アンサングシンデレラ(ドラマ)2話のネタバレ・感想・あらすじまとめ!親子の物語に石原さとみはどう向き合う?

アンサングシンデレラ

ドラマ『アンサングシンデレラ』の2話ネタバレ・感想・あらすじについて、まとめてみました!

『アンサングシンデレラ』は毎週木曜夜10時から放送されている病院薬剤師の日常を描くドラマです。

主人公は石原さとみさんが演じるキャリア8年目の病院薬剤師・葵みどりです。

まさたか
まさたか

病院薬剤師は縁の下の力持ち(=アンサング ヒーロー)として患者さんの命を守っています。

葵は患者のそれぞれの生活を思い、一人ひとりに真剣に向き合う熱心な薬剤師です。

それでは早速第2話を見て行きましょう!

 

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)2話のネタバレ!

萬津総合病院薬剤部に厚生労働省の麻薬取締官が来ることが当日に知らされます。

麻薬取締官は、病院で使用されている麻薬が適切に管理されているかを数年に1度調べに来ます。
麻薬は鎮静剤として手術などに使われることがあります。

そのため、病院でも取り扱われているのです。
薬剤部部長・販田(真矢ミキ)は急いで帳簿と保管庫の麻薬の数に違いがないかを確かめます。

数が合わない場合には警察がきて捜査をすることになります。
大問題です。

慎重に個数を確認しますが、麻薬管理室の麻薬が1つ不足していることがわかります。
慌てふためく中、麻薬取締官が到着したとの連絡が来ます。
絶体絶命のピンチです。

同じ頃、葵みどり(石原さとみ)と相原くるみ(西野七瀬)は入院患者がきちんと薬を飲んでいるかを確かめに病室を回っていました。

昨晩、腕の骨折で緊急入院した大宮清(小林隆)の病室も訪れます。

大宮の肝機能の数値から何らかの薬を飲んでいる可能性があり、それを本人に聞く必要がありました。

しかし、大宮は「何の薬も飲んでいない」の一点張りで、怪しいポーチと水を持って病室を出て行ってしまいます。

病室にいた娘の麻利絵(大後寿々花)に事情を聞きますが、長い間一緒に住んでおらず、詳しいことは何もわかりませんでした。

大宮は20年前に妻と麻利絵が住む家を出て行き、2人は久しぶりに再会したといいます。
葵が困り果てていると、大宮がトイレで倒れているところを看護師が見つけ、救急処置室につれていかれてしまいました。

その時、葵は大宮が持ち出したポーチの中身が既に空になっていることに気づきます。
大宮は所持していた薬の大量摂取で倒れた可能性がありました。

どうしても大宮が飲んでいた薬を知りたい葵は、麻利絵と共に大宮の家に薬の手がかりを探しにいきます。

その頃、薬剤部は大混乱に陥っていました。
麻薬を誰が持ち出したのかが全くわからないのです。

しかし、ドラッグインフォメーション室責任者である荒神寛治(でんでん)が朝に形成外科に麻薬を渡したことが発覚します。

ようやく麻薬の在り処がわかった薬剤部ですが、手元に麻薬がないため安心もできません。
既に麻薬取締官が到着しているのです。

時間は一刻一刻と迫っています。
販田部長や荒神がなるべく時間を引き延ばす間に、相原が形成外科から麻薬を回収してくる計画が練られます。

そしてなんとか計画は成功し、ことなきを得ました。

一方で、葵は大宮の家の戸棚にあった薬の飲みかけを見つけ、味でどの薬か割り出すことに成功していました。

葵の趣味は新薬が出たら味見をすることで、どの薬がどんな味か覚えているのです。

しかし、葵の味覚記憶だけのいい加減な処方は出せないため、薬剤部副部長の瀬野(田中圭)は裏付けをとるよう促します。

答えがわかっている中もどかしい時間が続きますが、処方を出した病院を突き止め、ついに裏付けが取れました。

瀬野はすぐに拮抗薬(患者の重体の原因となっている薬の働きをなくす効果を持つ薬のこと)を投与します。
しばらくすると、大宮の具合は回復し、無事意識を取り戻すことができました。

薬剤部の大混乱が終わった夜、葵は販田部長と刈谷主任(桜井ユキ)と相原を中華料理屋に誘います。

話している中で刈谷主任と葵の意見の食い違いが生じます。
葵は一人一人の患者に向き合い、服薬指導をしています。

一見、患者のために行動しているように見えますが、長期的に見ると患者のためになりません。
利益の面で言うと、葵が半日かけて大宮の服薬指導を行うより、刈谷たちが大量の処方箋を捌く方が将来的に患者のためになるのです。

そう主張する刈谷は葵の行動を「自己満足だ」とばっさり切り捨てます。
納得のいかない葵は刈谷に反論しようしますが、うまく伝えることができません。

その晩はそのままお開きとなります。

翌日、刈谷は自分より患者とうまく接することができる葵にマイコプラズマ肺炎の子供の服薬指導を頼みます。

葵は子供の薬をお母さんに飲ませ、子供がどのような味の薬を飲んでいるか、何に混ぜたら飲みやすいかを伝えます。

子供の体調も治らず、仕事も休んでしまっているプレッシャーでお母さんは大変疲れていました。
しかし、葵の真摯な対応に心が救われたのでした。

帰ってきた葵に刈谷は「あんたはあんたのやり方でとことんやりなさいよ」と声をかけます。

そして葵は大宮の病室を訪れます。
実は大宮は大腿部骨肉腫という癌を患っていました。

倒れた原因の薬は、抗がん剤を服用した際の副作用を抑える薬だったのです。
骨肉腫のことを娘の麻利絵に知られたくなかったため、薬剤師にも薬の存在を隠していました。

家を捨てた自分が娘に迷惑をかけられないと感じていたのでした。
そのため娘に結婚式に出て欲しいと言われても、首を縦に振りませんでした。

大宮の告白を聞いていた麻理絵は「そのまんまの姿でいいから、結婚ぐらいちゃんと見届けなさいよ!」と思いを口にします。

そうして、大宮は無事麻利絵の結婚式に参列したのでした。

そして、大宮は葵みどりを薬剤師として指名し、萬津総合病院に転院し、骨肉腫の手術を受けることを決めたのでした。

 

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)2話の感想

第2話は親子の物語が中心でしたね。

娘に病気を明かさず迷惑をかけまいとする父親と、そのままの姿でいいから結婚式に出てほしい娘。

薬を飲まない子供に疲弊してしまうお母さん。
ただ入院、通院している患者さんといえど、病院の外にはそれぞれの生活があります。

『アンサングシンデレラ』は患者の生活や過去、背景を丁寧に描き出し、人物の気持ちを解いていく役割に葵を当てています。

そして、毎回石原さとみさんの同じセリフのナレーションで始まります。

「みんな病院の外には大切な日常があってこれからもそれぞれの未来が続いていく。それを守っていくのは薬剤師の仕事だ。」

いままで毎話同じナレーションで始まるドラマはあまり見たことがありませんでした。

サントラと同様に、ドラマを見返すときにこのナレーションが懐かしく思う日が来るのかと思うと感慨深いですね。

今回は葵の先輩薬剤師たちとの絡みが多かったです。
田中圭さん演じる薬剤部副部長の瀬野省吾と、桜井ユキさん演じる薬剤部主任の刈谷奈緒子ですね。

どちらの役も葵の性格を理解し、陰で支え、とことん走らせるそんな優しさを併せ持った役柄です。

販田部長が、相原に「わかってきちゃった?ここの良さ」と最後に声をかけていましたね。
私たち視聴者も萬津総合病院薬剤部の魅力に気付いてきたのではないでしょうか。
実はわたしは第1話で調剤室の空気に若干引いていました。

自分の首を気にする真矢ミキさん演じる販田部長。
葵を目の敵にする池田鉄洋さん演じる七尾拓副部長。
超合理主義の桜井ユキさん演じる刈谷主任。
いやに明るい井之脇海さん演じる羽倉。

色々なキャラが集まったカオスな雰囲気に押し流されそうでした。

しかし、第2話での各メンバーの協力プレーに非常に魅力を感じるようになりました。

もしかしたら、相原は視聴者目線を体感させる役割として置かれた存在なのかもしれません。

次回は協力プレーが見られるのでしょうか!?楽しみですね。

 

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ(ドラマ)2話のあらすじ

2020.07.23
葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねるが、麻利絵もわからない様子。みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、“父親”だと答えるが何か事情がありそう。

調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が走り込んで来て何やら慌てた様子。販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。刈谷は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。販田は他の保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出した。

そんな中、病室の外が騒がしくなる。みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は重篤に陥る。

一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づく・・・。

(引用:公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

次の第3話は浅利陽介さんがゲストで登場します!

自分の生き方を全うするために治療を拒否する患者と処置を受けさせたい病院側。
第1話、第2話でも登場していた成田凌さんも葵たちに大きく関わってきます!

次回の『アンサングシンデレラ』もお見逃しなく!

 

※このページのアイキャッチ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました