トップページ > アーティスト

アーティスト 一覧

ジャズシンガー





■マレーネ(ジャズシンガー)

短大英文科卒業後、国際特許事務所の外国部で勤務する傍ら、ジャズスクールの「ショービジネス科」に通い、ジャズ理論や歌 唱法、ステージパフォーマンスの基礎をトータルに学ぶ。スクール在籍中に、ホテルラウンジの専属歌手オーディションに合格し、プロ歌手としての第一歩を踏 み始める。以降現在に至るまで、一流ホテルでのディナーショーをはじめ、コンサートやイベント等、華やかな舞台で順調にキャリアを積んでいる。2010 年、CD「Sophisticated」リリース。2011年、Jazz Day
記念ボーカルコンテ スト特別賞受賞。都内有名ジャズクラブやレストラン等に、多数レギュラー出演中。温かみがあり、癒しを感じさせる歌声や、安定した歌唱力に定評がありレパートリーもジャンルを超えて幅広い。



■Yuki♪((ジャズシンガー)

子供の頃は、クラシック音楽を胎教から聞かさ れて育つ。中学・高校と吹奏楽部ではサックスを担当する。海外に留学した時に、ミュージカルを見て、歌の素晴らしさを覚え、大人になってから、ボイスト レーニングのスクールに通い、卒業後、そのスクールで教えるようになる。また、オリジナルの曲に英語で作詞をしたり、バンド活動を開始する。その後、 Jazzを歌い始める。銀座TACTでのJazz Liveから始まり、Jazzだけでなく、Jazz Funkのバンドなどでも活動をする。
出演は、STB139やSatinDoll、Bb、東京倶楽部、ゆめりあホール、などの他、自身がオーナーを しているAu Lapin Agileというジャズバーでのライブなど、長年にわたるJazzのライブは、トリオなど小編成からビッグバンドまで幅広い。





■櫻倉レオン(ヴォーカル)

  12月4日生まれ、日本の女性ヴォーカリス ト。15歳から本格的にヴォカル・トレーニングを受ける。2000年、テレビ東京のオーディション番組『リンクTV』で歌手部門グランプリを獲得し、本格 的な活動を開始。東京のクラブシーンで経験を積みながら、ジャズへと傾倒する。2008年12月、ジャズアルバム『Urban Score』でデビュー。甘くハスキーな歌声を持ち、ジャズ以外の分野でもコンピレーションへの参加や、西野カナや山下智久らのコーラス・サポートなども 務める。2013年7月、2ndアルバム『LOVE SCORE』を発表。
゛UrbanJazz゛をキーワードに、東京を拠点に活動中。








■廣部好 美(ジャズシンガー)

幼い頃 からピアノに親しみ、吹奏楽ではトロンボーンのパートリダーを務める。
The Beatles
ファンの父親の影 響で、英語の歌を歌うようになる。
音楽の授業で、短いメロディーをアレンジする機会があり、バラエティーに富んだ
3つのアレンジを作 り音楽を創る喜びを発見する。
大学進学と同時にジャズに出会い、ジャズギターとピアノ弾き語りを始める。
歌を溝口恵美子氏・東かおる氏に、ジャズピアノと音楽理論を板垣光弘氏・浜村昌子氏に師事。
その 後、友人に紹介されたスウェーデンの歌手
Jeanette Lindstromの澄んだ歌声と ポップなオリジナルジャズに衝撃を受け、スウェーデンの音楽大学ジャズ科シンガーソングライターコースに入学。
そこで経験した、豊かな自然と共に生きる生活スタイルと、次々に自分たちの音楽を創り出し発信していくミュージシャン達の姿に影響を受け、新しい音楽を 創っていきたいと決心する。

2011年帰国後、リトア ニアの国際ジャズボーカリストコンテストのセミ・ファイナリストに選出され、ヨーロッパ中から集まったシンガー達を交流を深める。
2013
年、自身の音楽教 室ディープブレス・ボーカル教室をスタート。
現在、ジャズシンガー
/ソングライターと しての活動を中心に、様々な音楽活動を行っている。





熊 田千穂(ジャズシンガー)

演劇を学ぶため、日本大学芸術学部演劇学科演技コース入学を機に上京。
在学中に「上海バンスキング」作・斉藤 憐/演出・串田和美 に強く惹かれ、ジャズに興味を持つ。在学中は串田和美氏に師事。卒業後、劇団文学座へ。文学座修了後数本の舞台に出演した後、舞台活動を一時中断。
浅草のジャズバーでディキシーランドジャズ、スウィングジャズの生演奏に飛び入り参加することからシンガーとしての経歴が始まった。
都内ライブハウス、レストランバーなどで演奏活動をつづける。
2007年に世界的バンジョー奏者・青木研のプロデュースで、昭和初期のジャズソングとディキシーランドジャズを歌ったアルバム「Sing Me A Song」を発表(タワーレコード、Amazonで販売中)。アルバム収録曲がTOKYO FMの番組で取り上げられる等、話題になる。

自身の率いるバンド「熊田千穂と銀座キラ星カルテット」はCD参加メンバーから成り、

“昭和初期のジャズソング”にスポットをあてたジャズへのアプローチは、アルタイムを知ら ない若者からSP盤を知る70代以上の世代にまで幅広く支持を受け、コンサートは毎回満席となる。
レパートリーはスタンダードジャズから、二村定一、榎本健一で有名な私の青空や月光価千金、ダイナ、上海リル、りんごの木の下で、アラビヤの唄など、昭和 初期の懐かしいナンバーまで幅広い。
八王子市夢美術館特別展・大正ロマン昭和モダン展 〜竹久夢二・高畠華宵とその時代〜会期中に催された「蓄音器の宵〜SP盤による大正昭和歌謡と昭和初期ジャズライブ」でのモダンガールに扮して歌うパ フォーマンスは日本経済新聞に掲載された。
また、2011年からジャズ評論家・瀬川昌久氏の推薦を受け「岡本章生&ゲイスターズ」専属歌手となる。
1920年代からのビッグバンド華やかなりし頃のスタンダード、同じ時代に日本人が口ずさんでいた舶来の流行歌、その両方を大切に歌い継ぐ歌手である。








RISA KUMON (シンガー/ソングライター)

1982 年生まれの長崎県出身。 透き通るような「声」と力強いメッセージで魅力を与えるインスピレーション力のあるシンガー。 幼少の頃に失明し、視力を取り戻した今も視覚障害をもつが、彼女の音楽からは全く心配や迷いのない 力を感じることができる。RISA は短大卒業後、アメリカ、ロサンゼルスへ3年間音楽留学をし、現地の 国際的音楽家やプロデューサーと音楽の仕事を経験。帰国後、沖縄に移住し、2012年 に若手US プロ デューサーROROwww.roromusic.com)と共に R2 Records を設立。その後、2013 RORO と 共に福岡を拠点に音楽活動を開始。主に Live、ソングライティングや、楽曲提供、英語曲と日本語曲 の 歌詞書き換えなどを行っている。最近では RORO の最新アルバム”ROAD TO SUCCESS”にもシンガ ーとして参加。また、RORO と共に海外アーティストのフランキー・ジェイ、ソルジャーボーイ、DJUNK、チン ギーなどの大物ゲストのオープニングも務める。ソロではDjKaoriAI らも参加した FOX主催野外イベン ト“Summer Backstage Pass” in Okinawa にも出演。その他日本 TOP3 のリゾートチャペルにて Wedding Singer,を務め、Jazz, Lounge, Gospel, R&B, HIPHOP, Acoustic など様々なジャンルのイ ベントやパーティーなどで活躍。2013 10 月には世界の Jazz トランペッター日野皓正&DjHONDA& 日野 JINO 賢二プロジェクト”h-factor”の九州ツ アーにも参加。RISA の出身地である長崎県佐世保 市でも RISA 凱旋ライブにて”h-factor”をゲストに 迎え伝説のアーティストらと共演を果たす。

[近 況・最近の活動] ○Google Playよりスマートフォン対応の RISA KUMON アプリをリリース。 RISA の最新情報や音楽、動画の視聴が可能。 ○Newシングル "Doesn't mean I'm lost" RORO feat RISA KUMON デジタルリリース。 ○2014/8/6 RISA も多数曲参加している RORO1st Album ”Road To Success”全国インストア&デ ジタルリリース。

[リ リース] Love Always (Demo Album) RISA JAZZ COVER (Cover Album) Acoustic Special Edition (Mini Album) International Lover RORO feat RISA KUMON (Single) No matter where u go(Single) RISA Google App Fear Factor Paralyzed (Single) Let em hate RORO feat RISA KUMON (Single) Doesn’t mean I’m lost RORO feat RISA KUMON (Single) RORO1st Album Road To Success」多曲参加(Album





ページトップへ戻る
Copyright(C) Roots All Rights Reserved.