アンサングシンデレラ(ドラマ)9話のネタバレ・感想・あらすじ!田中圭が吐血して倒れた!

アンサングシンデレラ

ドラマ『アンサングシンデレラ』の9話ネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

アンサングシンデレラは病院薬剤師の知られざる日常を描いたドラマです。

石原さとみさんが患者一人ひとりに真摯に向き合う病院薬剤師・葵みどりを演じます。

他にも田中圭さんや西野七瀬さん、井之脇海さん、桜井ユキさんなど人気俳優がたくさん出演しています。

まさたか
まさたか

今回の第9話は田中圭さん演じる瀬野章吾と徳永えりさん演じる若月陽菜が中心のエピソードです。それでは早速みていきましょう!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)9話のネタバレ

薬剤部副部長・瀬野章吾(田中圭)が吐血して倒れたという情報が薬剤部に入ります。

しかし、薬剤部のメンバーの心配をよそに、瀬野はいつもと同じように出勤してきます。

その姿に一同は驚き、心配しますが、瀬野は吐血理由を逆流性食道炎と説明し、一同を安心させます。

念のため、瀬野は葵みどり(石原さとみ)を救急担当のヘルプにつけることにします。

しかし、本当はまだ診断は出ておらず、精密検査を受けなければいけない状況だったのです。

そして、精密検査の結果、瀬野は非小細胞がんステージⅣで食道と副腎にも転移していることを知ります。

そして、それは遺伝性のがんだと瀬野は知っていました。

瀬野の母と祖母は同様の重複がんで亡くなっていたのです。

さらに、担当医は手術での根治が難しいことを伝えます。

職業柄、瀬野は副腎がんに効く抗がん剤がないことを知っていました。

瀬野のがんは治すことができないのです。

そのため瀬野に与えられた選択肢は二つでした。

1つ目は仕事をやめ、抗がん剤治療に専念し、病気の進行を遅らせること。

2つ目は医療用麻薬で痛みを抑え、仕事を続けること。

瀬野は「最後にどう生きるかは自分で決めたいんです。」と医師に伝えます。

自分ではどうすることもできない悔しさで混乱していると、そこに救急の電話がかかってきます。

救急搬送の対応をしていると、地域のドラッグストアで働く薬剤師・小野塚綾(成田凌)がやってきます。

小野塚は瀬野に憧れ、救急認定薬剤師になると瀬野に伝えにきたのでした。

救急の仕事をし、小野塚と話し、瀬野は自分のいるべき場所、いたい場所を明確にします。

そして、瀬野は最後まで仕事を続けることを決めます。

部長室の前で待っていた葵は、偶然にも瀬野ががんを患っていることを知ってしまいます。

勤務終了後、葵は昔よく誘ってもらったように、瀬野をご飯に誘います。

そして、葵が「治療しても治らない病気になったどうしますか?」と質問をします。

瀬野は「やれるところぎりぎりまで仕事をする」と答え、瀬野の母親のことを話し始めます。

瀬野の母は誰かの役に立つことが生きた証になると考え、重複がんと分かった後も仕事を続けました。

「自己満足かもしれないけど」と言いながらも、瀬野も母親と同じく、仕事を選んだのです。

**

病院に34歳の女性が運ばれてきます。

名前は若月陽菜(徳永えり)。

倒れた現場に散乱していたという薬や処方箋を葵が調べると、抗不安薬のロラゼパムでした。

陽菜が倒れた原因はオーバードーズ(薬の過剰摂取)だったのです。

肝機能の低下と不整脈もあるため、肝機能の改善が見られるまでの入院が決まります。

陽菜は様々な病院で処方箋をもらい、様々な薬局で薬をもらっていたため、たくさんの薬を持っていました。

葵は陽菜が持っている薬の代わりに、乳糖剤を渡します。

乳糖剤は薬の成分が入っていないただの錠剤です。

しかし、陽菜はそれを拒否し、葵が持っていた陽菜の薬の束を奪い、裸足で廊下に飛び出します。

奪った薬を大量摂取しようとする陽菜を葵が止めようとした瞬間、陽菜は葵の顔に口に含んだ薬をぶちまけます。

そして、「なにマジになってんのお姉さん♪」と葵をからかいます。

驚いた葵でしたが、冷静に陽菜に病室に戻るよう伝えると、陽菜はおとなしく病室に戻るのでした。

しばらくすると、陽菜の元夫・栗原(高橋光臣)が面会に訪れます。

陽菜の病室を去った後、栗原は陽菜があのような状態になってしまった経緯を葵に話し始めます。

陽菜と栗原の間には6歳になる娘・結菜がいます。

結菜が生まれた頃、栗原は出張が多かったため陽菜に育児を任せっきりにしていました。

栗原は陽菜が育児ノイローゼになっていることにも気づかなかったのです。

ある日、栗原が帰宅すると、泣き叫ぶ赤ん坊の結菜とその隣で大量の抗不安薬を握って倒れている陽菜の姿がありました。

その後、陽菜は娘と離れ、入院し、治療を始めますが、症状は悪化します。

そして、育児に自信をなくした陽菜は栗原に離婚を申し出たのでした。

最近、結菜は「ママに会いたい」と言い始め、栗原は結菜を病院に連れてくることを考えていました。

栗原が結菜を連れてくると言った当日、陽菜は懸命に母になろうと努力しました。

隠し持っていた薬を捨て、「ママだよ」と言う練習したり、化粧をしたりしました。

そして、幼稚園終わりの夕方、結菜と栗原は葵に連れられ、病室を訪れます。

しかし、そこに陽菜の姿はありませんでした。

隣の病室から大声が聞こえ、葵が駆けつけると、そこには別の患者の薬を奪おうとする陽菜の姿がありました。

大量の薬を飲もうとする母親の姿に、結菜は栗原に「帰りたい」と言い、そのまま帰ってしまいます。

結菜が来ると聞いて薬も我慢し、「治りたい」と思っていた陽菜でしたが、その希望も打ち砕かれてしまいました。

陽菜は自分自身の不甲斐なさに絶望し、夜中に立ち入り禁止の調剤室に入り込みます。

当直である葵の目を盗み、いつもの抗不安薬を探しますが、見つかってしまいます。

逆上した陽菜は葵の首元にハサミを突き刺し、薬を出すことを強要し始めますが、そこに瀬野が通りかかります。

瀬野は葵の身の危険から薬を出そうとしますが、葵が止め、説得し始めます。

葵は「陽菜さんは治ります。治療と向き合ってください。治らない病気の人だっているんですから」と泣き始めます。

葵ががんのことを知っていると勘付いた瀬野は陽菜に喋りかけます。

「治らない病気を抱えている患者は多くいます。僕もその一人です。がんで余命は3ヶ月。私は…死にます。

でもあなたは治ります。治療は大変かもしれません。けど、あなたは再出発できます。」

そして、瀬野は葵が陽菜のために書いた治療計画プランのノートを見せ、「葵に任せてくれませんか」と説得します。

さらに、葵は結菜が持ってきた「ママへ」と書かれた手紙を陽菜に渡します。

それを見た陽菜は自分の理想と現実の姿のギャップに「どうしようもないんだって…」と泣き始めます。

それを葵は「ゆっくり少しずつやっていきましょう」と優しく抱きしめるのでした。

その後、陽菜は無事に病室に戻り、眠ります。

調剤室に戻った葵は瀬野に今までの感謝の気持ちと責任感から「すぐに治療を受けてほしい」と言い始めます。

そして、「別の治療法があるかもしれない、せめてそれを探させてくれないか。

どんなに無様でもいいから生きることにしがみついてほしい」と思いをぶつけます。

瀬野は自身の病状を説明し、「俺の治療と薬のことは全て葵みどりに任せる」と告げます。

**

陽菜はその後、苦労しながらも薬の量を徐々に減らし、回復します。

そして、退院の日、陽菜は結菜と栗原と共に仲良く帰っていくのでした。

**

薬剤部部長・販田聡子(真矢ミキ)は副部長・七尾拓(池田鉄洋)に瀬野に効く治験薬の調査を依頼します。

その時、瀬野の病状を初めて聞いた七尾は何かを企み始めるのでした。

 

また、下記の記事で、アンサングシンデレラの無料動画をフル視聴できる方法をご紹介しています。

>>アンサングシンデレラの見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)9話の感想

アンサングシンデレラ第9話いかがでしたでしょうか!?

今回は瀬野の登場シーンが多く、田中圭さんのファンの方々は歓喜のエピソードだったのではないでしょうか。

前回に引き続き、今回も重く、苦しい内容でしたね。

第9話の題名は「自分が生きていた証」でした。

瀬野は最後まで薬剤師として一人での多くの患者の役に立つことが証になると考えました。

それは自分の母親の姿から学んだものでしたね。

母親を看取る時に少なからず何かを感じ取ったからではないでしょうか。

海外ドラマですが、別のドラマでは自分の生きていた証が欲しいと言って、新聞社を立ち上げた女性がいました。

その女性は、自分の母親が世に名を残すことなく早くに亡くなったことから、自分は新聞社を立ち上げることにしたのです。

しかし、その女性の夫は「あなたの母親は何よりあなたという愛すべき存在を残してくれた」と女性に言います。

どちらの考えが正解か不正解か誰にも分かりませんし、二元的に考える問題でもないと思います。

人は生きる意味を問い、考えがちです。

私は今余命宣告をされたら、「なにもできなかったな」と真っ先に思います。

生まれてきたからには何かをしなければいけないと誰かに言われたわけではありません。

しかし、そう思ってしまうのです。

生きる意味、生きた意味、それを考えることは非常に難しく、永遠の謎の一つだと思います。

今回のキーワードは「治らない病気と治る病気」でしたね。

存在としても、「治る病気の陽菜」と、「治らない病気の瀬野」という対比ができていました。

調剤室で落ち着いた陽菜を見る瀬野の目は悲しげでしたよね。

今後、瀬野が仕事を続けるかは分かりませんが、治る患者への対応は精神的にきつい部分があると思います。

仕事へのやりがいを感じる一方、自分の状況とどうしても比べたりして、瀬野はそんな自分に悩みそうです。

どのようにがんと向き合うか分かりませんが、薬剤部のメンバーがそばにいてくれると信じています。

来週も見逃せませんね!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)9話のあらすじ

 瀬野章吾(田中圭)が葵みどり(石原さとみ)の目の前で倒れた。救急センターに運ばれ豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けた瀬野は、すぐに意識を取り戻す。詳しい検査を受ける事になった瀬野は付き添って来たみどりに、仕事に戻るよう指示した。

翌朝、萬津総合病院には瀬野が倒れたという噂が広がり、調剤室にも伝わる。が、いつものように顔を出した瀬野は逆流性食道炎だったと仲間たちを安心させる。そんな瀬野に刈谷奈緒子(桜井ユキ)は静養した方が良いと忠告。同意した瀬野は、みどりに救急センターの手伝いを頼む。その後、瀬野は販田聡子(真矢ミキ)に,瑠衣から肺に腫瘍の疑いがあると指摘されたため精密検査を受けると報告。そんな時、瀬野に救急センターから急患の呼び出しが入る。

搬送されて来たのは若月陽菜(徳永えり)。みどりと陽菜の所持品から薬を探した瀬野は抗不安薬の大量の殻を見つけ、オーバードーズ(薬の多量摂取)を疑う。処置にあたっていた瑠衣は、みどりに薬袋の調剤薬局に連絡して陽菜への処方歴を確認するよう頼んだ。すると、やはり陽菜は複数の医療機関から同じ病気の処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていた事が判明。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と病室へ服薬指導に行くが陽菜は反抗的。みどりは陽菜にからかわれてしまう。

瀬野は精密検査の結果を消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)から知らされる。それは瀬野にとって受け入れ難いものだった。一方、みどりは小野塚綾(成田凌)から、意外なことを頼まれる。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

第10話はゲストとして近藤公園さん、宮沢佐江さんが登場します!

近藤公園さんは心筋梗塞で緊急搬送される男性役を、宮澤佐江さんはその妻の役です!

次回は、田中圭さん演じる瀬野章吾と、近藤公園さん演じる丸岡はじめが中心のエピソードになりそうですね。

どのような展開になるか全く予想がつきませんね!

次回もお見逃しなく!

 

※このページのアイキャッチ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました