ディア・ペイシェント3話ネタバレ・感想・あらすじまとめ!千晶のお節介・座間の嫌がらせが激化!

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』第3話のネタバレ感想・あらすじをまとめてみました!

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ』第3話は2020年7月31日に放送されたドラマです。

貫地谷しほりさん演じる内科医・真野千晶は、トランスジェンダーの患者・香織(戸塚純貴さん)の担当になります。

まさたか
まさたか

香織の生き辛さを間近で見聞きすることで、千晶はとある“お節介”までしてしまうのですが…。そんな中、座間敦司(田中哲司さん)による千晶への嫌がらせが激化していきます。

それでは、詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~3話ネタバレ

スマートフォンのアラームに叩き起こされた内科医・真野千晶(貫地谷しほりさん)は、眠気を引きずりながら出勤します。

先輩の内科医・浜口陽子(内田有紀さん)に事情を聞かれた千晶は、同級生からの結婚報告の長電話があったと話します。

浜口と結婚について話している最中、千晶は床に落ちていた保険証を見つけます。

保険証の「朝比奈哲男」という名前を見て、千晶は「てっちゃん…」とつぶやきました。

**

てっちゃんこと朝比奈哲男(戸塚純貴さん)は、千晶が研修医時代にいいなと思っていた6歳下の男性でした。

窓口に保険証を届けに行くと「朝比奈」と名乗る女性の格好をした男性が「保険証を落とした」と言いに来ました。

千晶と朝比奈はお互いの顔を見てハッとします。

**

同僚の内科医・金田直樹(浅香航大さん)から引き継いだ患者である長谷川仁が、千晶の診察室に訪れました。

20年間通院してきた長谷川に対し、千晶が病気の気配を感じて検査すると別の病気が見つかったのです。

金田が診察していた頃から長谷川には症状が出ていたため、長谷川の妻・聖子が千晶に食ってかかります。

聖子は病気の見逃しだと言い「訴えられたくなければ治療費タダにして頂きます!」と主張しました。

**

何とか聖子をなだめた千晶に金田は「あんな『L』のババアはほっときゃいいんだよ」と突き放すように言います。

金田は、聖子は災いをもたらす台風のような低気圧の「L」に該当する患者だと言っているのです。

最近はクレームを入れる患者が多く、千晶のストーカーである座間敦司(田中哲司さん)もその一人でした。

そんな千晶の現状について、浜口は「仕事もプライベートも大変ね」と声をかけます。

金田に「男関係?」「男見る目なさそう」とからかわれながら、千晶は「てっちゃん」について考えていました。

**

研修医である千晶と「てっちゃん」こと朝比奈哲男が出会ったのは9年前でした。

当時の朝比奈は柔道の有段者としての腕を活かして、置き引き犯を捕まえるような男らしい人でした。

**

酒を飲んで暴れる患者の対応をした際、千晶は酒瓶を投げられて怪我をしてしまいます。

その怪我の治療中に高峰修治事務長(升毅さん)と沼田晋也事務局主任(浜野謙太さん)がやって来ました。

高峰事務長が千晶をトラブルメーカーと扱い責める中、同席していた警備員の蓮見勇夫(平田満さん)は千晶をかばいます。

蓮見は警察を呼ぶことを提案しますが、高峰事務長は「当院の悪評が立ったら大変です」と一蹴しました。

**

怪我をしたその日ですが、千晶は当直として病院に残らなければなりませんでした。

同じ頃、病院のトイレには座間がいて「ウイ・スキー」という笑顔の作り方を鏡に向かって練習していました。

そして座間は、寝たきりの母親の使用済みオムツを病院の洋式便器へぎゅうぎゅうに押し込んで水を流しました。

次に外側から個室の鍵を締めると、個室に設置されている緊急ボタンを片っ端から押して行きました。

**

見回り中に嫌な予感がした千晶は、システマの習い通りに背を伸ばしてリズミカルに呼吸をします。

そうして歩いていると、自動販売機のコーナーにある机に突っ伏している座間と出会いました。

座間は千晶に声をかけ「今から僕を診察してください」と言い出します。

千晶が明日の朝にするよう促すと、座間は「医師には応召義務があることを、まさかご存じないんですか?」と返します。

千晶は仕方なく診察室に座間を入れますが、そこには看護師が一人もいません。

そんな状況で座間はカメラを回し始め、千晶に詰め寄っていき遂には千晶を転ばせます。

その時、突然看護師が診察室を開けて入ってきたため、座間は千晶を起こし逃げるように診察室を出ていきました。

看護師は全ての個室の緊急ボタンが押されたことで、その対応をするために席を外していたのでした。

「まさか座間さんが…」と考えた千晶は対処をした沼田主任にも事情を聞きますが、犯人は分かりませんでした。

**

すっかり参ってしまった千晶は、警備員の蓮見の足音にすら脅えるようになっていまいます。

そんな千晶に蓮見は「真野先生のことは私が守りますから」と言って安心させます。

**

腹痛と吐き気の症状が出ている急患が、恋人に付き添われてやって来ました。

その急患は「てっちゃん」こと朝比奈でした。

千晶の考えた通り、朝比奈は千晶と会ったことで診察を受けずに帰ってしまっていたのです。

「帰る」と言い出した朝比奈に千晶が思わず「てっちゃん」と呼びかけると、即座に「香織」と訂正されました。

朝比奈は「今は香織なの。まっ、『カオ』でいいよ」と微笑みました。

朝比奈は千晶の働きぶりを見て「研修医の時はあんなに自信なさげだったのに、随分医者っぽくなったね」とからかいます。

千晶は「カオちゃんは…女っぽくなった」と返し、二人で微笑み合います。

**

浜口・金田・千晶の3人で朝比奈の扱いについて話し合っています。

浜口は「女部屋が希望でしょう?」と朝比奈の気持ちに寄り添います。

しかし金田は「きれいにしてたって、よく見りゃ男で、本名も哲男だろう? だったら男部屋」と言い切ります。

意見は平行線になり、本人の意見を聞いて決めようということになりました。

**

朝比奈は「哲男」と書かれた患者用の腕バンドを手で覆いながらも「いいよ、男部屋で」と言いました。

朝比奈の恋人である杉野は「個室にしてください」と言いますが、朝比奈は「もったいない」と抑えます。

朝比奈は「カーテン閉めてれば大丈夫だし、トイレもコソコソ行く」と周りを気遣います。

そんな朝比奈を見て、浜口は「すいません。院内の体制が古くて…」と謝ります。

そこで千晶は、朝比奈が病院で嫌だったことを話してもらいました。

朝比奈は「哲男」「男」と表記されること、受付で「哲男さん」と大声で呼ばれること、トイレについてを話しました。

**

千晶は待合室で杉野から「僕ら結婚を考えていて…」と切り出されます。

杉野の両親と朝比奈を会わせたところ、事前の説明がなかったこともあり何とも言えない空気になり…。

両親を説得するために朝比奈は性別適合手術を控えており、費用の工面に苦労しているとのことでした。

杉野は、それらのストレスが朝比奈の胃潰瘍に繋がったのだと考えていました。

また、朝比奈は20歳で女として生きることを決め、反対した父親の元を飛び出していたのでした。

**

千晶は9年前、研修医だった頃に朝比奈に情けない姿ばかり見られていました。

人気のない場所のベンチで泣いてしまった千晶に朝比奈は駆け寄ってきて「負けちゃダメだよ」と励ましました。

朝比奈は「諦めなければ、きっと自分がこうなりたいっていう自分になれるから」と続けました。

千晶はその言葉のおかげで、ご臨終が立て続きに起こる辛い研修医時代を乗り越えたのです。

**

千晶の妹・万理(高梨臨さん)が千晶に電話をかけてきました。

万理は常連さんの奥さんから「若いお嬢さんだと、そこまで気働きがしないのねぇ」と嫌味を言われて憤慨していました。

万理は「奥様がいないと大変ですわねぇ」と言われ「恐れ入ります」と返した父・徹(伊武雅刀さん)にも怒っていました。

父は施設に入った認知症の母・祐子(朝加真由美さん)の元に通い詰め、母を喜ばせていました。

そんな生活のせいか父には疲れが見えてきたため、万理は再び千晶に田舎に戻ることを考えてほしいと言うのでした。

**

治療のための絶食を終えた朝比奈は、プリンを食べたいと言って千晶とともにコンビニに向かいました。

千晶と髪や顔を隠した朝比奈がロビーを歩いていると、認知症患者の西園寺光隆(竜雷太さん)が突然現れました。

「タクシーを呼べ!」と騒ぐ西園寺は朝比奈に気付き、朝比奈をジロジロ見て「お前、男だな?」と言います。

千晶は顔を背けてやり過ごしていた朝比奈を心配しましたが、棟の朝比奈は若い医師を見て「カワイイ」とはしゃぎます。

そして千晶に「あの子いきなさいよ!」「私は上も下も無限。愛も無限よ」と明るく笑います。

千晶は、たくさん傷付いてきたであろう朝比奈が、自分らしく生きていることに感銘を受けました。

**

患者様プライオリティー委員会にて、警備員の蓮見が講義しています。

蓮見は「暴力を振るう人間でも心に弱さを持っている」「弱さが過剰な攻撃性を生み出す」と言います。

そして、相手が暴力を振るっている時にこそ、相手は弱い人間なのだと思い出して冷静になるよう説きます。

高峰事務長は「勝手な通報は避けてください」と言いますが、蓮見は危険時には「迷うことなく通報します」と断言します。

蓮見の言葉を聞いて、出席した医師たちは拍手を送るのでした。

**

道を歩いていた座間は、胸元からロケットペンダントを取り出します。

そしてそれを開き、中にある母親の写真を見て微笑みました。

**

朝比奈の病室には杉野が見舞いに来ていました。

性別適合手術と杉野の両親を説得する件について話す杉野に、朝比奈は言いにくそうに口を開きます。

その時、長谷川を見まいに来た聖子がベッドを間違え、閉め切っていた朝比奈のベッドに下がったカーテンを開きました。

聖子は朝比奈を見て「あなた女の人? ここ男性の部屋よね? あなた、男なの?」と立て続けに質問をぶつけます。

長谷川は慌てて聖子を自分のベッドに連れて行きますが、聖子は「あの人、オネエの人でしょ」と話し続けます。

聖子の「あんな男だか女だか分かんないような人がいたら落ち着かないでしょう?」という言葉で、杉野が立ち上がります。

朝比奈は杉野を止めますが、杉野は聖子のところに行き「彼女に謝ってください」と言います。

聖子も立ち上がり「謝るのはそっちでしょう? 男のくせに女みたいな格好して男の病室にいる方が迷惑なのよ!」と返します。

さらに聖子は通りがかりの看護師に「ちょっと助けて~。男の部屋に女みたいな人がいるのよ~」と駆け寄りました。

朝比奈は耐え切れずベッドに横になると、布団をかぶって丸まりました。

**

事務局に向かおうとした長谷川夫妻を浜口が足止めし、話を聞きます。

聖子は「ああいう人がウロウロしてたら、お見舞いに来る子どもの教育にだって悪いわよ!」と主張します。

浜口は「子どもの教育に悪いのは、多様性に対して寛容さを持てない大人がいることではないでしょうか?」と返します。

**

千晶が騒動について謝罪すると、杉野は「香織があんな言われ方して、俺は黙ってられないよ」と吐露します。

そんな杉野に朝比奈は「そういうの何か重いんだよね」と突き放した言い方をします。

杉野の行動を責める朝比奈は、必死に説得する杉野に対して「戦うとか守るとかうんざり。もう別れよう」と言います。

杉野は肩を落として部屋を立ち去りました。

そして、朝比奈は杉野を追いかけようとした千晶を止めました。

「あんなに思ってくれる人いないよ」と言う千晶に、朝比奈は「だから別れるんじゃん」と返しました。

子どもを作って、家庭を持って…という幸せのテンプレートには縛られないと朝比奈は言います。

朝比奈の「だから大丈夫。私、落ち込んだりしないから」という言葉を、千晶は本音かどうか判断できませんでした。

**

システマの講師・吉良大輔(永井大さん)は悩む千晶に「Do the work. 大事なのはただやるということ」と話します。

吉良は遠慮しがちな千晶に「遠慮を捨てることができれば、一歩前進できますよ」と言いました。

**

退院する朝比奈の前に杉野が現れます。

朝比奈も気付いた通り、千晶が杉野を呼んだのでした。

杉野は「俺には家族を捨てる覚悟が無かった」「二人で生きていこう」と朝比奈に語りかけます。

そして近付いて来た杉野が朝比奈を抱き締めると、朝比奈は杉野に柔道の投げ技をかけました。

倒れた杉野に近寄って、朝比奈は「家族思いのところも好きだった」「バイバイ」と笑い、去って行きました。

そんな杉野を見た警備員の蓮見が「院内暴力ですか?」と聞くと、千晶は「暴力に見えますが、これは愛です」と答えます。

**

去って行く朝比奈を引き留めた千晶は、余計なことをしたと謝ります。

朝比奈は「女なのに女心が分からないなんて重症よ?」「あんたが私の幸せを語るなんて100万年早いのよ!」と返します。

朝比奈は自分のせいで家族がバラバラになったことを悔いていました。

杉野が朝比奈と関係を続けることで、杉野の家族まで壊してしまうのではと恐れていたのです。

朝比奈は病院で働くことで、悔いのない人生を送るために女性として生きようと決めたのでした。

「本当は泣きたいことばっかり。だけど私は…笑って生きてたいの」と朝比奈は語ります。

千晶は朝比奈と接したことで理解を深め、まずはトランスジェンダーの患者用のマニュアルを作り始めたのでした。

**

座間は録画した千晶の映像を布団の中で見返して、笑っていました。

**

千晶と浜口が朝比奈に新しい恋人が出来た話をしていると、金田が千晶に「有名人になってるよ」と話しかけました。

金田は『正しい医療を願う』というサイトを見せます。

サイトの運営者は座間で、千晶のことを「魔の千晶」と揶揄していました。

ひどい写りの写真と共に「患者に必要な薬を出さないヘタレ医者」と書かれた千晶は、驚きを隠せませんでした。

スポンサーリンク

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~3話感想

今回はトランスジェンダーの人に対し、どう接していけばいいのかを問いかける作品でした。

思わず「てっちゃん」と呼びかけた千晶に「香織」と訂正した時の朝比奈は、鋭い雰囲気でした。

「私は女性だ」と思っている朝比奈にとって「哲男」という名前は屈辱的なものなのでしょう。

そんな朝比奈は「オネエ」「男だか女だか分かんない」「女みたいな格好」「教育に悪い」と揶揄されます。

「体が男だから」と男部屋に通されたのに、「格好が女だから」と男部屋にいるのはおかしいと言われるのです。

挙句の果てには歩いているだけでジロジロ見られて「お前、男だな?」と聞かれるのです。

ただ病気を治療するために病院にいるだけの朝比奈が、なぜここまで侮蔑されなければいけないのでしょう?

それは理解が足りないからだ、と千晶は結論付けていました。

千晶だって、最初から全て理解できていたわけではありません。

「女性の格好をした男性」ではなく「香織になったてっちゃん」という個人と向き合って学んだのです。

千晶のように「どうしたいのか」「どうしてほしいのか」を聞いてみることが第一歩なのかもしれません。

そして「てっちゃんじゃなくてカオって呼んで」と言われれば「カオちゃん」と呼べばいいのです。

すぐに変えられないことならば、こういう方法はどうかと問いかければいいのです。

1を積み重ねて100にしていくとは、そういうことなのだと思いました。

そしてもう一つの軸として「患者本人よりも患者の家族の方がうるさい」という話が度々出てきました。

これは1話でも扱われたテーマですが、本人が病で弱っているだけに付き添いの声が大きくなるのでしょう。

医者や看護師に文句を言ったところで病気が治るわけではありません。

杉野も聖子も、病を抱えた身近な人にさらにストレスをかけてしまう結果になりました。

付き添うならば、心も体も弱っている患者本人の気持ちにしっかり寄り添わないといけないなと感じました。

 

スポンサーリンク

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~3話あらすじ

第3回「愛の力」
総合・BS4K 2020年7月31日(金)よる10時から10時44分
※4K先行放送 7月29日(水)よる11時15分
再放送:総合 8月5日(水)午前1時20分(※火曜深夜)
ある日、千晶(貫地谷しほり)は、落し物の保険証を拾う。それは、知り合いの男性の物だったが、受け取りに現れたのは、女性!?トランスジェンダーの香織(戸塚純貴)は、胃潰瘍を患い千晶の病院に入院する。心と見た目は女性の香織の入院生活は何かと不自由だったが、千晶は、そんな香織に寄り添う。やがて香織と恋人の間に亀裂があることを知る。香織は、恋人に、いわゆる「普通の」結婚をして欲しいと身を引いたのだった。

(引用:公式サイト

 

スポンサーリンク

まとめ

「トランスジェンダーの患者さん」という存在を通して、様々な問題が浮き彫りとなった回でした。

病院は患者を「男」「女」の二種類しか想定していないため、そこに当てはまらない人は困ってしまいます。

患者様第一と言っているのに患者の気持ちを汲めていなかったことも明らかになりました。

それでも医師一人ひとりが考えて行動することで、少しずつ変わっていく予感がしました。

そして座間があることないこと並べ立てて千晶を糾弾し始めたため、千晶の処遇が心配です。

来週はどんな患者さんと向き合い、座間はどんな動きをするのでしょうか…!

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました