監察医朝顔(漫画)10巻のネタバレ・感想・あらすじ!桑原刑事の因縁の闘いの結末は?

監察医朝顔(漫画)

『監察医朝顔(漫画)』10巻のネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

『監察医朝顔』は2006年から2013年にかけて連載され、6巻からは電子書籍で発表された漫画です。

監察医である朝顔先生が、様々な遺体を検案、解剖し、その人の最後の声を聴こうと奮闘する物語。

まさたか
まさたか

10巻では桑原刑事と因縁のやくざとの戦いなどが掲載されています。かなり重たい話で、スリリングな展開でした。

詳細を、さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)10巻のネタバレ!

8巻は第91話から第100話まで掲載されています。

大体2話で1ケースが終わっているので、2話ずつ見ていきたいと思います!

第91話 Dreams Come True 第92話 ファースト・キス

朝顔は、前の晩、未来の夫が見えるとのおまじない「チョコレート・スキップ」と唱えて眠りにつきました(9巻最終話)。

夢に出てきたのは幼なじみの三郎と刑事の桑原さんです。

三郎はともかく、なぜ桑原さんがと悩む朝顔。

朝顔の恩師茶子先生も「チョコレート・スキップ」をやったのですが、誰も出てこなかったようです。

そんな話を、茶子先生と朝顔の生徒である高橋、光子でしていると、朝顔が法医学教室に入って来ます。

3人は朝顔に「チョコレート・スキップ」のおまじまいでだれが夢に出てきたのか、聞きますが、朝顔はそんなまじないしていないとごまかします。

その日、法医学教室では夢の話題で持ちきりでした。

次の日、高橋は、夢を見て目を覚まし、彼女?(高橋は女たらしなので彼女かはよくわかりませんが、ともかく前の日一緒に寝た女)が止めるのも聞かず、出かけてしまいます。

出かけた場所はサービスエリアで名古屋ナンバーのトラックの運転手に頼み込んで、乗せてもらいます。

なぜ、そんなことをしたかというと、高橋は夢を見て病院で知り合った子どもの患者雅道のことを思い出したからです。

重い腎臓病だった彼には、叶えたい夢が2つあって、1つは女とキスをすること、もう1つが1人で旅をすること、しかもヒッチハイクでの旅をすることだったのです。

結局、雅道は去年の今日、死んでしまい、旅をするという夢が叶えられなかったので、高橋は彼のかわりに旅に出てやりたくなったのでした。

もう1つの夢であるキスするという夢を雅道は叶えていました。

その話を運転手にうれしそうにする高橋。

雅道のキスの相手は、看護師さんです。

運転手は、そのキスが、高橋が看護師に頼んでしてもらったものだと気が付いていました。

すごくいいことをしたと思うよという運転手に対して、高橋は、雅道もあのキスが頼まれてしたものだと気が付いていたかもしれないと言います。

ちょうど、名古屋につき、高橋は新幹線の駅の前で降ろしてもらい、きしめんを食べて、新幹線に乗って、東京に戻ったのでした。

第93話 逃亡者 第94話 餅つきの約束

桑原刑事が、朝顔の父である万平刑事をとある動物園に呼び出します。

ここに、桑原が長年追っているやくざ犬井が来るから見張ってほしいというのです。

桑原の署の同じ課の人は面が割れているから見張りに向かないので、万平に頼みたいのだと言います。

ここで犬井と会う約束をしている犬井の女を万平に教え、桑原自身はもう少し離れたところで見張ります。

子どもたちも多い動物園でドンパチはできないし、ここでは見張るだけになりそうです。

かくして、犬井がやってきました。

女の元へ行き何やら話しています。

拳銃も所持しているようです。

万平は彼らの近くにいる子どもに声をかけて、彼らにそっと近づきますが、子どもが万平を不審がり、その様子で犬井に刑事がいることがばれてしまいます。

逃げ出す犬井。

桑原は追いかけますが、犬井の女に邪魔をされて、犬井は逃げてしまいました。

桑原に乱暴に振り払われても気丈な態度の女に万平が悪かったと声をかけます。

それでもきつい顔つきのままの女でしたが、涙がぽろぽろ流れます。

一方、朝顔は光子と高橋が旅に出た理由の話をしていました。

そこでキスの話題になり、朝顔は、誰か思い出してるのかと光子にからかわれます。

そんなとき、万平から電話があって、今日の夜、桑原夫婦を食事に招きたいがいいかと聞かれます。

桑原が夢に出てきたこともあり朝顔はちょっと躊躇しますが、断る理由もなく引き受けます。

そして、その夜、朝顔、万平、桑原夫婦の夕食会が開かれました。

万平は、桑原が犬井のことで熱くなっているので、先輩として忠告というか、ちょっと話がしたかったのです。

そんな二人の様子を朝顔と桑原の妻君子さんは優しく見守ります。

二人が話している間、朝顔と君子さんで食事の用意をしました。

君子さんから聞く夫婦のエピソードはほほえましいものでした。

昔は桑原と正月に餅つきをしていたと君子さんが言ったのに対し、来年の正月はぜびこの庭でやりましょうと朝顔が答えます。

その日の夕食は和やかにすみ、朝顔は桑原刑事のことを夢見たことについて、ただの偶然で、あの人が自分の夫となるわけないと結論付けました。

第95話 腹腔内の出血 第96話 つぶやきの謎

自室で若い女性が亡くなっていました。

朝顔が検案に呼ばれます。

ぱっと見、外傷はないですが、おなかをゆらすとタプタプいって腹のなかは血液であふれているようです。

解剖に回されることになりました。

被害者を発見したのは被害者の姉なのですが、彼女は刑事に対し、妹が前に会った時、殺されるかもしれないとつぶやいていたと供述しました。

姉は、犯人は妹の婚約者の北瀬さんかもと言います。

妹には婚約者がいるのですが、彼は今、香港に出向中で、この頃連絡も取っていないようで、うまくいってないのかもしれないとのことでした。

でも、日本にすらいないし、婚約者が犯人ということはないみたいです。

また、被害者の同僚の女性も彼女が亡くなったと聞いて、法医学教室に来ていました。

彼女によると、被害者は人殺しをしちゃったと言っていたというのです。

刑事は頭を悩ませます。

朝顔は被害者の解剖をし、その死因を特定できました。

被害者の姉と同僚は対面を果たし、被害者のことを話していて、ある仮説にたどり着きました。

被害者は妊娠していて中絶したのではないかと。

被害者と婚約者は半年ほど会っていないので、おなかの子は婚約者以外の男との子でしょう。

それがバレたら、婚約者に殺されちゃうから、姉には殺されると言い、中絶をして赤ちゃんを殺してしまったから、同僚には人殺しだと言ったのではないでしょうか。

姉たちは刑事にその仮説を告げます。

それを聞いた状態で、朝顔の説明を聞く万平ら。

万平から仮説を聞いた朝顔は、被害者の体内に胎児がいたこと、被害者は子宮外妊娠をしていて、卵管が破裂したことにより大出血を起こし、死んだことを説明します。

たぶん、姉たちの言うとおり、中絶手術を受けたのでしょうが、中絶では子宮内について処理するので、処理しきれずに体内にいた胎児が成長し、卵管を破ってしまったのでしょう。

もちろん手術後に診察を受けていれば、子宮外にまだ赤ちゃんがいることが分かったと思いますが、被害者が診察に行かなかったのかもしれないし、非合法の医者を使ったのかもしれません。

一概に医療過誤とはいえない事案でした。

朝顔は姉に妹の死因を説明します。

万平は姉に何を伝えるかは遺族が決めることだから、婚約者に妊娠のことは告げなくていいと伝えます。

その日の夜、万平は一度の過ちだったろうから、隠してあげてほしいなと言いますが、朝顔はなんか引っ掛かりを覚えます。

いじわるなことを言うと一度かはわからないし、なんだか被害者の言ったセリフも芝居じみていたように思うのです。

いや、そういうことではなく、被害者と婚約者が連絡を取り合っていなかったというのが気にかかるのかもしれません。

香港と日本とはいえ、電話もメールもあるのにと思うとなんだか悲しい気持ちになりました。

姉がどう婚約者に告げたのか、気になる朝顔なのでした。

第97話 新婚夫婦 第98話 明日天気になあれ

朝顔は市民プールで泳いでいて、高齢の夫婦が仲良く泳いでるのを見かけます。

妻のほうが、小指がしびれると言っていて、夫がそれを心配していました。

他の利用者の話からすると、あの二人はまだ新婚で夫の息子が愚痴っていたそうです。

その日、プールのあと、仕事に戻った朝顔の元に市民プールで年配の女性が、夫と小競り合いをして、転倒して亡くなったので解剖お願いしますと依頼が入ってきます。

もしかしたらと思う朝顔。

やっぱり、女性は朝顔がプールで見かけた女性でした。

女性の夫は、言い合いはしたが押してはないと言い、朝顔はプールで亡くなられた女性が、小指がしびれたと言っていたこと、そして解剖の結果から、彼女が心筋梗塞で亡くなったと結論付けます。

事件性はなしなので、捜査はされません。

彼らは、プールの人たちがうわさしていたとおり、最近結婚したそうです。

60代後半の新婚夫婦です。

そんな話をしていると、夫の息子たちがやってきます。

息子たちは父の奥さんのことを認めていなかったみたいです。

父と息子らはこんな状況にも関わらず彼女のことでまたもめてしまい、お父さんが息子の一人を殴って出て行ってしまいます。

怪我の治療も兼ね、息子たちと話す朝顔。

彼らは亡くなった女性が財産目当てだと思っているようでした。

もしそうでも、お父上の財産です。

他人がどうこういうことではありません。

それに、あの二人はそんな風には見えませんでした。

色眼鏡で見ていたのは息子らの方なのかもしれません。

その後、大学敷地内でさきほどのお父様と会った朝顔は、お父様から妻とのなれそめを聞きます。

妻はもともと水商売をしていたらしく、息子たちが心配したのもわからなくはないが、そんなんじゃなかったという父。

そこへまた息子たちが来て、俺は、あの女が籍を入れてくれと言ってるのを聞いたと反論します。

しかし、彼女がそう言ったのは、自分の財産を夫に残すためでした。

そう、彼女のほうが財産を持っていたのです。

彼女はただ、自分が死んだ後にお父様、ひいては息子たちの役にたちたくて、籍に固執していたのです。

彼女の真意を知り、息子たちも涙を流したのでした。

第99話 刑事と餅つき 第100話 今年もいい年でありますように

桑原の奥さん、君子さんと万平、万平の部下の梶間刑事、朝顔は年末、朝顔の家で餅つきをしました。

ほんとは桑原も一緒にとの予定でしたが、桑原は犬井のことで忙しいのです。

今日も、取調室で犬井の女を厳しく取り調べます。

他の刑事は犬井と女は結びつきが強いし、女をいじめると犬井の恨みを買うぞと桑原を忠告します。

しかし、桑原としては、自分を恨んで出てきてくれたら犬井を捕まえられるとの考えもあるようでした。

その日、家に帰ると、君子さんがおもちを用意していて、今日は万平さんちで餅つきだったという話を聞きます。

そして、正月には夫婦でと誘われていることを告げ、桑原も正月には行こうと思います。

その夜も、桑原は仕事に戻ってしまいました。

正月、朝顔は万平、梶間刑事、桑原夫婦と初詣に行きました。

みんな着物でいい感じです。

梶間刑事が、みんなの集合写真を撮ってくれます。

初詣の後は、朝顔らの家に寄っておせちでもという話になりますが、桑原は仕事があるのでと帰ると言います。

桑原は君子に君は残ればと言いますが、君子さんは桑原に一人で着物を脱げないでしょうと一緒に帰りますと言います。

結局、桑原夫婦とはここで別れることになりました。

家に帰り、桑原は着替えて、外に出ます。

犬井の女を尾行するためです。

女はずっとうろうろしていて、気が付けば4時間が経っていました。

すると、突然、犬井の女が、桑原に近づいてきます。

手には携帯電話。

犬井が桑原と話したがっているというのです。

電話に出ると、犬井は桑原に、桑原の奥さんは美人だねと言いだします。

桑原は嫌な予感がしました。

いい着物を着てたけど、血で汚れちゃったよと続ける犬井。

桑原は、女は囮だったと気が付き、慌てて家に戻りました。

一方、朝顔親子と梶間刑事は朝顔宅で宴会中でした。

そこに電話がかかってきます。

電話に出たのは朝顔です。

それは桑原刑事から君子さんが亡くなったことを告げる電話だったのでした。

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)10巻の感想

桑原さんの奥さんが初登場し、すごくいい夫婦だなと思った矢先のあの悲しい事件。

すごくスリリングな回でした。

刑事の妻というのは、危険と隣り合わせなのかもしれません。

桑原刑事は刑事としては優秀だし、マル暴というのは、あれくらい大胆じゃないと務まらないのだと思いますが、ちょっと挑発しすぎましたね。

奥様の遺体は解剖に付されることになるのでしょう。

朝顔が解剖するのでしょうか。

知り合いの解剖を朝顔ができるのか、とても気になります。

10巻は、桑原刑事の巻という感じでしたが、ほかの話も面白かったです。

女たらしでどうしようもないと思っていた高橋が、亡くなった少年のために旅をしたり、自室で亡くなっていた女性がつぶやいたセリフの謎など読みごたえがありました。

高橋は、普段の朝顔先生に対する態度もシニカルなところがありますが、ほんとは熱い男だったんですね。

解剖は急な呼び出しとかあるし、忙しい職業なのに、せっかくの休みを一人の少年のためだけに使うなんて、かっこいいなと思いました。

また、自室で亡くなっていた女性の話は悲しいというかなんとも不運な話だなと思いました。

私は、ER緊急救命室とかの医療ものドラマが好きなので、子宮外妊娠の話とかはよく聞きます。

ドラマだと子宮外妊娠だと気が付いた時は、すぐに手術になっているので、ほんと危険な状態なんだと思います。

事情が事情だっただけに、通院とかをせず、結局子宮外妊娠に気が付いてもらえなかったのでしょうか。

深くは描かれてなかったけど、婚約者とも行き来がなかったようですし、寂しさからほかの男とそういうことになり、それで妊娠してしまい、それが子宮外妊娠で、処置も済んだと思ったのに、死んでしまって、なんだか不運だしかわいそうな女性だなと思いました。

婚約者は、彼女の死をどのように受け止めるのでしょうか。

妊娠のことは伝えなくてもいいとは思いますが、婚約者にどう伝えたのかは描かれることはなく余韻が残る回でした。

スポンサーリンク

監察医朝顔(漫画)10巻のあらすじ

「チョコレートスキップ」と唱えて眠ると、その晩、夢に出てくる異性は自分の結ばれるべき伴侶だという。そこで、幼なじみの浅井三郎(あさい・さぶろう)と刑事の桑原(くわばら)が出てくる夢を見た山田朝顔(やまだ・あさがお)は、思わず動揺してしまう。一方、朝顔の教え子・高橋(たかはし)は、久しぶりに見た夢によって名古屋へヒッチハイクを……!?

(引用:Amazon

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

10巻で詳しく描かれ、これからレギュラー化かと思われた夫婦が、10巻で悲劇に見舞われるという波乱の展開でした。

君子さんと桑原刑事の夫婦は、これぞ理想の夫婦って感じだったのに、残念です。

朝顔は君子さんを解剖するのか、犬井はどうなったのか、次巻が待ちきれません。

次巻も楽しみです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました