ハケンの品格2020(続編)出演者キャスト・相関図!大泉洋・安田顕と篠原涼子の関係は?

ハケンの品格2020(続編)

2007年に放送され高視聴率をたたき出し、大ヒットしたハケンの品格が13年振りに帰ってきました!

 

当時、派遣社員の働き方として篠原涼子さん演じる大前春子役に感銘を受けた人も多かったのではないでしょうか?

 

派遣社員だからといって、正社員に媚びず深い関係にならない。あくまでも派遣社員として、時間内に確実に仕事をこなす。

 

そのハイスペックさにも驚きますが、当時はなんだかんだ派遣社員を守るその姿に「かっこいい!」「こんな上司が欲しい!」と、人気を集めましたよね。

 

今回はハケンの品格2020が始まるということで、出演者キャストの相関図をまとめました。

 

関係性がわかっていると新ドラマもより一層楽しめるのではないでしょうか。

 

また、第1シリーズで恋心を抱きプロポーズするまでに発展した、大泉洋さんと篠原涼子さん。

 

その2人の関係性がどうなっていくのかも気になるところです!

 

そして、大泉洋さんと演劇ユニットを組む安田顕さんとのコラボは、第2シリーズでも見ることはできるのでしょうか!?

 

 

スポンサーリンク

ハケンの品格2020の出演者キャストまとめ!

 篠原涼子(大前春子 役)

 このドラマの主人公、ハケンライフに所属する伝説のスーパー派遣社員。

 

数々の資格を持ち、まかされた仕事は定時時間内に確実に終わらせる凄腕。

 

もはや大前春子にできないことはないという仕事っぷりに、第1シリーズでは特Aランクだった派遣社員の評価も第2シリーズでは特Sランクになり時給は3500円。

 

今回もその能力の高さを求められ、業績を立て直そうとする老舗食品会社「S&F」に戻ることとなりました。

 

年齢不詳の謎が多い女性で13年の時を経て戻ってきたらなんとシングルマザーになっていました。

 

会社に襲い掛かる問題を大前春子独特の手法で解決していきます。

 

【現在の活動状況】

 

篠原涼子さんといえば様々なドラマや映画の主演を演じる女優さんとしても有名ですよね。

 

「アンフェア」や「anego」などのイメージもあり、こういったカッコいい女性を演じることが多いように感じます。

 

また、2019年の日本アカデミー賞で映画「人魚の眠る家」で優秀主演女優賞と「北の桜守」で優秀助演女優賞の二つを受賞するという、日本を代表する女優さんと言っても過言ではありませんね。

 

大泉洋(東海林武 役)

 「S&F」の正社員で、旭川支社の支社長補佐として勤めています。

 

とても人当たりがよく仕事ができる存在で、春子のことを「とっくり」というあだ名で呼んでいます。

 

元々は派遣社員へ偏見がありましたが、春子と一緒に仕事をしていくうちにその気持ちもなくなりました。

 

第1シリーズでは春子に恋心を抱き、プロポーズしましたがその想いは叶いませんでした。

 

第2シリーズでは結婚したもののすぐに離婚しバツ1になっています。

 

【現在の活動状況】

 

大泉洋さんはドラマでもバラエティでも引っ張りだこなイメージがありますよね。

 

俳優やタレントとしてだけでなく、声優や歌手としても活動し、幅広くその才能を開花しています。

 

この第2シリーズで特別出演となった理由として、3年前から別の仕事が入っていたようで、ちゃんと出演できる目途が経ったため、後から特別出演という形になったそうです。

 

多忙なスケジュールを送っている人気の俳優さんとも言えますね。

 

小泉孝太郎(里中賢介 役)

 「S&F」の正社員で営業事業部、営業企画課の課長。

 

イケメンで優しく女性社員からも人気。

 

派遣社員も正社員と同等に接し差別しないその人柄は、上司として春子も認めています。

 

第1シリーズでは春子に恋心を抱くも、春子は東海林に気があることに気付き身を引いています。

 

第2シリーズで、会社の業績が悪く、社員の仕事に対する意識も低いため、この状況を打破したいと願い、春子を「S&F」へ呼び戻しました。

 

【現在の活動状況】

 

タレントや俳優として多くの役柄を演じています。

 

最近では、2020年1月~3月まで放送された実話をベースにしたドラマ「Biz病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」で、倒産危機の病院を再建するために奮闘する主人公有原修平役を演じました。

 

プライベートでは、アナウンサーの滝川クリステルさんと結婚した弟で政治家の小泉進次郎さんの間に、第一子が誕生したこともあり叔父になりました。

伊藤四郎(宮部蓮三 役)

 「S&F」の新社長。

 

第2シリーズからの登場。

 

若いころはバリバリの社員として働いていました。

 

10年前に一度退社し、この度また社長の座へ戻ってきました。

 

人当たりの良い性格は、社員にはとても好評ですが、実はとても派遣差別主義者なのです。

 

大胆な発言が多く、社員を引っ張っていく社長です。

 

【現在の活動状況】

82歳になりますが、まだまだ元気で現役で俳優として活躍しています。

 

意外にも続編もののドラマ出演は初めてだそうです。

 

芸能プロダクションであるオルテ企画に所属(オルテとは伊藤四郎さんの本名「てるお」を逆から読んだことが由来)し、エッセイ本の発売もしています。

 

勝地涼(浅野務 役)

 「S&F」正社員。

 

営業企画課主任に昇進し、妻子持ち。

 

第1シリーズでは入社1年目だった浅野も主任まで昇進し、結婚もしています。

 

明るい性格で、思い込みが激しいところがあります。

 

前のめりになりすぎてしまうことから、失敗も多い性格は昔と変わっていません。

 

第2シリーズでは春子の当時を知る数少ない人物とも言えます。

 

【現在の活動状況】

 

俳優として活躍している一方で、プライベートでは2018年に元AKB48で爆発的な人気だった前田敦子さんと結婚したことが話題となりましたよね。

 

その翌年の2019年には第一子となる長男も誕生しました。

 

パパとしても今後仕事の幅を広げていくのではないでしょうか。

 

杉野遥亮(井手裕太郎 役)

 「S&F」に今春営業事業部に入社した新入社員。

 

第2シリーズからの登場。

 

親戚のコネで入社し、今は新人研修中ですがやる気のない今どきの若者です。

 

就職活動中に「S&F」の面接で小夏と一緒になり面識があります。

 

【現在の活動状況】

 

2016年のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」に印刷会社の営業として登場し、俳優デビューしました。

 

2018年には人気漫画を実写化した「花にけだもの」で、主人公が恋するプレイボーイで王子様のようなモテる男の子「柿木園豹」役を見事に演じました。

 

雑誌FINEBOYSで2019年まで専属モデルとして活動し、今後もモデルや俳優としても目が離せません。

 

塚地武雅(宇野一平 役)

 「S&F」の正社員で営業事業部の部長。

 

第2シーズンからの登場。

 

田中や浅野の直属の上司ではありますが、上には優しく、下には厳しいという昔ながらの考え方をする頭の固いところがあります。

 

学生時代に応援団に所属していたこともあり、大声が自慢で、いかにも体育会系な調子のいい人柄です。

 

春子のことをスーパーハケンと知らず、春子の数々の伝説も疑っていて、派遣社員には厳しく当たる一面もあります。

 

【現在の活動状況】

 

お笑いコンビ「ドランクドラゴン」でボケとして相方の鈴木拓さんとコンビで活躍していますが、ドラマや映画でも塚地武雅さんを見ることは多いですよね。

 

2000年に「はねるのトびら」というバラエティ番組にレギュラーとして出演し、知名度と共に人気も上昇しました。

 

その頃から、ドラマ等での出演も増え始め、多彩なジャンルで活躍しています。

 

最近ではユーチューバーとしても活動しているようです。

 

中村海人(三田貴士 役)

 「S&F」に今春営業事業部に入社した新入社員。

 

第2シーズンから登場。

 

仕事とプライベートの時間をきっちりと分ける、まさに今どきの若者代表。

 

「S&F」で行われている新人研修中ですが、退屈そうな態度を示しています。

 

しかし、起業家セミナーに通う意識の高さもあり、野望も感じられるような人柄です。

 

【現在の活動状況】

 

この「ハケンの品格2020」がドラマのレギュラー出演としては初めてとなります。

 

ジャニーズJr.内のユニット「Travis Japan」のメンバーの一員。

 

7人組のアイドルユニットとして活動し、シンクロダンスに定評があります。

 

2020年5月13日号の雑誌「anan」にグループで初の表紙を飾り、今乗ってきているグループとも言えるでしょう。

 

中村海人さん自身は、このドラマのレギュラーを通して今後も俳優業に力を入れていけるのではないでしょうか!

 

上地雄輔(近耕作 役)

 ハケンライフの正社員でマネージャー。

 

第1シリーズではパワーポイントを得意とするパソコンスキルAランクの派遣社員でした。

 

お誘いを受け、ハケンライフのマネージャーへ昇格。

 

派遣社員から、正社員として安定した仕事につけたかと思いきや、仕事に振り回される毎日を過ごしています。

 

13年前とは違い垢抜けた近耕作が見られると思います。

 

【現在の活動状況】

 

昔はバラエティ番組での出演が多かった気がしますが、最近では専らドラマや映画での出演が多く感じられます。

 

映画では2017年の「君のすいぞうを食べたい」や「土竜の唄」シリーズにも出演し、大事な役どころを見事に演じています。

 

上地雄輔さんは、どんな役柄もこなす適応力がすごいと感じますし、だからこそドラマや映画でも求められる人材なのだと思います。

 

また歌手「遊助」としても活動し、ツアーも行うほどの人気ぶり。

 

多種多様な才能で人を惹きつける方ですね。

 

山本舞香(千葉小夏 役)

 ハケンライフの新卒派遣社員。

 

第2シリーズからの登場。

 

就職活動に大手企業を23社受け、そのすべてが不採用となり失敗。

 

どこにも採用をもらえなかったため、派遣の道へ進みました。

 

今回派遣された「S&F」は、奇しくも就職活動で不採用となったうちの1社です。

 

新卒の派遣社員として初々しくも物事をはっきり言う性格です。

 

【現在の活動状況】

 

2011年から2014年までローティーン向けファッション雑誌「二コラ」の専属モデルとして活動していました。

 

2017年からは雑誌「LARME」内で連載もスタートしています。

 

その後人気漫画の実写版、映画「東京喰種S」ではヒロイン役の「霧嶋董香」役として主人公を支え一緒に戦う役を演じました。

 

また2017年からは人気テレビ番組「王様のブランチ」にレギュラーとして抜擢され活躍し、その姿をテレビで見た方もいるのではないでしょうか。

 

役者やモデルとしてもその美貌から今後も人気が上昇し活躍していくのではないでしょうか。

 

吉谷彩子(福岡亜紀 役)

 ハケンライフの派遣社員。

 

第2シリーズからの登場。

 

派遣歴は5年の中堅どころ。

 

自分のことを上手く口に出せない少し内気な性格です。

 

過去につらい経験があり、それがトラウマとなっている様子。

 

派遣の更新時期である3ヵ月ごとに契約が切られるのではないかと怯えながら仕事をしています。

 

正社員の顔色を窺いながら仕事をこなしていく毎日ですが、春子と共に仕事をすることで少しずつ強く成長していきます。

 

【現在の活動状況】

 

女優として活動し、2016年「ビズリーチ」のCM放送後、登場した女性社員役の人が美女だと話題になりブレイクしました。

 

2019年には木村拓哉さん主演ドラマの「グランメゾン東京」で日曜劇場にレギュラーで出演しました。

 

自信家で自分のことをセンスのある世界一のパティシエであると公言する、ハケンの品格とは真逆のような生意気な役柄を演じました。

 

安田顕(一ツ木慎也 役)

 第1シリーズでハケンライフの正社員、マネージャー。

 

派遣先の社員や、派遣社員などに対して物腰が低く、派遣社員に対してのフォローやバックアップをしっかりとしてくれる面倒見の良い人柄です。

 

仕事上不備のないように、派遣先との関係性も密にとるサポートもしていました。

 

派遣会社のマネージャーとして、派遣社員が安心して働けるような環境を整えていました。

 

第2シリーズでは一ツ木のポジションだったマネージャー職に近が就いています。

 

【現在の活動状況】

 

大泉洋さんと一緒に演劇ユニット「TEAM NACS」に所属している俳優。

 

ハケンの品格の第1シリーズ終了後から俳優業にも拍車がかかったように感じます。

 

人気の劇場版アニメの数々に声優としても活躍、ドラマや映画も多くの有名作品に名を残しています。

 

◎ハケンの品格を無料で視聴する方法をコチラでまとめています。
>>ハケンの品格2020(続編)の見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

ハケンの品格2020の相関図!

(引用元https://www.ntv.co.jp/haken2020/chart/

マネージャーを務めるハケンライフから、株式会社「S&F」の営業事業部・営業企画課に大前春子、福岡亜紀、千葉小夏の3名の派遣社員が契約しています。

 

この「S&F」は宮部が新社長となり、社員からの評判は良いけど派遣社員に対しては差別的な意思を持つ人物です。

 

福岡はこの「S&F」に来てもうすぐ3年を迎えますが、春子と小夏は新しく来たばかりです。

 

配属された営業企画課の課長は第1シリーズでも一緒に仕事をした里中。

 

この里中が会社の状況を変えたいと春子を呼び戻しました。

 

その里中の部下にあたるのは、新入社員時代に春子の伝説を目の当たりにし、今では主任にまで上り詰めた浅野です。

 

里中、浅野の上司にあたる営業事業部の部長は宇野。

 

頭が固く応用性のない昔ながらの上司です。

 

この春営業企画課に新入社員として入社してきた井手と三田はいかにも今どきの若者というような、やる気の感じられない2人です。

 

旭川支社に勤め、本社での勤務を狙う東海林は新人研修も務めています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 第1シリーズで大ヒットだったこともあり、この第2シリーズを待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか!?

 

13年の時を経て、第1シリーズから登場しているキャストはどのように変化したのかも気になるところです。

 

またこのドラマの醍醐味と言っても過言ではないのが、春子と東海林のコミカルな掛け合いですよね。

 

第1シリーズの時、最初はその掛け合いも台本に書いてあったそうなのですが、後半はほとんどアドリブだったそうです!

 

私個人的には、春子と東海林にくっついてほしいなぁ…と思うところもあります。

 

また、大泉洋さんと同じ演劇ユニットである安田顕さん演じる一ツ木は登場するのでしょうか。

 

そのポジションに近がいますので、一ツ木はもっと上の地位になっているのでは?と思います。

 

当時はこの二人の共演も見られて嬉しいとネットで話題になっていました。

 

今作もその共演を見られるのかと期待でワクワクします。

 

13年前とは世間の働き方も、若者の仕事に対する考え方も全く変わっています。

 

現代だからこその問題に春子がどう立ち向かっていくのか、第2シリーズも私たちを虜にしてくれることでしょう!

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました