アンサングシンデレラ(ドラマ)7話のネタバレ・感想・あらすじ!やれる治療があるだけマシ?

アンサングシンデレラ

ドラマ『アンサングシンデレラ』の7話ネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

『アンサングシンデレラ』は病院薬剤師の知られざる日常を描いたドラマです。

石原さとみさん演じる葵みどりは、患者さん一人一人と向き合うことを大切にしている薬剤師です。

患者さんが普段の日常に戻れるようにサポートすることを信条としています。

まさたか
まさたか

今回の第7話は葵が長年担当した急性骨髄白血病の患者が中心のエピソードです。

それでは早速みていきましょう!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)7話のネタバレ

萬津総合病院薬剤部は人員不足で悩んでいました。

そこで薬剤部部長・販田聡子(真矢ミキ)はロボットの導入を提案します。

ロボットのための予算を勝ち取るために薬剤部全体に問題を起こさないよう呼びかけます。

葵みどり(石原さとみ)は簑島心春(穂志もえか)から退院することを聞き、喜びます。

心春は葵が7年前から担当する白血病の患者です。

中学生の時に急性骨髄白血病と診断されました。

葵が担当したての頃、心春は好きだったバレエを諦めたり、髪の毛が全て抜けてしまったりと落ち込み続けました。

葵に泣き喚いてばかりの心春でしたが、葵の熱心な働きかけにより、治療に積極的になります。

その後、無事に完全寛解(全ての病変が消失した状態のこと)した心春は高校を卒業します。

そして、治療中の葵の姿に憧れた心春は薬科大に進学しますが、急性骨髄白血病が再発します。

1年5ヶ月の厳しい治療を経て、今日やっと退院できることが決まったのでした。

萬津総合病院に極秘入院した患者の情報が入ってきます。

女性の名前は古賀万奈美。

喘息の持病があり、手の骨にヒビが入ったため入院しました。

担当医師以外誰もその素性は明かされていません。

実際は最近パワハラ疑惑で世間から注目されている国会議員です。

入院してマスコミや世間の同情を集めようとしたのでした。

何も知らない葵と相原が古賀の病室に行き、最近の体調を聞いたり、薬の説明をしたりします。

古賀が立ち上がった際に、ふらつき、胸を押さえたように見えた葵は声をかけますが、病室を追い出されてしまいます。

退院を控えた心春が病院の渡り廊下で手紙を書いていると、古賀がやってきます。

煙草ケースを持っていた古賀をみて、小春は「煙草を吸いたいなら中庭で」と声をかけます。

「吸わないわよ、嫌だったらあなたが中庭にいけばいい」と答えますが、心春は「行けません」と言います。

心春は病気で少しの外出も運動も許されていないのでした。

心春から病名を聞いた古賀は入院時期やドナーのことを聞いてきます。

古賀は学生の時に友人を病気で亡くしてから医療制度の拡充を人生の目標に掲げていました。

厚労省に入り、骨髄バンクや提供ドナー助成制度の確立に尽力した議員だったのです。

いろいろ話した後、古賀が立ち去ろうとした瞬間、胸を苦しそうに抑えて倒れてしまいます。

心春は人を呼びに病院内を走り、葵たちを呼びます。

古賀は無事に治療を受けますが、心春は走った後の妙な違和感に不安になります。

病室に戻った古賀を葵が訪問します。

葵は古賀の体調を懸念し、検査を勧めますが、「必要ない」と一刀両断されてしまいます。

古賀は薬品の在庫管理、受発注業務、調剤と病棟業務の両立から休み時間の不足、残業時間の増加を指摘します。

そして、葵の一人一人の患者に時間をかけすぎるやり方を間違っている、と言います。

葵は自分のやり方を変えるつもりはないと言い、口論になってしまいます。

そして、葵には古賀への接近禁止命令が出されてしまうのでした。

古賀の秘書・鴨居健介(モロ師岡)が葵のもとを訪ねます。

古賀が検査を拒む理由は、大病が見つかった時にそれを理由に古賀の政治的地位を崩してくる人がいるからでした。

しかし、鴨居は古賀に検査を受けて欲しいのでした。

その思いを汲み取った葵は古賀の病状を探し求めます。

病状がわからない葵は担当医師に古賀の検査の打診をします。

「患者が退院後に日常を過ごせるように」を信念に働く葵は、「腕が治ればいい」という医師に立ち向かいます。

言い争いがヒートアップしそうなところに古賀が現れ、「検査は受けない」と言います。

葵が何か言おうとした瞬間、大きな物音が聞こえます。

心春が倒れた音でした。

検査の結果、心春に肺塞栓の症状が出ていました。

退院は延期です。

心配した葵が病室に向かうと、元気を装った心春が待っていました。

7年前、当時新人だった葵に白血病の患者を任せることを決めたのは薬剤部副部長・瀬野章吾(田中圭)でした。

葵の妹も白血病で幼い時に亡くなっていました。

瀬野は葵が他の患者と区別なく心春のことを診ることができるかを試したのでした。

葵は感情移入しすぎて、一度は担当から外されそうになりますが、気持ちを切り替えます。

その後、徐々に心春を他の患者と同様に診ることができるようになったのでした。

退院が伸び、念願の外の風にあたることができなくなった心春のために、葵は担当医師にある提案をします。

病院の敷地内での外出の許可でした。

1年5ヶ月ぶりに外の風に吹かれた心春は「気持ち良い」と泣きそうになっていました。

その姿に同行した葵と担当医師も感極まってしまいます。

古賀は検査を受けることを決意します。

心春の様子を見て、勇気をもらったのでした。

そして、葵は古賀についてあることに気づきます。

古賀が持病の喘息の薬の中毒になっているのではないかと疑ったのです。

古賀が常に服用している喘息の薬はタバコの成分で代謝が早まってしまう薬でした。

そのため、医師は喫煙量を考慮し、薬の量を多くしていました。

禁煙を始めた古賀でしたが、そのこと医師に報告していませんでした。

そのため処方された薬の量はそのままにされ、知らぬ間に多量摂取になっていた古賀に中毒症状が出たのです。

原因がわかった古賀は退院準備を始めます。

葵の熱心さや治療に励む心春の強さに触れ、古賀は仕事に邁進するのでした。

病室にきた葵に心春は「次に退院する時に読んでほしい」と言って手紙を渡します。

退院の予告状です。

退院が決まった際に感謝を伝えるために葵宛に書いた手紙でした。

その後、長い治療を経て心春は退院し、薬学生の日常に戻って行ったのでした。

 

また、下記の記事で、アンサングシンデレラの無料動画をフル視聴できる方法をご紹介しています。

>>アンサングシンデレラの見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)7話の感想

今回の『アンサングシンデレラ』いかがでしたか?

今回のエピソードの題名は「やれる治療があるだけマシだから」でした。

病院に長くいる心春は自分と同じ病気でも治療ができずに亡くなる人たちを見てきました。

この言葉は、強く、周りも気遣う優しさを秘めた心春そのものを表しているな、と感じました。

穂志もえかさん演じる心春の強さが画面から伝わってきました。

絶対に泣いてしまうようなところでも心春は泣かずに、周りの人を笑顔にさせていましたよね。

なかなかできないことですよね。

個人的に印象に残ったシーンがあります。

古賀の秘書・鴨居が葵に古賀の検査の必要性を訴えに行くシーンです。

鴨居は葵に古賀の政治家としての素晴らしさについて語ります。

その時に、真っ直ぐな目で葵に「私は政治家古賀万奈美にほれ込んでます」といいます。

みなさんにはその人の人間性や考えにほれこんでいる人はいますか?

そのような人に出会えることってなかなかないですし、貴重です。

真っ直ぐな目で「ほれこんでます」と言えるような人、これから出会いたいです。

そのような人に出会うことができたら人生変わりそうですよね。

なにもせずには好機は降ってこないと思うので、主体的に動いていきたいと、鴨居を見て思いました。

一方で、Twitterでは「瀬野さん、大丈夫!?」の声があふれていました。

実は本編で瀬野が胸を押さえて立ち止まるシーンがあります。

そして、予告では血を吐く瀬野の姿が流れたのです。

ドラマの放送直後にTwitterを見ると「瀬野さん」の文字ばかりで、心配する声がたくさんありました。

「患者」と「薬剤部」で病院での日常を描くのかと思っていましたが、葵たちの近しい人も倒れてしまうのですね。

瀬野さん、非常に心配です。

クライマックスへの足がかりになるのでしょうか。

来週も見逃すことはできませんね!

来週は薬剤部のメンバーである荒神寛治の家族が中心のエピソードです。

舞台も普段の薬剤部とうって変わって、病院外が中心になりそうです。

必見ですね!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)7話のあらすじ

2020.08.27
葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。

結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。

特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。左尺骨のヒビでの入院だ。だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れ蓑。そのため、病院長と整形外科医、大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには古賀の素性が伏せられた。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。また、みどりは苦しそうに胸を抑えた古賀が気になる。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

今回の第7話は心春の強さに視聴者が支えられた回でした。

来週の第8話は荒神の末期癌の妻に葵たちが向き合います。

葵が地域薬局に研修に行き、在宅治療の実態を学びます。

ゲストとして田中幸太朗さんと、東根作寿英さんが出演します。

さらに瀬野がなぜ血を吐き、倒れたのか、その真相も明らかになりそうです。

来週もお見逃しなく!

 

※このページのアイキャッチ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました