BG身辺警護人2020(続編)の6話ネタバレ・感想・あらすじまとめ!カレー食堂の店主が立ち退かない理由は?

BG~身辺警護人~2020

ドラマ『BG身辺警護人2020(続編)』の6話ネタバレ・感想・あらすじにつて、まとめてみました!

木村拓哉さん主演のドラマ「BG~身辺警護人」の第6話が、7月23日(木)に放送されました。

ついに最終章を迎えるBG。

今回の依頼者は、商店街のカレー食堂を営む店主。

まさたか
まさたか

周りの店が、次々と立ち退いていく中、断固として出ていこうとしません。その理由は一体?

さらに籠城することになり、事は大きくなってしまいます。

 

さて、無事に警護ができるのでしょうか?

第6話のネタバレ、あらすじ、そして感想をお届けします。

 

スポンサーリンク

BG身辺警護人2020(続編)6話のネタバレ!

今回の依頼者は、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子さん)。

早速、島崎(木村拓哉さん)と高梨(斎藤工さん)が、お店を訪ねると、店先には撤退を警告する貼り紙が貼られていました。

佐久間の話によると、夫は「出ていけ」と追い詰められ、心筋梗塞を起こして亡くなったと言います。

カレー食堂は、借家で、大家さんも良くしてくれたと言います。

しかし、大家さんが亡くなり、息子の玉井充(永沼伊久也さん)が相続した途端、大手に建物と土地を売ってしまったというのです。

「借家契約の更新はしない」と、裁判まで起こされ、明日までに出ていかなければいけなくなったと言います。

周りのお店が出ていく中、佐久間の夫は、何度も頭を下げて頼みこんだと言います。

そして、そのさなかに亡くなったそうです。

そんな所に、充と柄の悪い男たちがやってきます。

佐久間は、「私たちのカレーを守って」と、2人に頼みます。

翌朝、カレー食堂には、充や弁護士たちが立ち退きにやってきます。

佐久間は、籠城する決意をし、2人も協力することに…。

**

KICKSでは、菅沼まゆ(菜々緒さん)を中心に、桑田議員の自宅で行われる、記者懇親会の警護を行っていました。

懇親会中、沢口正太郎(間宮祥太朗さん)は、長髪の男(中村織央さん)が会場に来ていることに気が付きます。

この男は、以前の桑田先生の祝賀会で、騒ぎを起こした人物。

菅沼は、急いで劉社長(仲村トオルさん)に電話をし、男の正体を聞き出そうとしますが、劉社長は教えてくれません。

そして、懇親会が終わろうとした頃…。

その長髪の男が、桑田先生に詰め寄ります。

引きとめる菅沼や沢口をよそに、桑田先生は、その男を奥の部屋に入れてしまいます。

**
カレー食堂での籠城は、大きな騒ぎになり始めていました。

このままでは、「叩かれることになる」と忠告する高梨。

店内の状態を見た島崎は、「ここでは続けていけないということを、受け入れられているのではないか」と佐久間に問いかけます。

さらに、「籠城も、騒ぎを起こすことが目的なのではないか」という島崎に、佐久間は、「知って欲しかった」と言います。

すると、そこへ充達が店内に入ってきました。

佐久間は、必死に頑張ってきたことを話し始めました。

「突然、日常を奪われて、どんなに辛いか…。自分のお店だけでなく、他の商店街のお店の人達の気持ちを、誰かに分かって欲しい」と、涙ながらに訴えます。

しかし、充には、この言葉は届きません。

次々と、お店の物を壊し始めました。

島崎と高梨は、「クライアントを護るのが仕事だ」と、男たちに立ち向かいます。

そんな2人の姿に、「お店を引き渡す」と佐久間は言います。

充達はその言葉を聞き、店を出ていきました。

店内を片付けようとする佐久間に、「場所は変わっても、食べる人が変っても、カレーを作るという日常は守れる」と島崎は言います。

その言葉を聞いた佐久間は、2人にカレーを作り始めました。

そして、「1か月ぶりに一生懸命カレーを作って、頑張ろうという気持ちになった、日常を守ってくれてありがとう」とお礼を言います。

**

桑田議員の警護中のKICKS。

長髪の男と桑田議員のいる部屋から、物音が聞こえてきました。

菅沼と沢口は急いで室内に入ったものの、長髪の男は逃げていきます。

菅沼が捕まえると、その男は「桑田先生を消せと劉社長に頼まれている」言うのです。

その言葉に動揺を隠せない菅沼。

さらに、警察の任意同行を命じられた劉社長は、逃亡してしまいます。

**

「長髪の男の顔を見たことがある」という笠松先生(市川実日子さん)は、その男の正体を調べていました。

その男は、笠松先生の亡くなった夫の後輩、つまり警察官。

警護科で、とても熱心な警察官だったが、3年前に不祥事を起こしていたそうです。

島崎は、笠松先生にお礼を言いますが、この件は忘れて欲しいと頼みます。

すると、笠松先生は、「その代わりに命を粗末にしないで」と島崎に伝えます。

いい雰囲気になった2人でしたが、そこに沢口から電話がかかってきます。

沢口は、桑田先生の懇親会での一件を話しました。

島崎は会社に戻り、高梨とその話をしていると、そこに劉社長から電話が入ります。

その内容は、なんと、「自分の警護をして欲しい」というものでした。

電話を切ると、高梨は、「劉社長を助けるなら辞める」と言い、出て行ってしまいます。

劉社長との約束の場所へと向かう島崎。

しかし、約束の時間になると警察たちの姿が…。

一体島崎はどうなってしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク

BG身辺警護人2020(続編)6話の感想

今回の依頼者は、商店街でカレー食堂を営む店主。

立ち退きを迫られ、「長年夫と守ってきたカレーを守って欲しい」というものでした。

40年という長い間、夫婦で守ってきたお店を、突然奪われる辛さは、想像以上だと思います。

結局、立ち退くことにはなりましたが、「カレーを作る」という日常を守ることができました。

毎回、依頼者の身の安全を守るだけでなく、依頼者の心にある大切な物も守っていて、凄いなと思います。

さて、毎回出てくる息子・瞬(田中葵生さん)との朝食シーン。

ネットで空手を学んだという瞬は、島崎の前で形を見せます。

いつもは、ぶっきら棒でそっけない瞬ですが、なんだか可愛く見えました。

そんな所へ笠松先生が訪れます。

動揺する島崎をよそに、瞬は笠松先生を家へ…、そして、「学校に行く」と家を出ていきました。

「色々と察する力があるな…」と、そんな所も島崎に似ているなと思いました。

それにしても、島崎と笠松先生の関係は、なかなか進まず、なんとももどかしいです。

今回も、いい雰囲気になった所で、沢口から電話が入ってしまう…という悲しい展開。

その直前、少しずつ島崎に近づいていく笠松先生、とても可愛かったです。

KICKSでは、桑田議員の警護をしていましたが、そこに長髪の男が現れます。

菅沼が捕まえると、「劉社長に桑田先生を消せと言われている」と言っていました。

そんな劉社長は、警察からの任意同行に応じず、逃走…。

「何もしていない」という劉社長でしたが、本当にそうなのか信じ難い所です。

さらに、自分の警護を島崎に依頼してきました。

しかも、あんなに憎んでいた劉社長からの依頼を、引き受けようとする島崎。

高梨は、反対し「会社を辞める」と言って出て行ってしまいました。

出ていく直前に言っていた「悔しいくらい動きやすかった、これでやっと一緒にやっていけると腹から思った」という高梨の言葉に、感動してしまいました。

高梨もいない中、警察に追われていて、信用できるかも分からない相手を警護するなんて、「大丈夫なんだろうか…」と心配になってしまいます。

次回で最終回との事ですが、どんな結末が待っているのかドキドキです。

 

スポンサーリンク

BG身辺警護人2020(続編)6話のあらすじ

2020年7月23日(木)よる9:00~
第6話(拡大スペシャル)

島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)のもとへ、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から“厄介な警護依頼”が舞い込んだ。この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。

そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始! 華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合うが、店内を見渡した章はふと華絵の意図に違和感を覚え…!?

時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前会ったときの記憶がよみがえる! 章の身を心配し、男の正体を調べようとする多佳子。一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見し…! 男の正体と目的とは一体何なのか!? ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)を“窮地”に追い込む事態が発生してしまう――。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

今回の依頼者は、商店街で40年カレー食堂を営む佐久間華絵。

亡くなった夫と一生懸命守ってきたこの食堂を、島崎と高梨と一緒に守ろうとします。

結局、立ち退くことになってしまいますが、「カレーを作る日常」を守ることができました。

話の最後いは、劉社長からボディーガードの依頼が…。

しかし、反対する高梨は、「辞める」と言って会社を去っていきます。

一体島崎警備会社、そして島崎はどうなってしまうのでしょうか?

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました