恋する母たちのネタバレ!結末は?1巻~6巻(最終巻)のあらすじも紹介!

恋する母たち

『恋する母たち』のネタバレ・結末がどうなったかや、1巻~6巻(最終巻)のあらすじも紹介してみました!

10月から始まる新ドラマ「恋する母たち」。

原作は柴門ふみさんのマンガです。

2020年7月まで「女性セブン」で連載されていました。

単行本は現在、6巻まで発売中。

既婚女性なら共感できる部分がたくさんあっておもしろいんです!

そして既婚男性にも読んでもらいたい内容。

どんな内容か気になりませんか?

まさたか
まさたか

1巻では中心人物である3人の母の人となりを丁寧に描いています。2巻、3巻、4巻、5巻、6巻ではそれぞれの母たちの恋愛模様が細かく描かれていきますよ。最終回の結末も気になりますね!

ネタバレを含むあらすじを紹介していきます!

スポンサーリンク

恋する母たちのネタバレ!結末は?

主人公は石渡杏。

10年前に夫の不倫が発覚し、夫は失踪。

事務員のパートをしながらシングルマザーとして息子を育てています。

息子は名門私立高校に通学中。

ある時、高校に呼び出された杏。

学校に着くと、他に2人の母親が呼び出されていました。

一人は蒲原まり。

夫は弁護士で高収入。

いわゆるセレブママです。

もう一人は大手企業で働くバリキャリママの林優子。

プライベートでは立場がまったく違い、ただ子供が落ちこぼれという共通点しかない3人。

一見幸せそうに見える3人ですが、それぞれに問題を抱えています。

夫の失踪や、夫の不倫、セックスレス、引きこもりの息子、刺激のない日々。

抱える問題をさらけ出していくことで、距離を縮めていきます。

そしてそれぞれが新しい恋に出会い、もがいていく姿を描いています。

杏の夫は不倫相手と駆け落ちをして失踪したのですが、杏はその女性の夫・斉木と関係を持ってしまった過去があります。

そしてその斉木から10年ぶりに連絡が来るのでした。

まりは夫の不倫に気づきながらも問い詰めることはできず、セックスレスにも悩んでいました。

孤独感を感じていたまり。

出かけたコンサートで、有名な落語家の丸太郎に出会います。

最初は興味を持っていませんでしたが、丸太郎から激しいアプローチを受け、心が動きます。

優子は大手ビール会社の課長。

社内での評判もよく、初の女性役員への出世は間違いないと言われるほど。

しかしプライベートでは引きこもりの息子に悩んでいました。

ある時、痴漢を捕まえると、その痴漢は取引会社の息子。

上司から圧力がかかり、リーダーの立場を12歳も年下の男性社員・赤坂に奪われてしまうのでした。

赤坂に苛立ちながらも、気になってしまう優子。

3人がそれぞれの恋愛に翻弄されていきます。

結局、杏は元の夫と同居することに。

優子は赤坂も家族も捨て、仕事に打ち込むことに。

まりは新しい家族のかたちを求めます。

やっぱり、不倫相手と一緒に幸せな結末を迎えるという展開はあり得ないですよね。

そして不倫をした代償も受けなければなりません。

スポンサーリンク

恋する母たちのネタバレ!1~6巻のあらすじも

結末を知ってしまいまいましたが、単行本のあらすじもまとめてみました。

これを読めば、ドラマの展開も楽しみになるはず!

1巻のネタバレ

名門私立高校に子供を通わせている3人の母が出会います。

夫が失踪し、パートで事務員をしながら息子を育てている杏。

夫は不倫で駆け落ち。

その不倫相手の夫・斉木と杏は過去に体の関係を持ってしまっていました。

二人目は、まり。

弁護士で高収入の夫がいて、誰から見ても幸せなセレブママ。

でも夫の不倫を問いただせず、孤独を感じていました。

三人目の優子は大手ビール会社の課長。

バリバリのキャリアウーマンで、専業主夫の夫と引きこもりの息子がいます。

人には言えない家庭の事情を少しずつさらけ出し、3人の母たちの人生が交わっていきます。

2巻のネタバレ

息子が留年しそうだと指摘された3人。

協力できることはしていこうと、連絡先を交換します。

まりは落語家の丸太郎からの連絡も無視して、息子の勉強のことばかりを考えていました。

そんな中、まりの実家に夫の不倫相手・のりこが訪ねてきました。

のりこは夫に離婚を迫っている様子。

のりこは夫が「妻が不倫してくれればな」と言っていたというのです。

まりは夫を問い詰めることに。

しかしのらりくらりと躱されてしまいます。

そのタイミングで丸太郎から電話。

数日後、デートに行くことになります。

まりの運転でドライブへ。

だんたんと打ち解け、別れ際にはキスをするのでした。

その日から丸太郎のとりこになってしまったまり。

その関係をのりこに知られてしまいます。

のりこは週刊誌に落語家がセレブ妻と不倫しているとリーク。

リークした相手は斉木。

斉木は杏に報告し、杏はまりと丸太郎の関係を止めようとします。

でもまりは丸太郎と旅行へ。

一線を超えてしまいます。

3巻のネタバレ

まりが旅行へ行ったのは息子の大切な試験日でした。

まりの息子だけ試験に受からず、落第したのです。

まりはショックを受け、丸太郎に別れを告げます。

落第の結果を受け、まりの家では家族会議が開かれることに。

まりのせいだ言いたげな夫の態度を理不尽だと感じていました。

でも丸太郎との関係で罰が当たったような気がするまり。

一方、杏は夫が沖縄の与論島にいるという情報を知りながらも動けずにいました。

でもついに与論島へ行く覚悟を決めます。

4巻のネタバレ

斉木は杏に、夫の慎吾は記憶喪失だと伝えます。

戸惑う杏。

しかし与論島で再会し、離婚を果たし、斉木と交際することに。

一方、優子は赤坂からのアプローチに戸惑っていました。

京都出張で、赤坂と体の関係になってしまいます。

5巻のネタバレ

周囲にばれないよう、赤坂と不倫を続けている優子。

離婚について聞かれ動揺してしまいます。

そんな中、突然夫から与論島への移住を提案されます。

家族と向き合うチャンスと思った優子。

でも赤坂からは猛アプローチが続き、優子はどんどん流されてしまいます。

まりは夫の不倫相手と直接対決をすることに。

夫は愛人を捨て、家族を選ぶのでした。

でも、夫への不信感は消えません。

杏は斉木と交際を始めたのですが、突然、慎吾が自宅を訪ねてきます。

記憶喪失のはずなのに。

慎吾の実家の住所を伝えて追い返すのですが、杏は動揺してしまいます。

6巻のネタバレ

杏は元夫との離婚が成立したものの、元夫とその母親と同居することになってしまいます。

息子も父親との生活にだんだん慣れていきます。

杏は複雑な心境ですが、見守ることしかできませんでした。

優子は赤坂との不倫現場を夫に見られてしまいます。

夫は優子とは一緒にいられないと考え、息子と二人で暮らすことに。

優子は赤坂とも別れ、家族も不倫相手も失うのでした。

まりの家では、夫の元不倫相手が、重要な社内情報をリークしてしまいます。

その結果、夫は無職に。

高級タワーマンションから引っ越し、セレブ生活も失ってしまいます。

スポンサーリンク

恋する母たちの作者・柴門ふみとは?

柴門ふみさんは恋愛マンガの名手。

「東京ラブストーリー」は代表作の1つです。

1991年にドラマ化。

織田裕二さんや鈴木保奈美さんが出演し、大ヒットしました。

「セックスしよ!」というセリフが衝撃的で社会現象にもなるほど。

2020年には配信ドラマとして、リメイクもされましたね!

柴門ふみさんが、人気マンガ家と言われるようになった1つのきっかけは「PS元気です、俊平」。

堂本光一さん主演でドラマ化もされました。

スポンサーリンク

まとめ

「恋する母たち」の原作マンガについてまとめてきました。

人物の丁寧な描写が得意な柴門ふみ先生のマンガなので、共感できる部分もいっぱい。

不倫がテーマのストーリーは、ハッピーエンドが難しいので切ないですね。

ドラマではどんな人間模様が描かれるのかドキドキ!

どんな結末になるのでしょうか?

ドラマの放送前に、原作マンガを読んでみるのもおすすめです。

ドラマをさらに楽しめますよ♪

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました