アンサングシンデレラ(ドラマ)4話のネタバレ・感想・あらすじまとめ!家族のことを考える深い回

アンサングシンデレラ

ドラマ『アンサングシンデレラ』の4話ネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

『アンサングシンデレラ』は知られざる病院薬剤師の日常を描いたドラマです。薬剤師を中心に扱うドラマは日本初です。

石原さとみさん演じる葵みどりが薬剤師として一人一人の患者の生活を支える様子が描かれています。

まさたか
まさたか

第4話は井之脇海さん演じる薬剤師・羽倉龍之介の家族と、葵行きつけの中華料理屋の家族が出てきて、家族」を自然と考えてしまう回です

早速みていきましょう!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)4話のネタバレ!

葵みどり(石原さとみ)と小野塚綾(成田凌)は行きつけの中華料理屋・娘娘亭で食事をしていました。

そこに娘々亭の主人・辰川秀三(迫田孝也)の娘・樹里(久保田紗友)が高校から帰ってきます。
顔が青白く、少しふらついた様子の樹里を葵は心配します。

翌日、葵と相原くるみ(西野七瀬)が病院内を歩いていると男性(菅原大吉)がうずくまっているところに遭遇します。
葵が助けようとすると男は葵が薬剤師ということに気づきます。
そして「私は医者だ。君よりよっぽど体のこと分かってる。どけ。」と言って、病室に帰ろうとします。
そこにその男の妻(宮田早苗)が来て、二人で病室に帰っていきました。

調剤室では羽倉龍之介(井之脇海)が医者に疑義紹介をかけていました。
疑義照会とは、医者が出した処方に間違いや懸念があった場合に直接問い合わせて、処方の変更の有無を聞くことです。
龍之介は女児の体重に見合わない量の薬の処方に異議を唱えますが、医者に押し切られてしまいます。
処方の変更は行われませんでした。

そこに龍之介の母・羽倉志帆が訪ねてきます。
葵と相原が先ほど助けようとした男の妻です。
なんとうずくまっていた男は羽倉の父・羽倉龍一だったのです。
龍一は車で事故を起こし、入院していました。
龍之介の医学部受験の失敗で父親と息子の関係は険悪でした。
龍一は地元の大きな病院の院長で、息子に期待していたのです。
志帆が関係の修復を試みて、わざと龍之介の勤務先に龍一を入院させたのです。
余計な母の計らいに「余計なことすんなって!」と龍之介は怒鳴ります。

葵は薬剤師として龍一の病室を訪れ、問診をしますが、追い返されてしまいます。
龍一は「薬剤師なんて医者の奴隷だ」という意見の持ち主だったのです。

そこに救急で中華料理屋の娘・樹里が運ばれてきます。
樹里は摂食障害になっていました。
実は樹里の祖父・太一(伊武雅刀)は末期の胃がんを患っており、もう長くないと言われていたのです。
祖父が大好きな樹里は心配で食事も喉を通らず、夜も眠れていなかったのです。

葵は樹里にどのようなサポートをすれば良いか悩んでいました。
先輩薬剤師の瀬野章吾(田中圭)は「患者の生活や周りの人たちも見るのが薬剤師。話を聞く相手は他にもいる」と助言します。
秀三は樹里に入院のことを祖父に言わないよう頼まれます。
樹里は太一に余計な心配をかけたくないのです。
それを聞いた葵はあることを思いつき、樹里に隣の病室の簑島心春(穂志もえか)を紹介します。
心春は白血病で入退院をくり返していますが、病室内でもお洒落を楽しむ20歳です。
心春の可愛い洋服を借り、祖父に会いに行くことが樹里の健康につながるのではないかと葵は考えたのでした。

調剤室に羽倉龍之介が調剤した薬で耳鳴りの症状が出た患者が来たという情報が入ってきます。
以前、龍之介が副作用を心配して疑義照会をかけていた処方です。
医者と共に患者に謝りますが、医者はまるで羽倉が間違っていたような言い草です。
その惨めな姿を見た龍之介の父・龍一は「やっぱり薬剤師は医者の奴隷だ」と吐き捨てたのでした。

病院内で龍一がうずくまっているところを再度見かけた葵は、妻・志帆に今までの様子を聞きに行きます。
実は龍一は体調を崩してから高血圧や頭痛に悩まされ、物忘れの症状が出てきていました。
入院の原因である事故もアクセルとブレーキの踏み間違いから起こったのでした。
脳神経外科の第1線で働いてきた龍一は、病気を受け入れることができず、脳の検査も拒否していました。
さらに、龍一は薬を自分で勝手に選び、体調に合わせて飲んでいました。
葵は龍一の服薬記録がびっしり書かれた手帳を志帆から借ります。
薬の大量服薬が物忘れ症状を起こしたという論文をどこかで読んだことがあったのです。
「薬剤師は医者の奴隷だ」という父に対して全力を尽くすことをためらう龍之介。
葵は「患者の為にできることをしたいと思って薬剤師になったのなら父親という患者のために最後まで責任もちなよ」と言います。
論文を探し始めた2人はようやく見つけ出し、龍一のもとに向かいます。

論文の概要を説明し、龍一に脳検査を受けてもらいます。
脳に異変は見られず、原因は薬の多剤併用(ポリファーマシー)でした。
薬を減らしていくと、徐々に偏頭痛もなくなりました。
退院の日、龍一は処方説明を行う葵に対しても横柄な態度で、薬剤師を馬鹿にします。
そんな父を見て、龍之介は「薬剤師は薬のプロで、あんたを救ったのも薬剤師だ。そのことを認めろ」と言います。
龍一は突然「もう1度医者を目指してみないか」と龍之介に言い始めます。
引退時期が近づき、自分の病院の跡を継いで欲しいと思ったのでした。
しかし、龍之介は「医者じゃなくても、薬剤師だって患者を救うことができる」と薬剤師を続けることを宣言します。
龍之介の言葉に龍一は複雑ながらも安心し、退院していくのでした。

安心しているのも束の間、樹里の祖父の容体が急変します。
祖父と毎日喋ることで元気を取り戻し、食事もできるようになっていた樹里は不安になり、嘔吐してしまいます。
なによりも樹里が辛く感じていたのは、本人に本当の病名を知らせずに治療を受けさせていたことでした。
「どうしていいかわからない」と泣く樹里に、葵は「大丈夫だよ」と寄り添うのでした。

 

また、下記の記事で、ドラマ『アンサングシンデレラ』の無料動画をフル視聴できる方法をご紹介しています。

>>アンサングシンデレラの見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)4話の感想

今回は家族がテーマでした。
祖父の病気を心配するあまり摂食障害になってしまった辰川樹里。
病魔が祖父を襲ったことで家族がバラバラになってしまいます。
3人ともお互いを思って行動していますが、想いを共有できていないことが全員を苦しめている状態ですよね。
話は来週にも繋がります。
予告で辰川家族と萬津総合病院薬剤部のメンバーが共に野球をする描写がありますが、葵が提案したのでしょうか。
末期がんの家族と向き合うことは非常に複雑です。
樹里に対して葵がどのように接していくのか、必見ですね。

次に、自ら医者になることを志すも、挫折し、家族に仕事を否定され続けてきた羽倉龍一。
憧れていた父の跡を継ぐ夢は絶たれ、本人は薬剤師になったことを納得していますが、家族に否定され続けていました。
今回、父親が入院したことで和解する機会ができましたが、現実には非常に難しい問題です。
家族に理解されないことは無意識に自分を否定することにつながります。

今回は、少しずつキャラクターの様子が変わっていましたね!
真矢ミキさん演じる飯田部長は羽倉の父が偉い人だと分かるとすぐにペコペコしていましたね。
薬剤部のみんなのお母さんのような役割かと思っていましたが、したたかでしたね。
その点、羽倉の父が医者でも態度が変わらなかった他のメンバーは信頼できますよね。
また、田中圭さん演じる瀬野の物腰が柔らかくなっていました。
いじられるシーンがあったり、仮眠中の葵にブランケットをかけてあげたりと、優しいシーンが多かったですね。
第1話の冷徹な雰囲気から一変しました。

冒頭では成田凌さん演じる小野塚が葵と食事をする場面もありました。
2人が恋愛に発展する雰囲気は今のところありませんが、お互いを刺激し合う良い関係になりつつありますよね。
これからの関係性の変化に注目です。

今回は薬剤部の中では羽倉がメインの話でした。
来週は葵の過去も明らかになるようです。
要チェックですね!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)4話のあらすじ

 葵みどり(石原さとみ)が『娘娘亭』で食事をしていると、辰川秀三(迫田孝也)の娘、樹里(久保田紗友)が帰って来た。みどりは具合が悪そうな樹里を気にするが、辰川は客に挨拶もしない樹里を叱り、最近は自分と口も聞かないと嘆く。それでも、樹里を心配するみどり。一緒にいた小野塚綾(成田凌)はお節介と評した。

翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に樹里の話をする。だが、くるみは樹里よりもみどりが小野塚と食事をしていたことが羨ましい。話しながら廊下を歩いていると、年配の患者、龍一(菅原大吉)がうずくまっていた。介助しようとするみどりに、龍一は自分は医者だ、薬剤師より自分の体のことはよく分かっていると無碍に言い放つ。そこに妻の志帆(宮田早苗)が来て、龍一を病室に戻した。

調剤室に戻ると、販田聡子(真矢ミキ)も手伝うほどの忙しさ。一方、羽倉龍之介(井之脇海)は電話で疑義照会しているが医者に押し切られてしまう。医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、みどりは納得出来ない。そこに志帆が羽倉を訪ねて来る。志帆は羽倉の母親、龍一は父親で病院を経営する医師だった。

みどりはくるみと龍一に服薬中の薬などを聞きに行く。龍一の態度は薬剤師が診察するのかと高飛車。そんな時、みどりに瀬野章吾(田中圭)から救急センターに来いと連絡が。樹里が搬送されたのだ。付き添いの小野塚は、樹里が自分の店で倒れていたと言う。駆けつけた辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。樹里の環境変化を気にかけるみどりに、辰川は祖父の太一(伊武雅刀)が末期がんで入院していることを教えた。家族の絆は壊れかけていた。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

次回の第5話は今回登場した辰川家が中心の回です。
本人に病気を伝えるか伝えないか、治療を受けるか受けないか、悩ましい選択肢はまだまだ残っています。
想像を絶する末期の胃がんの治療に辰川家の3人と萬津総合病院薬剤部はどのように立ち向かっていくのでしょうか。
ゲストとして田中美里さん、長谷川朝晴さんも出演されます。
次週もお見逃しなく!

 

※このページのアイキャッチ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました