監察医朝顔(漫画)3巻のネタバレ・感想・あらすじまとめ!感電装置をつけた遺体?朝顔の元彼登場!

監察医朝顔(漫画)

『監察医朝顔(漫画)』3巻のネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

『監察医朝顔』3巻は、2007年1月29日に発売されました。

『監察医朝顔』は、監察医である朝顔先生が、様々な遺体を検案、解剖し、その人の最後の声を聴こうと奮闘する物語です。

まさたか
まさたか

3巻では、朝顔先生の昔の彼氏?が登場したり、胸の感電装置を付けた遺体(自殺?それとも他殺か?)が発見されたりします。朝顔先生の過去も気になりますし、遺体から何が読み取れ、どのように事件が解決されていくのか気になりますよね。

 

詳細を、さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)3巻のネタバレ!

3巻は第21話から第30話まで掲載されています。

2話で1ケースが終わっているので、2話ずつ見ていきたいと思います!

***

第21話 同窓会

第22話 理想の夫婦

朝顔は妻にトンカチで頭を殴られた夫の解剖を担当し、頭の傷とトンカチを照合します。

夫婦間の事件だったことから、結婚後の話になり、万平刑事は上司から朝顔の結婚についてどう考えてるのかと聞かれます。

その後、家に帰った万平は、朝顔に父1人子1人だからって俺のことは気にせず結婚しろよと言います。

朝顔は気にしてないと言います。

そして、今度中学の同窓会があることを告げます。

万平は「なら元彼に会えるかもな。」と言います。

元彼といっても2日間しか付き合ってないしそんなたいした仲じゃなかったようです。

そうはいっても朝顔も彼が来るか、気にしてる様子でした。

同窓会に出席した朝顔。

彼女が会いたがっていた浅井三郎も来てました。

彼はかっこいいというわけでもなく勉強もスポーツもできない方だったけど、すごくひょうきんで人が良くてみんなの人気者だった人です。

今でも変わらず明るい彼に会って朝顔はうれしくなります。

三郎も朝顔をまだ好きなのかもしれません。

顔を赤らめてます。

三郎がクラスメイトの前で昔のように自作の歌を歌い、朝顔は昔、三郎と付き合うことになったきっかけを思い出します。

三郎は、中3の卒業直前に東京から新潟に引っ越すことになりました。

ずっと朝顔を好きだった三郎は引っ越すまでの2日間だけ付き合わないかと朝顔に告白し、2人は付き合うことになったのです。

次の日、朝顔は最近知り合った大学病院に妻が入院していた老夫婦が退院していくところを見かけ、理想の夫婦だなと思い、三郎のことを思い出します。

それはこの前同窓会で会った時の彼ではなく、中学生のとき、ほっぺにキスをして別れた時の記憶でした。

朝顔の学生である高橋にどの男のこと、思い出してるんですかと聞かれ、ドキッとする朝顔なのでした。

***

第23話 解剖不要

第24話 晴れない心

伊東検視官は自殺したらしい女性のところへ、検視にいきます。

そこには既に警察と検案(医師が現場で死亡確認や死因等を調べること。)を終えた医師がいて、解剖不要、縊死(首つり)だったと言います。

被害者は一緒に住む母親に首を吊ってるところを発見され、遺書も見つかっており、うつ病だったことも確認が取れてます。

しかし、伊東さんは、被害者の顔が赤いことが気にかかります。

縊死の場合、あまり顔は赤くならないはずです。

伊東さんは検案した医師が強く反対したことや、朝顔がその日すでに何件もの解剖をしていることを思い出し、その場ではその事件を解剖に回しませんでした。

しかし、伊東さんは仕事を終えても、亡くなった女性のことが気がかりでした。

結局、そのわだかまりをほっとくことができず、伊東さんは夜遅く朝顔の家を訪ね、朝顔に相談します。

伊東さんの話を聞いた朝顔は疑問を抱えたままなのはご遺体に失礼だと解剖を行うことを決めます。

次の日でもいいのですが、明後日が友引のため、明日にはご遺体は火葬に付されるそうです。

なので、今日、もう夜遅いですけど、解剖ということに。

高橋にも連絡して来てもらいます。

高橋はデートの最中でした。

女の子は、他の女のとこに行くんでしょと怒ります。

高橋は女癖が悪いようです。

結局、結果は縊死で変わりませんでした。

顔が赤いのは酒を飲んでいたためでした。

解剖は無駄だったという刑事もいましたが、朝顔ははっきりとわかったのだから無駄ではないと言います。

遺体は遺族に返されました。

お母さんに頭を下げる伊東。

お母さんは、自殺でも他殺でもどうでもいい、どうせあの子は帰ってこないんだからと呟きます。

遺族の気持ちを乱してしまい、落ち込む伊東でした。

***

第25話 死の商人

第26話 ドクロ

前回の事件で落ち込んでいる伊東さんのため、朝顔がカラオケ会を決行。

伊東さんも喜んでいます。

茶子先生は遅れてきて、歌が歌えず、不満げです。

青酸カリでの自殺した女性の解剖を担当する朝顔。

青酸カリの入手経路はインターネットでした。

万平はそんなものがインターネットで売られていること、その売人に怒りを感じます。

そして、また、青酸カリによる中毒死かもしれない事態が見つかります。

伊東は、昨日の朝顔の解剖後の説明を思い出し、もし青酸なら青酸ガスが発生するかもだから気を付けろと捜査官に注意を促します。

その後、朝顔が解剖。

胃を切り開きます。

すると、中にはカプセルがたくさんまだ残っており、なにやらガスが発生している模様です。

朝顔は立ち会ってるみんなに離れてと注意しますが、自分が倒れてしまいます。

すぐに朝顔は運び出され、内科で治療を受けることに。

やはり亡くなった人は青酸カリを飲んでおり、そのガスが発生していたのでした。

前と同じ売人「ドクロ」から買った薬のようです。

亡くなった人は人目につく場所で死んでいました。

そのせいで、発見が早まり薬が溶けきるまでに解剖がなされ、ガスが解剖に立ち会った人たちを襲ったのです。

ガスを体内で発生させて、解剖に関わる人を殺そうとしたのだと確信した刑事らは、売人が自分から薬を買った人に死ぬ場所や時間を指示したのではと思います。

でも、朝顔は売人がそんなことまで指示できるかなと不審に思い、被害者の解剖の続きをかってでました。

案の定、彼の腸からドクロの指輪が出てきます。

そう、亡くなった彼こそ、自殺志望者に薬を売っていた売人「ドクロ」だったのです。

自分の命を投げ出してまで、人を嘲る「ドクロ」に怒りを爆発させる万平なのでした。
***

第27話 ヘンな仕事

第28話 法医学者の宿命

伊東検視官は、駐車場での事故で亡くなった高齢の女性の検死をします。

車のスピードは出てなかったのですが、倒れたところに大きな岩がありそれで頭を打ったのです。

別に見通しも良い場所で、なんでその女性が車に気が付かなかったのか不明です。

女性の持ち物に注射器があり、もしかしたら薬物で酩酊状態だったのかもしれません。

遺体は解剖に回されることになりました。

一方、朝顔は三郎が東京に来ているということで、彼と飲みに行くことに。

楽しく飲んでいると、遺体の引取の仕事が入ります。

その場には遺族である亡くなった女性の娘さんも来ており、夫の転勤で実家にはなかなか帰れなかったが、よく絵葉書が来ていた、この頃ははがきが届かなくて心配していたみたいな話をします。

一緒に大学についてきていた三郎は、その親子のことを思い、もらい泣きをします。

次の日、解剖前に、朝顔は伊東さんから注射器のことを聞き、亡くなった女性の体にあった皮膚をかきむしった痕があったことから、彼女は糖尿病だったのではないかと思います。

解剖すると、やはり彼女は糖尿病で注射器はインスリン用のものでした。

また、車に気がつかなかったのは、目が不自由になっていたからのようです。

娘さんは糖尿病のことは知ってましたが、目のことを聞いておらず、母の気遣いに涙します。

一方、三郎は、泊まったビジネスホテルで死ぬのが怖いなとつぶやいています。

昨日もちょっと様子が変だったし、何か重大な病をかかえてるのかもしれません。

***

第29話 感電死

第30話 親と子

左胸に感電装置をつけた死体が発見されました。

第一発見者である娘さんの供述からすると感電自殺のようです。

彼は絵本作家で、この頃目が悪くなり絵が書けなくなって落ち込んでいたと娘が言っていたので、それが動機かもしれません。

朝顔が解剖をし、感電死に間違いないと確認されました。

でも、自殺か他殺かは不明です。

刑事たちは捜査に走ります。

朝顔は、伊東検視官が供養にと買ってきた被害者が書いた絵本を手に取ります。

その中にはからだのひみつという図鑑的な絵本もありました。

被害者は心臓の位置が左ではなくむしろ真ん中ら辺とわかっていたのです。

でも、遺体は左胸に装置を付けてました。

もしかしたら、装置をつけたのは被害者ではなく他人なのかもしれません。

とすると、怪しいのは娘さんです。

動機はすぐわかりました。

昔、娘さんは父から湯をかけられるなどの虐待をうけていたのです。

万平は父を殺したいと思うのはわからなくないが、偽装工作をしたことは罪深いと言いますが、朝顔はもしかして罪を逃れようとかじゃなくて、時間稼ぎなんじゃと言います。

そう、虐待したのは父ですが、母もそれを止めなかったのです。

万平は、容疑者の母の元へ急ぎます。

梶間刑事らが母の家をさっきまで見張っていたので、見にいかせます。

娘はいました。

母も助かってます。

でも、梶間刑事らが娘の母殺しを止めたのではなく、娘が自分で殺すのをやめたのでした。

娘は、母の目を見たら、優しかったことも思い出して殺せなかったと言います。

父に対してだって、彼が寝てたから殺してしまったのかもと言う娘。

父も優しい時もあつたのです。

悲しい事件だったと落ち込む万平でした。

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)3巻の感想

今回は、朝顔の過去の男が出てきましたね。

過去の男といっても、2日付き合っただけの人ですが、とてもおもしろくていい人です。

私も三郎さん、好きだと思いました。

朝顔は彼のことが今でも好きなのでしょうか。

好きっぽい気もするし、友達って感じもします。

彼はこれからちょくちょく出てきます。

伊東さんのライバル登場ですね。

でも、登場してすぐ命に関わる病気かもという急展開!

なかなか揺さぶってきますね。

また、今回は自殺がテーマの話が多かったですね。

伊東さんが、死者の声をきちんと聞いたのかと悩む話はとても悲しい話でした。

最初に検案をしたお医者さんはちょっと無愛想というか嫌な感じ風に描かれてましたけど、彼もきちんと検案をし、解剖不要の結論を出したのでしょう。

彼にしてみれば、どう見ても自殺の案件で、解剖に回すのは遺族に申し訳ないと思ったのでしょうね。

だから、伊東さんへのあたりも強かったのだと思います。

遺族のことを思うと不必要な解剖をするのは避けるべきだ、それはその通りだと思います。

だけど、もし違っていたらと思うとモヤモヤしますし、難しい問題です。

遺族である母の言葉がとても重く、こころにぐっとくるお話でした。

あと、最後の話は、虐待が動機でした。

虐待があったのは子供のころで、両親が離婚してからは虐待もなかったのに、やはり忘れられなかったのですね。

そりゃあそうだろと思います。

それでも優しい時もあったことも覚えていて、すごく切ない話でした。

監察医朝顔には、今後も虐待の話がよく出てきます。

やはり、虐待の話は読んでいるとつらいものがありますね。

今回もいろいろと考えさせられるお話が多かったです。

やはり、人の死は多くの影響を与えるものですね。

これからも朝顔はいろんな人の死に向き合っていくのでしょう。

次巻も楽しみです。

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)3巻のあらすじ

無言の遺体などない、そこに朝顔がいる限り!! 死者のメッセージを聞き、その声を伝える監察医・山田朝顔が、今日も生と死の間に立ち事件の謎を解く!! 朝顔の初恋エピソードが明かされる「理想の夫婦」、鴨井に紐を括り縊死(いし)した遺体に納得できない伊東純平のために司法解剖を行う「解剖不要」「晴れない心」、インターネットを使った自殺幇助(ほうじょ)を取り上げた「死の商人」など10編を収録。鮮烈の法医学ミステリー第3弾!

(引用:Amazon

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

今回もいろんなケースが出てきました。

縊死のケースでは、なかなか難しい説明も出てきて、医療漫画好きにも面白い話でした。

今回、新しいキャラとして出てきた三郎さん。

朝顔の周りの男性も増えてきました。

朝顔の恋愛についても展開があるのか、次巻も楽しみです!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました