トップページ > アーティスト

アーティスト 一覧

オペラ歌手

1 , 2 , 3



■岡 麻奈未(ソプラノ)


埼玉県熊谷市出身。国立音楽大学卒業。在学中モーツアルト魔笛夜の女王役でデビュー。卒 業後、オーストリア・ウィーンに留学。宮廷歌手ルートヒルデ・ベッシュ、宮廷歌手クリスタ・ルートヴィッヒ教授等の元で声楽を学ぶ。2008年 ウィーン室内歌劇場にてヨーロッパデビュー。オペラ歌手として多劇場で活躍。またシューベルト教会他、ミサでのソプラノソロ、オーストリア、チェコでのコ ンサートにて人気を博す。その後ドイツケルン室内歌劇場にてドイツデビュー。≪魔笛≫夜の女王役、≪こうもり≫アデーレ役、≪ヘンゼルとグレーテル≫グ レーテル役、≪シンデレラ≫クロリンダ役、≪ボエーム≫ムゼッタ役などの多彩な役を好演。

バッハ音楽の師匠ヘルムート・リリング指揮のもとバッハ・カンタータのソプラノソロをシュトゥットガルトで務めた後、2012年シュトゥットガルト室内オーケストラと共演、絶賛される。2012年には自身初となる歌曲コンサート、リサイタル等のソロコンサー トをフランス、ドイツ、チェコで成功させ活躍の幅を広げている。2014年 自身のヨーロッパの故郷オーストリア・ウィーンに戻りオペレッタ、ヴィーナーリーダーと呼ばれるウィーン独自の音楽で活躍する傍らドイツの教会でソプラノ ソロを務め、多劇場にて≪魔笛≫夜の女王等で活躍中。日本では劇団東京イボンヌ声楽部所属。

ウィーンリート・オペレッタコンクール1位(オーストリア・ ウィーン)、ドボルジャークコンクール2位ルサルカ特別賞(チェコ・プラハ)、ドスタルコンクールファイナリスト(オーストリア・ウィーン)
2013
年バイロイトワーグナー財団奨学生。東京イボンヌ所属




望月 佐季(ソプラノ)


東京藝術大学卒業。第66回全日本学生音楽コンクール 東京大会出場。第26回新人演奏家コンクール 優秀賞受賞。SEKAI NO OWARI 「炎と森のカーニバル」サブステージ他出演。足利オペラ研修所に修了。これまで、オペラハイライト「ドン・ジョヴァンニ」ヅェルリーナ役、「ラ・チェネレ ントラ」クロリンダ役、「フィガロの結婚」にてスザンナ役に抜擢される。



■後藤 裕美(ソプラノ)


武蔵野音楽大学を経てウィーンへ留学。

プライナー音楽院オペラ科にて研鑽を積む。在学中より「蝶々夫人」蝶々さん、「ラ・ボ エーム」ミミ、「コジ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「フィガロの結婚」伯爵夫人の役等で出演。また、大分にて「椿姫」フローラ役、オーストリ アのシュタイヤー音楽祭にて「蝶々夫人」母親役、ウィーンのレオ劇場にて「成り行き泥棒」(ロッシーニ)ベレニーチェ役、ウィーン、そしてウィーン郊外で 行われたコンサート形式「トロヴァトーレ」イネス役で出演した。また、コンツェルトハウスにて「フランス歌曲の夕べ」に出演したほか、震災チャリティーコ ンサートでは宮廷歌手オスカー・ヒッレブラント氏と共演する等ウィーンをはじめ、オーストリア各地で数々の演奏会に出演。

アーノルドシェーンベルク合唱団団員であり、アン・デア・ウィーン劇場にて世界初演オペ ラ「Gogol」、「A Harlot's Progress」をはじめ様々なオペラに出演、「二人のフォスカリ」(ヴェルディ)ではドミンゴと共演している。第1回エルコラーノ国際 コンクールアジア予選にてUTET特別賞を受賞。





望月 佐季(チェロ  ソプラノ)


チェ ロで は、兵庫県立西宮高校音楽科を経て

京都市立芸術大学音楽学部器楽科卒業。

在学中よりJT期待の音大生によるアフタヌーンコンサート、

京都国際音楽フェスティバル等に選抜され多数出演。

また、クラシックにとどまらず、

KANSAI・COLLECTION2011京セラドームでは

オープニングを務め成功を収めるなど、

幅広い分野で活動している。

故・川畑善夫、上塚憲一、上村昇氏の各氏に師事。

関西弦楽フェスティバル奨励賞。

トリオグループ美詩-Bion*メンバー。

2010年〜2015年まで京都市立芸術大学音楽学部

音楽教育研究会研究員・常勤講師として務めた。

 

声 楽で は、同志社女子大学音楽専攻科修了。

関西二期会オペラスタジオ本科修了。

2012年、2014年ダンテ・マッツォーラ氏の

マスタークラスを受講し修了演奏会に出演。

京都文化博物館・リレーコンサート、

京田辺ジョイフル コンサート、

同志社女子大学音楽専攻科修了演奏会、

アラベスク新人演奏会、

奨学金給付選抜演奏会「こうべ♪音楽の街」、

なにわ芸術祭「新進音楽家競演会」など多数出演。

オペラでは、「修善寺物語」桂、「リゴレット」ジルダ、

「ポッペアの戴冠」タイトルロールを演じる。

松 下悦子、尾崎比佐子、発声法を多田佳世子、Maja Tabatadze、オペラ解釈をWilliam Girardの各氏に師事。

関西二期会準会員。2015年ドイツ・シュトゥットガルト留学。




■小野寺 マキ(ソプラノ)


武蔵野音楽大学声楽学科卒業。

在学中、文化庁後援日本演奏連盟推薦新人演奏会出演。

映画『yoriko〜 寄子』(モナコ国際映画祭受賞作品)挿入歌。

サンパウロのブラジル移民100周年記念各行事で日本の歌を歌唱。

クラシック、ミュージカル、童謡、ポップ、ジャズなど多ジャンル。

ジャズピアニスト、能楽師とのコラボレーションなども行っている。

また、指導者として、レコード会社(ビクター、avex etc.)、芸能プロダクション、ミュージカル等でボイストレーニング、歌唱指導したアーティスト、俳優、タレントは多数いる。

東急BEカルチャー講師、劇団ひまわり講師。(20012002セントラル子供タレント講師、(20022012avexアカデミー講師)(20022012NHK文化センター講師)

大谷きよ子、宮本昭太の各師に師事。







■正部家 喬久(テノール)


東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程音楽学科卒業。

大学在学中には学内オーディションを勝ち抜き、モーツァルト「レクイエム」のバリトンソロを歌う。

卒業後も演奏活動を続け、合唱の指導等も行う。

大学卒業後、テノールに声域が上がり、レッジェーロの明るい声で「椿姫」「魔笛」「ジャンニ・ス キッキ」「あまんじゃくとうりこひめ」等のオペラに出演。また、2013年度青森県民文化祭オープ ニングセレモニーにて、ミュージカル「岬のクフィ」ダン役を好演した。

大川みほ、黒田博、佐野正一の各氏に師事。





ページトップへ戻る
Copyright(C) Roots All Rights Reserved.