怪物くん(ドラマ)7話のネタバレ・感想・あらすじ!フランケンを助けた男の記憶が・・

怪物くん

ドラマ『怪物くん』の7話のネタバレ・感想・あらすじについてまとめてみました!

『怪物くん』は、2010年4月17日より日本テレビ系列で放送されていたドラマです。2020年8月22日より地上波再放送、また、その再放送後には複数のサービスでネット配信されることが決定し再び注目されています。

まさたか
まさたか

ウタコはフランケンのことが好きらしい。それを聞いたフランケンはウタコに告白しましたが、結果は失敗。屋敷を飛び出したフランケンは街で若者に絡まれてしまいますが、ある男性が助けてくれました。彼は記憶が無いとのこと。

早速、7話の方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

怪物くん(ドラマ)7話のネタバレ!

悪魔界のデモキン(松岡昌宏)が復活しました。デモキンはなんと人間界へ降り立ったのです。

一方、怪物くん(大野智)とお供達はヒロシ(濱田龍臣)と家で遊んでいました。急に、ウタコ(川島海荷)はフランケン(チェ・ホンマン)のことが好きらしいということをヒロシは言い出します。

フランケンはウタコに告白をしましたが、ウタコは断りました。フランケンを振ったウタコに、怪物くんは怒ります。振られたフランケンは屋敷を飛び出し、街で若者に絡まれてしまいました。

フランケンを追いかけてきた怪物くん達でしたが、ちょうどフランケンを助けようとすると、謎の男がフランケンのことを庇いました。

**

怪物くん達は、この男をヒロシの家に連れてきました。彼は自分のことを忘れてしまったと言います。怪物くん達は、彼と一緒にいてあげることにします。

ヒロシの家を去ろうとすると、そこでデモリーナ(稲森いずみ)扮するよし江に謎の男を見られます。この謎の男、実は人間の姿のデモキンだったのです。

Dr.マリス(飯田基祐)によると、デモキンは不完全な状態で復活してしまったため記憶をなくしているようです。

怪物くんは、謎の男に人間界のことを教え込み始めました。人間を困らせる悪魔族がいるということを伝えると、彼は許せないと言います。

正義感が強い謎の男を怪物くんは、正義くん、と呼ぶことにしました。

**

よし江のもとを訪ねたウタコ。ウタコは恋についての悩みを相談します。よし江は、記憶を無くすことができたらいいのにね、とアドバイスしました。

街の公園にマッチの館というものが現れます。嫌な記憶や悲しい記憶を消すことができるというのです。

ウタコと怪物くん達がその公園で遭遇してしまいました。怪物くんは、ウタコにキツイ言葉を投げかけてしまいます。

その反動で、ウタコとヒロシはマッチの館に入ってしまいました。このマッチの館も悪魔界の仕業だったのです。

Dr.マリスは、デモリーナ扮するよし江に欲望の詰まった注射器を手渡しました。そして、怪物くんではの館を訪ねたよし江は謎の男のことを知っているといい、引き取ると言い出したのです。

よし江と共に生活することにした正義くん。しかし、本当に彼は記憶が無いようです。よし江は必ず記憶を戻してみせると言います。

よし江は正義くんの食事の間に注射をしようと試みますが、躊躇してしまい、なかなかタイミングがつかめません。

**

デモキンが復活することを危惧した大王様は怪物くんに最終試練を言い渡します。人間界での全ての記憶を消し去ることが試練だそうです。

記憶を消し去るのは明後日。怪物ランドに戻れることに怪物くんは喜びますが、ウタコの様子が気になるフランケンは嬉しそうではありません。

フランケンは怪物くんにウタコと仲直りしてほしいと頼みます。しかし、ウタコの家を訪ねるとウタコ達はそのことを忘れているようなのです。

ヒロシ達と怪物くんとお供は、一緒にカレーを食べたり、落書きをして遊んだりして楽しい時間を過ごします。

しかし、ウタコ達はまたもやマッチの館にやってきてしまいました。二人の記憶はどんどん消し去られていきます。

なかなかデモキンに欲望を注入することができないデモリーナ。Dr.マリスはデモリーナが人間界に未練があるのではと告げます。

**

街を散歩しているとお巡りさんと出会います。懐かしさを感じた怪物くんは、怪物界に戻る前にわざわざ捕まろうとします。

一方、まだ記憶が戻らない正義くん。正義くんは、よし江のことを優しい人だと言い、ずっと一緒にいたいと告げます。よし江は、葛藤に悩まされ倒れかけます。

牢屋にやってきてお巡りさんとお別れの挨拶をしました。お巡りさんは涙します。

ウタコとヒロシにお別れを言いにきた怪物くん達。しかし、ウタコもヒロシも怪物くんのことを他人のように接します。怪物くんとの記憶も消し去ってしまったのです。

そのやりとりを聞いていた正義くん。正義くんは、怪物くんにマッチの館の存在を教えます。ドラキュラはこれが悪魔族の仕業だと気付きました。

記憶なんか、と言いかけた怪物くんに対して、正義くんは記憶が消えてしまうことの辛さを語ります。

思い出がなくなってしまうことに悲しみながらも、この悲しみもどうせ忘れることになるとお供達は考えます。

**

最終試練当日。審判の間から悪魔界へつながる階段の自ら登り切るというものでした。しかし、最後の段で躊躇する怪物くん。

怪物くんは忘れ物をした、と言い、階段を降りてしまいました。ヒロシ達との思い出を消したくなかったのです。

大王様は、友情や思い出を作り出すことができたかどうかを見極めたかったのでした。最後の試練合格です。

マッチの館に急ぐ怪物くん達。ひろしとウタコは完全に記憶を失ってしまっているようです。洗脳されてしまったヒロシとウタコは、怪物くんを鎖で繋いでしまいます。

怪物くんはデモリーナの力に圧倒されてしまいます。それでも、怪物くんは力を振り絞って辛い思い出も最高だと言い切ります。

デモリーナは人間の頃に癒えることのない傷を追っていました。綺麗事にしか感じられないようです。

そこに、正義くんがやってきました。よし江にも同じことをしたのかとデモリーナに聞いてしまいます。それを聞いたデモリーナは、欲望を吸い取る装置のダークマターを破壊してしまいました。

デモリーナは、これでデモキンが完全に復活することはないと思ったのです。その後、マッチの館は大爆発してしまいました。

逃げることができた怪物くん達。ウタコ達はきちんと記憶を取り戻していました。

しかし、正義くんの様子が見当たりません。よし江を探しにマッチの館にまた入っていました。なんとそこで、正義くんはダークマターからの欲望を吸い取ってしまったのです。

 

また、『怪物くん』7話を含めた全話の無料動画を視聴する方法を、こちらにまとめてみました。

>>怪物くん(ドラマ)の見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

怪物くん(ドラマ)7話の感想

第7話のテーマは、「記憶」。

デモキンも記憶をなくしてしまっていたり、ウタコとヒロシがだんだんと記憶を忘れていく波乱の展開だったなと思いました。

最後には、正義くんが欲望を吸い取ってしまいました。正義くんが純粋で、名前の通り正義感に溢れた優しい人だったために、デモキンになってしまうのが悲しいです。

魔王石がなく念力が使えない怪物くんのことを救ったのも、正義くんでした。

正義くんの正体がデモキンだったというのを知ってしまった怪物くんは、どんな気持ちになるのでしょうか。

私はデモキンと正義くんは外は同じかもしれないけれど、中身は別だと感じています。デモリーナとよし江も同じです。

悪魔界に所属している、というだけ人間を困らせてしまっているという気がします。よし江も、人間の優しさに触れることで心が揺らいでいるシーンがなんども見られます。

ドラマ内の言葉で言えば「人間界に未練がある」。

怪物くんも、最終試練の最後の階段を登り切ることはできませんでした。怪物くんも、人間界に未練があるのです。

未練がある、という表現をするとマイナスなイメージがありますが、いい思い出や経験をできた、まだできる可能性を信じている、ということなんだろうとも感じました。

私も生きていれば嫌なことはたくさんあります。ずっと記憶に残っている辛い出来事もあります。でも、それ以上に楽しかった思い出もあります。

辛い過去があったからこそ輝く未来もあるはずです。だから、記憶は消してしまいたくないです。

さあ、いよいよ物語は結末に向かってきています。ダークマターが破壊されてしまったり、デモキンが完全復活しそうです。デモリーナは、魔王界を裏切ったということになるでしょう。

デモリーナは、人間だった頃に苦しい思いをしてしまったから、今の姿になってしまったというだけだと思います。本当は純粋で優しい人のはずです。私は信じたいです。

デモキンが復活してしまったことに気付かないと、怪物くんも危険です。なんとかして悪魔界の暴動を阻止してほしいですね。目が離せなくなってきました。

スポンサーリンク

怪物くん(ドラマ)7話のあらすじ

第7話
ウタコ(川島海荷)がフランケン(チェ・ホンマン)のことを好きらしい、というヒロシ(濱田龍臣)の報告に驚くフランケン。半信半疑のドラキュラ(八嶋智人)やオオカミ男(上島竜兵)を無視し、怪物くん(大野智)はフランケンのために告白のお膳立てをする。

しかし、いざ告白タイムになると、ウタコにあっさり振られてしまうフランケン。泣きながら走り去るフランケンを見て怪物くんは大激怒!
「お前らがフランケンを傷つけたんだ! 2度と俺に顔見せんな!」
と、ヒロシとウタコに絶交宣言をする。

自暴自棄になり、街で若者に絡まれてしまうフランケン。怪物くんが助けようとしたその時! 「暴力はやめてください!」と1人の男が現れ、フランケンの代わりに殴られる。その男は、人間界にやってきたデモキン(松岡昌宏)だった!
「お前!!! イイ奴だな」
100年の眠りから覚めて復活したデモキンだったが、完全に記憶を失い、自分が誰であるかさえ分からない状態だった。
「今日からお前の名前は正義くんだ!」
「はい! 怪物さん!」
怪物界と悪魔界、2人の王子の奇妙な共同生活が始まる。

そして、その様子を影から見つめるデモリーナ(稲森いずみ)。様々な思惑が絡み合い、物語は奇妙な展開をみせる!

ついに悪魔界のプリンス、デモキンが人間界に舞い降りる!!
しかし、記憶を失っているデモキンと怪物くんに友情が!?
そして、怪物大王(鹿賀丈史)から言い渡される厳しい最終試練とは!?
怪物くんは笑顔で怪物ランドに戻れるのか!?

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

『怪物くん』第7話ネタバレ・感想いかがだったでしょうか?

怪物くんは、記憶をどんどん消し去ってしまうウタコとヒロシを、正義くんの助けもありなんとか助けることができました。

しかし、正義くんはデモキン!記憶を取り戻したデモキンは、どのように動いていくのでしょうか。

笑いあり、感動ありの痛快ドラマ、今後も期待です!

※このページのトップ画像は、Amazonから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました