怪物くん(ドラマ)の原作ネタバレまとめ!藤子不二雄Aの名作マンガの内容は?

怪物くん

ドラマ『怪物くん』の原作と、そのネタバレについて、まとめてみました!

2010年に放送されていたドラマ「怪物くん」をご存知ですか??

藤子不二雄Aさん原作の実写化とあって話題となりましたよね。その怪物くんが、2020年に再放送で帰ってきます!!

10年前のドラマだと見た事のある方でも新鮮に見れるのではないでしょうか?

まさたか
まさたか

怪物くんの原作をネタバレを含みご紹介します。原作とドラマは違うところが多々ありますので、先に原作の内容を知っておくのも面白いと思いますが、ネタバレが苦手な方はご注意ください!!

スポンサーリンク

怪物くんの原作は?【ネタバレ】

主人公は怪物くんという名前のキャラクターです。身長は99cmで体重は28㎏です。

怪物ランドというところに住んでいて、怪物王家の皇太子です。

そんな怪物くんはワガママで世間知らずであり、父である怪物大王は我が子の将来を心配していました。

そこで、王になるには修行をさせた方がいいと考え、人間界に送り出すことを決めます。

しかし、さすがに1人では心細いだろうし心配でもあったので怪物ランドからお供としてオオカミ男、フランケン、ドラキュラも同行させることにしました。

王位継承の儀式を行うと思っていた怪物くんをそのまま人間界に送り出します。

人間界に送り出された4人は、怪物屋敷に住むことになります。その隣に住んでいるのが市川ウタコとヒロシです。

ひょんなことから怪物くんとヒロシは仲良くなります。ヒロシには姉がいて、両親は2人が幼い頃に亡くなってしまい姉が働きながら生活を支えています。

ウタコは面倒見がよく、とても優しい人柄です。一方ヒロシもとても心の温かい少年ですが、学校では度々同級生にいじめられてしまいます。

怪物くんは人間界に住む他の怪物たちの面倒を見たり、怪物ランドに敵対心を抱いている悪魔たちの秘密組織とデモーニッシュと戦ったりします。

色々な出来事を経験し成長した怪物くんは怪物ランドに戻ることとなります。

漫画「怪物くん」は、「少年画報」と「少年キング」の2誌で連載されていました。

先程もご紹介したように最終回は怪物ランドに帰るのですが…少し異なる内容の最終回となっています。

少年キングの最終回

怪物のカメラ魔に怪物くんは人間界の様子の写真をたくさん撮らせます。その様子を見たヒロシは怪物界に帰ってしまうのでは?と悟ります。

カメラ魔が撮った写真を眺めていたヒロシはある事に気が付きます。怪物くんはいつもどんな時も帽子を被っている。

それはどうしてだろう?と気になりだします。

怪物くんに直接問いただすとその真相を教えてくれることになります。帽子をはずすとその下はハゲ頭でした。

しかし、そのハゲ頭は人間界に来る時のためのカツラでした。実際は怪物大王にも2本の角が生えていたのですが、それと同じ2本の角が生えていました。

真相を明かした怪物くんたちは、ヒロシたちに別れを告げ怪物界へと帰っていきました。

少年画報の最終回

怪物界へと帰ることにした怪物くんだが、なかなかヒロシたちに別れを告げられずに過ごしていました。

最後まで直接別れを言うことができず、置き手紙をして怪物界へ帰ってしまいました。

そして、怪物くんは父から王の称号を引き継ぐこととなり、怪子という女性の怪物を妃として迎えようということになります。

結婚を決めた怪物くんは婚約発表の席で使用する花を摘みに行きます。するとその先には怪物くんの母親がいました。

怪物界では、王子を産んだ際は、妃はすぐな離れ離れで暮らさなければいけない。という掟があったのです。

怪物くんは念願叶い、母親と再会することができました。

また、原作とほぼ同時期にアニメ第1作版の怪物くんも最終回を迎えました。

Aパートの「ヒロシよさらばの巻」ではヒロシに怪物界に帰ることを告げぬまま帰ります。

最後の一夜はヒロシたちを自分の家に招待しどんちゃん騒ぎをします。

Bパートでは「怪物くんの戴冠式の巻」として放送され、怪物界に戻ったあとの怪物くんについて描かれています。

Bパートは大体は少年画報版の最終回と似たような内容ですが、「花を摘む禁断の地に、人間界を共にした怪物三人組も一緒に行く」「戴冠式にヒロシを招待して、王になる怪物くんを見守ります。

そして一同で胴上げをして締め括る。」といった違いがあります。

同時期に終わった怪物くんでも、これだけ最終回に違いがある作品も珍しいのではないでしょうか。

この違いを知ってしまうとドラマとの違いも気になって仕方がなくなってきました!!

また、アニメ第2作版での最終回「さようなら怪物くん」は、先程ご紹介した少年キング版の最終回と少年画報版の最終回のストーリーを組み合わせたような展開になっているそうです。

原作のストーリーなどを知ってしまうと読みたくなってくると思うのですが、書籍版を手に入れるのはなかなか難しいそうです。

しかし、Amazonではkindle版(電子書籍)として読むことが可能なようです。値段もお手頃ですので原作を読みたくなったら電子書籍で是非読んでみてください♪

アニメ版の怪物くんを見てみたいと思った方もいるのではないでしょうか。アニメ版怪物くんはDVDBOXとなって発売されています。

DVDBOXですのでお値段は少しお高めですが、昔のアニメをDVDで見れるなんて当時見ていた方には嬉しいNEWSなのではないでしょうか。

残念ながら、レンタルはしていなさそうなのですが、TSUTAYAプレミアムという会員になっていると、動画配信サービスで見れるそうです。

実写版の怪物くんを見る前にアニメ版を見ておきたいなという方はお試しもできるので見てみてはいかがでしようか。

スポンサーリンク

怪物くんの脚本・原案は?

ドラマ「怪物くん」の脚本を務めるのは、西田征史さんです。

西田征史さんは、1975年5月22日生まれの東京都出身です。脚本家だけでなく、演出家や俳優の顔も持っていて元お笑い芸人です。

高校3年生のときにホリプロの芸人オーディションを受け合格し、お笑い芸人としての道をあゆみ始めました。

入ってすぐに内海智さんとお笑いコンビ「ガラパゴス」を結成します。

その後コンビとして活動もしましたが何度か相方を変えたりなど解散を繰り返し、佐野忠宏さんと「ピテカンバブー」結成したときに大学に通いながらも河野靖主宰の劇団「携帯万能カプセル」に入団して俳優活動もスタートさせました。

24歳の頃、なかなか芸人としては芽が出ないのでコンビを解散し、芸人を辞めました。

2000年頃から脚本や演出の仕事もやりはじめるが、なかなか仕事はこない日々が続きました。

しかし、ある作品に俳優として舞台に出演していたときにプロデューサーの目に留まり、そのおかげで脚本のコンペに出ることになり、見事映画「ガチ☆ボーイ」の脚本に抜擢されました。しかもそ、の映画に自らも出演しています。

その後、ネットドラマで監督デビューも果たします。

構成などの仕事も手がけるようになり活躍の場はマルチになり、TBS系ドラマ「魔王」、日本テレビ系ドラマ「妖怪人間ベム」などの連続ドラマも担当するようになります。

・今まで携わった作品
フジテレビ系「信長協奏曲」、連続小説「とと姉ちゃん」、テレビ朝日系「必殺仕事人2020」、映画「おっぱいバレー」など。

物語を見ているときにくすっと笑ってしまうようなシーンは元お笑い芸人だからこそ得意なのかもしれませんね。怪物くんのコメディーなシーンも注目です!!

スポンサーリンク

まとめ

・ドラマ「怪物くん」の再放送が2020年8月にスタート
・主演は大野智さん
・原作は藤子不二雄Aさんの漫画作品の怪物くん
・アニメ版も放送されていた
・最終回は2パターンあるが、怪物ランドに戻る設定は同じである
・脚本は西田征史さんで元お笑い芸人

いかがでしたでしょうか?ドラマ「怪物くん」が大ヒットしたのも、こうしたスタッフの方たちの力も大いにあったのだなとわかりましたね。

細かい部分にも注目して見てみたいと思います。再放送を楽しみに待ちましょう♪

※このページのトップ画像は、Amazonから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました