未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)5話ネタバレ・感想・あらすじ!潜入捜査する本間快と一ノ瀬次郎の活躍!

未満警察ミッドナイトランナー

ドラマ『未満警察ミッドナイトランナー』の5話ネタバレ感想・あらすじについて、まとめてみました!

今夜は第5話です。

普通に生活しているだけで、事件に遭遇する“カイくん”こと本間快と“ジロちゃん”こと一ノ瀬次郎。

まさたか
まさたか

今回は、潜入捜査に挑戦する二人です。どんな活躍をするのか、楽しみですね。

そして、厳しく二人を指導する及川蘭子は、いつ二人の活躍を素直に認めるようになるのでしょう。もしかしたら、ずっと認めない設定かもしれませんね。

それはそれで、毎回のお楽しみになるかも。

それでは、第5話のネタバレありの感想をどうぞ!

 

スポンサーリンク

未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)5話のネタバレ!

とあるクラブの一室で、覚せい剤の取引が行われています。事前に情報を得ていた刑事の丸橋(高橋努さん)、根本(渋江譲二さん)らが満を持して踏み込みます。

ところが、そこは誰もいない、もぬけの殻。犯人たちが間一髪で逃げ出した後でした。

そんなところに、アロハを着た能天気な本間快(中島健人さん)と一ノ瀬次郎(平野紫耀さん)がやってきます。

”誰もいないね”・・・”あ、お客さんがいた~”

その“お客さんたち”は踏み込んだ刑事たちでした。

”ジロちゃん、これは始末書だ”と瞬時に察するのは本間快。処分期間が終了し、”青春活動”と称して外出した途端、またもや事件に巻き込まれました。

*****

警察署に連行された二人は、警察学校に身元確認をしてもらい、無事に釈放!と思いきや、まだ話は終わってないと叱られます。

刑事たちは二人に、犯人と思われる人物が写った写真を見せ、「こいつらを知らないか」と尋ねます。

本間快は全く見覚えはありませんが、一ノ瀬次郎の態度が変わりました。

その写真の中に、望月凛花(蓮佛美沙子さん)がいました。彼女は一ノ瀬次郎の幼馴染です。

*****

丸橋と根本は、警察学校に出向き、片野坂譲(伊勢谷友介さん)と及川蘭子(吉瀬美智子さん)に会います。

大きな取引を控えた売人グループのアジトを突き止めるために、彼らに潜入捜査をさせたいと依頼します。

*****

幼馴染が犯人の一味と知り、ショックを受ける一ノ瀬次郎。いつもの元気な姿は鳴りを潜めました。

実は、望月凛花は一ノ瀬次郎の初恋の相手でした。そして、兄である一ノ瀬一郎の恋人でもあったのです。

昔もヤンチャをしていた望月凛花は、兄と付き合うことで更生した過去があったのです。

今回も、事件を解決することで更生させることが出来るかもしれない、落ち込む一ノ瀬次郎に本間快がアドバイスします。

*****

そして、二人で潜入捜査をすることになりました。

まずは、望月凛花に近づきます。近くの車中には及川蘭子の姿がありました。彼女がお目付け役の様です。

望月凛花と久しぶりに会った一ノ瀬次郎は、以前のように仲の良い雰囲気で、昔話や自分の近況を話します。

本間快に”違うだろ”と視線を送られ、自分の任務を思い出し、彼女自身のことを聞き出そうと話を振りました。

望月凛花は会社を作った、安く物を運ぶ仕事だと話します。それを聞いた本間快は、機転を利かせ、自分たちはニートなので、そこで働かせてほしいとお願いします。

*****

うまく入り込んだ二人は、早速仕事を任されます。

配達途中、絶対に見てはいけないと言われていた中身を確認しますが、覚せい剤ではなく、赤ちゃん用品でした。

指定された住所に向かう二人。誰もいない部屋にたどり着きました。

しかし、いきなりクローゼットから望月凛花が現れます。ここは彼女の部屋でした。そして、彼女は妊娠していました。

次の仕事は、生まれてくる子供とベビーベッドなど一式を北海道に運ぶことだと指示します。詳しい話は全くしない望月凛花です。

*****

望月凛花の現住所しかわからなかった潜入捜査に、刑事たちはイラつきます。うまく情報を聞き出すことが出来なかった二人は退学を覚悟します。

及川蘭子は、何もしなかった、出来なかった二人に、一から訓練をし直せ!と喝を入れます。

勿論、お咎めなしです。

*****

望月凛花が一ノ瀬次郎に、子供を運んでと頼んだのは、身の危険を感じている彼女からのSOSじゃないのか、と本間快は考えます。

本間快に、望月凛花のことを守ってやれと一ノ瀬次郎は背中を押されました。

*****

翌日、落ち込み寝込んでいると嘘をつき、寮を抜け出した一ノ瀬次郎。向かったのは、望月凛花のアパートでした。

一ノ瀬次郎は、望月凛花に正直に話します、あのクラブにいたことを、彼女の本当の仕事を知っていることを。

望月凛花のアパートを張り込んでいた刑事たちにはは別の情報が入り、動いてしまいました。そこへ、ヘルメットをかぶった男性たちが押し入ってきます。

望月凛花を逃がしたい一ノ瀬次郎は、倒されても倒されても、諦めません。やっとの思いで、二人で逃げ出すことができました。

*****

最後の大きな取引を終了させたら、この仕事から足を洗うという望月凛花を信じて、彼女のボディガードとしてついて行く決心をした一ノ瀬次郎。

しかし、望月凛花の仲間の白木(桜木通さん)の裏切りを知ります。さらに、刑事の根本までが犯人の一味でした。

追いつめられる二人。絶体絶命の危機です。

そこに!

本間快が現れます。そう、目指していた“日本のヒーロー”の登場です。
そして、少し遅れて、刑事の丸橋と及川蘭子が助けに来ました。

無事に犯人一味が逮捕されました。

一ノ瀬次郎は、望月凛子を逮捕させてほしいと、丸橋にお願いします。そして、彼女の手に手錠を掛ける一ノ瀬次郎。静かに掛けられる望月凛花。

その彼女に、友達が渡したのは、お腹の子供の父親が、子供の名前を考えていたメモでした。

父親はやはり一ノ瀬太郎でした。そして彼がつけた名前「花」。今回はきっと更生できる、そう思えるラストでした。

そして、一ノ瀬次郎の恋が終わりました。

 

スポンサーリンク

未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)5話の感想

そもそも警察学校の生徒に潜入捜査をさせるのはおかしい、でも、その辺はドラマだから曖昧なのかな、そんな風に思っていました。

その矛盾は本間快が解決してくれました。彼もおかしいと考えていて、そのことから刑事の裏切りを推理するという形でした。

伏線回収された感がありました。次回に持ち越さない伏線回収は、このドラマに、このドラマのスピードにマッチしていると感じます。

そして、冒頭の覚せい剤取引のお店に行くことになった説明を本間快と一ノ瀬次郎が話すくだりが面白いんです。

女の子をナンパする目的、一軒目がダメでここは2軒目であること、女性に見せる本間快の笑顔が硬い、その表情を刑事の前でやらせる・・・

いちゃいちゃしている風にしか見えない二人がとにかく可愛い。何のドラマか、どんなストーリーかを忘れる、思った以上に長いシーンでした。

私は、二人の大ファンではないのですが、見ていて微笑ましい二人の仲良しシーンが毎回の楽しみになりつつあります。

また、おちゃらけていることが際立つキャラだった一ノ瀬次郎が、とてもカッコいい、そして、切ないヒーローだった今回。

好きな女性の前では、こんなに切ない顔に、そして、泣き顔になる、母性本能をくすぐられるファンが多いのでしょう、そんな平野紫耀さんの演技でした。

そして、最後の最後に、凛花のお腹の子供の父親が誰なのかが分かります。一ノ瀬次郎の実兄でした。

今回の冒頭に、兄を慕っての、一ノ瀬次郎の警察官への志望動機シーンが流れた意図がラストで判明しました。

望月凛花のお腹の子供の父親が、実兄だと分らなかったであろう、加えて、初恋の相手に手錠を掛けなければいけなかった一ノ瀬次郎にも、胸が一杯になりました。

冒頭とラストを繋げるストーリー、今回は一ノ瀬次郎のストーリーでした。

 

スポンサーリンク

未満警察ミッドナイトランナー(ドラマ)5話のあらすじ

#05
7月25日(土)
22:00~22:54
ある日の夜、覚せい剤の売人グループを逮捕するため、刑事の丸橋(高橋努)、根本(渋江譲二)らは閉店したクラブのVIPルームに足を踏み入れていた。だが、時すでに遅し。犯人たちはすでに逃走していて、室内はもぬけの殻。するとそこに、何も知らない本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がやってくる。

そのまま警察署に連行され事情を聞かれた2人は、自分たちは警察学校の学生で、外出届を提出してクラブに遊びに行っただけだと説明。無事身元の確認が取れた本間と一ノ瀬に、「こいつらを見てないか?」と売人グループの写真を見せる根本。その写真には、一ノ瀬の幼なじみ・望月凛花(蓮佛美沙子)が写っていた。凛花が覚せい剤の売買に関わっていると知りショックを受けた一ノ瀬は、本間と共に寮に戻る。

そんな中、警察学校を訪れた丸橋と根本。2人は教官の片野坂譲(伊勢谷友介)と助教の及川蘭子(吉瀬美智子)に、凛花と親しい一ノ瀬に潜入捜査をさせて売人グループのアジトを突き止めて欲しいと懇願する。

その頃、寮の部屋では、ひどく落ち込んだ様子の一ノ瀬がスマホで凛花の画像を見ていた。凛花は自身の初恋の相手でもあり、交通事故で亡くなった実兄の恋人だった人だと打ち明ける一ノ瀬。昔ヤンチャをしていた凛花は、警察官を目指していた一ノ瀬の兄と付き合い始めたことがきっかけで更生したという。

「なのに凛花、今になって何してんだよ」と嘆く一ノ瀬に、「…そしたら助けてあげたら?」と背中を押す本間。そして、蘭子がお目付役として側で監視することを条件に潜入捜査の許可が下り、一ノ瀬は本間と共に凛花に会いに行く。

(引用:公式サイト

 

スポンサーリンク

まとめ

ついに本間快の壊れた眼鏡も6個になりました。寮の部屋に飾られる壊れた眼鏡、いくつまで並ぶのでしょう。

この眼鏡が壊れなくなったら、卒業なのかしら。いやいや、これからもお決まりのシーンなのかもしれないですね。

そして、次回のゲストは長谷川京子さん。美しい犯人役の様です。

美人が好きな本間快と一ノ瀬次郎が惚れてしまうのではないか、個人的にはそんな風に妄想して、一週間を過ごそうと思います。

全く違っても楽しめそうです。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました