ディア・ペイシェント5話ネタバレ・感想・あらすじ!介護士・瀬戸をかばう千晶に・・

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』第5話のネタバレ・感想・あらすじをまとめてみました!

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』第5話は2020年8月14日に放送されたドラマです。

まさたか
まさたか

貫地谷しほりさん演じる内科医・真野千晶は、同じ病院に勤める介護士・瀬戸翔太(笠松将さん)とおにぎりを取り合う仲です。その瀬戸が認知症患者に暴言を働いたことで、病院の事務長・高峰修治(升毅さん)は瀬戸を院内裁判にかけます。

辞職を決意する瀬戸を何とか引き止めたい千晶ですが、そんな時に認知症の母が施設から脱走したと連絡が入ります。

瀬戸と共に母の元へと駆け付ける千晶ですが…!?

それでは、詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~5話ネタバレ

入院中の認知症患者・西園寺光隆(竜雷太さん)が、内科医・真野千晶(貫地谷しほり)たちに俳句を教えています。

西園寺は俳句を「大人のたしなみ」と表現し、千晶の先輩内科医・浜口陽子(内田有紀さん)の詠んだ句を褒めます。

次に西園寺を担当する介護士の瀬戸翔太(笠松将さん)の詠んだ句を聞き「それは俳句じゃない。愚痴だ」と注意します。

そして千晶が詠んだ春先の病院あるあるを聞き、西園寺は「バカもん!」と怒り出してしまいました。

**

瀬戸の話によると西園寺は昔から俳句が好きだそうで、瀬戸も時々俳句を作らされていました。

認知症により俳句を作れなくなり、人の句を添削するのが趣味になったと聞いた浜口は「一番厄介なタイプね」と笑います。

しかし瀬戸は「コミュニケーションになる」と、西園寺に付き合ってくれる千晶と浜口に感謝しています。

そんな時、西園寺が「タクシーを呼べ!」と言いながら廊下に出て来て「うちへ帰るんだよ!」と大声を出します。

慌てて止めに入る瀬戸は、自分の俳句を添削してくれと言って西園寺を病室に連れ戻しました。

その様子を見ていた浜口は「西園寺さんはVIPだから、事務長が野放しなのよ」と千晶に教えます。

西園寺の脱走癖に現場の人間は困っているのですが、事務長の高峰修治(升毅さん)は対処する気はないようです。

そんな中で頑張っている瀬戸を浜口は評価しており「自分も前を向こうって励まされるわ」と言います。

その言葉を聞いた千晶は、同僚医師の金田直樹(浅香航大さん)から聞いた話を思い出していました。

金田は、浜口が以前いた病院で訴えられてしまい、今もその訴訟のために度々裁判所に出向いていると言っていました。

そのことを考えながら千晶が浜口の横顔を見つめていると、浜口から「どうしたの? 千晶先生」と言われてしまいます。

千晶は取り繕うように自分の母親も認知症で施設に入所しているため、他人事に思えないのだと話します。

浜口は千晶を励ますためか、いつも2人でいくラーメン屋に行こうと誘ってきました。

千晶は2人で話す機会ができたことで、浜口に「訴訟のことを聞けるかもしれない」と思うのでした。

**

帰宅した千晶に、妹の万理(高梨臨さん)が電話をかけてきました。

万理は、施設に入った認知症の母・祐子(朝加真由美さん)に、ここ一週間ほど会えていないと話します。

診療所の開業医である父・徹(伊武雅刀さん)は学校の検診や山岳ガイドへの講習があり、忙しかったのです。

父のサポートをしている万理も忙しかったのだと察した千晶は、万理に謝りつつ、近々帰郷すると伝えるのでした。

**

千晶はモンスター・ペイシェントの座間敦司(田中哲司さん)が2週間以上姿を見せないことが気になっています。

以前、座間が診察室で千晶に対して激しく怒っていたことを思い出し、千晶は嫌な予感を覚えます。

**

千晶の診察室に、以前から認知症の症状が出ている浅沼知恵子(鷲尾真知子さん)がやってきました。

千晶は諦めることなく、浅沼に認知症の検査を受けてもらえるよう説得します。

浅沼の認知症はまだ軽度で、浅沼の息子と連携を取れれば症状の進行を抑えられるのだと千晶は説明します。

浅沼は「そういうものなの?」と初めて興味を示します。

千晶が焦って話を進めようとしたところ、傍にいた看護師が何気なく話に入ってきました。

看護師は「浅沼さんはおきれいだから、息子さんもきっとハンサムですよね?」と浅沼のプライドをくすぐります。

そして千晶を見て「お会いしたいですね、先生」と目くばせしてきたので、千晶は「ええ、ぜひ!」と浅沼に云いました。

自慢の息子を褒められた浅沼は笑顔になり「まあ、そういうことなら、しかたないわね」と上機嫌になるのでした。

**

金田は浅沼や座間のことを引き合いに出し「モンスターを引き寄せる特殊能力がある」と千晶をからかいます。

座間は最近病院に顔を見せず、ブログの最新の記事は母親の介護に関するものでした。

それを聞いた金田は思い出したように、昨日瀬戸が西園寺に暴言を吐いたと話します。

瀬戸をよく知る千晶と浜口はその話を信じられずにいますが、金田は瀬戸が院内裁判にかけられると言うのです。

**

お客様プライオリティー委員会にて、金田の話した通り、瀬戸の院内裁判が開かれました。

事務長の高峰修治(升毅さん)は、仰々しい話し方で瀬戸の行動について責め始めました。

高峰事務長は瀬戸が暴言を働いた前提で話し始めたところ、院長の佐々井宗一郎(石黒賢さん)がストップをかけます。

佐々井院長が「暴言を働いたという前提で議論を進めるべきではないのでは?」と問うと、高峰事務長は証拠映像を再生します。

防犯カメラ映像には、西園寺が机の上のものを払い落としたり、瀬戸を蹴ったりする様子が映っていました。

そして西園寺は「お前、それでも男か? 情けなくないのか?」「この腰抜け!」と瀬戸に暴言を吐くのです。

それを受けて、瀬戸は西園寺に「もう、あんたに帰るところなんかないんだよ」と言いました。

「家族は、あんたに帰ってこられたら迷惑なんだよ」という自分の言葉を聞いて、瀬戸はうつむきました。

高峰事務長は瀬戸がカッとなって言い返したのだと決めつけますが、瀬戸は西園寺が可哀想に感じたのだと話します。

高峰事務長は「最上級のVIPですよ?」と言い返しますが、瀬戸は西園寺の身の上について語ります。

西園寺は白金台の豪邸で贅沢な暮らしをしていましたが、今は帰ることもできず、家族も会いに来ません。

そんな西園寺を見ていたら、瀬戸は「何か、やりきれなくなったってだけで」とつぶやくのでした。

高峰事務長はそんな事情には耳も貸さず、事務局主任の沼田晋也(浜野謙太さん)にコンプライアンス的にどうかと問います。

浜野主任は「その裏にどのような理由があろうと、患者様に対する暴言はアウトかと」と言いました。

瀬戸は深く謝罪しますが、高峰事務長は瀬戸を懲戒処分にすることを浜野主任に発表させようとします。

すると佐々井院長が「これ以上スタッフを追い詰める必要はありません」と浜野主任の話を遮りました。

高峰事務長は「示しがつきません」と反論しますが、佐々井院長はそのまま委員会を閉会させて去って行きました。

**

帰宅する瀬戸を呼び止めた千晶は、瀬戸から「ほかにも西園寺さんから言われたことがあって」と打ち明けられます。

委員会で流された映像のあと、西園寺は瀬戸に「まともな就職もできずにこの仕事をしてるんだろ?」と言っていました。

西園寺から行き場がないから介護士をしているのだろうと言われた瀬戸は、西園寺に見抜かれたように感じていました。

瀬戸は元々介護士になるつもりはなく、就活に失敗したことで介護士になったという経緯があったのです。

今は介護の仕事にやりがいを感じるようになりましたが、介護士をずっと続けていいのかと不安を感じてもいました。

千晶は認知症患者の家族として「介護は真面目に向き合うほど過酷」「大事な仕事だ」と瀬戸に語りかけます。

しかし瀬戸は西園寺に対して「言ってはいけないことを言いました。介護士失格です」と落ち込んでしまうのでした。

**

千晶とラーメン屋に来た浜口は「瀬戸君、まさかやめないわよね?」と心配しています。

千晶が「認知症って悲しい病気ですね」と言うと、浜口は「ご本人も周りの人も苦しいわね」と千晶に寄り添います。

千晶は母の介護を父と妹に任せ切りだからと強がりますが、浜口から「…でも、苦しいわね」と繰り返します。

そう言われた千晶は、医師として認知症患者への接し方は分かっているのに、昔の母を求めてしまうと弱音を吐きます。

浜口は「それだけお母様が立派だったってことよ」「自分を責める必要ないわよ」と千晶を励まします。

子どもが親を介護するべきだと考えている座間の考えを知っている千晶は、母を施設に入れている自分を責めてしまいます。

そんな千晶に、浜口は「彼の考えは極端で攻撃的すぎる」と言い、気にしないよう助言します。

「あんまり思い詰めないでよ」と言う浜口に、千晶は前から気になっていた訴訟のことを聞きます。

金田のことを地獄耳だと言いながら、浜口はいい弁護士がついていて和解に向かっているのだと説明します。

「心配しないで」と言う浜口を疑う千晶ですが、浜口が金田について「話、すぐに盛るから」と言われ納得するのでした。

**

翌日、万理に認知症施設から連絡が入り、母の姿が見えなくなったと知らされます。

千晶に知らせようとする万理を、父は「詳しい状況が分かってからにしよう」と止めるのでした。

**

入院中の老人の元に家族がお見舞いに来て、孫を抱かせています。

西園寺はその様子を無言で見ていましたが、千晶が訪ねてきたことで「あいつはどこに行った?」と口を開きます。

西園寺は瀬戸について「こうやって中途半端なことばかりしてるから、いつまでも半人前なんだ!」と机を叩くのでした。

**

瀬戸は介護の担当を外され、西園寺との接触も禁じられ、備品の整理をするように指示されていました。

西園寺が瀬戸のことを気にしていると千晶が伝えると、瀬戸は「俺…この仕事やめようと思います」と言い出しました。

瀬戸を引き留めようとした時、千晶に万理から電話がかかってきます。

父はまだ話さないように言っていましたが、万理は千晶に母がいなくなったことを伝えます。

丁度よく現れた蓮見勇夫(平田満さん)が車を貸してくれることになり、仕事を終えた千晶と瀬戸は施設へと向かいました。

**

母を心配するあまり千晶に連絡した万理のことを、父は責めませんでした。

そして母はまだ誰にも見つからず「千晶ちゃん、千晶ちゃん」と、千晶を探して街をさまよっていました。

**

運転してくれている瀬戸に千晶が感謝を伝えていると、万理から電話がかかってきました。

駅に向かっていた母がうろうろしていたところ、それを見た近所の人が連絡してくれたのです。

**

施設に到着すると、瀬戸は「僕のことは気にしないで、お母さんとゆっくり話してください」と車に残りました。

**

母は、施設に駆けつけた千晶の顔を見て「どうしたの? 今日、会いにくる日だった?」と聞きました。

そして「おかえり、千晶ちゃん」と千晶の手を握って微笑みました。

**

認知症施設の集会室にて、父は「今日のことは私の責任だ」と千晶と万理に謝りました。

忙しくて会いに来られなかった父と万理、そして最近帰郷せずにいた千晶はそれぞれに反省しています。

父は「お母さんのことは私が考えるべきことだ」と言いますが、千晶は自分が実家に帰ればいいだけだと考えています。

そんな千晶に「医者の仕事は一生だ」と父は語り、千晶が今働いている佐々井記念病院で学ぶべきことがあると諭します。

**

千晶を送り届けてくれた瀬戸に、父と妹はお礼を言います。

そんな2人に対し、瀬戸は「少しでも恩返しができたらと思っただけなので…」と言いました。

千晶が不思議に思っていると、瀬戸は千晶のことを「いつも僕たちを対等に見てくれます」と評します。

瀬戸は、煮卵おにぎりを取り合う相手である千晶が、瀬戸に友人感覚で接していることに救われていたと言うのです。

**

千晶がお礼としてご馳走したところ、瀬戸は大好物のカツカレーを前に嬉しそうにしています。

そんな瀬戸に「やっぱり、うちで介護の仕事、続けてよ」「私も掛け合うから」と千晶は言います。

千晶は介護の仕事は瀬戸に向いていると感じていたので、何とか引き留めようと説得しているのです。

しかし瀬戸は「いろんなことを試してみようと思うんです」と返しました。

介護士しか経験のない瀬戸は他の職業を経験した上で、介護職に就きたくなれば「また一から始める」と言いました。

**

病院に戻った千晶は、車を貸してくれた警備員の蓮見にお礼を言います。

すると蓮見は、研修で3日ほど病院を離れるために、座間がやってきたらと千晶を心配してくれました。

**

外来の診察を終えた千晶がシステマの呼吸をしながら病院の廊下を歩いていると、曲がり角から座間が現れます。

千晶が「お散歩ですか?」と聞くと、座間は「千晶先生が当直だから会いに来ました」と答えます。

システマの教え通りなるべく身構えないようにしていた千晶ですが、なぜ当直だと知っているのかと驚いてしまいます。

すると座間が「僕は何でも知っています。千晶先生のことなら」と言ってきたため、千晶はすっかり動揺してしまいます。

座間に座間の母親のことも診察してほしいと言われ、千晶は専門外のため「お役に立てるかどうか」と返します。

その場を立ち去ろうとする千晶の後についてくる座間は「冷たいな、千晶先生」と声を荒らげます。

そして「人の厚意を無にしやがって」と怒った座間は、千晶の胸ぐらを掴んで振り回し、床に倒れ込みます。

「俺をバカにしてるんだろ」と言う座間に、千晶は脅えながら「どうして私ばかり攻撃するんですか?」と聞きます。

千晶は「私が…親の面倒を見てないからですか?」と尋ねながら泣いてしまいました。

そんな時、2人のもとに警備員が駆け付けます。

警備員が「動くな! 今、警察を…」と言うと、座間は「個人的な金銭トラブルなんですよ」と笑います。

否定する千晶ですが、座間は「警備主任の留守中に勝手に警察を呼んだら事務長に首を切られますよ」と言うのです。

千晶のシフトだけでなく、蓮見の不在まで知っている座間は「僕は何でも知ってるんです」と語りました。

座間が帰宅した後、千晶は警備員から今は試用期間中でトラブルは本採用の妨げになると明かされます。

高峰事務長がスタッフを軽視していることをよく分かっている千晶は、今回のことは報告しないと決めるのでした。

**

翌朝、千晶が浜口に座間の件を話すと、浜口は蓮見に報告した方がいいと助言します。

千晶が新人警備員が辞めさせられてしまうと言うと、浜口から次に座間が何かしてきたら警察に相談しようと言われました。

浜口の優しさに触れた千晶は元気を取り戻し、ロッカーに置いてあるトレーニングウェアに着替えて外に出ました。

**

病院の近くを散歩していた千晶は、公園で大声を出しているシステマ講師・吉良大輔(永井大さん)を見つけます。

朝のトレーニングで公園に来ていた吉良は、空手の型を忘れないために大声を出しながらポーズを取っていたのです。

吉良は様々な武術に触れてきましたが「一番面白いのは、やっぱりシステマです」と語ります。

そんな吉良を見て、千晶は「吉良さんみたいに武術の達人になって暴力の恐怖を感じないようになりたいです」と言います。

すると吉良は笑いながら「むしろ怖がりですよ」と言い、システマの教えも恐怖や痛みに慣れようと言っていると続けます。

せっかくだからと吉良にスクワットしようと誘われた千晶は、公園で吉良と並んでスクワットするのでした。

**

病院で瀬戸に会った千晶は、瀬戸が今週いっぱいで辞めることになったと聞かされます。

瀬戸から退職願を提出された高峰事務長は、今月分の給料を支払う代わりに今週いっぱいで辞めるように言ってきたのです。

千晶は「そんな、厄介払いするみたいに…」とショックを受けますが、瀬戸はさっぱりした様子です。

落ち込む千晶に、瀬戸は「真野先生とのおにぎり争奪戦、楽しかったです」と笑います。

そして瀬戸は、千晶に「西園寺さんに渡してもらえませんか?」と瀬戸の作った俳句を手渡されます。

「ヘタクソだけど、一生懸命考えました」と言う瀬戸は、西園寺のことを千晶に頼みました。

瀬戸は「認知症の人は、孤独で寂しいんです」と、西園寺がわがまま放題なのは家族を強く求めているからだと語ります。

西園寺との思い出を振り返りながら、瀬戸は西園寺を「面白いんです」と言って微笑みます。

瀬戸は亡くなった自分の祖父がもし生きていたら、西園寺のようだったのだろうかと思っていました。

だからこそ西園寺を見放した家族にすがって暴れる西園寺を見ていられなくなり、真実を話してしまったのです。

瀬戸は「介護士は家族の代わりにはなれません」と、認知症の母を大事にするように千晶に諭します。

その週末、瀬戸は佐々井記念病院を去って行きました。

**

売店で煮卵おにぎりを手に取る千晶に、浜口が「戦う相手がいなくなっちゃったわね」と優しく声をかけました。

**

西園寺が病室から出てうろうろしているところを見つけた千晶は、西園寺に「お部屋に戻りましょう」と話しかけます。

すると西園寺は「いつまでたっても帰ってこんのだ。あの若い奴が帰ってこんのだよ!」と千晶に訴えます。

西園寺は瀬戸とのトラブルについてはすっかり忘れており、瀬戸がいつも通り来てくれると思って待っていたのです。

千晶は西園寺に「ほかの仕事を見つけて頑張ってると思います」と、瀬戸について説明します。

すると西園寺はうなった後に「けしからん!」「あれは息子なんだ!」と言いながら他人の病室を次々と開けていきます。

西園寺は「あいつがいなければ、ここにいる意味なんかない!」と、千晶を振り払って院内をずんずん進みます。

西園寺は瀬戸のことを子どもだと言い、面倒を見て、厳しく育てないといけないのだと話します。

いつも瀬戸と会話していた場所にも瀬戸がいないことで、西園寺は肩を落としてしまいます。

そんな西園寺に、千晶は瀬戸が作った俳句がしたためられている短冊を手渡しました。

そこには「ありがとう 怒鳴り声にも 見える愛」と独特なデザインで書かれていました。

千晶が「いい句ですね」と言うと、西園寺は「バカもん!」と季語が入っていないことを指摘しました。

膝をついて泣く西園寺は「会いたい…会いたいよ…」と、院内の誰よりも瀬戸の不在を悲しむのでした。

千晶はそんな西園寺の横に膝をつき「彼に手紙を書きましょう。私もお手伝いします」と語りかけました。

**

就職活動に勤しむ瀬戸は、道端に咲く小さな花を見て俳句を作り、手帳にメモしました。

**

西園寺が瀬戸への手紙を書いていると、いつも家族に囲まれている老人が通りかかり「達筆ですな~」と感心します。

そう言われた西園寺はまんざらでもないようで、小さく頷きながら手紙を書き進めます。

西園寺の病室に飾られている写真立てには、家族の写真ではなく、瀬戸とのツーショットが入れられています。

そんな西園寺を見ながら千晶は、老いは魂の成熟であるのだと信じたいと思うのでした。

**

認知症の施設で景色を見ている千晶の母の元に、座間が訪れています。

千晶はそれを感じ取ったのか、嫌な予感に目を見開くのでした。

 

また、今回の『ディア・ペイシェント』の無料動画を見たいなら、コチラからどうぞ。

>>ディア・ペイシェント(ドラマ)の見逃し動画を1話~全話無料でフル視聴する方法まとめ!

スポンサーリンク

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~5話感想

第5話では、千晶といつも煮卵おにぎりを取り合い、時に励ましてくれる介護士の瀬戸が離職してしまいました。

ちなみに、瀬戸が担当している認知症患者の西園寺は、今までの話にも少しずつ出てきていました。

第3話ではトランスジェンダーの患者・朝比奈(通称・香織)をジロジロ見て「お前、男だな?」と言いました。

第4話では千晶の顔をがっしりと掴み、凄みながら無茶な要求をしてきました。

その度に瀬戸が駆け付けてきて、西園寺を病室に連れ戻していたのです。

西園寺と瀬戸は長い付き合いであり、2人の間には他人が傍から見ただけでは理解できない感情が生まれていたのです。

瀬戸は祖父を亡くしており「もし生きていたら…」と、祖父と西園寺とを重ねて見ていました。

西園寺は瀬戸が覚悟もない内に介護士になったことを直感的に気付いていたようで、瀬戸を子どもだと言っていました。

瀬戸はまだ社会人として半人前だと考えた西園寺は、まるで息子を育てるかのように、厳しく瀬戸をしつけていたのです。

しかしそのやりとりは、事情を知らない人間が見ると暴力や虐待に思えてしまうものでした。

西園寺の家族が西園寺の存在を迷惑がっているというのは、認知症患者に言ってはいけないことでした。

しかしそれを言ってしまった瀬戸が抱えていた感情は怒りではなく、やりきれなさでした。

突然介護士として働き始めた瀬戸は、西園寺を単なる患者ではなく家族のように感じていたのです。

だからこそ、西園寺に会いに来ることのない薄情な家族たちを頼って苦しむ西園寺を見ていられなくなったのでしょう。

瀬戸は病院を去る直前、千晶に認知症患者である母を大切にするように言いました。

瀬戸は千晶たち家族を間近で見たこともあり、介護士はどんなに頑張っても家族にはなれないのだと悟ったのです。

しかし瀬戸が思っている以上に西園寺は瀬戸を気にかけており、瀬戸はいつかそれを知ることになるのでしょう。

「一人前になった」と自称する瀬戸と、「まだまだだ」と言う西園寺が目に浮かぶようなラストでした。

スポンサーリンク

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~5話あらすじ

介護士の瀬戸翔太(笠松将)は、千晶と、昼食の「煮卵おにぎり」を取り合う仲。ある日、瀬戸は、自身が介護を担当している認知症患者の西園寺光隆(竜雷太)とトラブルとなる。瀬戸は、裕福ではあるが家族から見放されている西園寺が、認知症の影響で暴力的な態度をとるのがいたたまれなくなり、西園寺に対して暴言を吐いてしまったのだ。病院内ではそれが大きな問題となり、瀬戸は辞職を決意する。千晶は引き止めるが、瀬戸の意思は揺るがない。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

認知症患者の西園寺に暴言を働いたことで、介護士の瀬戸は院内裁判にかけられ介護担当から外されます。

瀬戸と仲良くしていた千晶は何とか対処しようとしますが、そんな時に認知症の母が施設から脱走してしまいます。

千晶は瀬戸と共に施設に向かい、その後、瀬戸から違う仕事に就いてみたいという思いを明かされます。

瀬戸は病院を去りますが、西園寺は瀬戸に「会いたい」と訴え、千晶と共に瀬戸への手紙を書き始めるのでした。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました