アンサングシンデレラ(ドラマ)3話のネタバレ・感想・あらすじまとめ!浅利陽介・成田凌の関係がグッとくる!

アンサングシンデレラ

ドラマ『アンサングシンデレラ』の3話ネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

『アンサングシンデレラ』第3話のネタバレ・感想をまとめてみました!

アンサングシンデレラは病院薬剤師の普段見ることのできない日常を描いたドラマです。
石原さとみさん演じる主人公・葵みどりが一人一人の患者に真摯に向き合い、それぞれの悩みを解決していきます。

まさたか
まさたか

第3話のゲストは浅利陽介さんです。小学校の先生で、透析生活を続ける患者の役です。葵たちとどのように関わっていくのでしょうか

それでは早速みていきましょう!!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)3話のネタバレ!

葵みどり(石原さとみ)が勤める萬津総合病院に1人の男が救急搬送されてきます。
男の名は新田奏佑(浅利陽介)。
近くの萬津小学校に勤めており、体育の授業中に倒れました。

葵と新人薬剤師の相原くるみ(西野七瀬)は入院した新田の病室へ向かいます。
新田に今飲んでいる薬の詳細を聞くと、紙袋の中から大量の薬の山が出てきます。

それらの薬を整理しながら、葵はやってはいけない薬の処方がされていることに気づきます。
溶解速度上、割ってはいけない錠剤が半分に割られて処方されていたのです。

この事実に憤慨した葵は新田がいつも利用する薬局に向かいます。
すると、いつも中華屋で喋りかけてくる小野塚綾(成田凌)がでてきました。

実は小野塚はそのドラッグストアで薬剤師をしており、新田に処方したのも彼でした。
葵が小野塚を責め始めると小野塚は、ドラッグストアの激務では一人一人の患者を気にかけていられないと言い始めます。

しかし、葵は「激務でもそれをするのが薬剤師の仕事。何のために薬剤師になったんですか?」と突っかかってしまいます。

正論ばかりを並べ始める葵に嫌気がさし、「新田さんのことを本当にわかっているのか」と小野塚は聞き返します。

新田の忙しい環境を感じ取った小野塚はなるべく早く処方を渡し、余計な時間を取らせないようにしていたのです。

割ってはいけない半錠の薬は新田のことを思った結果でした。

小野塚の言い分はわかったものの、葵はどうしても納得することができません。

翌日、葵は新田にかかりつけの薬剤師が指定できる薬局への変更を提案しますが、すぐに拒否されます。

透析をしながら仕事の時間を確保するには24時間営業の薬局に行く以外選択肢はありません。

さらに入院中の仕事も控えるよう言うと、仕事を最優先にしたいと返されてしまいます。

新田は透析治療で仕事をやめた際、何のために命をつないでいるのか分からなくなり、大好きな教員の仕事を再開したのでした。

葵がしつこく今の生活スタイルを変えるように言うと、「僕の生き方に口を出すな」と完全に拒否されてしまいます。

「私のやり方が間違ってるのかな」と葵は悩みます。
見かねた先輩薬剤師の瀬野章吾(田中圭)は「お前がしたいことじゃなくて患者がしてほしいことをやれよ」と助言します。

葵は薬の管理が苦手な新田のことを思い、あるものを作成し始めます。

その夜、新田が病室から姿を消します。

実は新田は運動会の練習を生徒たちとできなかった分、生徒全員の似顔絵を描いた応援幕を届けようとしていました。

しかし、小学校の横の道で倒れているところを小野塚が発見します。
すぐに救急搬送され、新田は意識を取り戻しますが、応援幕が生徒に届けられることはありませんでした。

容体が落ち着いた新田の病室を葵と相原が訪問すると、新田は受け持っているクラスの現状を話し始めます。

透析で仕事が思い通りにできず、新田は学校で働きづらくなっていました。

その雰囲気を感じ取った生徒の親は新田を軽視し始めます。

クラスでの先生としての新田の立場はなくなり、授業中も立ち歩く子が多くなっていました。

病気になる前は理想の教師像を描くことができていた過去の自分とのギャップに悩み、教員を辞めようとしていました。

そんな新田に葵は生徒が書いた応援メッセージカード付きの薬カレンダーを退院祝いとして渡します。

メッセージカードは葵が学校に出向いて生徒に書いてもらったものでした。

そして、理想に苦しむ新田に葵はこんな言葉をかけます。

「病気と付き合いながら別の形の理想の先生を目指すことだってできるんじゃないですか?」

この言葉に勇気をもらった新田は「これからですね」と再出発を決意します。

一方で、小野塚は薬剤師としての自分の在り方に悩んでいました。
葵と出会ったことでその悩みはさらに大きくなります。

以前は救急認定薬剤師の資格を取ろうとしていましたが、週3の夜勤に疲労が溜まり、勉強どころではありません。

瀬野は新田の付き添いで病院を訪れた小野塚を薬剤師交流勉強会に誘います。
学生時代、小野塚が萬津総合病院の見学に来た際の熱心な姿勢を覚えていたのでした。

しかし、小野塚は誘いを断り、「俺はあんたたちとは違う」と言って立ち去ります。

新田は自分の理想より現実を見ていました。
就職したら奨学金を肩代わりしてくれるドラッグストアを選んだのもそのためです。

何かを諦めている様子の小野塚に葵は「どんな境遇でも理想を追求し続けてる人はいると思います」と言います。

厳しいですが、その言葉を実感した小野塚は一人一人の患者に向き合うために理想を掲げていくことを決めたのでした。

 

また、下記の記事で、ドラマ『アンサングシンデレラ』の無料動画をフル視聴できる方法をご紹介しています。

>>アンサングシンデレラの見逃し動画を1話~全話無料フル視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)3話の感想

第3話は新田のエピソードと小野塚のエピソードの2本立てでしたね。
どちらも薬剤師の現実を顕著に描き出したものになりました。

どちらの話も共通して「薬剤師の人手不足」が要素になっていましたね。
週3の夜勤、処方以外の仕事もこなすドラッグストアの薬剤師。

院内の患者を一手に引き受け、猫の手も借りたい病院薬剤部。
ドラマ内で描き出されていた生活ではどちらの薬剤師も新たな勉強をする余裕も気力もなかなか生まれません。

これでは日本の薬剤師業界全体のレベルがいつの日か問題になることが容易に予想できます。
この先高齢者の割合がまだまだ増加していく中で状況は厳しいと言えるでしょう。

実際に日本では万年薬剤師不足が問題になっています。
2006年に法改正され、薬学系の大学、学部、学科の6年教育が義務付けられました。

これにより薬学系の教育機関の数は増え、薬剤師への門戸は叩きやすくなりました。
しかし、高齢者の割合の増加と医療販路の拡大により供給が需要に追いついていません。

今回の第3話はまさにその深刻な状況にスポットライトを当てた回になりました。

そして、今回注目したいところは浅利陽介さんと成田凌さんですよね!!
ツイッターでも歓喜の声が上がっていましたが、気づいた方も多かったのではないでしょうか。

実は2人は『コード・ブルー–ドクターヘリ緊急救命–』で救急医とその研修医の役なのです!
そのお二人が『アンサングシンデレラ』では患者と薬剤師の役をされています!

『コード・ブルー』で研修医役の成田凌さんが、医者役の浅利陽介さんに処方箋を渡している所はニヤついてしまいました。

同じフジテレビ系列の医療ドラマでこのような仕掛けがあると、見るのが楽しくなってきますよね。

今回は成田凌さんが演じられている小野塚綾の役は当初、清原翔さんが演じられる予定でした。
清原翔さんは現在療養中のため、事務所の意向で出演を控えられています。

1日も早い回復を心から願っております。

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)3話のあらすじ

2020.07.30
葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、新田は大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

第3話は小野塚の存在が大きかったですね。
これからも葵たちに絡みのある役になりそうです。

第4話は井之脇海さん演じる羽倉の家族と、葵行きつけの中華屋の家族に動きがあります。
「家族の絆」がテーマになりそうです。

葵と近しい人々ですが、葵はどのように関わっていくのでしょうか。
次も患者の心を溶かすような温かいハッピーエンドになれば良いですね。

次回もお見逃しなく!

 

※このページのアイキャッチ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました