ったのだろうと陣馬は言います。

高跳びを考えて航空会社に照会をかけたところ、彼女名義のチケット購入はありませんでした。
ゆづるがその情報と一緒に戻ってきて「羽野麦の話をした」と陣馬から聞かされました。

透子の職場の社長の冴羽克己(福田転球さん)が、通報を拒んでいて何か事情を知っているようだと志摩が報告しました。(エトリの可能性は低い)
ゆづるはPCショップACEを聞いたことがあるといい聞きに行こうとすると、陣馬に止められます。
代わりに陣馬と九重が聞きに行きました。

志摩は『今回の件、2年前の事件との繋がりがある可能性低いのでは。彼女は裏カジノの中でも末端の人間でした』
『エトリの存在すら知らなかったはずです。今回の件を深掘りしても羽野麦を救うことになるかどうか…』と意見します。

すると、麦のためだけではないと述べます。
(回想)
暴力団の大きい資金源を1つ断つことができたと我孫子がゆづるに言います。
そのためなら1人の女性の人生はどうでもいいのかと詰問しました。

我孫子の『多いほうをとる』といって助けたはずの透子が再び道を外れたとしたら、どうしてそうなったのか知る義務があるとゆづるは述べました。

**
404の車には伊吹が貰ってきたウサギのぬいぐるみが置かれていました。
『ウサギは追い詰められると強烈なキックを繰り出す』そうです。
本性を知るには生死がかかった瞬間を見るといい。
彼女は今何を考えてどこに向かっているのかと思いを馳せました。

**
透子はとある看板に目を奪われ、そこに書かれている文字に釘付けでした。

陣馬と九重が住之江組のたまり場があり、組対の刑事に話しかけました。
話を聞くところ、まだ動きはないとのことです。
そして陣馬は『仲銀座の悠遊通りにあるPCショップACE』について何か情報ないか訊くと、隊長同士不仲の為教えてくれない様子。

連絡を受けたゆづるは犯罪で押収された携帯の出どころを調べたところ、PCショップACEで契約したSIMカードが使われていたケースが数多くありました。
つまり『会社ごと乗っ取られた可能性がある』と判明しました。
暴力団の手口は巧妙化されています。

**
我孫子がゆづるの元へやってきて状況を訊きます。
透子の職場は一見して普通の会社だが、実際は暴力団のフロント企業又は協力企業だと判明しました。
さらに、2課から東京さくら銀行から疑わしい口座の1つにACEが入っていたと情報がありました。
そこには定期的に複数の実体が疑わしい口座からの入金と出金が繰り返されていました。
彼は資金洗浄に使っていたのではと考え、ゆづるも頷き透子が一部の金を自分の口座に振り込んでいたことも判明しました。

**
伊吹がACEに入っていく社長の冴羽の雰囲気が従業員の証言と似ているといい、店舗に入ろうとするのを志摩が止めました。
そして透子が会社の金を横領していて毎日100万ずつ現金で引き出して昨日までの合計が役1億持っていることになります。
ヤクザの金なら盗んでも警察に届けられず罪にならないことを利用したようです。

伊吹は冴羽に直接透子の居場所を聞こうとするが、教えてくれるわけないと志摩が制止します。
そのとき透子の居場所が分かったと冴羽に連絡があり、会話を盗み聞きした2人は無線を  流し急いで彼を追います。

**
ゲートウェア空港からネットで彼女名義のチケット予約があったようだと報告がありました。
行先は『タイ行きの羽田発19時20分』です。
ゆづるも無線で彼女が羽田空港に向かっていることを報告しました。
間もなくして住之江組が動き出したことを伝え組対と共に追尾しました。
伊吹が冴羽も羽田に向かっていることを報告しました。

**
スパイダー班の糸巻貴志(金井勇太さん)からバスターミナルの防犯カメラ映像から透子の姿があったと報告がありました。
乗ったのは16時50分発のリムジンバスです。
もう1つ報告をしようとしたとき、我孫子に遮られてしまいます。
くじけずにもう1度話そうとしたところ、ようやく聞いてもらえました。
なんと同じバスに後からスキンヘッドの男(透子を撃った男 )も乗っていました。
どう対応するか困っていたところ、伊吹がバスに追いつき追尾すると無線が入りました。
バスが次の出口で高速を降りることをいい、気づかれる前に確保するよう指示がありました。
志摩もやるしかないといい、防弾チョッキを着用するよう言いました。

**
バスが高速を降りたので男が訊くと、エンジントラブルがあったと運転手がいい、バスは無人の建物に入り停車しました。
それから伊吹が男の姿を確認し、志摩に合図を送ります。
そして志摩は販売車のBGMをかけ、それに気をとられている間に男を確保しました。
外から見ていた志摩が拳銃を持った人物がいることを伝えたとき、男は銃を発砲します。

伊吹が彼を殴り気絶させ志摩と外に運び出したとき、志摩に拳銃を突きつける冴羽の姿がありました。
志摩は銃口を手でつかみ、余裕の笑みを浮かべ暴発を狙いました。
冴羽は緊張に負け引き金をひこうとしたそのとき、伊吹に蹴り飛ばされ難を逃れました。
ちょうど応援がきて冴羽たちを確保していきました。

先ほどの志摩の行動を見た伊吹が「お前死にてえのか?あんなんで暴発するわけがねえだろ」と怒りました。
しばらくして助けるのが遅いといい、透子から話聞くんだろとバスの中に戻って行きました。
透子は既に亡くなっていたが、2人は必死に声を掛けました。
バスから降ろし九重に救急車を手配するよういいます。
その間も彼は彼女に声をかけ続けました。
それから彼女のキャリーバッグの1億がなくなっていました。

**
(芝浦署)
司法解剖はまだだが、死因は銃創の失血死でほぼ間違いないだろうと検視官から報告がありました。
透子を撃ったのも追いかけていたのも住之江組で、エトリや辰井組とは無関係だったことも判明しました。
エトリのことは一旦おいとき、事件の端緒は内部抗争ではなく『青池透子の横領』でした。

1億の行方は分かっている範囲で陣馬が足取りを掴んでいました。
今朝11時過ぎ1億を持って逃走。
あかね通りの路地で住之江組の2人に撃たれる。
薬局で止血。(最後に1億が確認された場所 )
その付近でいくつかのポイントに血痕が付着(全て透子の血痕)
16時5分スマホからゲートエア航空のタイ行きを予約。
リムジンバスに乗車(このとき既に中身は入っていなかった)

糸巻が鑑識から透子のスマホデータをもらい、データを印刷して4機捜に配布しました。
媒体はつぶったーから関係がありそうな内容をいくつかピックアップしてくれました。
『笑ってしまう。私はまた暴力団の下で働いていたのか。ようやく普通の生活を手に入れたと思ったのに…』
『みんな普通の店だと思っている。私も昔のことがなければ気づかなかった』
『社長の冴羽は平気で入出金の指示を出してくる。毎月大金が流れ汚いお金が綺麗なお金に変わる』
彼女自身もマネーロンダリングが楽しくなってきたようです。
自分の口座に入れたお金を数回に分けて引き出し、デスクの引き出しにしまいました。

**
(ゆづる&志摩)
2年前に彼女を助けた、羽野麦を危険にさらして。
なのに麦はいまだに籠の鳥で、透子は誰にも助けを求めずに亡くなりました。
志摩は最後のツィートに目をつけ、ゆづるは警察への恨み言だと言い内容を読み上げました。
彼女が最後に見たものは絶望でした。

それから『どうやって1億持ち出すつもりだったのか』疑問が浮上します。
ちなみに現金をもって出国できません。
そこで伊吹がきて透子のスマホのマップデータから宝石店に通ったという形跡を見つけたと報告します。

**
(宝石店)
彼女は何度も足を運んでいました。
遺産が入るとのことで同じ大きさの石を2つオーダーし、本日購入したそうです。(総額1億)
志摩が不正な資金だと伝えると、何も知らずに現金で売ったと言い張ります。
さらに宝石を『ウサギのぬいぐるみの目として落ちないように宝石をグイグイ入れていた』と店員が言うと、伊吹がそれを見せました。
すると、それよりもっと大きいと言い薬局の防犯カメラ映像に映っていました。

(4機捜オフィス)
現金はぬいぐるみに入れて持ち出す作戦だったと判明しました。
九重がスマホをじっと眺め『青池透子は誰を助けたんでしょうか?』と皆に訊きます。
彼は『最後のツィートにあった、わたしが助ける』という文面に引っかかっていたようです。
皆からいろいろ言われたが、本当に意味が分からないといった様子でした。(最後に1つだけの文面で終わっている)
彼が読み上げていったとき、志摩も彼の言いたいことが分かりました。
『読む順番が逆だった』
皆は彼をほめちぎりました。

ゆづるは『弱くてちっぽけな小さな女の子』にかかっていると踏みます。
伊吹が見たといい、赤い看板に『逃げられない。何もできない少女たちに』と書かれた字を見つけました。
透子は悲しい表情でその看板を見つめ、イギリスにある本部の住所を教えてほしいとガールズインターナショナルに問い合わせました。

(運送会社)
ガールズインターナショナル宛ての荷物で、送り主は透子か別の名前かなど聞き込みをしました。
嬉しそうだったことやかなり興奮していた為、店員もよく覚えていたそうです。
大きなウサギのぬいぐるみを募金として送りました。
透子は今まで募金をしたことがなく、最後に1つだけと店員に言いながら手紙を渡しました。
それから店員に『何時に出ますか』と訊き『19時のフライトです』と答えます。
彼女は19時まで逃げる覚悟を決めました。
そしてぬいぐるみが旅立つのを見送るべく、リムジンバスに乗り宅配トラックが透子のバスを抜かしました。
そのとき、彼女は満面の笑みを浮かべ眠るように息を引き取りました。

**
「彼女の人生は一体何だったんだろうな」と志摩が言うと、「そんなん俺たちが決めることじゃないっしょ」と笑顔で伊吹が返します。

**
(ゆづるの家)
息子のゆたかは眠っていて、麦が「おかえり」と彼女に言います。
そして麦をじっと見つめ「必ずあなたを自由にする」と強く言いました。

**
(志摩&伊吹)
昼間のような危険な行動をしないよう志摩に強く言いました。
声色から本気で言っていることが分かり、「合点承知の助」と返します。

スポンサーリンク

MIU404の4話感想

ミムラさん登場回でした。
昔ドラマでよく彼女の作品を見たことがあったので、とても懐かしかったです。
現在は美村理江さんと改め活動をしているようです。
演技も迫真に迫り、彼女のゆたかな表情で世界観に引き寄せられていきました。

またゆづるの息子やハムちゃんと呼ばれている羽野麦のことも明らかになりました。
早くエトリが逮捕されて彼女が自由になる日がきてほしいです。

スポンサーリンク

MIU404の4話あらすじ

#47.17onair

拳銃使用による殺人未遂事件が発生する。被害者は元ホステスの青池透子(美村里江)で、加害者男性も含め現場から立ち去った。

通報を受けた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、透子が駆け込んだ付近の薬局店へ急行する。店主の証言では、透子は店内で銃創の応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って姿を消したという。

透子が過去に裏カジノ事件に関与していた事を知る桔梗(麻生久美子)の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追うが…

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

同時多発コンビニ強盗事件が発生します。
ネットで誘い合って同時に行うといった手口です。
さらに犯人は外国人!?
「日本嫌い」と泣きながら言う彼女に一体何が?
また「君は人を信じ過ぎる」と伊吹に言った男は何者なのか?

◎MIU404の無料動画を視聴できる方法はコチラ!
>>MIU404の見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました