トップページ > アーティスト

アーティスト 一覧

ピアノ


    3 , 4 , 5
                                                                                                      




霜山茉莉(ピアノ)

札幌市出身。桐朋学園大学音楽学部演奏学科 卒業、同大学研究科修了。

幼少よりピアノを始める。第20回、第21 回STV青少年音楽コンクールSTV賞、第30回カワイ音楽コンクール全国大会銅賞、第55回全日本学生音楽コンクール北海道大会第2位、第13回北海道 ショパン学生ピアノコンクール銀賞、第19回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション全国大会入賞、同入賞者演奏会に出演、第18回宝塚ベガ音楽コン クール入賞、多摩フレッシュ音楽コンサート2007審査員奨励賞、第33回全国町田ピアノコンクール第1位、併せて市長賞、第19回吹田音楽コンクール審 査員奨励賞受賞など、数々の実績を積む。また、桐朋学園大学Students’Concert(学内成績優秀者による)や、 同大学卒業演奏会に出演する他、2010年日本演奏連盟主催、文化庁助成「演連コンサート」オーディションに合格、ソロリサイタルを行い、好評を博す。 2012アジア国際音楽コンクール第4位、オーストリアにおける入賞者演奏会に出演。2014年第8回横浜国際音楽コンクール審査員奨励賞受賞。

クールシュヴェール夏期国際音楽アカデミー(フランス)に て、パスカル・ドゥヴァイヨン氏に師事する他、マスタークラス等に積極的に参加し、ヴィレム・ブロンズ、マリーフランソワーズ・ビュッケ、ブルーノ・リ グット、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、ブロニスワヴァ・カヴァラ、ディーナ・ヨッフェ、練木繁夫の各氏に指導を受ける。これまでにピアノを熊谷玲子、 植田克己、若林顕、岡本美智子の各氏に、ソルフェージュを手島由芙子氏に師事。現在、演奏活動の傍ら、後進の指導にあたる。






■永井浩子(ピアノ)

3歳よりピアノを始める。国立音楽大学器楽学科卒業後、ポーランド国立ワルシャワショパン音楽院研究科にてカジミエシュゲルジョド氏に師事。
在籍中は主にショパンを初め、シマノフスキ、パデレフスキなどポーランドの作曲家の研鑽を積む。
2008年イブラ国際音楽コンクール(イタリア)にて特別賞受賞。
同年、ワルシャワ国立ショパン音楽院研究科を最優秀の成績で卒業。2010年にポーランドのブロツワフに拠点を移し、ブロツワフブリティッシュインターナ ショナルスクールにてピアノ指導を行う他、オペラブロツワフにてコレペティを務める。
ポーランドで日本文化イベントを積極的に主催し、日本文化を取り入れた演奏活動が話題を呼び、ポーランド各地で演奏会を行う。ブロツワホワイトストークシ ナゴークにてソロリサイタルを行う他、ポルトガル人歌手ジョアデソウサとファド音楽の共演をし、ラジオ、テレビ出演。
アンジェイワイダ、ロマンポランスキーなどの有名映画監督が数々の映画を作り上げた場所で知られるオーディオヴィジュアルテクノロジーセンターにて坂本龍 一の曲と1920~30年代のアニメーションとのコラボレーションを行う。
その他にも詩やバレエなどこれまで様々なアートをピアノとコラボレーションさせることで新たな独自の世界を生み出している。
2014年に 日本へ帰国。現在東京に主な拠点を置き、後進の指導、演奏活動を行っている。






山元香那子(ピアノ)

  

国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業後、同大学大学院音楽研究科修士課程器楽専 攻修了。学内のオーディション選抜、また推薦によりソロ室内楽コンサート、卒業演奏会、大学院新人演奏会、第8回日本ピアノ調律師協会主催新人演奏会に出 演。在学中岡田九郎記念奨学金、国内外研修奨学金を受賞。ウィーン国立音楽大学セミナーにてN.フローレス氏のレッスンを受講、ディプロマ取得。ウィーンでの功績が 認められ平成18年度日本学生支援機構jasso優秀学生顕彰事業文化・芸術部門奨励賞奨励金を受賞。第10回川口市青少年ピアノフェスティバルグランプリ、第1回日本演奏家コンクール第1位、第3YBP国際音楽コンクール第1位、第5回国際ウィーンピアニストコンクール第3位、第22回市川市文化振興財団新人演奏家コンクールピアノ部門最優秀賞、第2回川口クラシックライブグランプリなど数多くのコンクールにて優勝・入 賞を果たす。ピアノを金山典子、朝山裕子、渡邊三和子、安井耕一に師事。これまでに2010年度丸ビル35コンサートピアニスト、同年川口クラシックライブグランプリ副賞とし て川口リリアにて川口市主催によるソロリサイタル開催。千葉室内楽管弦楽団とグリーグのピアノ協奏曲、またエレクトーン伴奏によるベートーヴェンピアノ協 奏曲第5番「皇帝」、メンデルスゾーンピアノ協奏曲第1番を熱演するなどいずれも好評を博している。2011年より毎週月曜21時〜放送中“BS・日テレ日本こころの歌”コーラスグループ「フォレ スタ」専属ピアニストとして出演中。2013年文化庁委託事 業・新進演奏家育成プロジェクトリサイタル・シリーズ合格。20152月オペラシティリサイタルホールにてリサイタル予定。










齋 藤律子(ピアノ)

  


東京都出身。都立芸術高校。桐 朋学園芸術短期大学卒業。

                      都立芸術高校在学中に交歓演奏会に出演。また桐朋学園芸術短期大学在学中もオーディションによって選抜される定期演奏会に出演。

                      第13回ペトロフピアノコンクール奨励賞。

                      第10回アールンピアノコンクール全国大会奨励賞。
                      第20回日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位。

                      東京国際芸術協会第50回新人演奏会に出演。

                      ピアノソロだけでなく伴奏ピアニストとしても活動中。













  野村祥子

(ピ アノ・ オルガン)

2005年より第1117回 武蔵野音楽大学インターナショナル・サマースクール・イン・トウキョウ修了。2010年にはA.セメツキーのクラスから代表1名に推薦され、受講生によるコンサートに出演。

20112012年、ベルギーに滞在しP.シグリスト(アントワープ王立音楽院元教授)に師事。

20112013年、インターナショナル・アンサンブル・モデルン・アカデミー Vol.46に参加。U.ヴィゲット他による、現代音楽のピアノ、チェレスタ、アンサンブルのレッスンを受講。成果 発表コンサート、クロージング・コンサートに出演し、アンサンブル・モデルンのメンバーと共演。

2013いしかわミュージックアカデミーに参加。江口文子、P.パレチニ、C.カンのレッスンを受講。マスタークラス受講生発表会に出演。


2008年、第40回 国際芸術連盟新人オーディション合格。第12回 及川音楽事務所新人オーディション コロムビア・タイアップ部門合格、審査員賞受賞。

2009年、東京国際芸術協会主催 第5回 ブルクハルト国際音楽コンクール入選。

2010年、第3回 近・現代音楽コンクール奨励賞受賞。第20回 日本クラシック音楽コンクール地区本選優秀賞受賞、全国大会入選。

2013年、コンセール・ヴィヴァン 第32回新人オーディション合格。

2014年、第15回 ル ブリアン フランス音楽コンクール奨励賞受賞。

2015年、LOVERSION東京文化会館出演オーディション合格。


作曲の講習会にも 度々参加するなど現代音楽への強い関心を通してパイプオルガンに興味を持ち、2013年よりパイプオルガンを始める。2016年、聖グレゴリオの家 教会音楽科本科修了。パイプオルガンをJ.P.メルカールトに師事する他、グレゴリオ聖歌、合唱、合唱指揮、声楽、和声などを学んだ。


20142015年、立教大学教会音楽研究所においてS.ショウ、ア山裕子、佐藤雅枝のオルガンのレッスンを受講。


これまでに、デン マーク音楽をJ.ダムガード、チェンバロをホラーク井上道子、上尾直毅、フォルテピアノを伊藤深雪に師事。

現在、フェリス女学院大学音楽 学部ディプロマコース オルガン専攻在学中。三浦はつみに師事。









ページトップへ戻る
Copyright(C) Roots All Rights Reserved.