未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)6話ネタバレ・感想・あらすじ!9年前の悲しい事件の真相とは?

未満警察ミッドナイトランナー

ドラマ『未満警察ミッドナイトランナー』の6話ネタバレ感想・あらすじについて、まとめてみました!

一部報道で視聴率が低調と言われる『未満警察ミッドナイトランナー』。

そんな話を吹き飛ばすかような第6話。今までの5話とはテイストも演出も違ったように感じるストーリーになっています。

まさたか
まさたか

過去の事件を自分たちで捜査して、授業で発表する「模擬捜査」に挑戦する本間快ら警察学校の生徒たち。そして、悲しい9年前の事件の真相に迫ります。勿論、悲しいだけではなく、本間快と一ノ瀬次郎との掛け合い漫才のような会話も何度も出てきます。

それでは、第6話のネタバレありの感想をどうぞ!

スポンサーリンク

未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)6話のネタバレ

手だけを残し埋められた遺体が発見されます。その横には、スコップがまるで目印のように刺されていました。

現場に到着した柳田晋平(原田泰造さん)は、犯行手口から、犯人に心当たりがあるようですが、その事件は解決し、犯人は逮捕されていました。

この事件には、警察学校の教官である片野坂譲(伊勢谷友介さん)も関係しているようです。真犯人は別にいる、と、柳田晋平は彼に伝えました。

そして、偶然、片野坂譲が見ていた犯行現場の映像を垣間見た及川蘭子(吉瀬美智子さん)の様子がちょっと変です。画面を凝視したまま微動だにしません。

*****

9年前「スコップ男」の犯行方法と同じだとマスコミはこぞって放送しました。その事件では、天満暁生(佐戸井けん太さん)が犯人として逮捕されていました。

これはもしかしたら冤罪事件かもしれない、そんなセンセーショナルな報道です。

本間快(中島健人さん)は、一ノ瀬次郎(平野紫耀さん)らと共に、この報道を見て、関心を持ち、この事件の模擬捜査しようと同期のみんなに話します。

予想通り、一ノ瀬次郎をはじめ、ほとんどの生徒は模擬捜査に反対です。

*****

模擬捜査には賛成・反対意見は有りましたが、結局行うことになりました。そして、1番張り切っていた本間快は、検証中にぎっくり腰に。

一ノ瀬次郎が彼を背負って医務室に行く途中、及川蘭子を尋ねる男性に声を掛けられます。男の腰には拳銃のようなものが・・・

一瞬でそれを確認した本間快はさすがです。

*****

男、天満智也(柿澤勇人さん)は、廊下で偶然及川蘭子に会い、二人で資料閲覧室に。そこで、天馬智也は誰かを待ちつつ、及川蘭子に拳銃を向けます。

一方、男を不審に思った本間快と一ノ瀬次郎は、二人を探しに行き、見つけました。そして、突入し、天馬智也を確保します。

天馬智也は、及川蘭子にかなりの恨みを持っているようです。そこに現れたのは、智也の姉・天満直子(長谷川京子さん)でした。

天馬直子は暴走する弟を止めようとしますが、止めることは出来ません。

そして、天馬智也は、出入り口を塞ぎ、籠城を決めました。

*****

このことは、警察の知るところとなり、機動隊やSIS(特殊事件捜査係)らが教室を取り囲みます。

警察学校で発生した“不祥事”は、速攻で解決し、内密に処理したい警察サイドの考えです。

犯行現場の教室の空調を最高温度の暖房に切り替え、犯人の判断力を鈍らせる作戦を開始しました。

*****

本間快は、室温が上がり、次第にイライラを募らせる天馬智也を見て、犯人の言動の理由を知っているであろう及川蘭子に、説得するよう勧めます。

しかし、及川蘭子は頑なにも語らりません。

そこへ、再三掛かってきていた電話がまた掛かってきます。天馬直子が警察と話すべく携帯を手に取りました。

穏やかに交渉を進めようとする警察に、彼女は、スコップ男の事件を解決することのみが要求だと答えます。

ありもしないダイナマイトまで持ち出して、強硬に要求する天馬直子です。

*****

一ノ瀬次郎たちが、「スコップ男」事件を、あくまでも模擬捜査ですが、再捜査している、という言葉に、天馬智也は耳を貸します。

全ての事件において、はっきりとした証拠が残っているわけではなく、監視カメラに撮影されているも、背恰好しかわからない、そんな状況でした。

その中で、2番目の被害者の夫である天馬暁生が逮捕されます。連続猟奇殺人であれば、赤の他人を殺すのが普通です。

しかし、逮捕された天馬暁生は、犯行を自供、裁判で一転して無罪を主張するも、死刑判決が出て、現在も収監中です。

そして、先週同様の手口で殺人事件が発生したので、天馬暁生ではない、それが、模擬捜査を行っている生徒たちが出した結論です。

それを聞いた天馬智也は、「親父がお袋を殺すわけがない」と父の無罪を主張します。

*****

一方、捜査本部では、窓際に犯人が見えたら狙撃し、突入するという指示が、警視正である国枝肇(木下ほうかさん)から出されました。

*****

天馬姉弟は、父の無実の証拠として、3件目の事件発生時に、犯行現場から遠く離れた場所で、スピード違反の切符を切られていたと。

それを警察に告げると、そんな記録はないとの返答でした。なので、警察が父を犯人に仕立て上げたのだと二人は考えているのです。

そして、当時見つからなかったスピード違反の書類の控えが、裁判で死刑確定後に見つかります。その書類に書かれた担当警察官が・・・及川蘭子でした。

父のアリバイを証明できた、しかし見殺しにした。これが天馬姉弟が、及川蘭子に恨みを持っている理由でした。

当時、及川蘭子は交通課に所属しておりました。が、国枝肇から、圧力が掛かり、アリバイを証明することはかないませんでした。

天馬姉弟が父の無実を晴らしたい、その理由は、妻を守れなかったことを悔やんで、自分を責め続け、絶望する父を助けたい、その父は余命宣告をされていたのです。
*****

国枝肇自ら犯人に接触してきました。この国枝肇がこの事件に深く関わっていると感じます。

事件発生当時から、犯人は天馬暁生じゃないと主張する片野坂譲を疎ましく思い、現場から外した張本人でした。

*****

本間快と一ノ瀬次郎は、天馬姉弟のことを信じ、二人を守ることにしました。

本間快は、捜査本部の動きを事前予測しました。学生に扮したSATが入ってきます。全員でSATを抑えました。そう、及川蘭子までが加担しました。

そして、及川蘭子がSATに撃たれてしまいます。及川蘭子は、真実が明らかになるまでこの二人を守る、と、撃たれたことを捜査本部に隠しました。

本間快は、捜査本部に嘘の報告をします。犯人は5人、全員武装し、爆弾を身体に巻き付けていると。

そして、俺たちが本物の「スコップ男」を見つけると、天馬智也に宣言しました。

捜査本部との取引で、人質を1人開放すると話した本間快は、一ノ瀬次郎を開放し、片野坂譲に協力してもらい、この家族を救おうと話します。

■未満警察ミッドナイトランナーを無料視聴する方法をコチラでまとめています♪
>>未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)の見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)6話の感想

真面目一本で、面白味がない本間快が、基本おチャラけキャラで、本能で動く一ノ瀬次郎と一緒に行動することで、いい意味で砕けていく様がおもしろいドラマです。

模擬捜査中に、ぎっくり腰になってしまった本間快に、一ノ瀬次郎がちょっかいを出すシーン。身体が辛いのに、ノッテしまうなんて、以前ならありえなかったでしょう。

今回は第6話ですが、既に第1話の本間快と違う言動行動をしていますよね。徐々に変化しているので、はっきりわかりませんが、それは演出と中島健人さんの演技力の賜物なのでしょう。

また、逮捕された犯人と同じ手口の犯罪が発生したという事実に、模倣犯や冤罪事件と考える本間快と、犯人が脱走したと考える一ノ瀬次郎。

教科書に忠実な思考をする本間快と、自分の感じるがままを口に出す一ノ瀬次郎は、良いコンビですよね。

お互いの発想が思いもよらないのですが、その考え方を否定せず、感心する素直な心を持つ二人には好感が持て、また、違いすぎて、視聴者も笑いがこみ上げます。

(別の部屋を)回ってと言われて、その場で自分が一回り、(他人の)手を縛れと言われて、自分の手を縛る一ノ瀬次郎には、緊張する場面にも関わらず、ベタな笑いを振りまいてくれて、思わず吹き出してしまいます。

視聴者を笑わせながら、ドラマの世界に巻き込んでいく。。私もいつの間にか巻き込まれてました。

そして、今回は、片野坂譲と及川蘭子の過去も明らかになります。

特に、プロファイラーとして優秀な片野坂譲が、なぜ警察学校の教官であるのか、理由が分かり、理解は出来ないも、納得しました。

いつか現場に戻れる日が来るのでしょうか。その時に、片野坂譲は現場に戻るより、共感であることを選択するのではないか、そんな風にも感じます。

柳田晋平が頼ってくる限り、現場とは繋がっていますしね。

最後に、今回は「警察組織の闇」を垣間見るようなストーリー。木下ほうかさんの悪役振りは堂に入っています。

来週は、もっともっと嫌な人になるのでしょうね。その彼がやりこめられる姿を早く見たいものです。

スポンサーリンク

未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)6話のあらすじ

06
8月1日(土)
22:00~22:54
とある公園で、女性の遺体が発見される。監視カメラの映像には、犯人の男が女性をスコップで撲殺して土に埋め、その遺体の手だけを地上に出し、突き出た手の隣に墓石のようにスコップを刺して逃走する姿が映っていた。

憤りを隠せない刑事の柳田晋平(原田泰造)は、かつて現場の捜査官同士としてバディを組んでいた警察学校の教官・片野坂譲(伊勢谷友介)に監視カメラの映像を送る。そして電話で「お前の言う通りだった。真犯人は別にいる」と告げる柳田。

そんな中、教官室で映像を確認していた片野坂は、柳田との電話を切った後、近くにいた助教・及川蘭子(吉瀬美智子)の様子がおかしいことに気づき…。

その頃、警察学校の寮のロビーでは、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がテレビで“スコップ男”事件のニュースを見ていた。“スコップ男”と呼ばれる犯人は、9年前にも同様の手口で3人を殺害。

当時警察はその被害者の1人の夫・天満暁生(佐戸井けん太)を犯人として逮捕したが、再び同様の殺人事件が起きたことで、別に真犯人がいる可能性が浮上。事件に興味を持った本間は模擬捜査をしようと一ノ瀬に提案する。

そして、さっそく同期の仲間たちと共に、過去の事件を再捜査し授業で発表する模擬捜査を行うことに。

そんな折、警察学校の廊下で、コート姿の男・天満智也(柿澤勇人)から「及川蘭子、いる?」と尋ねられた本間と一ノ瀬。蘭子の居場所を伝えた本間は、その直後、智也が銃を隠し持っていることに気づく。急いであとを追い、教室内で智也が蘭子に銃を突きつけている姿を目撃した本間と一ノ瀬は、蘭子を助けようと教室に飛び込む。

するとそこに、智也の姉・天満直子(長谷川京子)がやってきて…。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

1話完結かと思いきや、第7話に続くストーリーでした。

一人解放された一ノ瀬次郎は、プロファイリングが得意な片野坂譲に協力してもらい、真犯人にたどり着けるのでしょうか。

今回のテーマは『冤罪』という重い内容です。

限りなく重い内容だからこそ、9年間しなくていい不幸な生活を送りことになった天馬姉弟が幸せに、そして、冤罪で逮捕された天満暁生が無実と証明されることを願っています。

そして、彼が死んでしまう前に、真実にたどり着き、真犯人を逮捕し、警察に謝罪してほしい、そんな気持ちでいっぱいです。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました