怪物くん(ドラマ)6話のネタバレ・感想・あらすじ!魔王石がデモリーナに奪われる大ピンチ?

怪物くん

ドラマ『怪物くん』の6話のネタバレ・感想・あらすじについてまとめてみました!

『怪物くん』は、2010年4月17日より日本テレビ系列で放送されていたドラマです。2020年8月22日より地上波再放送、また、その再放送後には複数のサービスでネット配信されることが決定し再び注目されています。

まさたか
まさたか

ヒロシのお腹の中にある魔王石のありかが、デモリーナに見つかってしまいました。そして、デモリーナは高杉よし江という女性に扮してヒロシのアパートに越して来ました。そして、怪物くんはヒロシを喜ばせようと、ヒロシの父親に変身してしまいます。

早速、6話の方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

怪物くん(ドラマ)6話のネタバレ!

魔王石のありかを知ったデモリーナ(稲森いずみ)は、高杉よし江という女性になってヒロシ(濱田龍臣)の隣の部屋に引っ越して来ました。

審判の間に呼ばれたお供達。大王様(鹿賀丈史)は、そろそろ怪物くん(大野智)を怪物ランドに戻そうかと考えているようです。しかし、まだまだ修行が足りないと判断されてしまいました。

大王様は、親として情けない、と二度言い残しました。それを聞いたドラキュラ(八嶋智人)は、親の気持ちを怪物くんにわかってもらう必要があると捉えました。

一方、大王様はデモキン(松岡昌宏)が復活し、怪物くんがやられてしまうという夢を見てしまいます。

**

親の気持ちを理解させようとし始めるお供達。しかし、怪物くんは人間界に勝手に落とされたことを恨んでおり親のことを馬鹿と言い放ってしまいます。

そこに、ウタコ(川島海荷)とヒロシがやって来て、ヒロシの授業参観にウタコの代わりに参加してほしいと頼みます。いいチャンスだと思ったお供達は、強引に怪物くんの参加を決定してしまいます。

ヒロシは、お父さんは優しかったと言います。しかし、アルバムにはウタコの写真ばかりで、ヒロシの写真がありませんでした。

ヒロシの家を去った怪物くん達。しかし、ヒロシも怪物くん達の屋敷に連れて行きます。お供達は授業参観に行きたくないと言い出す怪物くんを、給食がカレーだということで釣ります。

なんとか授業参観に行った怪物くんでしたが、授業を妨害し始め、挙げ句の果てにはカレーを他の人の分まで食べ始めてしまいました。

ヒロシの同級生にはモンスターペアレントみたい、と言われてしまいます。それを知らない怪物くんは、正体がばれたと勘違いし始めます。

学校の帰り、ヒロシはお父さんに出会います。屋敷にお父さんを見せに行こうとしましたが、そのお父さんは、怪物くんが変身していたものでした。

そのことにショックを受けてしまったヒロシ。ヒロシは怪物くんに馬鹿と言い放ち、怪物くんはヒロシに、ヒロシの父はヒロシの写真をわざと撮らなかったのだと言いつけてしまいます。

ヒロシは屋敷を走り去り、お供達に咎められた怪物君は二階に逃げてしまいました。

**

家に一人になってしまったヒロシ。そこにデモリーナ扮するよし江がやって来ました。ヒロシが寝ている間に魔王石を取り出そうとしていたのです。

しかし、取り出そうとしたその瞬間、ある男性がやって来ます。彼は、ヒロシの親戚だと言います。よし江は、ヒロシの元を離れました。

この男性、実は大王様でした。息子の友達というヒロシを目にして微笑みます。

ヒロシは学校の帰りに、多くの子供と父親が一緒に廃工場のような空き地へ入って行くのを目にします。すると、また、ヒロシの父親が現れたのです。今度は、本当に父親だと言い、ヒロシは信じてしまいました。

ヒロシとお父さんを見かけたお供達。また怪物くんが化けたと思い、お父さんとヒロシを引き離そうとしますが、それをお巡りさんに見つかってしまいました。

お父さんと一緒に空き地へと足を踏み入れます。しかし、これも悪魔族の仕業でした。気を失わされたヒロシは、またもや命を吸い取る機械を前にします。

屋敷に一人の怪物くん。屋敷には大王様がやって来ていました。怪物くんと大王様は口論になり、怪物くんは育てられた覚えはない、と大王様に口答えしてしまいます。

お供達は警察官を殴り飛ばしてしまったため、牢屋に入っていました。お供達は怪物くんのお供を辞めることを決意していました。

そこに、大王様がやって来ました。お供達は執事を辞めたいことを告げましたが、大王様は怪物くんにまだ仕えてほしいと土下座をしました。

大王様は、怪物くんに親として接してあげることができず、人の気持ちがわからなくなってしまったと頭を下げます。

ヒロシを捕らえていた悪魔族。しかし、ヒロシの体にはもう魔王石は無いようでした。

**

ヒロシが悪魔族に捕まっていることを知ったお供達は、怪物くんに助けを求めました。しかし、親に会いたい気持ちがわからない怪物君んは助けることを拒みます。

お供達は、大王様が怪物くんのことを土下座して頼んで来たことを伝えます。そのことを聞いた怪物くんは心が揺れ始めます。

デモリーナは、ヒロシの体内にもう魔王石が無いことを確認します。実は、大王様がヒロシの部屋に行った時に取り戻していたのです。

おおかみ男は、ヒロシのことを一人で助けに行こうとしていました。しかし、おおかみ男一人では何もできません。

やっと怪物くんがやって来ました。しかし、もう念力が使えなくなってしまいました。

デモリーナは、傍で愛を注ぐのが親の役目なのに、人間の親は愚かな者ばかりだと言います。それに対し、怪物くんは側にいなくても見えないところで子供の為に頑張っているものなのだ、と反論しました。

しかし、念力が使えない怪物くん。デモリーナに負けそうになりました。それを見ていた大王様は魔王石の力を注ごうとします。

念力が使えるようになった怪物くん。炎でまたもやデモリーナに打ち勝つことができました。

**

ヒロシのお父さんは、ヒロシのことを写真に撮らなかったわけではありませんでした。ヒロシはわがままでいつもおんぶをせがんでいた為、撮れなかったのでした。

怪物くんはとおもう、ヒロシにお父さんに成りすましてしまったことを謝りました。ヒロシはすぐに許します。怪物くんのお父さんもヒロシに謝っていたようでした。

大王様に謝りに行こうとした怪物くん。しかし、もう人間界から去ってしまいました。

悪魔族は魔王石が奪えませんでした。しかしなんと、デモキンが復活したのです。

 

また、『怪物くん』6話を含めた全話の無料動画を視聴する方法を、こちらにまとめてみました。

>>怪物くん(ドラマ)の見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

怪物くん(ドラマ)6話の感想

今回は、「親」がテーマでした。

ヒロシも怪物くんも、親の愛に飢えてしまっていたのだな、と感じました。

子どもの気持ちは親にはわからないというし、親の気持ちは子どもにはわからないって言います。私も親になったことはないですし、親の気持ちはわかろうとしてもわかることはできないです。

唯一娘がいる設定のおおかみ男が率先してヒロシを助け出しに行こうとしたのも、よかったです。すぐにやられていましたけど。

でも、分かり切ることができなくても、理解しよう、と思って、相手を思いやることが大切だ、と感じました。

この怪物くんのお話全体として、相手のことを思いやる、というのがポイントなのではないかと私は思います。

いろんな人が存在する中で、思いやりというのは何よりも大切なことです。私はこのお話を経て、改めて自分の友達や家族、他人への接し方に思いやりを持てているのか考え直すことができました。

当たり前のことに思えて、意外と難しいことなのだと思います。私も、父とは特別良い関係ではないので、少し考えさせられました。

個人的に一番このお話で好きなキャラクターは大王様です。なかなか怪物くんを怪物ランドに戻してあげないけれど、頻繁に怪物くんの人間界での様子を心配していたりしているので、とても子ども思いの優しい方というのが伝わってきます。

今回のお話では、大王様の優しさが存分に出ていて嬉しかったです。

デモリーナがヒロシのお腹から魔王石を取り出そうとした時には胸が詰まるような思いでした。あともう少し、というところで登場した大王様はとてもかっこよく見えました。

また、怪物くんが念力なしでデモリーナと戦っている時に、なんとかして念力を解放させてあげようとしていましたね。今回は怪物くんと大王様の協力プレイだった気がします。

しかし、怪物くん。魔王石は大王様のもとへ戻ってしまいました。今後怪物くんは念力が使えないのでしょうか?

念力が使えなくて大ピンチな怪物くん。今後、どのように悪魔界と戦っていくのでしょうか。必見です。

スポンサーリンク

怪物くん(ドラマ)6話のあらすじ

第6話
怪物大王(鹿賀丈史)がドラキュラ(八嶋智人)、オオカミ男(上島竜兵)とフランケン(チェ・ホンマン)を審判の間に呼び出した。
「どうだ? 坊主の修行の方は?」
「それならもうバッチリザマス!」
と、はりきって報告するお供達だったが、ちっとも成長していない怪物くん(大野智)に激怒する怪物大王。
「あぁ親として情けない!!!」

そんなある日、ウタコ(川島海荷)が修学旅行に行くため、怪物くんにヒロシ(濱田龍臣)の親代わりになって、授業参観に行って欲しいとお願いしてきた。
「ヤダよ面倒くさい!」
まったく興味をしめさない怪物くん。しかし、ヒロシの親代わりを経験することで怪物くんが成長し、怪物ランドに戻れるのでは? と考えるお供の3人。
「これから大王になろうというお方が、授業参観にすら出られないなんて!」
「馬鹿言うな! そんなの楽勝だ!」
まんまとドラキュラの作戦に引っかかる怪物くん。
「やってやるよ…ヒロシの親!」
怪物くんの、勘違い親修業がはじまった!

一方、高杉よし江として人間界に現われたデモリーナ(稲森いずみ)は、ヒロシの体内にある魔王石を虎視眈々と狙っていた。
「あの小僧から魔王石を!」

怪物くんがヒロシのパパになって大奮闘! 心配性の怪物大王が人間界へ!?
遂に人間界に降りてきたデモリーナ! ヒロシの身に危機が迫る!
果たして、親と子をめぐる壮絶なバトルの結末は!?

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

『怪物くん』第6話ネタバレ・感想いかがだったでしょうか?

ヒロシのお父さんに化けてしまった怪物くん。ヒロシとまた喧嘩もしてしましたが、悪魔族に捕まってしまったヒロシを大王様の助けもあり、無事に助け出すことができました。

しかし、魔王石は大王様が取り戻してしまいました。念力の使えない怪物くん。今後どうするのでしょうか。

笑いあり、感動ありの痛快ドラマ、今後も期待です!

※このページのトップ画像は、Amazonから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました