監察医朝顔(漫画)11巻のネタバレ・感想・あらすじ!桑原の妻の解剖を巡る謎とは?

監察医朝顔(漫画)

『監察医朝顔(漫画)』11巻のネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

『監察医朝顔』は2006年から2013年にかけて連載され、6巻からは電子書籍で発表された漫画です。

まさたか
まさたか

監察医である朝顔先生が、様々な遺体を検案、解剖し、その人の最後の声を聴こうと奮闘する物語で、11巻では10巻で殺された桑原の妻、君子さんの解剖をめぐるお話や、強制性交の後、殺されたらしき遺体が扱われます。

前巻にて、悲劇的な死を遂げた君子さん。朝顔は彼女の解剖を冷静に行えるのでしょうか。

とても気になりますね。

詳細を、さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)11巻のネタバレ

11巻は第91話から第100話まで掲載されています。

大体2話で1ケースが終わっているので、2話ずつ見ていきたいと思います!

第101話 刑事の妻 第102話 今までのために、これからのために

犬井に殺された桑原の妻君子さん(10巻最終話)。

桑原宅では現場検証が行われています。

1発で死んだはずなのに、8発も撃たれている遺体を見て伊東検視官は憤りを感じます。

捜査本部は、桑原をいる署ではない署に置かれるそうです。

勝手な捜査をした桑原への一種の懲罰でしょう。

桑原は署にいます。

刑事の妻が殺された、刑事が無茶な捜査をしたせいらしいということでマンションにはマスコミが集まっているため、桑原は家には帰れないのです。

同僚は桑原を慰め、上司は桑原の勝手な行動に腹を立てます。

一方、朝顔宅では、宴会をしていた梶間刑事が家に帰り、捜査に備えることにします。

さっきまで一緒にいた君子さんの死にショックをうける梶間。

それは万平、朝顔にしても一緒です。

朝顔は、桑原さんのマンションに行こうとして、万平に止められます。

監察医である朝顔が現場に顔を見せれば、マスコミから取材を受ける可能性が高いからです。

そこへ伊東から電話があります。

伊藤は君子さんと朝顔が知り合いなことや今日、君子さんが朝顔らと初詣に行ったことを知らないので、朝顔に解剖を依頼するため電話をしてきたのです。

万平が電話をとり、朝顔には無理だと告げます。

法医学教室では、茶子先生が遺体の引き取りをし、明日、彼女が解剖をする予定となりました。

次の日、朝顔は一晩考えたが、やはり私が解剖したいと教室に行きます。

茶子先生に会い、私に解剖させてくれと直談判する朝顔。

今までの遺体に対しても自分の家族、友達だと思って最後の声を聴いてきたので、君子さんの声を聴いてあげたいというのです。

結局、朝顔が君子さんの解剖を担当することになりますが、メスを持つ手が震えて始められません。

その様子を見た茶子先生に朝顔は解剖室から出て行けと言われてしまいます。

解剖室を出た後、桑原さんに、解剖が終わったんですねと声をかけれた朝顔は、桑原と目を合わせることができず、逃げ去りました。

第103話 震える手 第104話 対面

朝顔と別れた後、解剖が終わるのを待っている桑原のもとへ、君子の妹さんと父がやってきます。

父はだから桑原のもとへ嫁にやるのに反対だったんだと桑原を杖で殴り、妹さんに止められます。

車で君子を待っていようという二人を見送る桑原。

そんな彼に妹さんは私も父と同じ気持ちだと告げるのでした。

万平は大学に君子さんの解剖結果が出るであろう頃に現れます。

解剖結果を聞きに行こうかと思いましたが、廊下で朝顔らしき人を見かけ、そちらを追いかけます。

法医学教室では、茶子先生による説明が始まっていました。

やはり、君子さんは最初の1発で死んでおり、あとの弾丸は死体を汚すために撃ち込まれたものでしょうとのことでした。

遺体をエンバーミング処理される予定です。

万平は、朝顔が一人たたずんでいる教室に入っていきます。

茶子先生の解剖が終わるのを待っているという朝顔の手は震えていました。

万平はそれですべてを察します。

そのころ、特捜の刑事たちも大学構内に来て、桑原の上司に葬儀の準備などあると思うが、桑原を特捜本部に来るよう言ってくれと言います。

犬井の行方はわからないそうです。

万平が朝顔と別れたあと、朝顔の学生高橋が、朝顔を探しているところに出くわします。

高橋は茶子先生に言われて、朝顔を探していたのです。

茶子先生は、朝顔の元を訪れて、今日のことを話し合います。

朝顔が知り合いでも解剖できると思ったのは思い上がりだと諭す茶子先生。

朝顔は今回、手が震えて解剖できませんでしたが、今後、知り合いじゃない人の遺体を前にしたとしても、手が震えるかもしれません。

しばらくはあなたに解剖を任せられないという茶子先生。

朝顔は反省し、落ち込むのでした。

一方、桑原は君子の遺体と対面してしまいます。

本当は、エンバーミングが済んでから遺族と対面させる予定でした。

犬井が憎い?と聞く茶子先生に、

憎いのは……自分です。

と桑原は答えるのでした。

第105話 三郎の作戦 第106話 原点

桑原は、エンバーマーの香織に、君子さんの生前の写真を渡します。

香織はそれを受け取り、作業開始です。

君子さんは、香織さんの手によって、生前の美しい姿を取り戻しました。

香織さんが仕事を終えると、万平が香織さんに声をかけます。

朝顔が今回のことで落ち込んでいるから、香織に話し相手になってほしいというのです。

香織は夜でよければと了承します。

そして、夜、香織が朝顔宅に来ました。

なんでも聞くでと言ってくれる香織ですが、朝顔は話す気になりません。

そこへ、香織が呼んだ助っ人が来ます。

そう三郎です。

三郎はわざわざ新潟からかけつけてくれました。

しかし、彼は朝顔によく寝むれる枕を買ってきたよと枕をプレゼントし、君はもう2階で寝なさいと言います。

万平はおいおいと思いますが、これが三郎の作戦でした。

朝顔は今、だれとも話したくない、一人でいたい気持ちけど、一人だと落ち着いて休めないのだろうから、自室で一人でゆっくりしてもらって、階下から三郎、香織、万平の楽しげな声が聞こえてきたら、一人じゃない気がして気が休まるのではないかというのです。

そういう作戦だってことを二階に上がる前の朝顔は立ち聞きしてしまいます。

そして、二階に行き、寝る準備をして床に就きます。

階下からは3人の話し声が聞こえ、朝顔はなんだか安心し眠れるような気がしました。
サブちゃん 作戦バッチリだよ……

と朝顔は独り言ち、眠りにつくのでした。

次の日、君子さんの告別式に参加した朝顔。

お焼香のとき、平静でいられるか心配でしたが、昨日サブちゃんたちが来てくれたおかげか、不思議と平静でいられました。

そして、万平にちょっと神戸に行って気持ちを落ち着けたいと神戸に足を運ぶことを告げます。

神戸は朝顔の母が震災で亡くなり、朝顔が監察医を志した大切な場所です。

かくして、朝顔は神戸に行きました。

震災の際、ボランティアに行く朝顔の髪を病室のベッドでまとめてくれた母、そんな母が急変し亡くなったころに茶子先生に出会い、震災で亡くなった方々の検案の手伝いをしたこと、いろんなことが思い出されます。

東京に戻った朝顔は、法医学教室に行き、茶子先生に今までのことを話し、解剖に復帰させてほしいと頼みます。

でも、手が震えるかもしれないし、茶子先生に助手について何かあったら解剖を変わってほしいという朝顔。

もしかしたらまた震えるかもしれないことを分かったうえでも申し出なので、茶子先生は朝顔の頼みを了承することにしたのでした。

第107話 出窓の遺体 第108話 ただ安らかに眠れ

渋滞で動けなくなった通勤途中の女性は、道路から見えるマンションの一室の出窓で男性が寝ているのを見ます。

休みの日とはいいなと最初は思いますが、彼女は何かに気が付いて、車を脇に停め、マンションに走ります。

その男性は死んでいたのです。

伊東検視官や万平が部屋に行き、捜査を開始します。

遺書もあり、おそらく睡眠薬を飲んでの自殺でしょうが解剖に回さないといけません。

朝顔が担当することになりますが、朝顔には君子さんの一件があります。

彼女に解剖ができるのか、万平は心配します。

朝顔が担当し、茶子先生と高橋にそばにつくことに。

何かあったら助けてねと高橋にまで頭を下げる朝顔に高橋は恩師を助けたいと思いました。

解剖前、被害者宅にあった睡眠薬バルビボンの残りを見た朝顔はいぶかしげな表情をします。

茶子先生にはそれがなぜだかわかりません。

解剖が始まると、朝顔の手が震えることはなく、解剖は首尾よく終わります。

朝顔はじめみんな、ほっとしました。

その後、刑事たちに説明があります。

彼の死因は睡眠薬の過剰摂取で、飲んだのは部屋に残された薬で間違いないようです。

でも、その薬バルビボンが問題でした。

バルビボンは5,6年前の発売が禁止になったものだったのです。

茶子先生は外国を回っていたのでそのことを知りませんでした。

なんでそんな古い薬で?と不審がる刑事さんたち。

そこの確認がなされることに。

亡くなられた男性の会社の方に話を聞くと、今会社は大変で、彼も追い詰められていたみたいでした。

会社の人は、彼は眠れてなかったようだ、ただぐっすり眠りたかっただけだよと泣きます。

また、5,6年前に心療内科に通っていたこと、そのとき、睡眠薬が処方されていたことがわかります。

やはり、彼は自殺だったのです。

朝顔は、彼ではなく睡眠薬の方が戸棚で眠ったままだったらよかったのにと言います。

きっと、使い切らず残っていた薬があったから、こういうことになってしまったのでしょう。

後日、彼が死んでいることを発見した女性が、警察に感謝状を取りに来て、詳しいことを聞きたいと万平を訪ねてきます。

万平から話を聞き、同じ会社員として共感する女性。

万平は、なんで彼が出窓にいたかはわからないのですがと言うと、女性は車を見ていたのではないかと言います。

彼が死んだのはおそらく発見された日の2日前の朝。

あの通りは朝夕とマイカー通勤の車でいっぱいになるので、通勤している人たちを眺めていたのではないかというのです。

彼が、会社勤めのみんなをどんな気持ちで眺めていたのかはわかりません。

俺は眠れるんだぞ、いいだろうって気持ちだったのか、それとも俺も会社に行きたいなあという気持ちだったのか。

会社員の悲哀をぐっと感じ入る面々なのでした。

第109話 強姦殺人 第110話 流し雛

衣服が乱れ、首にひもが残った状態で見つかった女性の解剖を朝顔が担当します。

女性の太ももに精液がついていて、体内にも残っていそうだったので、現場で刑事たちは、犯人は男だなと思います。

解剖で、朝顔は膣内を調べようとしてあることに気が付きます。

彼女は処女で、姦淫はなかったと思われるのです。

でも、彼女の同僚で、第一発見者の女性は、被害者は売春をしていたと言っていました。

つまり、それが嘘なのです。

精液を体内に残したのも、犯人は男性だと思わせるためでしょう。

事実、刑事たちは、犯人は男だと決めつけていました。

実は第一発見者の彼女は法医学教室まで、被害者のことが心配だとついてきていたのです。

廊下に万平らが出ると、彼女がやってきて、犯人はどんな男かわかりそうですかと聞いてきます。

そんな彼女を部屋に入れ、ちょっとお話をという万平。

朝顔がいる中、万平と梶間で彼女に話を聞きます。

万平は、彼女に、なぜ、被害者が売春していたなんて嘘をついたのかと言います。

彼女は嘘なんか…ととぼけますが、被害者は処女だったと聞き、絶句します。

彼女は、被害者が二人の上司で彼女の恋人でもある男性と寝たと言ってきたので、彼女を殺したのでした。

被害者がなんでそんな嘘をついたのかは今となってはわかりませんが、上司の人は部下の女の子たちにまんべんなく優しく接していたので、被害者も彼のことが好きだったのかもしれません。

被害者の体内に残された精液は、彼女が前の晩、売春してコンドームにためておいた他人の精液でした。

自分が売春していたのかと憤る梶間。

かくして、彼女は逮捕されることになります。

そのとき、彼女の携帯が鳴りました。

電話は彼女の母からで、ひな祭りに帰ってこいとの内容でした。

彼女は、今年は帰れないことを悟り、涙を流すのでした。

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)11巻の感想

11巻は前巻の続きで、君子さんの事件が扱われていました。

医師は、身内の手術はしないと聞きます。

たしかに、身内だと落ち着いて手術に当たれない気がします。

解剖も同じでしょう。

朝顔はすごい人ですし、死者と丁寧に向き合っている感じがしますが、それと知り合いの解剖ができるか否かは別の話です。

ちょっと無理をしたなあという感じでした。

そのまま監察医人生が終わりってのもありえましたが、三郎さんや周りの人をおかげで朝顔は立ち直りましたね。

三郎の作戦はすごく良かったと思います。

誰だって一人は嫌だけど、かといって周りに人がいるとうっとうしく思ったりするものです。

私もあんまり話しかけてほしくないなとか思いつつ、独り寝はさびしいなとか思っちゃうたちなので、三郎、Good Jobという感じでした。

ああいう友達がいたらいいなあと思います。

もう付き合うとかいう関係ではなくなったけど、今までと同じように朝顔のために動いていて、やっぱり二人は昔から友達だったんだなと改めて感じました。

犬井の件はここでひとまず終わりますが、まだ捕まってないので今後も出てきます。

死体を汚すために拳銃を何発も撃ち込んだ男、成敗されてほしいものです。

妻を亡くした桑原は今後どうなっていくのかもみどころですね。

そのほかの話では、同僚を殺しちゃった女が怖かったですね。

「私、あなたの彼と寝ちゃったんだ♪」とか嘘つく女もどうかと思いますが、だからって殺すかって感じだし、あんな死体を辱めるような細工をするのもひどいし、精液を採取するために、売春をするってのも、なんだその執念は!って感じです。

そこまでして、殺したいほどのことかよと思います。

そんな彼女も母にとってはまだうら若き娘で、ひな祭りをして将来を願ってやりたい対象だったというのが切ないですね。

殺されてしまった女性の部屋にもひな人形が飾ってあったし、なんだかとても悲しい話でした。

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)11巻のあらすじ

刑事・桑原(くわばら)の妻である君子(きみこ)が、暴力団員の犬井(いぬい)によって惨殺された。彼女の友人であった山田朝顔(やまだ・あさがお)が、その遺体の解剖を依頼されるのだが、父親の万平(まんぺい)は朝顔には無理だと判断する。しかし、その解剖の担当になった茶子(ちゃこ)先生に自分の気持ちを話して、君子の解剖を許された朝顔は、いざメスを入れようとすると手の震えが止まらなくなって……!?

(引用:Amazon

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

11巻では、君子さんの解剖をめぐって、朝顔の挫折が描かれました。

今回も桑原さんの話が大半を占めていましたが、通勤する人たちを見下ろして自殺した男性や、女同士の争いから起きた殺人事件の話も読みごたえがありました。

知り合いの解剖に出くわして、ますます成長した朝顔が今後どのように死と向き合うのか、次巻も楽しみです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました