トップページ > アーティスト

アーティスト 一覧

ピアノ


               1  ,  2   ,  3 , 5
,6


サンプルイメージ

■氏家 絵理子(ピアノ)

桐朋学園大学短期大学部ピアノ専攻卒業。

ウィーン国立大学夏期セミナーに参加。パウル・グルダ氏に師事。

現在まで、長江杯国際音楽コンクール・アジア国際音楽コンサート・全日本国際芸術家協会 音楽フェスティバル

等、多数のコンクールやコンサートの声楽伴奏に参加。

今後は、オーボエの伴奏でも活動する予定。

現在は、伴奏活動の傍ら、幅広い年齢の生徒さんにピアノレッスンもしている。

現在まで、クラシックピアノを加藤朋子・大橋京子の各氏に、ジャズピアノをOTAKA氏に師事。






サンプルイメージ

加藤 紗耶香(ピアノ)

2歳よりピアノを始める。 私立宇都宮短期大学附属高等学校音楽科に主席にて入学・卒業を経て、私立東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業。本年3月、同大学大学院器楽 専攻 鍵盤楽器研究領域(伴奏)を卒業。

第12回栃木県ピアノコンクール小学校3・4年生の部優秀賞。第26回栃木県学生音楽コンクー ルピアノ部門(小学校高学年)第1位。第9回 PIARA ピアノコンクール全国大会年齢無制限部門最 優秀賞(第1位)。第14回ショパン国際ピアノコンクールinASIA アジア大会 一般部門銅賞。第29 回及川音楽事務所新人オーディション最優秀新人賞(第1位)などの受賞歴を持つ。

ピアノコンクール入賞者演奏会(栃木県)、第42回宇都宮短期大学附属高等学校音楽科学内演 奏会及び卒業演奏会、東京音楽大学・リスト音楽院交歓演奏会(ハンガリー)、東京音楽大学ピアノ科卒業演奏会など多数の演奏会に出演。第1回ショ パン国際マスタークラスなど数々のマスター クラスを受講しており、ヨゼフ・ストンペル、マリア・シュライベル、ヨアンナ・ドマンスカ、アンジェイ・ ヤシンスキ、カールマン・ドラーフィなどの各氏のレッスンを受講。

これまでにピアノソロを、中山直子、小倉郁子、菊地麗子、弘中幸子、野中正の各氏、伴奏法を 土田英介、水谷真理子、伊賀あゆみの各氏、室内楽を山洞智、浦川宜也、竹中勇人の各氏に師事。

『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』、『魔笛』、『イドメネオ』、『カプレーティ家とモンテッキ家』、 『清教徒(伊、仏)』、『ドン・パスクァーレ』、『愛の妙薬』、『ランメルモールのルチア』、『蝶々夫人』、 『ボエーム』、『カルメン』、『イル・トロヴァトーレ』、『椿姫』、『リゴレット』、『ロメオとジュリエット』、『こうもり』、『ヘンゼルと グレーテル』、『タンホイザー』、『イゾルデの愛と死』、『夕鶴』、『不思議の国のアリス』他多数のオペラ・オペレッタの稽古・本番ピアニ ストを務めている。また、在学時より、ソロピアニスト、声楽及び器楽の伴奏・室内楽ピアニスト、オーケストラ内の鍵盤奏者、合唱の指導、コレペティ トール、オペラ稽古ピアニスト、BGM やイベントのピアニスト、ブライダル奏者など、幅広いジャンルでソロ・伴奏・ 室内楽ピアニストとして活動する傍ら、精力的に後進の指導にもあたっている。






サンプルイメージ

立松美樹(ピアノ)

4歳 よりピアノを始める。

幼少期よりミュージカルやドラム、作曲、また吹奏楽やオーケストラでのオーボエなど様々 な音楽に親しむ。

国立音楽大学音楽学部鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業、同時にコレペティートル・コースを修了。

これまでにピアノを進藤郁子、藤井晶子、風間左智の各氏に師事。

在学中より積極的にオペラや歌曲、指揮伴奏に取り組み、現在はブライダルやセレモニーな どでのピアノ演奏の他、シンガーソングライターとして別名義でライブハウスやショッピングモールでのピアノ弾き語りも行う。


サンプルイメージ

立松美樹(ピアノ)

歳よりヤマハ音楽教室の幼児科へ。8歳からクラッシックピアノを習い始める。

1996年、稲森康利氏にポピュラーピアノを学び,2000年よりブライダルやパーティ等の演奏の仕事を始める.

2005年,蟻正行義氏(バークリー音楽大学、洗足音楽大学講師)の演奏に衝撃を受け師事し、本格的にジャズを学ぶ。

現在は自己のバンドでオリジナル曲やジャズのスタンダード、ブラジル音楽曲をライブハウスで演奏する他、

ピアノソロでレストランやラウンジ、バー、ブライダル、パーティ等で演奏を多数行う。

またボーカルのサポートや、タップダンスやバイオリンなど様々な楽器とのコラボレーションにも取り組む。

レパートリーはジャズ、シャンソン、クラシック、ポピュラー、演歌と多岐にわたる。

最近では雪村いずみの伴奏者として、ライブハウスやイベント等に出演。


サンプルイメージ

■R1SA(ピアノ・作曲家)

3歳よりエレクトーン、ピアノを習いはじめる。小学生の頃よりヤマハエレクトーンコンクール等、様々なコンクールに出場し入賞。同時にヤマハエレクトーン3級・ピアノ演奏グレード・指導グレード4級を取得。大学は相愛大学音楽学部創作演奏科に入学。大学では作曲、編曲、演奏を学ぶ。

その経験を生かし、R1SAとしてソロでのピアノアーティスト活動を開始。

作曲、編曲、トラック制作、全て自身でこなす。

Classic Jazz   Clubmusic  Progreessive rock  Electronica等を融合した衝撃的で斬新なSoundは海外のアーティストからも信頼を得ている。又、JazzLatinRockFusionPops等、さまざまなジャンルのバンドでピアノを担当。

20158月、梅田クラブクアトロにてサルサバンド「PonteDuro」のメンバーとしてキューバンサルサで最も人気のあるMykel Blanco y su salsa mayorのオープニングアウトを務める。

関西のライブハウスやホテル、Jazzbar等で演奏の他、大手企業オープニングイベントでの演奏等と幅広く活動している。

201510月には、神戸ネクストジャズ決勝ライブに出場。様々なジャンルに挑戦し続けている。











ページトップへ戻る
Copyright(C) Roots All Rights Reserved.