未解決の女2020の4話ネタバレ・感想・あらすじ!久保田紗友が涙したラストの結末!

未解決の女 警視庁文書捜査官(シーズン2)

ドラマ『未解決の女2020』第4話のネタバレ・感想・あらすじをまとめてみました!

『未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2』第4話は2020年8月27日に放送されたドラマです。

まさたか
まさたか

警視庁に、未解決事件の被害者である「居飛車の貴公子」こと佐田貴雄(足立理さん)の娘がやってきました。殺された佐田の持ち物がネットオークションに出品され、すぐに消されてしまうという不可解な出来事があったためです。

矢代朋(波瑠さん)ら文書解読係は捜査のため、出品されたものが本物かどうか確かめに山形へ向かいますが…!?

それでは、詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

未解決の女2020の4話ネタバレ

17年前、第16回毎朝杯将棋トーナメント決勝戦にて佐田貴雄(足立理さん)と西川悟(木瀬哲弥さん)が戦っていました。

2人は長年のライバルであり、佐田は「居飛車の貴公子(プリンス)」、西川は「千駄ヶ谷の虎」と呼ばれています。

解説者にも読めない手を佐田が指した後、西川は「二歩」を指してしまい反則負けになりました。

その夜、西川は暴力団員を殺害し逃走、指名手配の手を逃れたことで事件は未解決となってしまったのでした。

**

5年前の未解決事件について尋ねるために、「居飛車の貴公子」佐田の娘・彩子が文書解読係にやってきました。

特命捜査対策室室長補佐・宗像利夫(皆川猿時さん)は、自分たちは別の事件で忙しいと言って事件を一任します。

矢代朋(波瑠さん)は同期で殺人犯捜査に当たっている岡部守(工藤阿須加さん)に事件の詳細について聞きます。

5年前、佐田は自宅にてナイフで刺されて殺され、金目のものが盗まれるという事件が起きていたのです。

その現場から数十万円相当の将棋の駒がなくなっており、その駒らしきものがネットオークションに出品されました。

その駒は17年前の決勝戦で使用され、その勝者に贈呈された駒であるため、高値で取引される代物なのです。

駒が出品されたことを知った彩子は、亡き父・佐田の後援会長だった山井英俊(長谷川初範さん)に話を持ちかけます。

佐田殺害犯の手がかりになると期待した彩子ですが、1週間後に出品は取り消されてしまい、駒は手に入りませんでした。

係長の国木田哲夫(谷原章介さん)は、過去に将棋にハマっていたこともあり「堂々と捜査を開始しよう!」と乗り気です。

文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香さん)は「まずはこの駒が本物かどうか確かめないとね」と言うのでした。

**

鳴海から出張捜査を命じられた矢代は、国木田係長を訪ねてきた捜査一課長と出会います。

捜査一課長は、矢代に「一歩千金」、最も価値の低い駒の歩が王の守り神・金将よりも力を持つ場合があると語ります。

**

捜査一課長に励まされた矢代は、山形県天童市にある桜木正村(小野武彦さん)の工房を訪れました。

将棋駒作りに専念する職人である正村は、矢代からネットオークションに自作の駒が出品されたと聞かされます。

オークションの画像を見た正村は「間違いねえ。こいつはオラが作った駒だ」と証言します。

矢代は、正村が一番弟子・桜木歩(永井大さん)を育てていることをも知るのでした。

**

その頃、文書解読係にやってきた特命捜査対策室室長・古賀清成(沢村一樹さん)が矢代の出張について文句を言います。

国木田係長は柔らかい口調で、矢代の出張は宗像室長補佐から依頼された事件に関するものだと説明します。

そんな中、鳴海は矢代からの電話で、17年前に佐田の対局相手・西川が殺害事件を起こしていることを知らせます。

その事件については国木田係長も気になっており、未解決のままになっている事件の資料を取り出します。

鳴海が17年前の事件の詳細を気にしていると、草加慎司(遠藤憲一さん)が駒の出品元を突き止めたと報告します。

しかし、出品者は飲み屋で知り合った見ず知らずの男に10万円を渡されアカウントを貸しただけだと語りました。

古賀室長は2つの未解決事件には繋がりがあると確信し、矢代に「さっさと戻って報告しろ!」と迫るのでした。

**

将棋会館の関係者は、佐田と西川は幼い頃から良きライバルで、ほぼ同時期にプロになったのだと話します。

決勝戦の頃の西川はスランプに陥ってフリークラスに落ちており、対局の結果によっては引退も有り得ました。

ですが、西川の八百長疑惑については「将棋界に八百長なんて存在しません」と言い切りました。

**

矢代と草加は、佐田の後援会長だった山井を訪ね、山井が対局相手・西川の後援会長をも務めていたことを知ります。

西川がスランプに陥った理由は、佐田と西川が同じ女性を好きになり、三角関係になったことだと山井は語ります。

結局、その女性が佐田との間に子どもを授かり結婚が決まったことにより、三角関係は終わりました。

そして、西川が行方知れずになった直後に彩子が誕生し、その数年後に佐田の妻は体調を崩して亡くなったのでした。

**

彩子を訪ねた矢代は、同じく彩子を訪ねてきていた岡部と顔を合わせます。

岡部は5年前の事件を担当しており、顔見知りであった彩子が気になって訪ねてきていたのでした。

彩子は「実は、夏が苦手なんです」と、母親も父親も夏に亡くなったことを話します。

彩子は西川と母親の仲が良かったことは知っていましたが、三角関係のことまでは知らないようでした。

そして彩子は「不思議なものを見つけたんです」と言って、佐田宛の差出人不明の手紙を矢代に託すのでした。

**

消印の日付によると、差出人不明の手紙は2008年~2015年の7年間に渡って送られてきていました。

宮城県仙台市青葉区から送られてきた手紙の文章は型通りで、文末には「5四銀」「3七桂」などと記されていました。

国木田係長はそれらを棋譜だと言い、どんな手を指したのか記録を取るためのものだと矢代に教えます。

鳴海は「つまりこれは手紙将棋ね」と言い、佐田は誰かと文通し一通につき一手指し合っていたのだと話します。

古賀室長は最後の一通を手に取り「絶対に断れ。二度と手を染めるな」という文が気になると話します。

そんな古賀室長を無視して鳴海は国木田係長を自室に呼び出し、将棋に詳しい国木田室長と推理を始めます。

国木田係長は、決勝戦での佐田と西川が指した手を再現してみようと鳴海に提案します。

棋譜通りに指し進めたところ、17年前の解説者も戸惑った佐田の手のところで、鳴海も疑問を抱きます。

「悪手に思えるわ。わざと負けようとしている。それとも、素人には分からない究極の手?」と鳴海は悩みます。

国木田係長も不思議に思っていましたが、その直後に西川が二歩の反則負けをしたことで話題性を失ったと話します。

そして国木田は、佐田がわざと負けようとしていると気付いた西川が、わざと反則負けをしたのだと推理するのでした。

**

山井には17年前から反社会的組織との金の繋がりがあったことが分かり、古賀室長は推理を始めます。

反社会的組織に賭け将棋を持ちかけた山井が、佐田・西川両者の後援会長という立場を利用したのではと言うのです。

そして、それに気付いた誰かが、手紙を通して佐田に忠告したのではと古賀室長は語ります。

**

階段から突き落とされて死亡した山井の自宅からは、ネットオークションに出品された駒が見つかりました。

また、山井の腕時計から佐田の血液が採取されたことで、5年前の佐田殺害の犯人は山井だったと推測されました。

殺人犯捜査担当の桑部一郎係長(山内圭哉さん)は事件が解決したと考えますが、矢代には気がかりなことがあります。

**

文書解読係に証拠品の駒を持ち帰った矢代は「と」の駒を鳴海に手渡し、出品されたものと違うことを確認しました。

鳴海は「と」ではなく「金」だと説明しながら、山井宅から発見された駒が本物で、出品された駒は贋作だと推理します。

そして国木田係長は、17年前の決勝戦を二歩で終わらせず、指し続けた場合の手が手紙将棋に書かれていると語ります。

つまり、佐田と手紙将棋をしていた相手は西川だったのです。

**

再び駒職人の正村を訪ねた矢代と岡部は、正村が育てている一番弟子・歩は行方知れずの西川だろうと迫ります。

正村が反発したため歩を名乗る西川本人に話を聞こうとしますが、西川の姿は工房から消えていました。

西川の部屋には佐田からの手紙が箱に入れて保管されており、その文末には棋譜が書かれていました。

西川は居所を知られないため、わざわざ県境を越えて手紙を出していたのでした。

そして、佐田からの手紙には彩子の写真が添えられていました。

**

数年前に正村の元にやってきた西川は、正村の作った駒を見て泣き始めました。

そんな西川を見て弟子にしようと決めた正村ですが、西川が「歩」だと名乗ったため、本名は知りませんでした。

そこに佐田が西川を訪ねてやってきますが、整形していた西川に佐田は気付くことができず、それっきりでした。

西川の行方は分からないと言う正村ですが、西川は夏になる度に東京に行くため休みを取っていたと話します。

**

西川が13年前から毎年8月15日前後に東京に出ていると知って、草加は8月19日が彩子の母親の命日だと話します。

それを聞いた鳴海は、西川からの手紙と捜査資料を見比べて「文字の神様が下りてきた!」と言って尻もちをつきます。

鳴海は「西川が東京で会おうとしているのは彩子さんよ」と、彩子を捜すように言うのでした。

**

彩子の自宅や学校、バイト先、お墓まで捜す矢代たちですが、彩子を見つけることはできません。

そこで岡部は幼い彩子とその母親が写った写真を取り出し、それが撮られたひまわり畑にいるのではと推理します。

**

ひまわり畑を歩く彩子を見つけた矢代は、イヤホン越しに岡部と会話します。

西川は岡部の前を通り彩子に近付いていきますが、彩子の横顔を見ただけで通り過ぎてしまいます。

すると彩子は西川を呼び止め、亡き父・佐田と共に母親の命日にこのひまわり畑に来る約束をしたと語ります。

そして彩子は西川に「17年前に母と私を捨てた、私の本当のお父さんですよね?」と聞くのです。

彩子は中学時代に亡き父・佐田と血が繋がっていないことを教えられましたが、それが誰かは知りませんでした。

立ち去ろうとする西川を止めた矢代は、17年前に山井から八百長を持ちかけられたのだろうと西川に言います。

西川が順調に勝ち進むと、山井は決勝戦の前に佐田に八百長を持ちかけました。

友情や愛情を利用された佐田は八百長に乗りましたが、佐田が賭け将棋に加担したことを許せなかった西川はわざと負けます。

その夜に暴力団員を殺してしまった西川は、賭け将棋のことを表沙汰にしないために西川としての人生を捨てました。

そんな西川を見つけ出した佐田は、彩子とその母親を見られる機会を西川に与えたのでした。

**

5年前、山井はまた佐田に賭け将棋を持ちかけ、佐田は西川にそれを打ち明けます。

西川の説得もあり、佐田は賭け将棋には乗らずに対局し「負けました」という最後の手紙を送りました。

その後に佐田が殺害され、犯人を見つけるために西川は盗まれた駒の贋作を作りネットオークションに出品したのです。

贋作を見た犯人が反応するだろうと思っていたら、案の定、山井から西川に連絡がありました。

山井が「俺もお前も人を殺す羽目になった」と言ったため、佐田を殺した犯人は山井だったのだと西川は確信します。

怒りに任せて山井を殺したことを告白した西川は、彩子に「あなたの父親は佐田だけです」と話します。

彩子が「お会いできてよかったです。さようなら」と立ち去ろうとしたところで、岡部が西川に問いかけます。

岡部は「彩子さんはずっとひとりぼっちだったんですよ」と西川が逃げたことを責めました。

そこで矢代は、西川が駒に彫った「と」と、彩子が書類に書いた「と」の字が似ていたことを西川に教えます。

鳴海は「あてずっぽう」と自称しましたが、鳴海の推測通り、似た字を書く西川と彩子は親子だったのです。

彩子は「あなたは死なないでください」「いつかまた会おうね、お父さん」と西川に語りかけました。

連行される西川を見送りながら嗚咽する彩子に、矢代はそっと寄り添うのでした。

スポンサーリンク

未解決の女2020の4話感想

将棋会館にて出会った幼い佐田と西川は、お互いを高め合いながらプロへの道を進みます。

「居飛車の貴公子」佐田と「千駄ヶ谷の虎」西川は、17年前の決勝戦で顔を合わせました。

反社会的組織との繋がりを持つ後援会長から八百長を持ちかけられ、それに乗った西川は毎朝杯を勝ち進みます。

しかし親友の佐田が賭け将棋に乗ることは許せず、佐田が負ける手を指した直後に、反則の二歩を指して西川は負けます。

その夜、西川に賭けていた暴力団員から襲われた西川は、暴力団員を突き飛ばして殺してしまいます。

事件を捜査されると賭け将棋のことまで知られてしまうと恐れた西川は、顔と名前を変えて生きることを選びます。

彩子の母親をめぐる佐田と西川の三角関係は、本来、西川と結ばれることで決着していたはずでした。

しかし西川は、棋士としての人生や、彩子や彩子の母親と共に生きることを佐田に託したのです。

彩子の育ての父となった佐田は、本当の父親である西川が、彩子と彩子の母親を遠目に見られる機会を作っていました。

手紙で交流を続けていた2人でしたが、5年前、また八百長を持ちかけられた佐田はそれを断り、殺されてしまいました。

そして今、「桜木歩」として将棋の駒を作る職人となっていた西川は、佐田殺しの犯人を特定するため罠を張りました。

西川の考えていた通り、佐田殺しの犯人は八百長を断られた山井で、西川は怒りに任せて山井を殺してしまいます。

最後に彩子の姿を見て、全てを告白した西川は、彩子に生き続けることを願われながら連行されていきました。

将棋好きの国木田と将棋の知識がある鳴海が、2人で棋譜通りに指しながら推理する姿は目新しいものでしたね。

そうして、佐田も西川もお互いに負ける手を指したことを突き止め、その裏にある友情までもを読み解きました。

彩子にとってはショックの大きな事実でしょうが、生きている家族がいると分かってよかったと思いました。

スポンサーリンク

未解決の女2020の4話あらすじ

2020年8月27日(木)よる9:00~
第4話『将棋編』

5年前の未解決事件で何者かに殺された棋士・「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理)の娘・彩子(久保田紗友)が、亡き父の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範)と共に、警視庁の相談窓口にやって来た。なんでも今になって突然、佐田が殺された際に盗まれた将棋駒がネットオークションに出品され、1週間も経たぬうちに出品が取り消されるという、不可解な出来事があったというのだ。話を聞いた矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、すぐさま事件を再捜査することに! まずは出品された駒が本物かどうかを確かめるため、朋ははるばる山形へと足を運ぶ。
朋が向かった先は、一番弟子・桜木歩(永井大)に伝統を継承しながら、将棋駒作りに専念する職人・桜木正村(小野武彦)の工房。実は、出品された駒は17年前、「毎朝杯」決勝戦でライバル棋士・「千駄ヶ谷の虎」こと西川悟(木瀬哲弥)に勝った佐田に贈られたもので、正村の作品だったのだ。オークションの画像を見て、自分が作った駒で間違いないという正村。しかもよくよく話を聞くと、この対局で「二歩」を打って反則負けした西川が、同日夜に暴力団員を殺して行方をくらます事件が起こっていたことも明らかになる!
5年前の「居飛車のプリンス」殺害事件と、17年前の「千駄ヶ谷の虎」が起こした殺人事件――将棋界の頂上決戦…その勝者と敗者が絡む2つの未解決事件の接点を求め、朋たちは捜査を続行。まもなく、幼い頃から良きライバルとして切磋琢磨してきた佐田と西川が、プロになってからは同じ女性に惚れてしまったことで関係がギクシャクしていたことが判明し…。
その矢先、佐田の娘・彩子は父に宛てられた差出人不明の手紙の束を発見する。しかも妙なことに、どの手紙にも“謎の3文字”が記載されていて…!? そんな中、第6係の鳴海理沙(鈴木京香)と国木田哲夫(谷原章介)は17年前の対局を再現。当時は見過ごされていた“ある事実”に気づき…!

ゲスト
桜木歩………永井大

長年にわたって将棋駒作りに専念している一流駒師・桜木正村の一番弟子。寡黙な男。ずいぶん昔、それまでまったく面識のなかった正村の工房へ見学にやって来たことを機に、正村の弟子となったようだが、彼の素性については正村もよく知らない。だが、非常に真面目に修業に取り組んでおり、正村からもその実直な姿勢を高く買われている。

佐田彩子………久保田紗友

5年前、何者かに殺された棋士・「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄の娘。高校生。幼い頃に母も病気で亡くしている。ある日、佐田が殺された際に盗まれた将棋駒がネットオークションに出品されているのを発見。すぐに出品が取り消されたことに疑念を抱き、未解決のままとなっている父の殺害事件を再捜査してほしい…と、朋ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーに依頼する。

桜木正村………小野武彦

山形に工房を構え、一番弟子・桜木歩に伝統を継承しながら、将棋駒を作り続けている一流駒師。17年前、「毎朝杯」決勝戦に使用する将棋駒を作った。その駒は決勝戦でライバル棋士・「千駄ヶ谷の虎」こと西川悟に勝った佐田貴雄に贈られたが、5年前に佐田が殺された際に盗まれ、なぜか今になってネットオークションに出品されることに…。出品された駒の画像を見て、自分が作ったものだと断言するが…!?

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

5年前「居飛車の貴公子」佐田の殺害現場から盗まれた高額の駒がネットオークションに出品され、すぐに消去されました。

その駒を使った対局相手の西川が17年前に殺害事件を起こしたと分かり、矢代たちは2人の関係を探ります。

佐田・西川両名の後援会長を務めた山井に黒い関係があると分かり、捜査している最中に山井が殺されます。

佐田を殺した山井に復讐した西川は、佐田の娘の本当の父親であることを認め、素直に連行されていくのでした。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました