トップページ > アーティスト

アーティスト 一覧

指揮者














■遠藤浩史(指揮・ピアノ・アレンジ・司会)

大阪生まれ。大阪 音楽大学ピアノ科を経て、桐朋学園大学オーケストラ指揮専攻科に学ぶ。

これまでに指揮 を、小澤征爾、尾高忠明、秋山和慶、黒岩英臣、小松一彦、岡部守弘の各氏に、

ピアノを、山本瑛 子、梅本俊和、山田朋子氏に、

二重奏及び室内楽 を、中山朋子、間宮芳生、江藤俊哉、金昌国の各氏に、作曲を、三善晃氏にそれぞれ師事。

 

1992年、南ス イスのルガーノで行われた「マスタープレイヤーズ講習会」において

マスタープレイ ヤーズオーケストラを指揮し高い評価を得ると共に、

R.シューマッ ハー氏により指導を受ける。

1996年7月に は、ソンバトヘイ(ハンガリー)で行われた国際バルトークセミナーにて

ファイナルコン サートの指揮者に選ばれサヴァリア交響楽団を指揮し絶賛を博す。

1999年8月に は、ウィーンとブダペストで行われた「日独楽友協会指揮者セミナー」にてK.レーデル氏に師事。

エレクトーンアン サンブルによる電子オーケストラとの共演も積極的に取り組み、

特にピティナピア ノコンペティション協奏曲部門や東京六大学ピアノコンサートを含む各種演奏会の指揮を担当した。

また演奏頻度の少 ない作曲家の作品も積極的に紹介することにも力を注ぎ、

1995年には P.マッカートニーのクラシック音楽の分野の大作「リバプール・オラトリオ」を、

2005年には、 エストニアの作曲家であるエドアルト・トゥビンの交響曲第4番「叙情」を日本人指揮者として初めて指揮し大反響を呼んだ。

 

1999年11月 11日、オーチャードホールにて新星日本交響楽団(現:東京フィルハーモニー交響楽団)を指揮し絶大なる評価を得、

その模様は NHK、スカイパーフェクTVでオンエアされ、また「音楽の友」をはじめとするさまざまなメディアにて、賛嘆の記事が寄せられた。

 

2004年12月 9日、ロンドン、バービカンホールにてイギリス室内管弦楽団を指揮し大成功を収め、海外メジャーデビューの第一歩を踏み出した。

 

これまでにイギリ ス室内管弦楽団、群馬交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、

新星日本交響楽団 (現;東京フィルハーモニー交響楽団)東京ニューシティ管弦楽団、

日本新交響楽団 (現;東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団)、東京合唱協会をはじめ、たくさんのオーケストラや合唱団を指揮、

また、ウィーン・ ザイフェルト弦楽四重奏団、樫本大進(ヴァイオリン)、橋本杏奈(クラリネット)、エリザベート・ガンター(クラリネット)、

ダリオ・ボヌッ チェッリ(ピアノ)、マインハルト・プリンツ(ピアノ)他、 多くの世界的アー ティストとも共演している。

さらには門田展弥 氏のクラリネット協奏曲第1番をイタリアの巨匠、ミケーレ・インツェンツォ氏をソリストに迎え世界初演を指揮した。

最近は指揮者活動 だけにとどまらず、指揮教室でのレッスン、

また「究極の楽 器・指揮」(ヤマハホール)「指揮者側からみたベートーヴェンの第九交響曲の魅力」(羽村市)などの講演活動も活発に行っている。

 

本年9月より、 ヘースティングス国際作曲音楽祭(イギリス)の首席指揮者に就任、

門田展弥氏のオペ ラ「OTOHIME」管弦楽版世界初 演を指揮、

オスカー賞受賞作 曲家でイギリス作曲界の重鎮、スティーヴン・ウォーベック氏の「コレリ大尉のマンドリン」を

氏自ら弾かれたア コーディオンと共演、計3回のコンサートを 指揮して、数々の世界初演作品を紹介し大成功を収めた。

 

現在、ヘイスティ ングス国際作曲音楽祭首席指揮者、東京合唱協会指揮者、日本演奏連盟会員。





































 

ページトップへ戻る
 
 
ページトップへ戻る
Copyright(C) Roots All Rights Reserved.