キワドい2人のドラマ1話~最終回までのネタバレ・感想・あらすじまとめ!

キワドい2人(K2)池袋署刑事課神崎・黒木

ドラマ『キワドい2人(K2)池袋署刑事課神崎・黒木』の1話から最終回までのネタバレ・感想・あらすじをまとめてみました!

TBS連続ドラマ初主演の山田涼介演じる生真面目な刑事神崎と、演技派俳優田中圭演じる破天荒な刑事黒木の凸凹バディが池袋の凶悪事件に立ち向かう!

まさたか
まさたか

正反対の2人は実は異母兄弟というキワドイ秘密が…。数々の難事件を解決する痛快刑事ドラマです!

この記事では、ドラマ『キワドい2人(K2)池袋署刑事課神崎・黒木』の全話ネタバレをご紹介しています。「まずは本編の動画を見たい!」と思ったなら、動画配信サービス『Paravi』2週間無料トライアルを使って視聴してみてください♪

スポンサーリンク

キワドい2人の大まかな見どころ

まさに見どころは正反対の2人がタッグを組み事件を解決していく様でしょう。

山田涼介さんは2006年に「探偵学園Q」でドラマデビューしてから、多くのドラマや映画で起用されました。

ジャニーズグループHey!Say!JUMPとしても主要メンバーとして活躍するし、バライエティ番組でも明るいキャラクターなイメージがあります。

しかし今回はとっても真面目な役柄。

神崎は教科書通りに進めていきたい堅い考え方の持ち主で困っている人をほっとけないお人好し。

そんな神崎とバディを組むのは田中圭さん演じる超直感型破天荒の黒木。

田中圭さんといえばその演技力から昨今ではますます活躍の幅を広げていますよね。

むしろどのドラマを見ても登場しているような気がして、お忙しい人なので体調も心配になるくらい引っ張りだこなイメージがあります。

爽やかで柔らかい人柄を連想させる田中圭さんからは少し想像がつかない今回の役柄。

ルールを無視して自分の直感を信じ事件解決の手段は選ばない!という強気な性格です。

この何もかも正反対な2人は、同じ秘密を抱えています。

それは2人が異母兄弟だということ。

この秘密を誰にもバレないように隠しながら、池袋の街で起こる凶悪犯罪をお互いの目線を共有しながら解決していきます。

山田涼介さんと田中圭さんは初共演となりますので、ドラマ中に見せる2人のコンビネーションや、どのように事件を解決に導くのか、とっても気になりますね。

正反対な2人ですが、正義感の強さは同じ父親譲り。

まさに見どころだと思います。

スポンサーリンク

キワドい2人の最終回までの展開予想(ネタバレあり)

原作がどこまで起用されているかにもよりますが、原作では2人が様々な事件を解決していきます。

最終回では、黒木が傷害事件で逮捕され、神崎は黒木を踏み台にすれば出世させてやるという監察官からの指示を無視し、傷害事件の被害者からの被害届を取り下げさせました。

そもそもは黒木の正義感により、自分が犠牲になって済むのなら構わないという性格から引き起こった事件だったのですが、無事神崎が解決。

ドラマでもこの黒木の性格と神崎の性格は忠実に再現するのではないかなと考えます。

池袋で起こる様々な事件を正反対な2人だからこそ、違う視点で事件を見ることができ、その情報を共有しながら解決に進めると思います。

破天荒な性格の黒木なので、原作の最終回のような結末が待っていそうだな…とも感じます。

盗撮をしていた雑誌編集長を殴り携帯を壊してしまったそうで、警察官としてあるまじき行為。

でも黒木ならやりかねないかなと思います。

その様子を真面目な神崎は助けるために自分の足で解決に導いていくのではないでしょうか。

最終的には2人が異母兄弟だということも、同じ署のメンバーにはバレてしまう…ような気がします。

バレたからといって態度は変わらず、またみんなで事件を解決していく…というようなスッキリ、ほっこりするラストを期待します!

キワドい2人(K2)池袋署刑事課神崎・黒木のスタッフ一覧

■原作:横関大『K2 池袋署刑事課神崎・黒木』(講談社文庫刊)

■脚本:吉田康弘、皐月彩

■プロデューサー:中島啓介、塩村香里

■演出:山室大輔、村尾嘉昭

■編成:渡瀬暁彦

■製作:TBSスパークル、 TBS

(引用元https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/)

スポンサーリンク

キワドい2人の全話ネタバレ!

1話ネタバレ

2話ネタバレ

3話ネタバレ

4話ネタバレ

5話ネタバレ

6話ネタバレ

7話ネタバレ

8話ネタバレ

9話ネタバレ

 

スポンサーリンク

まとめ

キワドい2人(K2)池袋署刑事課神崎・黒木のネタバレをご紹介してみました。

よかったら、コチラの記事で、無料動画を視聴する方法もチェックしてみてください!

 

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました