BG身辺警護人2020(続編)の1話ネタバレ感想・あらすじまとめ!木村拓哉の現在は?

BG~身辺警護人~2020

『BG身辺警護人2020』(続編)のネタバレ感想・あらすじまとめです☆

 

木村拓哉さん主演のドラマ「BG~身辺警護人」。ついに6月18日(木)、待望の第1話が放送されました。

 

このドラマは、2018年1月に放送され、今回は2シリーズ目。

 

木村拓哉さん演じる島崎章が、民間のボディーガードとして、様々な依頼人を警護します。

 

命がけで警護するボディーガード達。ハラハラドキドキすること間違いなし!

 

アクションシーンや、息の合ったチームプレーも目が離せません。

 

今回は、第1話のネタバレ、あらすじ、そして、私が観た感想をお届けしたいと思います。

 

スポンサーリンク

BG身辺警護人2020(続編)1話のネタバレ!

IT系総合企業KICKS CORP(キックスコーポレーション)に買収された「日ノ出警備保障」。

 

与党議員の桑田宗司(小木茂光さん)の20周年記念祝賀会の警護をすることになります。

 

島崎章(木村拓哉さん)がけがをしたものの、不審な人物を撃退し、無事に任務を終えました。

 

この1件で、「KICKSのいい宣伝になった」と、小沢健三(勝村政信さん)も喜んでいました。

 

そんな所に、島崎宛てに、関東工科大学元講師・松野信介(青木嵩高さん)から、警護依頼の手紙が届きます。

 

松野は、関東工科大学で、研究員の伊丹綾子(竹島由夏さん)を窒息させたという容疑で、服役していました。

 

しかし、KICKSのクライアントは、VIPに限るという劉社長(仲村トオルさん)の方針により、依頼を断るように言われてしまいます。

 

会社の方針に従い、島崎は、依頼を断りに刑務所にいる松野の元に行きます。

 

そこで、松野の話を直接聞いた島崎は、依頼を断ったものの、依頼を受けられないことにモヤモヤしているようです。

 

島崎は、松野の依頼の相談を社長の劉に相談しますが、あっさり断られてしまいます。

 

その帰り、先日の記念祝賀会で桑田を襲おうとした人物に遭遇。

 

後を付けてみると、桑田の秘書からお金を受け取っていました。

 

実は、祝賀会の警護の依頼は、桑田議員の同情票集め、KICKSを宣伝するためのものだったのです。

 

そのやり方に、納得のいかない島崎は、反論しにいくものの、社長にクビを告げられ、会社を辞めます。

 

フリーでボディーガードの仕事を始めることを決めた島崎は、松野の依頼を引き受け、関東工科大学までの警護をします。

 

**

 

島崎が退職したKICKSでは、菅沼が班長を務め、警護をしていました。

 

そこで、小沢健三(勝村政信さん)に、心ない言葉を言われる高梨。

 

そして、自ら退職したと思っていた島崎が、クビになったという事実を知ります。

 

**

 

移動途中、マスコミに見つかってしまう松野と島崎。

 

動向が漏れていることを心配し、島崎の事務所で一泊することにします。

 

そこで、島崎は、松野に工科大学での事件について、本当に事故だったのか改めて聞きます。

 

すると、松野は、事件当時の様子を話し始めました。

 

当時、坂上教授が研究発表の前で、実験に追われる日々を送っていたという松野。

 

研究をしていたのは、南極から持ち帰った氷柱に含まれるバクテリア。

 

その氷柱は、莫大なコストをかけて採取された貴重品だと言います。

 

しかし、冷却装置が故障して、それが解け始めてしまったため、液体窒素をまくように、伊丹に頼んだそうです。

 

松野は教授・坂上司(神保悟志さん)を呼びに研究室を出てしまい、彼女の異変に気付かず、死に至ってしまったと話します。

 

この事件をきっかけに、研究室自体にも批判の目が向いてしまった、だから、教授に会いたいと話します。

 

そこへ、インターフォンが鳴り、慎重になる島崎だったが、松野がドアを開けてしまいます。

 

訪ねてきたのは、伊丹の弟だったのです。

 

事件当日、伊丹から電話を受けた弟は、「松野が殺した」と襲い掛かります。

 

そこへ、高梨が現れ、なんとか一件落着。

 

翌日、車で移動しようとする島崎と松野の元に、高梨が車に乗り込み、一緒に警護することになりました。

 

関東工科大学に到着した3人は、マスコミがいることに気づき、裏から入ることにします。

 

そこで、マスコミに情報が洩れていることや、松野の行動を不審に思っていた島崎は、松野が情報をリークしたのではないかと、問いかけます。

 

その間に、隙を見て研究室に向かう松野を、慌てて島崎はあとを追います。

 

教授の元にたどり着いた2人。

 

そこで、松野は、事件の真実を話し始めます。

 

真相は、伊丹に液体窒素をまくよう指示したのは、教授。

 

松野は、研究を守るために罪をかぶったのです。

 

しかし、教授が意図的に伊丹を殺害した事に、気づいた松野。

 

その罪を認めて、カメラの前で事実を話し、伊丹さんの未来を奪ったことを謝って欲しい、というのが、本来の目的だったようです。

 

低温室に入っていく教授を追いかける松野。

 

そして、殺気立っている松野を必死で抑えながら、島崎も低温室に入ります。

 

しかし、その低温室は、教授が外部から開けられない様にロックをしていたのです。

 

汚名を着せられるくらいなら、死んだほうがマシだと…。

 

どんどん室温が下がっていく低温室。

 

「もうダメか…」という所で、高梨のお陰で無事に脱出することができました。

 

教授は、自白することを決め、任務はなんとか終了して終わりました。

 

スポンサーリンク

BG身辺警護人2020(続編)1話の感想

コロナの影響で、放送開始が延期していましたが、ついに放送が決まり、とても楽しみにしていました。

 

第1シリーズでは、こじんまりとした警備会社で、アットホームな感じでしたが、IT系総合企業に買収され、すっかり大きな会社になっていて、びっくりしました。

 

最初の桑田の警護が、まさか意図的な物だったとは、「やり方が汚いな」と思ったと同時に、純粋に「人を守る」というだけでは、難しい仕事なのかなと感じました。

 

そして、まさかの第1話で、島崎が会社を辞め、フリーで警備を始めるという展開に、頭がついていきませんでした。

 

「1人でやっていけるのか…」と心配です。

 

しかし、任務を終了して、帰ろうとする島崎の車に乗りこむ高梨を見て、「もしかしたら、高梨も会社を辞めて島崎とタッグを組むのではないか」という期待が持てました。

 

息ぴったりのこの2人のやり取りも、見どころの1つだと思います。

 

特に、任務開始の際に、時間を確認しあい、「誤差無し」というシーンを見た時には、「きた!」と思いました。

 

これは、第1シリーズからの、お決まりなんです。

 

そして、このドラマの見どころは、なんといっても、依頼人を守る時のアクションシーン。

 

今回も、島崎をはじめ、高梨たちのキレッキレのアクションシーンは、とてもかっこよかったです。

 

冒頭の祝賀会で、不審者を捕まえた後、そのまま一件落着と思いきや、犯人がやり返した時には、まさかの展開にハラハラしました。

 

最後の最後で発覚した、菅沼と高梨の交際。

 

一緒にジムでトレーニングしていたので、「まさか」とは思いましたが、びっくりです。

 

電話でけんかしていたので、「このまま別れてしまう…」なんてことにならないか心配ですが…。

 

ドラマの最後には、劉社長が、今回の島崎の依頼の件を知り、「最後の仕事になるだろう」という意味深な言葉を残していたのが、気になります。

 

卑怯な手を使って、島崎の仕事を邪魔してくるのでは…と気が気じゃありません。

 

次回も、どんなアクションシーンが見られるのか、楽しみです。

 

スポンサーリンク

BG身辺警護人2020(続編)1話のあらすじ

2020年6月18日(木)よる9:00~
第1話(拡大スペシャル)

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。
その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!
翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――そう思いつめたように訴える松野と対面し、章の気持ちは揺れ動くが…。
ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに! ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?

(引用:公式サイト

 

スポンサーリンク

まとめ

第1シリーズとは一転して、大きな会社になった「日ノ出警備保障」改めKICKSガード。

 

「クライアントはVIPに限る」という会社の方針に、納得できない島崎は、会社を辞めてフリーのボディーガードに転身しました。

 

最初の依頼は、刑期を終えた松田の警護。

 

一時はどうなることかと思いましたが、途中で高梨も合流し、無事に任務は終了しました。

 

第1シリーズに引き続き、ハラハラドキドキの展開でしたが、期待通りの第1話でした。

※この記事のトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました