未解決の女2020の1話ネタバレ・感想・あらすじ!現場に残された不思議な文字の真相!

未解決の女 警視庁文書捜査官(シーズン2)

ドラマ『未解決の女2020』第1話のネタバレ・感想・あらすじをまとめてみました!

『未解決の女2020』第1話は2020年8月6日に放送されたドラマです。

肉体派刑事の矢代朋(波瑠さん)と頭脳派刑事の鳴海理沙(鈴木京香さん)の凸凹バディが帰ってきました!

まさたか
まさたか

文字フェチの鳴海が“文字”から未解決事件の突破口を見つけ、熱血バカの矢代が事件解決を目指し駆けずり回ります。2時間スペシャルの第1話では「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙をきっかけに凸凹バディが動き出します。

それでは、詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

未解決の女2020の1話ネタバレ!

2015年、不倫報道を受けた売れっ子弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹さん)がテレビ局のロビーで報道陣に囲まれていました。

マスコミに対して「離婚寸前だ! これで満足か!?」と詰め寄った有田弁護士は、その2日後に撲殺体となって発見されます。

遺体の周辺には破られた紙片が散乱しており、それを貼り合わせると「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれていました。

愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花さん)を含め様々な人物を探ったものの、事件は未解決のまま捜査は止まったのでした。

**

2020年の夜、ホームレスが不審な声に気付いて外に出ると、燃えながら暴れている人を発見しました。

**

文書解読係の刑事・矢代朋(波瑠さん)の同期である強行犯捜査担当の刑事・岡部守(工藤阿須加さん)が事件について話しています。

焼死体となったのは独身男性の幸坂達治(宮川一朗太さん)で、彼が住んでいた部屋には文書が残されていたのでした。

それは「もーいちど ころす しょーしたい」とプリントされた紙でした。

それを見て5年前の事件を思い出した文書解読係の鳴海理沙(鈴木京香さん)と草加慎司(遠藤憲一さん)は資料を探します。

当時、紙片に書かれた内容は公表されておらず、警察以外が知らない内容が残されていたために同一犯の可能性が浮上します。

しかし被害者には共通点がなく、岡部の上司・桑部一郎(山内圭哉さん)が直々に文書解読係に捜査を依頼したのでした。

係長に昇進した桑部の噂で一通り盛り上がった後、矢代は「事件があるから我々がいるのです」と燃えるのでした。

そこに特命捜査対策室室長の古賀清成(沢村一樹さん)がやってきます。

古賀がいつも通り矢代を「目力!」と呼びつつ自分の権威を誇る様子を見て、鳴海と矢代はジャイアニズムだとからかいます。

すると古賀は意外なことに「捜査を許可しよう」と言い出し、焼死体となった被害者の幸坂が高校の同級生だと明かします。

5年前の未解決事件と幸坂の事件が繋がっていると感じた古賀は、残されたメッセージを解読するように命令するのでした。

古賀に期待されたことでやる気が出た矢代は外に行き、鳴海は残された2つのメッセージを見比べます。

幸坂の事件のものはパソコンで出力されたMS明朝体、5年前のものはよろよろした手書きの文字です。

子どもの字ではないと判断する鳴海に、草加は2つとも筆跡が分からないように書かれたものではないかと言います。

**

古賀は幸坂が発見された現場に献花をしに行き、手を合わせます。

そこに矢代がやってきて、古賀室長の補佐である宗像利夫(皆川猿時さん)と初めて顔を合わせます。

現場に出てきた矢代に古賀が文句を言っていると、ホームレスに聞き取りを行う強行犯捜査係長の桑部と出くわします。

古賀と桑部が張り合う様子を眺めていたホームレスは、事件の夜に「サイレントなんとか」と聞いたことを思い出します。

**

鳴海は矢代から「サイレントなんとか」の話を聞きますが、メッセージで手一杯だと主張します。

鳴海はメッセージが連続殺人の予告と推理しますが、矢代は前の事件から5年と時間が経ち過ぎていることを気にします。

しかし鳴海は「焼死体」を「しょーしたい」と表記していることが気になっています。

すると、文書解読係係長の財津喜延(高田純次さん)は「しょーしたい」は「ショーしたい」ではないかと言います。

生身の人間を焼き殺すという猟奇的なやり方に対して、犯人は殺人ショーと考えているのではないかと言うのです。

古賀たちも5年前の事件と幸坂の事件の共通点を探しますが、やはり手がかりは見つからないようでした。

**

矢代は草加と合流して幸坂宅に出向き、岡部の言っていた通り夏なのに暖房器具が出しっ放しであることを確認します。

しかし草加は暖房器具よりも大きな空の水槽を気にするのでした。

矢代は本棚を見つけ、古賀から聞いた演劇部出身という言葉をもとに『演劇=演技』という本を手に取ります。

するとその本の間から、劇団琥珀座第44回公演のチケットが滑り落ちました。

琥珀座には5年前の事件の被害者・有田の愛人が所属していると草加に聞き、矢代と草加は琥珀座に向かいます。

**

有田の愛人だった遠山は不倫報道でバッシングを受けたものの、有田が殺されたことで悲劇のヒロインとして扱われました。

今や琥珀座の看板女優となった遠山は、幸坂のことを知っていました。

幸坂は琥珀の事務をしていましたが、有田とは関係がなかったと思うと遠山は語りました。

幸坂が焼死と聞いた遠山は「そんなの克子先輩と同じじゃない…」とつぶやきます。

**

幸坂の死体を引き取りに来たのは、静岡からやってきた幸坂の従兄弟の岸川登(石丸幹二さん)でした。

岸川は幸坂の妻・克子が5年前に倒れたことを話します。

琥珀座の看板女優だった克子の右半身には麻痺が残り、幸坂は懸命にリハビリをする妻を支えていました。

しかし幸坂の自宅が火事になり、自宅に一人でいた克子は逃げ遅れて亡くなったのです。

出火の原因は煙草の不始末だったと判断されましたが、幸坂は克子が医者の指示で禁煙していたと主張していました。

岸川の対応をする桑部と岡部は、5年前の捜査に当たっているのが幸坂をよく知る古賀だと話します。

岡部は岸川に古賀を紹介しようかと尋ねますが、岸川はそれを断って帰って行きました。

**

仕事を辞めてまで克子を支えていた幸坂を見かねて琥珀座が声をかけたことで、幸坂は劇団の事務として働いていました。

しかしその事務も半年前に辞めており、幸坂は日雇いとして働くようになっていました。

一連の話を聞きながら、古賀は克子の死を知ってショックを受けているようでした。

克子は美人で演技も上手く、古賀をはじめとした演劇部員の星だったのです。

高校時代の克子が頑固だったと主張し、一度決めた禁煙を破るはずがないと古賀は言い張ります。

幸坂に喫煙習慣がなかったのに火災現場の窓辺には煙草が残されていたため、鳴海は煙草の不始末だろうと言います。

鳴海は古賀が克子に片思いしていたために盲目になっているのだと、古賀をからかいます。

矢代は現場写真を見て、幸坂の自宅と同じように大きな水槽があることに気付きます。

また、現場写真に写った本を見た鳴海は、その本がハムレットの台本であると確信します。

**

矢代と鳴海は琥珀座に出向き、遠山に克子に会いに行っただろうと聞きます。

もちろん、いつも通り鳴海は離れた場所から語り、それを矢代が話す形をとっています。

鳴海は、克子が復帰することを恐れた遠山が煙草を放置して克子を殺害したのではと考えたのです。

現場に自分の物であるハムレットの台本を残した不手際から、遠山が不倫相手・有田と克子の夫・幸坂を殺害したのでは…。

その推理を聞いた遠山は「私は誰も殺していませ~ん!」と言い張り、有田は大事な金ヅルだから殺さないと言います。

しかし、克子を訪ねたことは認めました。

遠山は克子が回復しているのではないかと心配で様子を見に行ったのですが、克子は体が不自由なままでした。

そんな克子は遠山のオフィーリア役就任を祝いつつ「気を抜かないでよ、看板女優は私なんだから」と檄を入れたのです。

遠山は克子と話が盛り上がって長居してしまい、窓際にある熱帯魚の水槽の横で煙草を吸ったのでした。

**

自分が出火の原因を作ったかもしれないと思った遠山は、それまでずっと克子を訪ねたことを隠していました。

そのため幸坂は出火原因が煙草以外にあるのではないかと疑い、現場にあった電化製品が出火原因ではと疑ったのです。

幸坂が自宅に暖房や大きな水槽を出しっ放しにしていた理由は、不具合が出るまで実験をしていたためでした。

**

琥珀座に聞き込みに行った岡部は、事務員から幸坂と岸川の話を聞きます。

岸川は幸坂にまとわりつき、演劇に携わるのをやめるよう勧めたり、金の無心をしたりしていました。

岸川も小さな劇団を手掛けていましたが上手くいかず、その後は定職に就かず日雇いで過ごしていたのでした。

その話を聞いた岡部は、自分が接した岸川の誠実な印象と話に出てくる岸川のどうしようもなさの差に首を傾げます。

**

財津は、幸坂が事件の真相を調査するために時間の自由がきく劇団の事務員となったのではと推理します。

そして事務員を辞めた理由は、事件の真相が分かったからなのではないかと…。

それを聞いた鳴海は、ホームレスが聞いた「サイレントなんとか」は「サイレントチェンジ」ではと推理します。

サイレントチェンジとは、部品メーカーが製造メーカーに知らせず、勝手に部品の質を落とす不正のことです。

そこから、弁護士である有田が幸坂の依頼で克子の部屋にあった電化製品の部品の不具合を調査したのではと推理します。

調査によって不具合を知った有田と、地道な実験で不具合を発見した幸坂という共通点を見つけたのです。

**

矢代と草加は有田の勤めていた弁護士事務所に行き、先に到着していた宗像たちと共に検査機関を調べます。

水槽のポンプに不具合があったことを証明するために検査した会社は、有田のことを覚えていました。

検査会社が検査結果を有田に伝えた直後に有田は殺されたのでした。

そして1年前、不具合が出た水槽用エアポンプに発火の危険性があると国が発表しました。

すると検査会社に匿名の電話がかかってきて、エアポンプが発火した場合の責任は誰にあるのかと尋ねてきました。

検査会社の社員は、エアポンプに原因があれば部品メーカーの資材部責任者に責任があるだろうと答えました。

矢代はその電話をかけたのは幸坂であろうと推測します。

**

部品供給メーカーの高柳が幸坂の事件現場の監視カメラに映っていたことが判明します。

メーカーにて高柳を確保し取り調べをすると、サイレントチェンジを行っていたのは孫会社だと白状します。

7年前から行ってきた不正ですが事故の報告はなかったため続けていたところ、5年前に有田が高柳に接触したのです。

それは不正を暴くためではなく、高柳から金を受け取るためでした。

高柳が5~6回有田に金を渡した後、有田は誰かに殺されたと高柳は語ります。

そして最近になって幸坂がサイレントチェンジについて話すため高柳に接触し、目の前で焼身自殺したと言うのです。

それを聞いた古賀は激高し高柳につかみかかろうとしたため、宗像が体を張って止めるのでした。

**

高柳は遊ぶ金欲しさで孫会社から口止め料を受け取るためにサイレントチェンジを知りながら隠し続けたのです。

強行犯捜査の刑事たちは高柳が犯人であると目星をつけますが、矢代はメッセージを残す意味がないと疑問を持ちます。

そんな矢代を見て、矢代を引き抜いて文書解読係に連れてきた財津は満足そうでした。

鳴海も草加も新人が入ることに賛成してはいませんでしたが、財津は明るくて活きのいい子が入ったら…と考えたのです。

そんな時、古賀は幸坂が本に挟んでいたチケットを見て懐かしみ、克子の初主演舞台だと言います。

そこに岡部が桑部を訪ねてきて、岸川に高柳逮捕の一報をしようとしたが電話番号が違ったと報告します。

岸川が記入した書類を見た鳴海は、住所が途中から雑になっていることを指摘します。

「まるで早く書き終えてその場から立ち去りたいような…」と鳴海が言うと、岡部は古賀を紹介したいと話したと言います。

チケットを見ながら、鳴海は「古賀…コロス…」と言うと大きな声を上げます。

チケットには舞台のタイトルとして『χορός~愛の果てに~』と書いてありましたが、矢代も草加も読めませんでした。

鳴海は「χορός」はギリシャ文字で、読み方は「コロス」だと教えます。

そして矢代は「もーいちど ころす しょーしたい」の「ころす」は「殺す」ではなく「コロス」だったのだと推理します。

それを見た鳴海は「文字の神様が下りてきたわ…やっと…!」と喜ぶのでした。

**

琥珀座の客席に岸川が座って、かつて観たコロスのショーで踊る克子を思い出しています。

そこに矢代がやってきて、岸川に対して「幸坂達治さん」と呼びかけます。

高校の同級生である古賀が現れ、遺体が岸川登だと判明したことを知らされても、幸坂は岸川を名乗り続けます。

5年前、有田の殺害現場に残された「もーいちど ころす しょーしたい」は麻痺の残る手で克子が書いたメモでした。

克子は代表作である『コロス』のショーをもう一度演じたいという願いを込めてメモを書いたのです。

警察がそこまで突き止めるとは思っていなかった幸坂は、自分が幸坂だと認め有田殺害も認めました。

5年前、幸坂は克子のメモを持って有田を訪ね、有田に「器具に問題ないと判断したんです」と言われます。

目の前で克子のメモを破り捨てられた幸坂は、亡き妻を思いながら有田に襲い掛かり殺してしまったのでした。

幸坂はすぐに警察に捕まると思っていましたが、有田が器具についての書類を処分していたため捜査は及びませんでした。

幸坂は岸川に自首したいと話しますが、有田は殺されて当然だ、有田と部品メーカーこそ人殺しだと岸川は言いました。

そして、幸坂と岸川は2人で地道に器具の不具合を調べ始めました。

不具合は見つけられませんでしたが、幸坂はある日新聞記事で水槽用エアポンプの不具合を知ります。

検査機関に電話して部品メーカーに問題があると知った幸坂は、探偵を雇い高柳による不正が事故の原因だと突き止めます。

幸坂は高柳を殺そうと決意しますが、岸川はガンなのだと打ち明け「俺のこの命、復讐の材料にしてくれ」と言います。

5年前、岸川は克子から演劇界へ戻るよう何度も促され、うっとうしくなってつい克子を突き飛ばしてしまいました。

克子の体が不自由になったのは自分のせいだと思った岸川は、幸坂の力になってほしいという克子の願いを受け入れました。

そして、全てが明らかになった今、高柳に自分自身を殺させて克子のメッセージを残そうと岸川は提案したのです。

幸坂は岸川を止めましたが、岸川は幸坂の部屋に自分のものを置き、幸坂に岸川として生きるよう手紙で指示しました。

幸坂は克子のメッセージに沿って焼死体になることを選びました。

岸川は「これは今まで何をやっても中途半端だった俺の最初で最後の大芝居なんだ」と語りました。

高柳を呼び出した岸川は「サイレントチェンジ」と何度も叫ぶと、自ら油をかぶり自身に火をつけて死んだのです。

一通り語った幸坂は、事件の真相が明かされたことを見届けたことに満足しナイフを自分に刺そうとします。

そこに財津が現れナイフを叩き落とし、幸坂に「あの世の奥さんにどんな顔して会われるんですか」と問います。

財津と矢代に生きてくださいと言われ、古賀に「今度は俺がお前を見届ける」と言われた幸坂は泣き崩れます。

その全てを聞き届けた鳴海は天を仰ぐのでした。

**

財津の最後の事件を終えた文書解読係の係長は誰になるのか、文書解読係がなくなってしまうのではと心配される中…。

文書解読係の部屋である文書保管倉庫に京都府捜査一課から国木田哲夫(谷原章介さん)がやってきます。

駆け付けた岡部は、矢代への好意がむき出しの国木田に敵意を燃やします。

そんな様子を見て鳴海は「何だか面倒臭そう」と言って自室にこもってしまうのでした。

スポンサーリンク

未解決の女2020の1話感想

2時間スペシャルということで、複雑な事件でしたね。

古賀室長が演劇部出身というのは驚きでしたが、その「演劇」が深く絡む事件だったと思います。

古賀は克子のことを「演劇部の星」と言っていましたが、夫の幸坂にとっても、岸川にとっても星だったのではないでしょうか。

そして克子にとって人生の指針となったのは演劇だったのだと思います。

克子に取って代わり看板女優を目指す後輩女優の遠山にも、演劇に背を向けた岸川にも、克子は優しく接します。

それは克子が演劇の力を信じていたからであり、焼死体の事件においてはその演劇の力が間違った方向に働いてしまいます。

岸川は克子から演劇に戻るように言われたことを、ずっと覚えていたのでしょう。

克子から演劇を奪ってしまった代わりに、克子の願いを叶えたいと思っていたのかもしれません。

そして岸川が人生最後の大芝居を打つと決めた場所は、高柳の目の前でした。

「ころす」を「殺す」、「しょーしたい」を「焼死体」と思わせ、殺人に見せかけ、幸坂のふりをして…。

「真相を隠している」のではなく「真相を明かすために芝居を打っていた」というところが、今回の事件のキモでした。

文書解読係以外は幸坂と岸川が描いた道筋を進み、高柳とその不正に辿り着きました。

しかし鳴海と矢代をはじめとした文書解読係は「もーいちど ころす しょーしたい」の謎を解くまで止まりませんでした。

そして克子の「復帰したい」という切なる願いを知り、幸坂が命を絶つ前に事件を解決することができたのです。

文書解読係が再び動き始めたことは喜ばしいことですが、さみしくなる別れもありました。

矢代・鳴海・草加を優しく見守る財津係長の定年退職です。

それに伴い、新しい出会いもありました。

新しい係長は以前、矢代・鳴海と共に捜査に当たった国木田ということで、古賀たちとどんな関係を築くのか気になりますね。

スポンサーリンク

未解決の女2020の1話あらすじ

2020年8月6日(木)よる8:00~
第1話 初回2時間スペシャル『灰の轍』

テレビにも出演するほどの売れっ子弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹)が、自身の不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって見つかった。奇妙なことに、遺体の周辺には破られた紙片が散乱。貼り合わすと、不穏な一文が浮かび上がる。それは…「もーいちど ころす しょーしたい」という文言だった! 警察はすぐさま、有田の家族や勤務先の法律事務所、そして愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花)への聴取を開始。だが、有力な容疑者は特定できず、時は過ぎていったのだった――。
この未解決事件の発生から5年。警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守(工藤阿須加)が、つい先日係長に昇進した桑部一郎(山内圭哉)の依頼を携え、未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」こと「特命捜査対策室」第6係を訪問。ある新事件の文書を解読してほしい、と頼みに来る。被害者は建築現場の日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太)。現場から逃亡した男に火をつけられたと思われる幸坂は、指紋も取れないほど無残な焼死体で見つかった上、彼の部屋にはなんと「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙が落ちていたのだ!
話を聞いて、5年前の事件との関連性を疑う矢代朋(波瑠)と鳴海理沙(鈴木京香)ら「文書解読係」の面々。すると、いつもは「文書解読係」を見下している「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)が珍しく、直々に捜査を許可する。なぜなら、古賀と幸坂は高校の同級生だったからだ!
古賀の許しを得た朋は、大手を振って捜査を開始。幸坂殺害事件の発生時に「サイレントなんとか」という“謎の叫び声”が聴こえた、との情報を入手する。一方、5年前の事件と共通する一文を見直した理沙は「しょーしたい」という表記が、どうも引っかかり…!? だが、有田と幸坂の接点は一向に見つからず、捜査は難航。そんな中、幸坂の本棚を洗い直した朋は、意外な人物とのつながりを発見する! と同時に、「文書解読係」の主任・草加慎司(遠藤憲一)は、部屋の“あるもの”が気になり…。
まもなく、幸坂の従兄だという岸川登(石丸幹二)が、わざわざ静岡から遺体を引き取るため、警視庁へ。彼の話から、2つの事件をつなぐ“驚愕の事実”が明らかになる! その頃、理沙は“新たな文字”に激しく反応。“とんでもないこと”を察してしまい…!?

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

「もーいちど ころす しょーしたい」というメッセージは「コロスのショーをもう一度やりたい」という意味でした。

そのメッセージに違う解釈を与えて捜査の方向を変えるため、岸川は幸坂として自らに火をつけて亡くなります。

家電製品の部品の質を勝手に落として利益を得ていた高柳は逮捕され、岸川を殺した疑惑をもかけられます。

岸川として現れた幸坂は全てを見届けて自死しようとしますが、文書解読係が真相に辿り着き幸坂を止めました。

次回からは係長が国木田に代わり、新しい文書解読係が動き出します!

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました